BLEACH(ブリーチ)の鬼道(破道・縛道)と詠唱文まとめ

大人気漫画『BLEACH』で死神が使用する術・鬼道の総まとめ。
攻撃の破道、補助の縛道、それぞれ一番から九十番台まで、すべてを掲載。
オシャレでかっこいい詠唱呪文や、テレビオリジナルシリーズで使用された鬼道も完全網羅。

破道の三十三『蒼火墜(そうかつい)』

【詠唱】「君臨者よ 血肉の仮面・万象・羽搏き・ヒトの名を冠す者よ 真理と節制 罪知らぬ夢の壁に僅かに爪を立てよ」
朽木ルキア、朽木白哉、雛森桃、藍染惣右介が使用した。
初期の頃から使用された術である。

破道の五十四『廃炎(はいえん)』

【詠唱】不明。
東仙要、浦原喜助が使用した。
火球を放つ。五十番台の破道だが、三十番台の蒼火墜より強そうに見えない。

破道の五十七『大地転踊(だいちてんよう)』

【詠唱】不明。
綾瀬川弓親が使用した。
周囲の岩を飛ばして攻撃する。

破道の五十八『闐嵐(てんらん)』

【詠唱】不明。
吉良イヅル、四楓院夜一などが使用した。
竜巻を起こして攻撃する。

破道の六十三『雷吼炮(らいこうほう)』

【詠唱】「散在する獣の骨 尖塔・紅晶・鋼鉄の車輪 動けば風 止まれば空 槍打つ音色が虚城に満ちる」
志波空鶴、浮竹十四郎、藍染惣右介などが使用した。
雷をまとった大きな衝撃波を放つ。

破道の七十三『双連蒼火墜(そうれんそうかつい)』

【詠唱】「君臨者よ 血肉の仮面・万象・羽搏き・ヒトの名を冠す者よ 蒼火の壁に双蓮を刻む 大火の淵を遠天にて待つ」
朽木ルキア、朽木白哉などが使用した。
蒼火墜の上位となる術で、巨大な火柱を放つ。

破道の七十八『斬華輪(ざんげりん)』

破道の八十八『飛竜撃賊震天雷炮(ひりゅうげきぞくしんてんらいほう)』

【詠唱】不明。
握菱鉄裁が使用した。
手のひらから巨大な光線を発する。

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

BLEACH(ブリーチ)の始解・卍解まとめ

「卍解」とは、久保帯人によって週刊少年ジャンプに連載されていたマンガ作品「BLEACH」(ブリーチ)に登場する戦闘技術のひとつである。死神が持つ斬魄刀は所持者が解号(特定のキーワードと斬魄刀の名)を唱えることで二段階の能力解放が可能であり、一段階目の解放が「始解」、二段階目の解放が「卍解」と呼ばれる。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)のオサレすぎるポエムまとめ

ジャンプの大人気漫画・『BLEACH』。BLEACHは個性的なキャラクターの服や、キザなセリフなどが原因でファンからは『オサレ漫画』と評されている。 そんなBLEACHの単行本にはそれぞれに「オサレ」なポエムが記載され、魅力の一つとなっている。 そんなオサレポエムを単行本1巻から最終巻まで、まとめて掲載する。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の名言・名セリフまとめ

久保帯人による日本の漫画作品。愛称は『鰤』。 死神をテーマにした作品は現代において珍しく、また既存の死神のイメージを打破するようなキャラクター設定や世界観が多くの読者を魅了した。 多種多様な能力や奥深い設定、独特なセリフなどが本作の魅力となっており、連載が終了した今でもなお、根強い人気を誇っている。

Read Article

【見ればアナタもオサレになれる!!】 BLEACH~ブリーチ~の”オサレポエム”まとめ ~その1~

他を寄せ付けない圧倒的なセンスを漫画にぶつける漫画家・久保帯人先生。その才能はイラスト、ストーリー、その他全てにおいて読者をBLEACHの世界観に引き込んでいきますが、特に飛び抜けているのが台詞回し、すなわちポエムのセンスです。久保帯人先生のオサレポエムを見て、アナタもオサレになりませんか?

Read Article

BLEACH(ブリーチ)【基本情報】

「BLEACH(ブリーチ)」は、週刊少年ジャンプで2001年から2016年まで、15年にわたって連載された久保帯人先生による漫画作品。アニメ化、映画化、舞台化、ゲーム化などの各メディアミックスに展開を魅せる一方で、世界中で翻訳されたりコスプレイヤーが存在し、「ワンピース」や「ドラゴンボール」に次ぐグローバル漫画でもある。

Read Article

目次 - Contents