零~刺青の聲~(Fatal Frame III)のネタバレ解説・考察まとめ

『零~刺青の聲~』とは、「零」シリーズの第3作目で、2005年にテクモよりプレイステーション2用ソフトとして発売された和風ホラーゲームである。
徐々に眠りから覚めなくなっていくという呪いを解く為に、除霊能力を持つカメラ「射影機」を使って、夢の中の幽霊屋敷と現実世界を行き来しながら謎を解いていくという内容になっている。
シリーズ1作目、2作目の主人公達も登場し、彼女達のその後の様子が知れるところも見どころだ。

久世零華(くぜ れいか)

最後の刺青の巫女。
刺青の巫女に抜擢され、自身の体に刺青の刻むことで他者の死者への想いを引き受けることにする。儀式にあたって現世への想いを持ち続けることが許されない為、想い人だった乙月要への想いを心にしまい込んだ。
しかし、巫女の四肢に杭を穿つ「戒ノ儀」を行った後に、乙月要と再会を果たし喜んでいた中、目の前で久世家当主に要を殺されてしまい、黄泉の世界と現世の「狭間」を広げる「破戒」を起こしてしまう。さらに、杭で四肢を穿たれていた零華は、目の前で倒れてしまった要を永遠に見続けることになり、同じ苦しみを他者にも味わわせようと、刺青が体に刻まれて行き最後には煤になって失踪してしまうという刺青の呪いを掛けて回る怨霊になってしまった。

久世鏡華(くぜ きょうか)

乙月要や、雨音の母である。
民俗学者として久世家に訪れていた柏木秋人と愛し合うものの、久世家の儀式の一環で柏木は殺されてしまう。しかし、その事実を知らない鏡華はいつまでも、いつか柏木が戻って来ると待ち続けていた。そして、彼との間に息子を授かっていたことが分かると、久世家では四歳になると男子が殺されてしまうという風習から息子を救う為に、彼に要と名付けて外の村へと脱出させる。
後に生まれた娘の雨音に要の事を話していた為に、雨音は巫女としてやってきた零華の想い人が自身の兄だと気が付き、破戒のきっかけとなる要の侵入を手助けしてしまう。

柏木秋人(かしわぎ あきと)

「眠り巫女」の伝説を中心に唄の研究をしていた民俗学者。子孫を残す為にだけに迎え入れられる「ニイナエ」として久世の屋敷に滞在を許され、久世鏡華と生活を共にする内に互いを愛し合うようになる。しかし、ニイナエは最後には殺されることになっており、彼は鏡華に知られることなく殺されてしまう。

また彼は久世の屋敷に射影機を持ち込んで来ており、それが現実世界では螢の手によって優雨の元へ送られ、夢の中では彼の手記と共に螢が発見し扱うことになる。
「眠り巫女」の唄は屋敷に掛けられた呪いを取る鍵になっており、彼の研究書は屋敷の謎を解くのに役立った。

乙月要(おとつき かなめ)

鏡華の息子であり、久世家では男子は四歳になると殺されてしまう為に鏡華によって逃がされ、周囲の村で育てられた。後に刺青の巫女になる零華と出会い恋仲になるものの、都会に移り住むことを決めた時に零華に共に行くことを断られ、離れ離れになってしまう。
その後、零華に呼ばれる夢を見るようになり、もう一度零華に会いたいと久世の屋敷へと忍び込む。そして、自身の妹であった雨音の手引きで零華に会う事が出来たものの、久世家の当主によって零華の目の前で殺されてしまい、それによって破戒が起きてしまった。

久世夜舟(くぜ やしゅう)

久世家の当主。
零華の儀式を順調に進めたものの、男性である要が社に侵入して来た事に怒り、彼を零華の目の前で殺害してしまう。この出来事の所為で零華は破戒を引き起こしてしまい、屋敷中に「狭間」が広がってしまった。
瘴気を抑える為に、社を囲う「眠ノ宮」の建立や、宮大工を人柱にするなどあらゆる手を尽くすものの、零華を鎮めることは出来ず破戒の瞬間に浴びた瘴気の影響で最後には立ち上がることも出来なくなり亡くなった。

久世雨音(くぜ あまね)

戒ノ儀にて巫女の四肢に杭を打ち込む「鎮女」の一人。
刺青の巫女である零華のお世話係を言い付かっており、零華の最も近くに居た少女。母の鏡華から自身に兄が居ることを知らされており、零華が語って聞かせた外の話から、その兄こそが零華の想い人だと気が付く。そして、最後に一目見たいという兄に応えて零華の幽閉された男子禁制の社へ要を案内してしまう。
最後には、要を招き入れた罰として雨音は、他の三人の鎮女によって体に杭を穿たれて殺されてしまった。
浮遊霊となった彼女は、深紅に要と零華を助けるように懇願し、深紅を導いて行く。

久世氷雨(くぜ ひさめ)

戒ノ儀にて巫女の四肢に杭を打ち込む「鎮女」の一人。
最年長の少女であり、仕事に対して強い責任感を持っていた。破戒によって広がってしまった狭間を屋敷内にとどめる為の「咎打ち」という儀式の為に、他の鎮女達を打ち付け殺した。

久世時雨(くぜ しぐれ)

鎮女の一人。
自分のしていることに罪悪感を抱いており、雨音を打ち付けて殺してしまったことに対しても自身の日記内で謝罪をしている。破戒後に幽閉されていた零華の世話をし続けたものの、氷雨の手で咎打ちされ殺されてしまった。

久世水面(くぜ みなも)

鎮女の一人。
最年少でその精神年齢も幼く、巫女の体に杭を打ち付けることを楽しみに感じている様子であった。氷雨に咎打ちをされて殺されてしまった。

鳴海天涯(なるみ てんがい)

宮大工の棟梁で、宮の保全や増築などを行って来た守谷家の主。
狭間が広がってしまう「破戒」を防ぐ為の「狭間ノ宮」と「眠ノ宮」の建立や、大工達を皆殺しにして忌ノ柱という人柱を用意した。宮大工の棟梁は、その技術を次代に伝える為に生き残るのが通例となっていたものの、破戒の影響が強すぎた為に自身も自害してしまった。

葛原蒔枝、梢(くずはら まきえ、こずえ)

kawaharu
kawaharu
@kawaharu

Related Articles関連記事

零〜濡鴉ノ巫女〜(Fatal Frame V)のネタバレ解説・考察まとめ

『零~濡鴉ノ巫女~』は任天堂発売の和風ホラーゲーム『零』シリーズの第6作目(通算9作目)である。キャッチコピーは「死の山、幽婚、神隠し すべては水でつながっている。」。不来方夕莉、雛咲深羽、放生蓮の3名が操作キャラクター。日上山という水をご神体として崇める霊山が舞台。夕莉は消えた恩人や依頼人を、深紅は母を、蓮は死者を写した弔写真を追い、それぞれの事情から怨霊が徘徊する日上山へ踏み込んで怨霊との戦闘や探索をくり広げる。映画さながらの美麗グラフィックと陰鬱な雰囲気がファンを集めている。

Read Article

零~紅い蝶~・零~眞紅の蝶~(Fatal Frame II)のネタバレ解説・考察まとめ

『零~紅い蝶~』とは、「零」シリーズの第2作目で、2003年にテクモよりプレイステーション2用ソフトとして発売された和風ホラーゲームである。 霊を射影機に写すことで撃退できることや、民俗学的な視点による謎解きなど、前作『零~zero~』の長所を生かしながらも一つの屋敷から一つの廃村へと舞台が変更されており、より広い範囲で行動することになる。登場人物の中には、前作に因縁のある人間も多く、今作によって明かされる前作の設定なども見どころだ。

Read Article

零~zero~(Fatal Frame / Project Zero)のネタバレ解説・考察まとめ

零~zero~(Fatal Frame / Project Zero)とは「零」シリーズの第1作目で、2001年にテクモよりプレイステーション2用ソフトとして発売された和風ホラーゲームである。 霊である敵は特殊な能力を持つ「射影機」に写すことで撃退でき、恐怖の対象に自ら顔を向けなくてはいけないというゲームシステムによって人気を得た。民俗学的視点から解いていく謎や、敵の霊が一体一体を作り込まれている等、細部にまで拘られた設定も魅力の一つだ。

Read Article

零~月蝕の仮面~(Fatal Frame IV)のネタバレ解説・考察まとめ

『零~月蝕の仮面~』は和風ホラーゲーム・『零』シリーズの第4作目である。「恐怖を体験する。」がキャッチコピー。時代背景は1980年代の日本。全12章の構成で水無月流歌、麻生海咲、月森円香、霧島長四郎の4名の視点で進行する。舞台は朧月島という離島。朽ちた廃墟と化した病院や和風建築の屋敷での探索及び怨霊との戦闘がメインとなる。

Read Article

零〜紫の日記〜(心霊カメラ〜憑いてる手帳〜)のネタバレ解説・考察まとめ

『零〜紫の日記〜(心霊カメラ〜憑いてる手帳〜』とは、2012年任天堂から発売された3DS用のゲームソフトである。「紫の日記」に、あるはずのない文字を見てしまった者は、顔の削がれた遺体となり見つかるという都市伝説。主人公はある日、手元に届いた日記に囚われた少女「眞夜」と共に「紫の日記」の謎を解明していく。3DSを射影機に、ARノートを紫の日記に見立て進めていく本作は、より現実世界とゲームとの境界を曖昧にし、恐怖が侵蝕してくる様を体験できる。

Read Article

【内政or合戦?】ゲーマータイプ別『信長の野望』のオススメタイトルまとめ【イベントorキャラ重視?】

何作も登場している人気作品、『信長の野望』は、タイトルごとに様々な特徴があります。 このまとめではゲーマーの趣向を「内政がしたい人、戦争がしたい人、イベント重視の人、キャラ重視の人」の4つに分け、それぞれのタイプにオススメできる作品を紹介しています。

Read Article

【零シリーズ】美女・美人な登場人物・キャラクターの画像まとめ【FATAL FRAME、PROJECT ZERO】

『零シリーズ』は第1作目『零 zero』から続くサバイバルホラー・アクションアドベンチャーゲームだ。射影機というあり得ないものを写し出せるカメラで撮影することで、除霊したり過去を見聞きできたりするシステムが特徴的。『零シリーズ』では少女の登場人物・キャラクターが主人公となることも多く、可憐な少女たちが怨霊に果敢に立ち向かう姿を見ることができる。

Read Article

目次 - Contents