NARUTO(ナルト)の術・必殺技まとめ

D33600f2b2ee18690e679a32ba94698d  naruto uzumaki kakashi

『NARUTO(ナルト)』は、1999年から2014年まで、『週刊少年ジャンプ』にて15年もの間連載された、大人気忍者アクションバトル少年漫画である。作者は岸本斉史氏。友情、愛、復讐、戦争など多くのテーマを持つ大傑作漫画。作中では様々なキャラクターが多様な術を使用し、作品を盛り上げた。今回は作中で使用される術についてまとめてみた。

山程の大きさを持つ半球状の土で対象者を挟む術。岩には、岩隠れの里のマークが刻まれている。

土遁・開土昇掘(どとん・かいどしょうくつ)/黄ツチ、四代目土影・黒ツチ

49e237fe366b49b140282d4f6b2e9e5c 282x300

出典: battle-one.com

地面を山状に突出させる術。両手で地面にチャクラを流し込むことで発動する。第四次忍界大戦では、地下を走る白ゼツの軍団を、地面ごと跳ね上げて打つために使用された。

土遁・土流城壁(どとん・どりゅうじょうへき)/ヤマト

45e7224793d62ca891124d5842097626 222x300

出典: battle-one.com

自身のチャクラで地面を垂直に隆起させる術。

土遁・土流割(どとん・どりゅうかつ)/ヤマト

6581a3f873afecfec1b3a1395f676796 300x139

出典: battle-one.com

術者のチャクラで龍脈を操り、地割れを起こす術。
土を割って道を作ることで「天照」の炎を避けたり、味方の援護にもなる。

土遁結界・土牢堂無(どとんけっかい・どろうどうむ)/次郎坊

C3b3a9b7ae86cb5a34df2b0f8df79e05 300x248

出典: battle-one.com

チャクラが流れる土でドーム状の囲いを作り閉じ込める術。攻撃を受けても直ぐに修復し、閉じ込めた相手のチャクラを吸い取ることもできる。

風遁

風遁・螺旋丸(ふうとん・らせんがん)/うずまきナルト、うずまきボルト

Images

出典: encrypted-tbn0.gstatic.com

チャクラを掌で乱回転させ圧縮させた技「螺旋丸」の周りに、風の性質を持つチャクラでできた極小の手裏剣を無数に纏わせた術。

風遁・螺旋手裏剣(ふうとん・らせんしゅりけん)/うずまきナルト

8f47fbea

「風遁・螺旋丸」を極めた術。
威力が非常に高く、針状に変形した極小の風遁のチャクラが、まるで毒のように術を受けた者の細胞の経絡系を全て破壊する。
しかし、この術は、持続時間が短く手裏剣と名が付いているが直接相手に当てる必要があり、さらに膨大なチャクラ量を持つナルトですら3回しかこの術を使うことができなかった。
また、術の使用反動で術者の経絡系まで損傷させるため、忍の力を失いかねないことからこの術は禁術とされた。
ナルトはこの問題に対し、仙術チャクラを併用することで対処した他、莫大なチャクラの塊である尾獣のチャクラを借りることで、術の反動を無効化できるようになった。

仙法・風遁螺旋手裏剣(せんぽう・ふうとんらせんしゅりけん)/うずまきナルト

螺旋手裏剣の完成形。仙人モードを会得したことによって、仙術チャクラを練り込むことで「手裏剣」の名のごとく術を敵に投げ飛ばし、その近くで円形に拡大し展開する術として完成させた。そのため厳密には仙術に分類される。威力は敵の胴体を真っ二つに切り裂き、原型がなくなるまで削り取るほどで、ナノサイズの風の刃も健在。また、近距離での直接攻撃ではなく遠距離から放出できるようになったことでナルト自身への術のリスクもなくなった。ただし燃費はさらに悪化し、仙術チャクラを大量に消費するため2発しか撃てなくなっている。
九喇嘛モードの状態では仙術チャクラの代わりに尾獣チャクラを用いることで、改良後の仕様で発動可能となった上に回数制限もなくなり、指先に形成する超小型の「ミニ螺旋手裏剣」も開発している。さらに、尾獣それぞれのチャクラを付与し、性質を変えたバリエーションも多数存在する(これらはすべて仙術)。
改良前ともども、攻撃の内容は「ナノサイズの無数の刃による攻撃」であるため、そもそもの防御力が突出した三代目雷影などにはほとんど効果がない。

風遁・超大玉螺旋手裏剣(ふうとん・ちょうおおだまらせんしゅりけん)/うずまきナルト

Mig

出典: rr.img.naver.jp

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

NARUTO(ナルト)のネタバレ解説まとめ

日本の漫画家の岸本斉史による作品。1999年43号から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載が開始され、2014年50号で完結した。全700話あり単行本は全72巻。落ちこぼれの忍者「うずまきナルト」が強敵との戦いの中で、成長していく姿や仲間たちとの友情などが描かれている。全世界累計発行部数2億冊以上。日本国内に留まらず世界中の人々から愛されている。

Read Article

NARUTO(ナルト)におけるサクラ VS ヒナタのカップリング論争・伏線まとめ

2014年に、主人公・うずまきナルトが夢をかなえるといった感動的な最終回を迎えた人気漫画「NARUTO」。ネット上の一部では完結後、ナルトがヒロインの春野サクラではなく日向ヒナタと結ばれたことに対して「メインヒロインのサクラと結ばれるべきだったのか、それともヒナタと結ばれたままでいいのか」という点での議論が行われているようである。サクラ派とヒナタ派双方の主張をまとめてみた。

Read Article

NARUTO(ナルト)の名言・名セリフまとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史による大人気の忍者アクション漫画である。週刊少年ジャンプにて連載されていた。 主人公は木ノ葉隠れの里に住む少年のうずまきナルトで、ナルトの夢は木ノ葉隠れの里のトップである火影になることだ。孤独な幼少期を過ごしてきたナルトが、友達や先生との交流を通して愛を知っていく展開や、心に染みる熱いセリフは少年だけに留まらず、世界中の人々に評価されている。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents