我愛羅(NARUTO・BORUTO)の徹底解説・考察まとめ

我愛羅(があら)とは『NARUTO』に出てくる砂隠れの里の忍であり、後に砂隠れの里の長、五代目風影になる。砂を操る忍で、通称「砂瀑の我愛羅」。我愛羅が背負う瓢箪の中身も砂であり、我愛羅への攻撃を自動的に防御する性質を持つ。
まだ母のお腹にいた時、一尾を憑依させられ人柱力として誕生する。
その為、幼少期からの過酷な日常から周りの人を信じることができなかったが、『NARUTO』の主人公であるナルトと出会ったことで人を信じることができるようになる。

我愛羅のプロフィール・人物像

性別:男
年齢:13歳(NARUTO登場時)→32歳(BORUTO)
結婚:未婚だが子供を養子として迎え入れている
誕生日:1月19日
星座:やぎ座
血液:AB型
身長:148.1cm(13歳)→166.1cm(16歳)
体重:40.2kg(13歳)→50.9kg(16歳)
趣味:戦闘(13歳)→サボテン栽培(16歳)
好きな食べ物:砂ぎも、タン塩
嫌いな食べ物:羊羹、マングラッセ
戦闘スタイル:背中に背負ったヒョウタンの中に入っている砂を操る

我愛羅(があら)とは四代目風影の息子であり、砂隠れの里の忍であり、後に砂隠れの里の長、五代目風影となる。
我愛羅がまだ母加流羅のお腹の中にいたころ、砂隠れの里の兵器として一尾の守鶴(しゅかく)を憑依させられ人柱力として生まれた。一尾は尾獣と呼ばれる魔獣の一体で、人知を超えた力を持っている。その尾獣を封印術により体内に封じられた人間を人柱力と呼ぶ。

生まれる前に一尾の守鶴を憑依させられた我愛羅は、上手く守鶴をコントロールできず度々暴走させてしまったことから、幼少期は隔離され、里の者からは恐れられ、実の父から何度も暗殺されそうになる。
中忍試験が受けられる年齢になると、里の命で兄カンクロウ、姉テマリと共にチームを組み試験に参加する。
そこで、同じように人柱力として里から忌み嫌われていた『NARUTO』の主人公であるナルトにであい戦う。
戦いの中でナルトから人を恨み疑うだけではダメだと論され、次第に周りに心を開けるようになる。
その後、ナルトを自分の初めての大切な友と認識し、周りの人にも心を開き風影を務めるようになる。
第四次忍界大戦では前線で指揮をとり大戦終結の為に貢献した。
その後自身の里で捨てられていた子供を保護し、結婚はせずにその子供を養子として育てている。

我愛羅の来歴・活躍

我愛羅の幼少期

我愛羅幼少期

我愛羅はまだ、母親加流羅のお腹の中にいたころ、砂隠れの里の兵器として最強の忍を作るために一尾である守鶴を憑依させられた。
この事は父であり四代目風影も承知していたが、我愛羅が生まれる際に母は死亡してしまう。
一尾とは尾獣と呼ばれる巨大で人知の範囲を超えた力をもつ魔獣の一種で、一尾から九尾までいる。
一尾とは尾の数であり、人々が呼びやすいように呼んでいる俗称で、正式名称を「守鶴(しゅかく)」という。

幼少期は一尾のコントロールが上手くできず何度も暴走させてしまった為、里の者からは忌み嫌われていた。
実の父である四代目風影からも疎まれ、暗殺の命を受けた忍が何度も我愛羅を襲ったが、自分の意志とは関係なく一尾の力で暗殺を逃れていた。
愛情に飢えていたが、母の弟である夜叉丸だけは我愛羅を献身的に育て支えていた。そんな夜叉丸を我愛羅は唯一心を開ける相手だと思っていた。
しかしある日、我愛羅はその夜叉丸にすら裏切られることになる。6歳の頃に、夜叉丸が暗殺者として我愛羅の前に現れたのだ。さらに夜叉丸を返り討ちにした際、彼の口から「姉の命を奪って生まれたアナタを憎んでいた」と聞かされる。実はこれは、四代目風影の命令で、夜叉丸本人はこの命令に戸惑いを見せていたのだが、当時の我愛羅には分からず、信頼のできる人間に裏切られたという傷だけが残った。
我愛羅はその後「もう誰も信じない」と強く決意し、自ら自身の額に「愛」の文字を刻み、自分の為に生き自分だけを愛する「我を愛する修羅」として生きることを誓う。

父からの暗殺計画は終わることなく続き、その度に相手を返り討ちにしてきた。他者を殺すことで自分の生を実感できると歪んだ存在理由を見いだし、孤独な日々を過ごしていた。

暗殺を恐れ夜も眠れない日々だったが、暗殺を警戒すること以外にも我愛羅には眠れない事情があった。
眠ってしまうと一尾が我愛羅の体を乗っ取ってしまうのだ。
その為、我愛羅はゆっくり眠ることが出来ず、両目には深いクマがあった。また眠れないことで情緒も不安定だった。

ナルトとの出会い

我愛羅、中忍試験

我愛羅が12歳の時、里の命で同盟国である木ノ葉の里で開かれる中忍試験に兄カンクロウ、姉テマリと共に参加することになる。
この時の我愛羅は、幼少期からの過酷な生活のせいで兄姉であっても二人の事を信頼できず、また睡眠不足により情緒が非常に不安定だった。
しかし、忍としての実力は既に中忍以上だった。
予選の一次試験は難なく通過し、巻物を2つ揃えて森を進みゴールを目指すというルールの二次試験では、我愛羅は対峙した班のメンバーを皆殺しにし試験史上最速のスピードでゴールした。
最終予選では木ノ葉の忍ロック・リーと一対一で戦うことになった。ロック・リーは非常に素早い体術の使い手で、我愛羅は苦戦を強いられる。しかし一尾の力を解放すると形勢は逆転。ロック・リーに重傷を負わせて勝利する。

本戦まで一ヶ月時間が空いた。そこで我愛羅には木ノ葉崩しの計画を伝えられる。木ノ葉の里を潰すことにはさほど興味もなかったが、本戦の対戦相手であるうちはサスケに興味を持っていた。
サスケの事を自分と同じ孤独を知るものだと思っていたからだ。
いよいよ始まった本戦、サスケとの対戦中にサスケの攻撃で初めて自身が傷を負い血が出たことに動揺した。自身の技で砂の殻を作り尾獣化しようとするも、またしてもサスケの攻撃で不完全となる。
その直後、木ノ葉崩しを計画していた大蛇丸によって攻撃が始まった。本来、木ノ葉崩しの計画が始まってから尾獣化する予定だったが、予定より早く尾獣化しようとしたことで、攻撃を受けてしまい不完全な状態になってしまった。その為、この作戦から戦線離脱する。
大蛇丸とは、かつて木ノ葉の里の忍であり、木ノ葉の三忍とも呼ばれた人物だった。しかし、禁忌とされる死者を蘇らせる技の研究をしていたことが里に知られ里抜けし木ノ葉の里に恨みを抱えていた。

戦線離脱した我愛羅をサスケが追いかけ再び戦闘勃発する。
サスケが我愛羅にやられそうな所でナルトが到着し、サスケを庇う。ナルトだけでなく、同じ班の春野サクラもサスケを庇い、その姿が夜叉丸と重なり一瞬攻撃にためらいができる。
ナルトとの戦闘で、お互いが人柱力だと知り、孤独を知る者同士だと知る。
しかし、ナルトと我愛羅の違いは、ナルトの周りにはナルトを信頼する仲間がいること、ナルトが仲間を信頼しているところだった。
ナルトは自身の経験から我愛羅の心の傷をくみ取りつつも、それではダメだと、周りを信じることが大事だと伝える。
ナルトの頭突きで我愛羅が一尾の力を強く出すために自身の意識を一尾に明け渡す狸寝入りの術も解けると、二人ともチャクラを使い切ったのか地面に落ち、動くことができない状態だった。
そんな満身創痍な状態でも、ナルトは我愛羅に「自身も辛い経験をしたが、憎しみだけでは何も生まれない。周りを信用することで自分自身も強くなれる」と訴えた。
忍としての実力は自分の方が上だと思っていた我愛羅だったが、ナルトと戦うことでナルトは仲間を救いたい、その思いで強くなれるのだと知り、戦いを辞めた。
そして自分の身を心配してくれる兄と姉の姿を目の当たりにし、少しずつ周りを信じてみようと思えるようになった。

尾獣を抜かれる

風影となった我愛羅

中忍試験でナルトとの戦いを経験した我愛羅は、里に戻り少しずつ周りの人間を理解しようと努力する。
そのかいあって、我愛羅は五代目風影となったのだ。
四代目風影であった我愛羅の父、羅砂は中忍試験の途中で初めて『NARUTO』に登場するが、この時すでに大蛇丸に殺され、大蛇丸の部下である薬師カブトが変装していた。
木ノ葉の里への道中で羅砂の死体が発見された。
我愛羅が風影に就任ししばらく時が経つと、暁というグループが尾獣を狙っていると情報が流れてきた。
我愛羅は一尾の人柱力である。人柱力は自身に封印された尾獣を抜かれると死んでしまうのだ。
そんな話を聞いてあまり時間も経たないうちに我愛羅を狙って暁の一員であるサソリとデイダラという忍が砂隠れの里を襲いに来た。
我愛羅は爆弾のようなものを操るデイダラと互角以上に戦う。しかしデイダラが里を巻き込んだ攻撃を行い、我愛羅は里を守るために術を使用。その結果、自身の身の守りが疎かになり、ついには気を失って捕らえられてしまう。

我愛羅は気を失っている間に暁のアジトに連れていかれ、一尾を抜かれてしまった。
我愛羅がさらわれた事はナルトにも知らされ、詳しい話を聞くために砂隠れの里を訪れた。
そこで、我愛羅の兄であるカンクロウから話を聞き我愛羅救出へ向かう。この時、砂隠れの里のご意見番であり、まだお腹の中にいる我愛羅に一尾を憑依させた張本人でもあるチヨバアが帯同することになった。
我愛羅奪還の道中でサソリとデイダラに遭遇する。そこで、既に我愛羅の尾獣が抜かれていることを知る。
チヨバアの力も借りつつ、サソリとデイダラを倒し、我愛羅の遺体を取り戻す。ナルトは我愛羅の死を嘆いた。ナルトの心から我愛羅のことを思う姿にチヨバアは心を動かされ、禁忌でもある転生忍術を使う。それによりチヨバアは亡くなってしまうものの、我愛羅は生き返ることができたのだった。

第四次忍界大戦

大将として演説する我愛羅

暁という尾獣を狙う組織が各国の忍に戦争を仕掛けてきた。
そこで、木ノ葉隠れ、砂隠れ、雲隠れ、岩隠れ、霧隠れの5国は連合を組み迎え撃つことになった。
我愛羅は戦闘大連隊隊長兼第四部隊隊長を任された。第四部隊は戦闘長距離部隊である。
戦争が始まろうとしていても、ずっといがみ合ってきた5国の足並みはそろわずいざこざが絶えなかった。
戦争開幕直前に我愛羅は連合軍全員に演説をした。自分の未熟さを含め、友の大切さ、その友を助けたい気持ちを伝え、最後に今自分たちは各国の垣根を超え、忍である事だけが共通だと説き、各里の忍の心を1つにした。

戦闘が始まると、我愛羅の前に現れたのが穢土転生の術により蘇らされた亡き父羅砂だった。
穢土転生の術とは、生贄を使って死者を現在に蘇生させ、術者が思い通りに操ることができる禁忌の術である。この術により蘇生された忍は、生前時に使えていた技の殆どが使える。術を解くためには蘇生されたものを封印するか、蘇生された者自身が自分の意志で術を解くしかなかった。

父とは長い間確執があり、その傷が癒えることなく父は死んでしまった。
羅砂は砂金を使った血継限界の磁遁使いで、この術で我愛羅が幼少期に暴走させてしまった一尾を対処していた。そんな父との戦いで、我愛羅は変わった自分を父に見せようと力闘する。羅砂も、息子に友ができたこと、チヨバアが自分の命を犠牲にしてまで我愛羅を生き返らせたことを知り、己の今までの行いを悔いた。
我愛羅が砂金の弱点をつき、羅砂を捕らえた時の術は、亡くなった母加流羅に似ており、羅砂は驚いた。
そして、幼いころ我愛羅に向けて告げた「母から愛されていなかった」という言葉を訂正し、「母は何があっても我愛羅を守る」と言っていたことを伝え封印された。
この戦いで父への確執を克服した。

その後も穢土転生の術で蘇生させられた強力な敵に苦戦しながらも順調に封印していった。
しかし、この戦争の首謀者であるうちはマダラが現れ、各里の長である五影全員で戦うも瀕死の状態となってしまった。火影である綱手が口寄せした術で何とか命を繋ぎとめていたが、そんな綱手のチャクラも残り僅かという所で大蛇丸が香燐を連れてきた。
香燐は自身のチャクラ量が人よりも多く、自身の体の一部を回復させたい人にかませる事によってチャクラを相手にあげることができる。
その性質を活かし、先ずは綱手を回復させ、他の影も回復させる。我愛羅も回復してもらった一人だ。
回復後、再び戦場に戻りマダラと戦う。その際、一度は自身から抜かれてしまった一尾をナルトが救い出し、我愛羅と一尾はお互いを認め合い共闘する。

激闘中、ナルトの九尾がマダラによって抜かれてしまった。
九尾はナルトの体から抜けきる間際、我愛羅に四代目火影の元へナルトを連れていくよう伝えていた。
四代目火影、波風ミナトとはナルトの父である。そして、九尾が昔暴走してしまった時に、ナルトに九尾を封印した張本人でもあった。
ミナトは、ナルトに九尾を封印する際、九尾の陰の部分を自身に封印して死んだ。チャクラには陰と陽があり、陰遁は創造を司り、精神エネルギーを元に作られているとされ、陽遁は生命を司り、身体エネルギーを元に作られているとされる。言わば九尾の半身はまだミナトの中にいるのだ。
その半身をナルトに移し替えればナルトが助かると九尾が我愛羅に教えたのだ。
ミナトの元へ向かう途中で医療忍術の使い手であり、ナルトと同じ班で過ごしてきたサクラを同行させ、ナルトの心臓が止まらないよう手伝いをしてもらった。
無事、ナルトに九尾の半身を移すも無限月読という人々を幻術にかけ眠らせる術が発動し我愛羅もこの幻術にかかってしまった。
夢の中では幼少期に家族と仲良く過ごし、幼いナルトが自分の友人として家に遊びにくる夢を見ていた。
幻術が解けたときには既に戦いは終わっており、ナルトがサスケと力を合わせてマダラに勝った後だった。
自分はまたナルトに救われたと我愛羅は思ったのだ。
最後は幻術にかかってしまったが、大戦中は隊長として活躍し、この大戦終息に貢献した。

シンキとの出会い

シンキとの出会い

第四次忍界大戦後は、平和な世が続いていた。
我愛羅も青年から大人の男性へと歳月が経過した。
里の長老達からも結婚をするように言われ、一度は見合いをしたが結局、結婚することは無かった。
しかし、里の見回りをしてる際に一人の子供を見つけた。
その子供は自身の能力をコントロールできず、暴走していた。体の周りを砂鉄が飛び交い、両親はいないと言う子供に、我愛羅は自身の幼少期と重ねその子供を保護することにした。
名前をシンキとなずけ、自分の養子にした。

我愛羅の能力・術

砂の盾

ヒョウタンの中に帯同させている砂がオートガードで防御する。
これには、母加流羅の思いがチャクラに宿っており、大きくなると母の姿になる。
当初、この砂には一尾の特徴である呪印模様が先端に現れていたが、人柱力で無くなってからはこの模様が消えた。

砂の鎧

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

NARUTO(ナルト)のネタバレ解説・考察まとめ

『NARUTO』とは、日本の漫画家の岸本斉史による作品。1999年43号から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載が開始され、2014年50号で完結した。全700話あり単行本は全72巻。落ちこぼれの忍者「うずまきナルト」が強敵との戦いの中で、成長していく姿や仲間たちとの友情などが描かれている。全世界累計発行部数2億冊以上。日本国内に留まらず世界中の人々から愛されている。

Read Article

NARUTO(ナルト)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史による大人気の忍者アクション漫画である。週刊少年ジャンプにて連載されていた。 主人公は木ノ葉隠れの里に住む少年のうずまきナルトで、ナルトの夢は木ノ葉隠れの里のトップである火影になることだ。孤独な幼少期を過ごしてきたナルトが、友達や先生との交流を通して愛を知っていく展開や、心に染みる熱いセリフは少年だけに留まらず、世界中の人々に評価されている。

Read Article

NARUTO(ナルト)の術・必殺技まとめ

『NARUTO(ナルト)』は、1999年から2014年まで、『週刊少年ジャンプ』にて15年もの間連載された、大人気忍者アクションバトル少年漫画である。作者は岸本斉史氏。友情、愛、復讐、戦争など多くのテーマを持つ大傑作漫画。作中では様々なキャラクターが多様な術を使用し、作品を盛り上げた。今回は作中で使用される術についてまとめてみた。

Read Article

NARUTO(ナルト)の尾獣と人柱力まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里に住む少年・うずまきナルトは、里に甚大な被害を与えた九尾を封じられていた。それ故、ナルトは里の人間から忌み嫌われて育った。ナルトは里の人間を見返すために、里の長である『火影』を目指す。 『人柱力』とは、強大な力を持つ尾獣を封じられた人間の事である。戦争の抑止力ともなる人柱力は、作中で非常に重要な存在である。

Read Article

NARUTO(ナルト)におけるサクラ VS ヒナタのカップリング論争・伏線まとめ

2014年に、主人公・うずまきナルトが夢をかなえるといった感動的な最終回を迎えた人気漫画「NARUTO」。ネット上の一部では完結後、ナルトがヒロインの春野サクラではなく日向ヒナタと結ばれたことに対して「メインヒロインのサクラと結ばれるべきだったのか、それともヒナタと結ばれたままでいいのか」という点での議論が行われているようである。サクラ派とヒナタ派双方の主張をまとめてみた。

Read Article

NARUTO(ナルト)の暁まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里の少年・うずまきナルトは、かつて里に大きな被害をもたらした九尾を封印され、里の者から忌み嫌われていた。ナルトは逆境に負けずに、里の長である火影を目指す。 『暁』とは、S級指名手配されている忍たちが中心になった過激派集団であり、ナルト達と敵対する事になる。

Read Article

NARUTO(ナルト)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『NARUTO(ナルト)』とは岸本斉史による和風バトル漫画とそれを原作にしたアニメ・映画・ゲームなどのメディアミックス作品。テレビアニメはstudioぴえろの制作で2002年10月から始まり、2007年からは『NARUTO -ナルト- 疾風伝』とタイトルを変えて放送された。この記事では『NARUTO -ナルト-』と『NARUTO -ナルト- 疾風伝』、その他劇場版アニメで使用されたオープニング・エンディング主題歌、挿入歌を一挙に紹介していく。

Read Article

うちはオビト(NARUTO・BORUTO)の徹底解説・考察まとめ

うちはオビトは『NARUTO』に登場するキャラクターで、木の葉隠れの忍であり、名門うちは一族の一人。また主人公・うずまきナルトの師であるはたけカカシの同期でライバルでもある。活発で仲間想いな少年であり、木の葉隠れの里の長・火影になることを夢にしていた。しかし、第三次忍界大戦の時に敵の術からカカシを庇い戦死。その後里の英雄として慰霊に刻まれるが、実際はかつてのうちは一族のリーダーであったうちはマダラによって命を救われていた。以降マダラの策略によって世界に仇なす存在となっていく。

Read Article

うずまきナルト(NARUTO・BORUTO)の徹底解説・考察まとめ

うずまきナルトとは、岸本斉史の『NARUTO』の主人公であり、木ノ葉の里の忍だ。 かつて里を襲った怪物・九尾を体内に封印されているため、里の住人からは忌み嫌われていた。しかし里長である火影になって皆を見返すという目標のもと努力を重ね、徐々に信頼を勝ち取っていく。仲間思いで、自分の信念を曲げない性格。里を抜けたライバルで親友のうちはサスケを連れ戻すため奮闘する。物語終盤ではサスケと協力して最後の強敵を倒し、英雄となった。続編である『BORUTO』では七代目火影に就任し里の平和のために力を尽くす。

Read Article

はたけカカシ(NARUTO・BORUTO)の徹底解説・考察まとめ

はたけカカシとは岸本斉史の『NARUTO-ナルトー』の登場人物であり、木ノ葉隠れの里の上忍。 「写輪眼(しゃりんがん)」という瞳術で相手の忍術を見切りそっくり真似てしまうことから「木ノ葉隠れのコピー忍者 写輪眼のカカシ」の通り名で各国に知られる。エリート忍者とされる上忍にわずか12歳でなった天才。冷静沈着で頭が切れ、戦闘中に敵を分析する能力では右に出る者はいない。本作の主人公うずまきナルトが所属する第七班の指導教官であり、ナルトの成長を見守った。

Read Article

日向ヒナタ(NARUTO・BORUTO)の徹底解説・考察まとめ

日向ヒナタとは『NARUTO』の登場人物であり、第八班に所属するくノ一。 木の葉名門・日向一族宗家の跡取りとして生まれ、厳しい修行を課せられる。しかし、妹より劣るとされ、父に見放されてしまう。 そんな自分に劣等感を抱くが、周囲への重圧に負けず、前向きな主人公へ憧れを抱き想いを寄せていく。 己を変えようと挑んだ中忍試験。宗家を憎む従兄妹と対戦する。 主人公の声援を受け果敢に挑むも結果は敗北。けれどヒナタにとって価値のある一戦となった。 その後仲間や師との修行をへて成長していく。

Read Article

日向ネジ(NARUTO・BORUTO)の徹底解説・考察まとめ

日向ネジ(ひゅうがねじ)は、岸本斉史の『NARUTO-ナルトー』の登場人物であり、木の葉の里最強の一族「日向一族」出身の天才忍者。分家の出であるネジは、宗家(本家)に対し憎しみを抱いていたが、主人公のうずまきナルトとの闘いを経て憎しみから解放されていく。ナルトが約2年半の修行から帰郷した後を描いた部分(アニメ版では第二部として『NARUTO-ナルト-疾風伝』と改題)では、ナルトに先んじて上忍に昇格しナルトのよき先輩として活躍する。

Read Article

波風ミナト(NARUTO・BORUTO)の徹底解説・考察まとめ

波風ミナト(なみかぜ みなと)とは、『NARUTO』の主人公である「うずまきナルト」の父であり、木ノ葉隠れ四代目火影である。 高速戦闘を得意とし、木ノ葉の黄色い閃光と言われた。 戦闘中は周りに対し厳しい一面を見せるが、普段はおっとりとした性格で、爽やかな風貌の二枚目である。 物語が始まる15年前に木ノ葉隠れで九尾が暴走しその暴走を止める際に自らの命と引き換えに九尾を封印する。 ミナトの死後、九尾封印の話は木の葉の英雄として語り継がれている。

Read Article

長門(NARUTO・BORUTO)の徹底解説・考察まとめ

長門とは『NARUTO』に登場するキャラクターで、本編の敵組織として登場する「暁」のリーダーである。真面目で控えめな性格をしているが、幼少期にかつてのうちは一族の長である「うちはマダラ」に最強の瞳術である「輪廻眼」を移植されているため、忍としての実力は最上位である。雨隠れの里の忍で、戦争中である自国の平和を目指すために仲間と共に戦っていたが、途中で親友を失ったことにより今までのやり方では平和は実現できないと悟り、新たな方法で平和を目指すようになる。

Read Article

猿飛ヒルゼン(NARUTO・BORUTO)の徹底解説・考察まとめ

猿飛ヒルゼンは、岸本斉史の『NARUTO-ナルトー』の登場人物であり、木ノ葉隠れの里の三代目火影(ほかげ)。里長として忍を束ねる火影は、能力・人格ともに優れていると認められた忍がなることができ、中でもヒルゼンは歴代最強の火影とされ、「忍の神」と称された。また木の葉の里にある忍術すべてを使いこなすことから、プロフェッサー(教授)の異名も持つ。

Read Article

角都(NARUTO・BORUTO)の徹底解説・考察まとめ

角都(かくず)とは『NARUTO』に登場するキャラクターで主人公・うずまきナルトを含む尾獣を狙う組織暁に所属するメンバーの一人。暁は所属していた里を抜け各国に名を轟かせるS級犯罪者で構成される。角都も滝隠れを抜け賞金稼ぎを生業としていた。暁のサイフ役として財務を一手に担当している。信じられるのは金だけと明言しており、暁に所属したのもより高額な賞金首と出会う機会を得るためである。また、禁術により他人の心臓を奪うことで強さと寿命を手にしてきた。

Read Article

うずまきクシナ(NARUTO・BORUTO)の徹底解説・考察まとめ

うずまきクシナとは『NARUTO』の主人公であるうずまきナルトの母であり、ナルトの父である波風ミナト(四代目火影)の妻である。 クシナは渦の国のくノ一であったが、幼少期に九尾の人柱力となるために木の葉の里に連れてこられた。 その後、四代目火影となる波風ミナトと結婚しナルトを出産。 しかし出産した日に木の葉の里が襲われ、クシナ自身に封印していた九尾の封印を解かれ九尾が暴走。 九尾暴走事件がきっかけで命を落とし、本編が始まる15年前に死亡している。

Read Article

自来也(NARUTO)の徹底解説・考察まとめ

自来也(じらいや)とは、『NARUTO』の登場人物であり、主人公うずまきナルトの師匠である。 「伝説の三忍」と呼ばれる最強の忍者の1人。口寄せの術でカエルを呼び寄せ、長い白髪が特徴的であることから、ガマ仙人と呼ばれている。師匠は三代目火影の猿飛ヒルゼンで、弟子は四代目火影の波風ミナトである程の実力者だが、女湯を覗くなどの女好きで、ナルトからは「エロ仙人」と呼ばれている。また、ナルトの名付け親でもある。

Read Article

マイト・ガイ(NARUTO・BORUTO)の徹底解説・考察まとめ

マイト・ガイとは『NARUTO』に登場する木の葉隠れの忍で第三班(ロックリー、日向ネジ、テンテン)を率いる上忍。全身緑のタイツに額当てを腰に巻き、おかっぱ頭で激太眉毛と個性的な人物。木の葉の忍・カカシとは少年時代から友人であり、永遠のライバルであると自称し、頻繁にカカシに勝負を仕掛ける。忍者学校アカデミー時代、ガイは熱心に修行するが、入学試験に何度も落第し挫折の経験を持つ。しかし人並みを超えた熱い性格によるたゆまぬ努力の結果、木の葉の上忍になり最終章のラスボスを体術のみで致命傷を与え大健闘した。

Read Article

東京ミュウミュウ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

吉田玲子原作、征海未亜作画による漫画作品およびそれを原作としたアニメ作品。絶滅危惧種動物の遺伝子と合体した少女たちが変身し、強大な敵と戦う。女の子特有の、恋の悩みや敵との関わりなど子供向けアニメとしては深い内容となっている。それぞれの動物に即した衣装やアイテムに当時の子供たちは夢中となった。また当時連載していた雑誌「なかよし」が60周年となった時、再度注目されるなど幅広い年齢に愛されている。

Read Article

東京ミュウミュウの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『東京ミュウミュウ』とは、『なかよし』で連載されていた少女漫画で、アニメ化もされている作品だ。主人公の桃宮いちごを始めとする5人の女の子たちが、絶滅危惧種の動物の力を持つ戦士である『ミュウミュウ』に変身し、宇宙から東京の街へとやってきたキメラアニマと呼ばれる怪物から日々街を守っている。 戦う女の子たちのかわいらしくもカッコイイセリフの数々が、当時の読者である女の子や女性たちに勇気や感動を与えた。今回は、そんな『東京ミュウミュウ』に登場する名言や名セリフを紹介する。

Read Article

烈火の炎(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『烈火の炎』とは、1995年から2002年まで安西信行が『週刊少年サンデー』に連載した忍者バトル漫画およびそれを原作としたアニメ作品。腕から炎を出すことができる「炎術士」としての能力を持つ主人公花菱烈烈火が治癒の力を持つ女子高生佐古下柳と出会い彼女を君主と定め、彼女を狙う組織と戦う。火影忍軍が残した「魔導具」と呼ばれる特殊能力をもつ武器を使うキャラクターが多数登場し、戦国時代から続く火影忍軍の運命に抗う様子を描く忍者冒険活劇。

Read Article

NEW

ブラッククローバー(ブラクロ)の魔法まとめ

『ブラッククローバー』とは、田畠裕基による日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。 孤児であるアスタとユノは、魔法騎士の頂点である「魔法帝」を目指していた。ユノは豊かな才能を持っていたが、アスタは魔法を使うためのマナを持っていなかった。それでも諦めなかったアスタは「悪魔が宿る」とされる「五つ葉の魔導書」を手にする。 『ブラッククローバー』には様々な魔法騎士が登場し、個性豊かな魔法を使用する。

Read Article

十二国記(ラノベ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『十二国記』とは、小野不由美による小説、及びそれを原作とするアニメなどのメディアミックス作品である。女子高生の中嶋陽子は、人の顔色を気にして生きてきた。そんな陽子の前に、麒麟の景麒を名乗る青年が現れ彼女を王と呼ぶ。陽子は本来の故郷である十二国世界へ渡り、様々な戦いを経て王になる覚悟を決めるのだった。ある者は権力とそれに伴う責任に向き合い、ある者はコンプレックスに向き合って成長を遂げる。古代中国風の異世界を舞台にした異世界ファンタジーでありながら、不思議なリアリティを持つ作品である。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説・考察まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

ふしぎ遊戯(朱雀・青龍編)のネタバレ解説・考察まとめ

『ふしぎ遊戯』とは、渡瀬遊宇による漫画作品及び、それを原作とするアニメ、ゲーム作品である。高校受験を控えた少女・夕城美朱は、図書館の書庫で見つけた四神天地書という書物に吸い込まれ、本の中で朱雀を呼び出す巫女となる。鬼宿を始め、巫女を守る七星士と共に朱雀召喚を目指す一方、敵対国で青龍の巫女となった親友の本郷唯と対立する。1992年から1996年まで『少女コミック』で連載され、1996年にテレビアニメ化された。後に、前日譚に当たる『ふしぎ遊戯 玄武開伝』及び『ふしぎ遊戯 白虎仙記』が発表される。

Read Article

赤ちゃんと僕(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『赤ちゃんと僕』とは、突然の事故で最愛の母を亡くしてしまった、主人公の小学5年の拓也が、父と協力しながら慣れない2歳の弟の実の子育てや家事に四苦八苦しながら日々を過ごす日常生活を舞台にしたホームコメディ。拓也と実を中心に友人やご近所の人と繰り広げられる笑いあり涙ありの物語の中には、家族のあり方や子育ての大変さ、DVやイジメについてのエピソードも多く描かれているため、人として大切なことを教えてくれる作品になっている。多くのファンからは「赤僕」と呼ばれて愛され続けている作品である。

Read Article

GALS!・GALS!!(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『GALS!』・『GALS!!』とは少女漫画雑誌『りぼん』で1998年から連載された藤井みほなによる漫画、およびそれを原作としたアニメ作品。2019年よりマンガMeeにて続編『GALS!!』が連載中。舞台は東京渋谷で最強カリスマ女子高生・寿蘭を中心としたコギャル3人が街で遊ぶ様子や、恋愛模様を描く青春物語である。さらに「家庭問題による親や大人への反発」をコンセプトとして家庭問題やいじめ、不良行為、援助交際など当時の社会問題も題材として扱う熱いヒューマンドラマであり幅広い年齢層から支持されている。

Read Article

今日から俺は!!(今日俺)のネタバレ解説・考察まとめ

『今日から俺は!!』とは、西森博之によるヤンキーギャグマンガである。通称「今日俺」と呼ばれ幅広い年齢層から親しまれている。1988年9月号から『増刊少年サンデー』(小学館)にて連載。千葉県にある典型的なヤンキー学園「私立軟葉高校」に通う不良の三橋貴志と伊藤真司が、他校のヤンキーとバトルしたりと珍事に巻き込まれていく。不良なのに根っからの悪ではない二人の青春物語でもある。各サブタイトルは全て「○○編」と短編なので気軽に読みやすい。アニメ化、ドラマや映画では実写化もされている人気作品。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

雲のように風のように(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『雲のように風のように』とは、第1回日本ファンタジーノベル大賞受賞作品『後宮小説』を原作としたスペシャルアニメ。 架空の古代中国の王朝「素乾国」の後宮に焦点を当てた作品で、原作が持つ斜陽の国家の中で展開する人間達の浅ましさや残酷さ、男女の哲学等といった難しいテーマを含めながらも、個性的なキャラクター達による小気味良いコミカルなシーンを雰囲気を壊すことなく多く含み、約80分間の制限の中子供でも楽しめる全年齢向けのエンターテインメントとして仕上がっている。

Read Article

攻殻機動隊ARISE、攻殻機動隊 新劇場版(黄瀬・冲方版攻殻機動隊)のネタバレ解説・考察まとめ

『攻殻機動隊ARISE』は2013年6月に公開された劇場用アニメ。公安9課結束以前の物語で、正体不明のハッカー・ファイアスターターを巡る事件を追う。『攻殻機動隊 新劇場版』は『攻殻機動隊ARISE』の続編で2015年6月全国公開。ファイアスターターと草薙素子の出生の秘密が繋がっていくストーリー。 黄瀬和哉総監督・冲方丁脚本版『攻殻機動隊』シリーズ。

Read Article

攻殻機動隊ARISE(Ghost in the Shell: Arise)のネタバレ解説・考察まとめ

攻殻機動隊ARISE(Ghost in the Shell: Arise)とは、Production I.Gが制作を務める、士郎正宗の漫画「攻殻機動隊」を原作としたアニメ作品である。本作は主人公の草薙素子が公安9課を結成する前の物語に焦点が当てられており、バトーやトグサら9課の仲間たちがどのような形で素子と出会い、彼女と行動するようになったかが描かれているのが特徴となっている。

Read Article

ベイビーステップ(Baby Steps)のネタバレ解説・考察まとめ

ベイビーステップ(Baby Steps)は、勝木光による漫画作品、およびそこから派生したアニメである。 「週刊少年マガジン」(講談社)にて2007年より連載中。2014年に第38回講談社漫画賞少年部門受賞。 真面目で几帳面な男子高校生、丸尾栄一郎が高校に入ってからテニスと出会い、才能を開花させテニス選手として成長していく物語。

Read Article

極主夫道(漫画・ドラマ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『極主夫道』(ごくしゅふどう)とは、おおのこうすけによる日本の漫画。実写ドラマ化とアニメ化もされている。「不死身の龍」と呼ばれた元・最凶ヤクザの、主夫業の日常を描いたハートウォーミングコメディ。強面のヤクザが全力で主夫業に邁進するギャップ、および高い画力とシュールな展開が特徴。大筋は主人公の龍がその強面から繰り出す熟練の家事スキルギャップが軸になるが、登場人物たち半数近くがその筋の関係者で彼らも彼らでどこかしらズレており、そのズレの連鎖から笑いの渦を生んでくるパターンも多い。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

【ナルト】NARUTO最終話が掲載されたジャンプのONE PIECE766話扉絵の小ネタまとめ!【ワンピース】

長きにわたり『週刊少年ジャンプ』の看板作品でありつづけた名作少年漫画『NARUTO』。その最終話が掲載された週のジャンプに載った『ONE PIECE』766話の扉絵が、NARUTOの完結を記念した特別仕様となった。ここでは『ONE PIECE』766話の扉絵に散りばめられた、NARUTO愛溢れる小ネタを紹介する。

Read Article

【ナルト】泣ける!NARUTO名言・名セリフ集まとめ

体内に「九尾」の怪物を宿す落ちこぼれのニンジャの少年ナルトが、忍びの里のトップ「火影」を目指す物語『NARUTO』。自分の信じる道を曲げずまっすぐに努力を重ねてきたナルトの言葉は、思わず涙してしまうような心に刺さる名言・名セリフがたくさん存在している。ナルトの他にも同級生のシカマルやライバルのサスケ、敵対関係にあった我愛羅などが発した名言・名セリフをまとめた。

Read Article

【あつ森】NARUTOの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここでは大ヒット漫画『NARUTO』を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

【NARUTO】感動名シーンまとめ・少年編【ナルト】

『NARUTO』とは、落ちこぼれの少年忍者うずまきナルトが、忍者たちによる世界規模の大戦の中で奮闘し、成長していく姿を描いた岸本斉史の漫画作品である。 超常的な術を操る忍者たちの冒険活劇であり、世界中のファンから非常に高い評価を受けた。作品ではナルトがまだ年端も行かない子供だった頃から青年の手前程度になるまでが描かれており、ここではその少年編の中でも傑作と言われるシーンを紹介する。

Read Article

【あつ森】NARUTO/テニスの王子様/Fate/鬼滅の刃/七つの大罪/艦これを再現したフェイスペイントがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。マイデザインは服やタイルだけではなく、顔に直接ペイントすることも可能だ。ここではかわいいメイク風のフェイスペイントや、人気漫画・ゲームのキャラクターを模したフェイスペイントを紹介する。

Read Article

【ナルト】『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』の流出画像への反応まとめ

『NARUTO -ナルト-』とは、落ちこぼれの忍者である渦巻ナルトが、世界をも巻き込む壮大な忍者たちの大戦の中で奮闘していく様を描いた岸本斉史の漫画作品。 『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』は本編終了後に公開された映画であり、その制作が発表されるなりファンは期待と興奮に胸を膨らませていた。意図的なものか偶発的なものかその設定画像と思われるものがネットに流出し、界隈を大いに賑わせた。当時の反応を紹介する。

Read Article

【NARUTO】スマホ用待ち受け壁紙画像まとめ【ナルト】

『NARUTO』とは、忍者たちによる世界規模の暗闘と、その中で奮闘する落ちこぼれの少年忍者うずまきナルトの活躍と成長を描いた岸本斉史の漫画作品。 下地となる物語はハードながら作風は明るく、世界的な人気を獲得。アニメ、ゲーム、映画と様々なメディアミックスが行われ、関連グッズも多数作られた。ここではその中でもスマホ用の壁紙画像について紹介する。

Read Article

【ナルト】『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』予告動画へのファンの反応まとめ

『NARUTO -ナルト-』とは、落ちこぼれ忍者のうずまきナルトが、世界をも巻き込む壮大な忍者たちの大戦の中で奮闘していく様を描いた岸本斉史の漫画作品。 『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』は本編終了後に公開された映画であり、壮絶な戦いを終えて成長したナルトたちの姿が登場する。予告動画が公開された時点でファンの機体と興奮は急上昇し、様々な意見や感想がネットで飛び交うこととなった。当時の反応を紹介する。

Read Article

目次 - Contents