NARUTO(ナルト)の術・必殺技まとめ

『NARUTO(ナルト)』は、1999年から2014年まで、『週刊少年ジャンプ』にて15年もの間連載された、大人気忍者アクションバトル少年漫画である。作者は岸本斉史氏。友情、愛、復讐、戦争など多くのテーマを持つ大傑作漫画。作中では様々なキャラクターが多様な術を使用し、作品を盛り上げた。今回は作中で使用される術についてまとめてみた。

水遁・大鮫弾の術(すいとん・だいこうだんのじゅつ)/干柿鬼鮫

出典: stat.ameba.jp

鮫の形を模した水を相手にぶつけ、チャクラを吸収することができ、また相手の術の強さに比例して大きくなる。

水遁・大爆水衝波(すいとん・だいばくすいしょうは)/干柿鬼鮫

出典: naruto-spoiler.up.n.seesaa.net

水中での戦いに持ち込むために巨大な水の球を作る術。

水遁・水弾の術(すいとん・すいだんのじゅつ)/霧隠れの忍

出典: naruto.japflap.com

大多数で水を吹き出す術。

水遁・大瀑布の術(すいとん・だいばくふのじゅつ)/桃地再不斬、はたけカカシ、ホウキ、ゼンジ、薬師カブト

出典: livedoor.blogimg.jp

多量の水を打ち上げ一気に落とす術。威力は絶大で、術後辺りは水災被害を受けたように変貌する。

水遁・鉄砲玉(すいとん・てっぽうだま)/ガマブン太、ガマ力

出典: battle-one.com

圧縮した水玉を吹き出す術。どこでも使用することができ、チャクラを練り込むこともできる。ガマ力が使えるものは、木をサイコロ状に切ることも可能。

水遁秘術・千殺水翔(すいとんひじゅつ・せんさつすいしょう)/白

出典: naruto-spoiler.up.n.seesaa.net

無数の千本に変化させた水で、相手の全方位から攻撃をする術。白は独自で片手の印で発動さることが可能である。

水牢の術(すいろうのじゅつ)/桃地再不斬、干柿鬼鮫

出典: narutonti.com

術者の手に水の大玉を出現させ、相手を閉じ込める術。術者の手から水玉が離れることで閉じ込められた者は解放される。

水鉄砲の術(みずでっぽうのじゅつ)/二代目水影・鬼灯幻月、鬼灯水月、鬼灯満月、筧スミレ

出典: battle-one.com

指先から、人体を貫通するほどの威力を持つ水鉄砲を発射させる術。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

NARUTO(ナルト)のネタバレ解説まとめ

日本の漫画家の岸本斉史による作品。1999年43号から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載が開始され、2014年50号で完結した。全700話あり単行本は全72巻。落ちこぼれの忍者「うずまきナルト」が強敵との戦いの中で、成長していく姿や仲間たちとの友情などが描かれている。全世界累計発行部数2億冊以上。日本国内に留まらず世界中の人々から愛されている。

Read Article

NARUTO(ナルト)におけるサクラ VS ヒナタのカップリング論争・伏線まとめ

2014年に、主人公・うずまきナルトが夢をかなえるといった感動的な最終回を迎えた人気漫画「NARUTO」。ネット上の一部では完結後、ナルトがヒロインの春野サクラではなく日向ヒナタと結ばれたことに対して「メインヒロインのサクラと結ばれるべきだったのか、それともヒナタと結ばれたままでいいのか」という点での議論が行われているようである。サクラ派とヒナタ派双方の主張をまとめてみた。

Read Article

NARUTO(ナルト)の名言・名セリフまとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史による大人気の忍者アクション漫画である。週刊少年ジャンプにて連載されていた。 主人公は木ノ葉隠れの里に住む少年のうずまきナルトで、ナルトの夢は木ノ葉隠れの里のトップである火影になることだ。孤独な幼少期を過ごしてきたナルトが、友達や先生との交流を通して愛を知っていく展開や、心に染みる熱いセリフは少年だけに留まらず、世界中の人々に評価されている。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents