目次

  1. 『ファイナルファンタジー』の概要
  2. ラスボスとは
  3. 『FF』のラスボス
  4. カオス
  5. 『FF2』のラスボス
  6. 皇帝
  7. 『FF3』のラスボス
  8. 暗闇の雲(くらやみのくも)
  9. 『FF4』のラスボス
  10. ゼムス
  11. ゼロムス
  12. ゼロムスEG
  13. 『FF5』のラスボス
  14. エクスデス
  15. ネオエクスエデス
  16. 『FF6』のラスボス
  17. ケフカ
  18. 『FF7』のラスボス
  19. セフィロス
  20. 『FF8』のラスボス
  21. アルティミシア
  22. 『FF9』のラスボス
  23. 永遠の闇
  24. クジャ
  25. 『FF10』のラスボス
  26. ブラスカの究極召喚
  27. エボン=ジュ
  28. 『FF12』のラスボス
  29. 不滅なるもの
  30. 『FF13』のラスボス
  31. オーファン
  32. 『FF15』のラスボス
  33. アーデン・イズニア

『ファイナルファンタジー』の概要

ファイナルファンタジー(FF)は、ファミリーコンピュータ(FC)などの家庭用ゲーム機向けに発売されたロールプレイングゲーム(RPG)である。
1987年に第1作目となる『ファイナルファンタジー(FF)』が発売されて以降、シリーズ作品が続々と発売され、『ファイナルファンタジーXV(FF15)』までが発売されている。
ゲーム中に挿入される美しいCG、スタイリッシュなキャラクターや作品ごとに違う世界設定と重厚で難解なストーリー構成、作品ごとに変更される斬新なゲームシステムなど、従来のRPGからの差別化を図ることで多くのファンの支持を受け、日本を代表するコンピュータRPGの1つとなった。
近年のシリーズでは、壮大で美麗なフル3DCGでFFのリアルな世界や登場人物が描写されており、世界中のファンを魅了している。

ラスボスとは

ゲーム内において、最後に登場する大ボスのこと。
ラストボス、つまりラスボスである。
ラスボスを倒すことでゲームはクリアとなり、エンディングを迎えることとなる。

FFシリーズには、『FF11』『FF14』の2つのオンライン専用ゲームがある。
オンラインゲームは多人数によるコミュニケーションを行いながらリアルタイムで進行するゲームであり、クエストや章ごとにボス的なものは存在するが、ゲームクリアによるエンディングがないため、ラスボスという位置付けのものはいない。
故にここでは『FF11』『FF14』の2タイトルは除外している。

『FF』のラスボス

カオス

Chaos

記念すべきシリーズ第1作のラスボス。
4本の腕を持つ、いかにも「悪魔」といった容貌。

カオスの正体は、物語序盤で倒したボス、ガーランド。
ガーランドは元コーネリアの騎士で、王女セーラを攫ってカオスの神殿に立て籠もっていたところを主人公である光の戦士たちに倒される。
倒されたガーランドは、土のカオス「リッチ」、火のカオス「マリリス」、水のカオス「クラーケン」、風のカオス「ティアマット」の4体によって2000年前の過去へとタイムスリップし、そこでカオスとして復活したのであった。

光の戦士に倒されたガーランドは2000年前の過去に戻ってカオスになり、その2000年後にまたガーランドとして転生するという無限ループを繰り返していた。
つまり、ガーランドがカオスであり、カオスがガーランドなのである。
主人公たちは2000年前へタイムスリップし、カオスを倒したことで無限ループは解消された。

カオスは、火炎・津波・地震・竜巻と、火・水・土・風の4つの属性の攻撃を行う。
FC版では容量の関係からか、ラスボスなのに専用のバトル曲が存在せず、通常の戦闘シーンのBGMで流れていた。

『FF2』のラスボス

皇帝

Dffemperor

世界征服を目論むパラメキア帝国の皇帝。
見かけは華奢な美形。
強力な魔力の持ち主で、多くの魔物を送り込んだり、巨大な竜巻を作り上げ、幾つかの町を壊滅的な状態に陥れたりする。
1度は主人公フリオニール達によって倒されるが、地獄の力を身につけて蘇り、今度は世界の全てを滅ぼそうとする。
主人公に倒された際に発する、断末魔の悲鳴「ウボァーー!」はファンの間で有名になり、後のリメイク作品や他の作品に皇帝がゲスト出演する際にもこの悲鳴が使われている。
以降「ウボァーー!」は、ファンの間ではギャグ的要素として語り継がれている。

ゲーム本編においては本名は不明だが、小説版のみマティウスという名が付けられている。
FC版では『FF1』のカオス同様専用BGMというものが存在せず、通常ボス用BGM「バトル2」が使用された。

『FF3』のラスボス

暗闇の雲(くらやみのくも)

20100522010204ca1

光と闇の力のバランスが崩れた時に現れ、全てを無に帰そうとする存在。

暗闇の雲は魔王ザンデが、光と闇のバランスを崩したため「闇の氾濫」が起こって現れた。
1000年前にも「光の氾濫」により現れ、その時は闇の4戦士が倒したという。

ザンデは大魔導師ノアの弟子の1人で、主人公達の味方となるドーガとウネの弟弟子である。
ノアは3人の弟子たちに遺産を残した。ドーガには「魔力」、ウネには「夢の世界」を、そしてザンデには「人間としての生」を。だがこれを不満に思ったザンデは反発し、世界を無に帰すことで永遠の命を得ようと考えた。
魔王ザンデを倒した直後に暗闇の雲が現れた時はイベント戦闘で、主人公達は全滅してしまう。
ウネとドーガの魂をもらって復活した主人公達により、暗闇の雲は倒されることとなる。

波動砲という強力なビームで全体攻撃する。
見かけは女性の姿だが、人ではなく人知を超えた意識体。肌が緑色なことからファンからは「みどりのおばさん」と呼ばれている。

『FF4』のラスボス

ゼムス

Zemus

ゼムスは月の民であり、ゴルベーザを操って青き星に乱をおこし、クリスタルを奪った真の黒幕である。

月の民は、進みすぎた文明により自らの星を滅ぼし移住先を求めて青き星へたどりついたが、既に人類が生息していたため、人類が交渉できるようになるまで人工の月で眠りについて待つことに決めたのだった。
だが、ゼムスは他の月の民の意に反して、青き星の生物を焼き払って星を乗っ取ろうとした。
その手段として、月から強力な思念でゴルベーザを操り、目的を果たそうとした。
主人公セシルはゴルベーザの弟であり、兄弟共に月の民の血を引いていた。
セシルは仲間たちと共に、世界を侵略しはじめたゴルベーザを追ううちに、真の敵がゼムスであると知る。

月にいたゼムスは、奪ったクリスタルで月と青き星を結ぶ「次元エレベータ」を動かし、月の民の古代兵器「バブイルの巨人」を起動させて、青き星に災厄を起こそうとしたが、セシル達に阻止される。
一方、ゼムス自身も、月に乗り込んできた月の民のフースーヤと、正気を取り戻したゴルベーザによって倒された。

ゼロムス

C955e1eb 07fc 4180 8716 12beecd489a1

『FF4』の真のラスボス。
肉体を滅ぼされたゼムスが、憎しみの力によって「完全暗黒物質」として甦った姿である。
「完全暗黒物質」はすべての攻撃を吸収してしまうため、ゴルベーザとフースーヤはゼロムスに対して魔法で攻撃するが吸収されてしまい、二人は倒されてしまう。
その後、ゴルベーザとフースーヤの意志を託された主人公セシルは、自身が持つ光とクリスタルの力によって、ゼロムスの真の姿を露にした。
それにより通常の攻撃が可能となり、ゼロムスは主人公達によって倒された。

ビックバーン、バイオ、ブラックホールなどの魔法攻撃がメイン。
また、ゼロムスが真の姿を現す前に、コマンド「ぬすむ」を実行するとダークマターを盗む事が出来る。

ゼロムスEG