『ファイナルファンタジーXV』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

986d9c0b

人気ロールプレイングゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズの15作目。
戦闘は従来のコマンドバトルではなく、シリーズ初のアクションバトル。
広大な世界を自由に探索、攻略ができる「オープンワールド」形式を採用し、よりリアルな世界観が楽しめる。
同盟国であった帝国の裏切りにより、崩壊した故国を取り戻すため若き王子ノクティスは仲間たちと共に旅に出る。彼を待つものは、神か、運命か。

概要

08583314 photo final fantasy xv

リアルな世界観と美しいビジュアル

ファイナルファンタジーXV(以下FF15)は人気RPGのシリーズ15作目。
今作では、これまでのコマンド入力バトルから初のアクションバトルとなった。
しかし、アクションとはいえ、それほど難しい操作ではない。
戦闘を一旦中断させる「ウェイト・モード」は今作でも採用されている。
アクションが苦手、という人にはおススメだ。

今作のみどころは、なんといっても広大な世界を好きなように動き回れることだ。車やチョコボに乗って移動もできるので、観光気分で美しい風景を楽しめる。
車は最初から手に入るので、好きなようにカスタマイズも可能だ。

メインストーリーとサブストーリーの他、好きな時に受けられるミッションなど多数用意されている。
物語はメイン・ストーリーを進めることで、驚くべき結末(後述)へと導かれることになる。

ストーリー

Final fantasy xv 20161129000014

ノクトは3人の仲間と愛車レガリアで旅に出る。

王国ルシスと、帝国ニフルハイムとの長きに渡った戦争が終結しようとしていた。
停戦協定の調印式を数日後に控えたルシスの王子ノクティスは、友人と共に王都を発つことになる。
和平の証として、帝国の属州テネブラエの貴族にして神凪である娘ルナフレーナと結婚式を行うことになっていたからだ。

しかし調印式当日、帝国ニフルハイムはルシスを裏切り王都を襲撃する。
ノクティスは、旅の途中ラジオの報道で、帝国の裏切りと、ノクティスの父である国王レギスと婚約者のルナフレーナの死を知ることになる。さらにノクティス自身も死亡した、と報道は伝えていた。

今までの平穏な日々が一夜にして崩れ去り、ノクティスに残されたものは三人の仲間と父の愛車だけだった。
ノクティスは、襲い来る帝国軍と戦いながら、真実を知る旅を続ける。
旅の最中、ノクティスは帝国宰相アーデンと知り合う。

この世界は闇に包まれつつある「星の病」にかかっている。その闇を払えるのはクリスタルに選ばれた王ノクティスだけ。
ルナフレーナは神凪として、ノクティスのためにこの世界の六神の力を借りようとする。

ルナフレーナは帝国領地内の水上都市でリヴァイアサンと対話することになるが、そこへアーデン率いる帝国軍が現れる。
ノクティスとやっと再会できたのも束の間、ルナフレーナはアーデンによって命を落とし、仲間のイグニスは失明してしまう。

失意のノクティスだったが、ルナフレーナが命を懸けてノクティスに渡したルシスの指輪を見て、自分の使命を果たすため、仲間と帝国へと向かう。
帝国に奪われたクリスタルを奪還しようと、帝都の要塞へと乗り込む。途中、仲間とはぐれたノクティスはそこで初めてルシスの指輪をはめる。
ノクティスはここで、帝国内の王都の人々が、王も含めてアーデンによってシガイ化されていることを知る。
全ての元凶はアーデンだったのだ。そして彼の正体はノクティスの祖先であるルシス王家に連なる者であり、星の病でシガイ化した人々を治す力があった。その病を吸い取っているうちに彼もまたシガイ化し、不死になり、王家から追放されたのだという。
アーデンはルシス王家に復讐を誓い、長い長い時を生きるうち強大な闇の力を蓄えた。

ノクティスは要塞の奥にあるクリスタルと対話するため、クリスタルに取り込まれてしまう。
クリスタルの中でノクティスは六神の1人バハムートと対話し、真の王の力を得るために力を蓄えよ、と告げられる。

世界が闇を覆いつくされ、昼がなくなってしまった世界に、ノクティスは覚悟を持って戻ってきた。
彼がクリスタルに飲み込まれてから10年もの歳月が流れていた。
仲間たちもまた、10年、アーデンのしもべ達と戦っていた。
再会を果たすノクティスと仲間たち。
だが、ノクティスも仲間たちも彼の使命をわかっていた。
彼が真の王の力を使うという事は、命を亡くすことなのだ。

そして、ノクティスは、アーデンの待つ失われた故郷、ルシスの王都に乗り込む。
ノクティスは歴代のルシスの王、父、神や仲間たちの力を借りて、アーデンを倒し、星の病を払うため自らの命を賭し、真の王の力を使う。

闇に覆われていた世界に、朝日が昇る。闇が払われたのだ。

そしてラストシーン。
少し成長したノクティスが玉座に座っている。
その傍らには微笑むルナフレーナの姿があり、プロンプトの撮影した1枚の写真を二人で眺めている。楽しそうに。

ゲームシステム

バトルの難易度

46693080011

難易度はいつでも変更可能。

FF15は基本アクションバトル。
バトルの難易度はゲーム中いつでも切り換えることが可能。
アクションはちょっと苦手、という人にはバトルの難易度を下げるイージーモードがおススメ。
イージーモードだとノクトが戦闘不能になった時など、カーバンクルが助けてくれることがある。

また、ウェイトモードをオンにしておくと、バトル中、操作をやめると時間が止まり、標的やコマンドをじっくりと選べるようになる。
チュートリアルがあるので、バトルの練習がいつでもできる。

バトルシステム

Tgs2016 sqex 20160917asa002

仲間は自動で戦ってくれる。

これまでのコマンド入力システムを廃止し、完全なアクションバトルを採用。
武器を放ち、突き刺した場所まで瞬間移動ができる「シフト」や、
一度高所に移動してから地上の敵を狙いダイブする「シフトブレイク」など、スピード感あふれるアクションが爽快だ。

基本、アクションは攻撃も回避もボタンを押すだけの簡単操作。
仲間は勝手に戦ってくれ、コマンド指示しておけば必殺技や回復などのアビリティも使ってくれる。
アクションに慣れてくると、戦闘ごとに出される目標やスコアアタックなどを狙えるようになる。

HPやMPは自動回復。
戦闘中は時間がかかるため、回復ポイントで休むことで回復可能。
回避やアビリティなどはMPを消費する。魔法では消費しない。
HPが0になってもすぐには戦闘不能にはならずピンチ状態となる。その間に回復アイテムを使用するか、仲間が助けてくれる場合もある。

主人公のノクトは武器をリアルタイムに切り替えて戦う「武器召喚」が可能で、専用武器も存在する。
パーティメンバーとの「連携技」や、タイミングよくカウンターを決める「パリィ」、自分で精製する「魔法」、FFシリーズではおなじみの「召喚」 も存在する。

成長システム

F15 19

アビリティコールの画面。APを消費してアビリティを取得する。

FF15では、これまでのシステムと違い、戦闘終了時にお金や経験値は入らない。
バトルやクエストを達成した場合、依頼者に報告することで報酬と経験値が入手できるが、キャンプやホテル等で宿泊しないとキャラクターに反映されない。
また、宿泊する施設によっては宿泊ボーナスがついて経験値が増える場合もある。

キャラクターの成長要素は、アビリティコールというシステムで行う。
仲間との会話の選択肢で成功したり、クエスト攻略、レベルアップ、バトルなどでアビリティポイント(AP)を入手可能。
APは主人公を含むパーティーメンバー全員で共有するもので、このAPを使って、アビリティ(特技)を習得していく。
アビリティの内容は各キャラクターにより異なるので、特定のメンバーだけを成長させるということも可能だ。

ストーリーとクエスト

1cd8692bc948199ad7caa4ff4c57c09b

討伐依頼はレストランで好きな時に受けることができる。

FF15はメインクエストと、サブクエスト、討伐依頼をこなしていくゲームである。
メインクエストとは、ストーリーを進行させるためのクエストで、サブクエストはメインストーリーに関与しないサブイベント。
討伐依頼は各地のレストランなどで受けられるミッションで、その内容は魔物討伐(モブハント)がメイン。
この他に、仲間との特別なクエストもある。

登場人物

ノクティス・ルシス・チェラム(CV:鈴木達央)

Final fantasy characters x54e.640

愛称はノクト。王子らしからぬ言動や振る舞いが多く、仲間にたしなめられることも。

主人公。
ルシス王国の王子。20歳。
「ノクト」の愛称で呼ばれる。ルシス王レギスの息子で次期国王と見なされている。
クリスタルの力を解放する事で複数の武器を出現させる王家の力を使える。

幼い頃に母を亡くしており、父1人、子1人で育ってきた。
自らの生い立ちや環境に少々苛立つ様子を見せており、彼の王子らしからぬ言葉遣いと態度に結びついている。
その振る舞いが王子らしさと責任を求める周囲との諍いの原因になることもある。
自分の気持ちを素直に言葉に出せず、友人たちにさえ誤解されることも多い。
3人の親友はそんな彼を支え、良き相談役となっている。

イグニス・スキエンティア(CV:宮野真守)

kiyokiyo23
kiyokiyo23
@kiyokiyo23

Related Articles関連記事

『ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング」(FF12RW) は、スクウェア・エニックスより2007年に発売されたニンテンドーDS用ゲームソフト。「ファイナルファンタジーXII」(FF12)の派生作品。 携帯ゲーム機としての今作では、タッチペンを使用し、手軽に遊べるロールプレイングゲーム(RPG)となった。 浮遊大陸レムレースを舞台に「FF12」の主人公、ヴァンの新たな冒険を描く。

Read Article

『ファイナルファンタジーX』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジーX」(FF10)は、スクウェア・エニックスが2001年7月にプレイステーション2用ソフトとして発売したロールプレイングゲーム(RPG)。FFナンバリングタイトルの10作目。 ザナルカンドに住む青年ティーダはある時異世界「スピラ」に飛ばされてしまう。そこで出会った召喚士のユウナとともに、この世界の脅威である「シン」を倒すための旅に出る。

Read Article

『ファイナルファンタジーXIII』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジーXIII」(FF13)は、スクウェア・エニックスからPlayStation 3(PS3)及びXbox 360のマルチプラットフォーム向けに発売されたFFシリーズの第13作目。 「FABULA NOVA CRYSTALLIS」という神話世界を共有するプロジェクトの1つ。 パルスとコクーン、2つの世界を舞台にライトニングたちは「神」のような存在ファルシと戦う。

Read Article

『ファイナルファンタジーIX』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジーⅨ」(FF9)とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)より2000年に発売されたプレイステーション用ゲームソフト。FFシリーズ9作目。 今作のテーマは原点回帰。中世欧州風の王道ファンタジー的世界観に加え、過去のシリーズのオマージュ的な要素が盛り込まれている。 主人公ジタンと世界を滅ぼそうとするクジャとの闘いを通して、命と絆の大切さと生きる意味を問う物語。

Read Article

『ファイナルファンタジーIII』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

1990年にファミリーコンピュータ用ソフトとして発売されたシリーズ第3作。本作は、前2作から大幅に進化したグラフィック、広大なマップ、さらにキャラの職業(ジョブ)を増やし、当時の最大限のシステムを盛り込んだ、やり込み要素満載のゲームである。また、シリーズの名物となった「召喚魔法」が初登場した記念すべき作品でもある。4人の孤児達はクリスタルの啓示を受け、世界の闇を払う為に「光の戦士」として旅に出る。

Read Article

『ファイナルファンタジータクティクス』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)から1997年にプレイステーション用ソフトとして発売されたシミュレーションロールプレイングゲーム(RPG)である。 獅子戦争と呼ばれる内戦の最中、その裏で活躍した主人公ラムザと、その親友だったディリータの栄光と暗躍を描く物語。

Read Article

『ファイナルファンタジーX-2』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジーX-2」(FFX-2)はスクウェア・エニックスより2003年にPlayStation2用ソフトとして発売されたRPGで、「FFX」からの正当な続編。 世界観は「X」から引き継いているが、キャラクター演出などのノリはかなり軽い。ドレスアップなど新たなシステムを搭載している。 「FFX」から2年後、ユウナはティーダに似た青年が映ったスフィアを見て、再び旅に出る。

Read Article

『ファイナルファンタジーXIV』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジーXIV(FF14)」とは、スクウェア・エニックスが開発・販売したオンラインゲーム。FFシリーズ14作目。 2010年に発売された最初のFF14はゲームの不備により、2年でサービスが終了した。その後2013年に、ストーリーや世界観を引き継ぎつつ、大幅リニューアルし、新生FF14として発売。 プレイヤーはエオルゼアという世界を自由に冒険し、世界を侵略しようとする帝国と戦う。

Read Article

『ファイナルファンタジーXI』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

ファイナルファンタジーXI(FF11)とはスクウェア・エニックスが開発したPlayStation2、Xbox360、Windows向けのMMORPG(大規模多人数参加型ロールプレイングゲーム)である。 現在Windows版のみがサービス継続中。 プレイヤーはヴァナ・ディールと呼ばれる世界の冒険者となり、他のプレイヤーとコミュニケーションを取りながら様々なクエストをこなしていく。

Read Article

『ファイナルファンタジーIV』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

ファイナルファンタジーIV(FF4)は1991年、スーパーファミコン(SFC)用ソフトとして発売されたシリーズ4作目。 「ATB」(アクティブタイムバトル)が初めて導入され、現在までの基本システムを形作った作品。 バロン王国飛空挺団隊長セシルは王の命令により、理不尽な任務を命じられる。王に疑念を抱いたセシルは隊長の任を解かれ、親友カインと共に新たな任務に赴くのだった。

Read Article

『ファイナルファンタジーI』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジー(FF)」とは、1987年に発売されたファミリーコンピュータ(FC)用ゲームソフト。ジャンルはロールプレイングゲーム(RPG)。以降、様々なゲーム機にリメイクされている。 FFシリーズの記念すべき第1作目。 闇に覆われた世界に、クリスタルを手にした4人の若者が現れる。 彼らは「光の戦士」として、この世界の闇を払い、平和を取り戻すために冒険の旅に出る。

Read Article

『ファイナルファンタジーXII』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

ファイナルファンタジーXII(FF12)とは2006年に発売された、PlayStation 2専用ロールプレイングゲームで、FFシリーズの12作目。2017年7月13日にはリマスター版「ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ」がPS4版として販売される。 帝国の支配下となった小国に住む少年ヴァンは、物盗り目的で王宮に忍び込んだことから大国同士の戦乱に巻き込まれていく。

Read Article

『ファイナルファンタジー 零式』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジー 零式(れいしき)」 (FF零式) とは、2011年にスクウェア・エニックスより発売されたプレイステーションポータブル(PSP)用ロールプレイングゲーム(RPG)。 戦争をテーマに、クリスタルと神、人間の命と死について描かれるFFシリーズの外伝的作品。 主人公の14人の少年少女たちは、アギトと呼ばれる救世主になるために厳しい訓練をこなしながら、戦争に身を投じていく。

Read Article

『ファイナルファンタジーVI』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

スクウェア(現スクウェア・エニックス)がスーパーファミコン(SFC)向けに1994年に発売したゲームソフト。FFシリーズ6作目。今作では、FF5までのシステムを踏襲しつつ、キャラクターによるストーリー性を重視した群像劇を描き出す。 失われた魔法と幻獣、機械文明世界が舞台となる。世界征服を企むガストラ帝国と、それに立ち向かう抵抗組織に属する者たちの戦いを描く群像劇。

Read Article

『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII」(LRFF13)は、スクウェア・エニックスより2013年に発売されたPlayStation 3・Xbox 360向けゲームソフト。 「FF13-2」の続編にあたり、「FF13」から続く三部作の最終章となる。 前作から500年後の終末に向かう世界で、「FF13」の主人公ライトニングが再び主役となり人々を救うため戦う。

Read Article

『ファイナルファンタジーV』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジーV(FF5)」とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)がスーパーファミコン(SFC)向けに発売したゲームソフトで、シリーズ5作目となる。 FF4から採用されたアクティブタイムバトル(ATB)をさらに進化させ、新ジョブも追加された。 風・水・火・土の4つのクリスタルを守るため、クリスタルの心と力を受け継いだ光の戦士達は暗黒魔道士エクスデスと戦う。

Read Article

『ファイナルファンタジーVII』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

1997年にスクウェア(現:スクウェア・エニックス)から発売された初のPlayStation(PS)用ロールプレイングゲーム(RPG)。シリーズの7作目。 シリーズでは初めて全マップ3Dとなり、CGムービーを演出に取り入れ、RPG新時代の先駆けとなった。 星を破滅させようとするセフィロスと、それを止めようとする主人公クラウドの戦いを描く物語。

Read Article

『ファイナルファンタジーXIII-2』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジーXIII-2」(FF13-2)とは、2011年にスクウェア・エニックスより発売されたプレイステーション3・Xbox 360向けゲームソフトであり、「FF13」の続編である。 「FF13-2」は「FF13」のエンディング後から始まる。今作では「FF13」の主人公だったライトニングの妹セラが主人公となり、時空の歪みを正すために、未来から来たノエルと共に時空を超えた旅に出る。

Read Article

『ファイナルファンタジーVIII』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

ファイナルファンタジーVIII(FF8)はスクウェア(現スクウェア・エニックス)が1999年にPlayStation用に発売したロールプレイングゲーム(RPG)で、シリーズ8作目。 今作ではシリーズ初の主題歌が採用され、その主題歌「Eyes On Me」は50万枚を超えるセールスを記録した。 兵士養成学校に所属する青年スコールがその仲間たちと共に、世界の脅威となる魔女と戦う物語。

Read Article

『ファイナルファンタジーII』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

ファイナルファンタジーIIは、FFシリーズの第2作目。 FF2は、従来のゲームにあったレベルや経験値という概念を無くし、戦闘中にとった行動によって、キャラクターを好きなように成長させられる新しいシステムを採用した意欲作である。 パラメキア帝国が世界を侵略しようとしている世界で、帝国軍と反乱軍との戦いを軸に、出会いと別れ、命の絆の物語が展開される。

Read Article

『ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-」(FF4TA)とは、スクウェア・エニックスより配信・発売されたロールプレイングゲーム(RPG)。 元は携帯アプリとして配信され、その後スマホ版も配信され、携帯ゲーム機用ソフトとしても発売された。 FF4の主人公セシルの息子セオドアが主役となり、かつての仲間と共に世界の危機を救う旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)のヒーロー・男性メインキャラクターまとめ

人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズのヒーローたちは物語の鍵を握る人物として活躍するが、時には悲しい運命をたどる者や、裏切り者がいたりとその魅力は作品ごとに違う。美形が多いのも特徴である。 シリーズごとにリアルさを増していくそのビジュアルは他の追随を許さない。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)のヒロイン・女性メインキャラクターまとめ

人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズのヒロインたちは、強く美しく物語を彩ってくれる存在である。ヒロインたちは主役として、あるいはヒーローを支える存在として活躍する。時には恋をしたり、別離を経験したり、過酷な運命に立ち向かったりする。 作品ごとに様々な魅力を持つヒロインが登場し、プレイヤーを魅了する。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)のラスボスまとめ

人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズの最後の敵として登場するラスボス。その姿は個性的で独特の異形のものが多く、時に名ゼリフを残したりもする。 単なる悪役としてだけではなく、その背景にある心情や物語も丁寧に描かれ、プレイヤーの心を捉えた。 ゲーム機の性能のアップとともに、そのグラフィックも進化していき、よりリアルなラスボスが描かれるようになった。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)の召喚獣まとめ

召喚獣とは、人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズに登場する異形の存在。作品によってはストーリーにも大きく影響を及ぼす。 召喚獣の姿は人型やモンスターなど多種多様であり、プレイヤーの心強い味方として戦ってくれたり、時には強敵としても登場し、ゲームを盛り上げてくれる。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクス(FINAL FANTASY TACTICS、FFT)の名言・セリフまとめ

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)とは、1997年に発売されたFFシリーズの外伝的作品。FFシリーズ初のシミュレーションRPGである。苛烈な内戦の中で主要キャラクターが多く死亡する今作は従来のFFシリーズと毛並みが違っており、ファンを驚かせた。諸勢力が争う戦争に暗躍する謀略に巻き込まれ苦悩するキャラクターたちはそれぞれ印象的な台詞を残している。

Read Article

NEW

ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(FINAL FANTASY TACTICS ADVANCE、FFTA)の名言・セリフまとめ

ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(FFTA)とは、2003年に発売されたFFシリーズの外伝的作品であり、シミュレーションRPGである。 古本屋で見つけた古書にあった呪文を唱えたことで、田舎町は理想を反映した空想世界に変わってしまうというストーリー。キャクター個々のコンプレックスに焦点を当てたストーリーとなっており、プレイヤーの心を掴む台詞が多数登場している。

Read Article

ファイナルファンタジーXIV(FINAL FANTASY XIV、FFXIV、FF14)の名言・セリフまとめ

ファイナルファンタジーXIVは株式会社スクウェア・エニックスが運営しているMMORPGのことである。ファイナルファンタジーシリーズのナンバリング作品としては14番目にあたる。プレイヤーはひとりの冒険者として惑星ハイデリンの大陸のひとつ「エオルゼア」地方を救っていくストーリーとなっている。その話の中で個性あふれるキャラクターたちが名言を残している。

Read Article

ファイナルファンタジーXII(FINAL FANTASY XII、FFXII、FF12)の名言・セリフまとめ

ファイナルファンタジーXII(FF12)とは2006年に発売されたFFシリーズの12作目。ダルマスカのダウンタウンに住む少年ヴァンは、祖国を支配する帝国に一泡吹かせるため王宮に忍び込んだことから世界を揺るがす大きな運命に巻き込まれていく。イヴァリースというひとつの歴史の中で、登場するキャラクターたちはそれぞれ印象的な台詞を残している。

Read Article

ファイナルファンタジーIV(FINAL FANTASY IV、FFIV、FF4)の名言・セリフまとめ

『ファイナルファンタジーIV』はスクウェア製作のRPGゲームである。 軍事国家バロンの暴走をきっかけに始まる物語は、地球と月の戦争という壮大なスケールに進展する。 シリーズ中でもストーリーが「重い」として有名であり、それはキャラの多くがそれぞれ悲惨な過去や、葛藤を背負っているためである。 それゆえに、キャラによる多くの名言がストーリーに厚みを持たしている。

Read Article

あの話題ゲーム!ファイナルファンタジーがスマホに登場!!

FFシリーズのシナリオを追体験し「絵画」に封印された記憶の世界へいくゲームです。歴代のキャラクターも集結しているのでお気に入りのパーティーでゲームをすることができます。懐かしいようで新しいバトルのシステムになっているので楽しめます。そんなファイナルファンタジーレコードキーパーを紹介したいと思います。

Read Article

SFC版FFシリーズ、懐かしの名曲まとめ

新作に限らずリメイク作品も多く発表され、幅広い層に熱烈なファンを持つファイナルファンタジーシリーズ。その中でもスーパーファミコン用ソフトとして発売されたⅣ、Ⅴ、Ⅵは、数年後他のハードが登場してもなお根強いファンを持つ人気作です。その三作の魅力は、キャラクターやストーリー、システムはもちろん音楽にもありました。

Read Article

全然楽じゃない「ひたすら楽してFF」シリーズ神回まとめ

裏技やバグ技を利用したあっけないボス撃破シーンが評価され、投稿するやいなやランキング上位間違いなしの人気ゲーム動画「ひたすら楽してFF」シリーズ。今回は、これまで投稿された動画の中から「これ、本当に楽なのか…!?」「確かに低レベルで熱い戦いだけど、余計に手間がかかっているのでは…!?」と思わされてしまうような動画をピックアップしてみました。

Read Article

Contents