目次

  1. 概要
  2. 世界観
  3. スピラ
  4. 祈り子
  5. 幻光虫
  6. シン
  7. ストーリー
  8. 物語の始まり
  9. ユウナとの出会い
  10. 召喚士の使命
  11. ユウナの旅の真実
  12. ティーダの正体
  13. 究極召喚の真実
  14. シンとの対決
  15. 最終決戦
  16. エンディング
  17. 登場人物
  18. ティーダ(CV:森田成一)
  19. ユウナ (CV:青木麻由子)
  20. ワッカ(CV:中井和哉)
  21. ルールー (CV:夏樹リオ)
  22. キマリ=ロンゾ (CV:長克巳)
  23. アーロン(CV:石川英郎)
  24. リュック(CV:松本まりか)
  25. ジェクト(CV:天田益男)
  26. シーモア=グアド (CV:諏訪部順一)
  27. ユウナレスカ(CV:小柳洋子)
  28. エボン=ジュ
  29. システム
  30. カウントタイムバトル
  31. オーバードライブ
  32. スフィア盤
  33. 裏話
  34. 名前の由来
  35. サブタイトル

概要

Bg01 2

ティーダはブリッツボールの選手。

FF10は、FFシリーズナンバリングタイトルの記念すべき10作目であり、初のフルボイス作品。
プレイステーション2で発売された最初のFFタイトルである。

東洋的世界観に包まれた異世界を舞台に、美麗なCGを駆使した演出が物語を彩る。

バトルは、これまでのアクティブ・タイム・バトル(ATB)に代わり、より戦略性の高い新たなシステムである、カウント・タイム・バトル(CTB)を採用している。

2013年にはHDリマスターとしてPlayStation3、PlayStation Vita、2015年にはプレイステーション4用ソフトとしてそれぞれのハードに移植された。2016年にはWindows版がSteamで配信されている。

ブリッツボールというスポーツの選手であったティーダは、自身が住むザナルカンドから、異世界「スピラ」に飛ばされる。
スピラでは「シン」と呼ばれる怪物が現れ街を襲う為、人々は怯えて暮らしていた。
「シン」を倒せるのは召喚士のみとされる。だが、倒しても、しばらくすると「シン」は復活する。
「シン」を倒しては復活し、また倒す・・・といったループを繰り返しているのだった。

召喚士はスピラの人々の希望を背負い、「シン」を倒す唯一の手段である「究極召喚」を行うため修業の旅に出るのが通例となっていた。
召喚士であるユウナは、「シン」を倒すことを決意し、修業の旅に出る。
ティーダは、召喚士を守るガードとして、ユウナの旅に同行する。

世界観

8579943966 1c4da7bd8e c

バトルのパーティ編成は3人。

スピラ

FF10の舞台となる世界。
スピラには人間の他、多種多様な種族が存在している。

スピラは、元々文明の発達した世界であった。
その中でもザナルカンドとベベルは特に大きな都市であった。

ザナルカンドは、その技術力においても最高の水準を誇る都市であり、召喚術によって外敵を退けていた。
一方、ベベルは高度な機械文明を持ち、軍事的にも機械を利用していた。
1000年前、真逆な文明を持つこの2大国の間に戦争が起こる。
軍事力に勝るベベルが優勢となり、ザナルカンドは壊滅的な状況になった。

この戦争の最中に、「シン」が現れた。
「シン」により、スピラの世界は破壊されつくし、そこに住む人々は恐怖にさらされる。

祈り子

Ff10hdbolg 20140304 2

祈り子像は夢を召喚士に提供する。

祈り子とは、1000年前ザナルカンドの召喚士エボンの秘術によって人間が肉体から魂を切り離され、像に封じ込められたもの。
肉体は失ったが、その魂は像に入って眠り続けており、ずっと「夢」を見ている。
エボンの秘術により祈り子にされた彼らは、エボン=ジュ(かつて召喚士エボンだったもの)が消えるまで「夢」を見ることを義務付けられている存在である。

彼らの見る「夢」は召喚士に提供され、召喚士が操る幻光虫と結合することで、召喚獣として具現化する。
つまり、誰かが召喚獣を召喚しているときは必ずその祈り子がどこかにいるということである。

祈り子たちは像として存在するため、戦争後ベベルによって回収された後、各寺院に安置されたものや、洞窟に隠されたままのものもある。

祈り子の中には戦争の起こった1000年前より以前から存在したものもあるようだ。
その祈り子たちは、召喚士の国であったザナルカンドが戦闘用として元々所持していたものである。
だが、長い年月のうちに、寺院によって持ち去られ、各地に分散された。

祈り子は魂を像に束縛されてはいるものの、夢には干渉出来るため、ティーダのいた「夢のザナルカンド」では住人となって生活を楽しんでいる者もいたようだ。
魂だけになっても彼らには感情があり、1000年も夢を見続けて疲れてしまった、と言っている。
夢を終わらせるため、ティーダたちに協力する。

幻光虫

幻光虫(げんこうちゅう)は、ムシではなく、スピラにおける根源的な物質で、いわば魂のようなもの。
スフィア、魔物、召喚獣、シンなど、FF10の世界における万物はこの幻光虫から出来ており、幻光虫が集まってできた実体のことを幻光体と呼ぶ。

幻光虫は、生物の「思い」に反応するという特徴がある。
無念や恨みをもって亡くなった生物の「思い」が幻光虫と結びついて幻光体となったものが魔物である。
祈り子の「思い」と幻光虫が結びついて具現化したものが召喚獣である。
召喚士は幻光虫を集める能力があるため、召喚獣を召喚することができるのだ。

強い「想い」を持ったまま亡くなった人間が、幻光体となってスピラに留まっている状態を死人(しびと)という。

シン

150512203833637

巨大なクジラのような魔物。

「シン」の真実の姿はエボン=ジュである。
「シン」とは、そのエボン=ジュを守るための鎧である。
その体は幻光虫の集合体(幻光体)でできている。

「シン」を倒せるという究極召喚獣は、「シン」を形作る幻光体を分解する力を持っている。
「シン」の核であるエボン=ジュは召喚獣に乗り移る能力を持っており、幻光虫の塊である鎧「シン」が究極召喚獣によって破壊されると、エボン=ジュは究極召喚獣に乗り移り、究極召喚獣を新たな「シン」として作り替え、復活する。
その作り替える時間が「シン」の不在の時間となり、ナギ節と呼ばれる期間である。

「シン」が破壊行動を繰り返すのは、エボン=ジュが召喚させ続けている理想のザナルカンド(ティーダのいた場所)を永遠に保つために、その脅威となるスピラの文明の発展を阻害するためである。
また、スピラの文明はかつてザナルカンドを危機に陥れたベベルという機械国家を連想させ、祈り子たちに悪影響を及ぼす可能性があることを本能的に察知していたためと解釈できる。
故に「シン」には善悪の意識はなく、ただ習性として文明を破壊するという行動を1000年間繰り返している。

ストーリー

物語の始まり

Ffx12

ティーダはブリッツボールチームのエースだった。

近代都市ザナルカンド。
その街では日々ブリッツボールと呼ばれる、水中で行うサッカーのようなスポーツで盛り上がり、眠らない街といわれるほどの活気に満ち溢れていた。
ブリッツボールチーム、ザナルカンドエイブスのエースであった青年・ティーダはその日もブリッツボールの試合に出場していた。

いつものように試合で大活躍をしていた時、スタジアムを飲み込まんがごとく巨大な津波と共に異形の魔物が現れた。
幼い頃からの知り合いであるアーロンと合流してその場を逃れる。
アーロンはその異形の魔物を「シン」と呼んだ。
アーロンとティーダは共にシンに飲み込まれた。


目覚めたティーダは、見知らぬ場所にいた。
アーロンもいなくなっていた。

しかし周りは見たこともない遺跡に囲まれていた。
そこで魔物に襲われていたティーダを助けてくれたリュック一行と出会う。
どうやらこの世界はスピラという世界であると分かった。
ティーダは、リュックからザナルカンドは1000年も前に滅びたことを知らされる。

しかし、再びシンが現れ、ティーダは別の場所に飛ばされてしまう。

ユウナとの出会い

Ff10 2 hd 01

ユウナは召喚士として修業の旅に出る。

次にティーダが目覚めたのは見知らぬ島の海岸だった。
そこはビサイド=オーラカという島で、召喚士だというユウナという少女と、それを護衛するガードに出会う。
スピラはシンの恐怖におびえる世界で、シンを倒すことが召喚士の役目だった。

ユウナは偉大な大召喚士・ブラスカを父に持つ、スピラの希望の召喚士であった。
ユウナの父、ブラスカは先代のシンを倒す為に召喚士としての旅を成功させており、ナギ節と呼ばれる平穏をもたらした英雄として知られていた。
ナギ節とはシンが死んで、次のシンが現れるまでの期間の事で、短い期間だが、大切な時間だとユウナは言う。

ユウナもその父にならい、スピラの各地の寺院を巡り修業をし、各寺院にある召喚獣を集めながらシンを倒すための旅をするという。
スピラでは召喚獣を召喚するためには、祈り子と呼ばれる、魂の封入された像が必要で、その祈り子は寺院に置かれ、召喚士を待っているという。

ユウナ一行の目的地は、ザナルカンドだという。
そして、ティーダの行方不明の父・ジェクトも、彼と同じようにこの世界に飛ばされ、ブラスカのガードを務めていたことを知る。

ティーダはユウナたちについていけば、1000年前に滅びたとされるザナルカンドがどういうものか分かるかもしれない。
そして、自分の知っているザナルカンドに戻れるかもしれないと思い、ユウナ一行の旅に同行することにした。

召喚士の使命

51dc1de5 final fantasy x x 2 hd remaster 29 900x506

異界送りは召喚士の大事な役目のひとつ。