『ファイナルファンタジーXII』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

Ff12232

ファイナルファンタジーXII(FF12)とは2006年に発売された、PlayStation 2専用ロールプレイングゲームで、FFシリーズの12作目。2017年7月13日にはリマスター版「ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ」がPS4版として販売される。
帝国の支配下となった小国に住む少年ヴァンは、物盗り目的で王宮に忍び込んだことから大国同士の戦乱に巻き込まれていく。

概要

2440f161

歴史を追っていく大河ドラマのようなストーリー展開。

2006年に発売されたFFシリーズの12作目。
プロデューサー・シナリオを担当したのはファイナルファンタジータクティクス(FFT)を手掛けた松野泰己。
FF12の舞台となる世界観もFFTと同じイヴァリースを舞台に、物語の中のいたるところにFFTを含めたFFの過去作のエッセンスが盛り込まれている。
FF12はオフラインゲームではあるが、システム面やイベントはオンラインゲームであるFF11に近い。
FF11同様の、通常フィールド上での戦闘を行うシームレスタイプのバトルシステム、戦闘メンバーの操作を自動化できるガンビットシステムを新たに搭載した。
倒した敵はお金ではなくアイテム(お宝)を落とし、それを売却してギルを入手することになる。
特定のお宝を手に入れて売ると店に交易品が入荷されるというシステム。
交易品は強力な効果を持つものが多い。
また、特定のエリアで条件を満たすとレアモンスターが出現したりと、これまでのFFシリーズにはない新たなシステムを多数搭載している。
その他ミニゲームやモブ討伐など、やり込み要素が満載である。

2007年8月に海外版にシステム面での変更を加えた「ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム」が発売され、同年にはニンテンドーDSで派生タイトルの「ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング」が発売された。
2017年7月13日にはHDリマスター版「ファイナルファンタジー12ゾディアックエイジ」が発売を予定されている。

イヴァリースと呼ばれるこの世界では、帝国アルケイディアと、その敵対国ロザリア帝国の2大国が勢力争いをしていた。
その2大国の間にある中立国ダルマスカ王国の王女アーシェは2年前のダルマスカ戦役により、新婚の夫と家族を失う。
アルケイディア帝国に占領されたダルマスカの首都ラバナスタで空賊になる夢を持つ少年ヴァンは、赴任してきた帝国の執政官に一泡吹かせるべく、国宝を盗み出すために王宮に忍び込む。
そこで鉢合わせした空賊のバルフレアとフラン、そして反逆の汚名を着せられたダルマスカの将軍バッシュ、王女アーシェらと共に故国を取り戻すために帝国と戦うことになる。

世界観

City entrrance

美しい背景もFF12の魅力のひとつ。

ミスト

ミストとは普通の霧ではなく、空気中を流れる微量の魔法エネルギーのことを指し、生活エネルギーとして重要な役割を果たしている。
FF12の劇中では「魔霧」と表記される。普段は目に見えないが、濃度が高くなると色がついて可視化する。
ミストを圧縮したエネルギーを利用して飛空艇を飛ばすことが出来る。
ミストが高濃度の場所では飛空艇の飛行は不可能であり、魔物も狂暴化することがある。
魔石という鉱石にもミストは多く含まれており、魔石はクリスタルとも呼ばれる。
魔石には普段の生活にも使用される「魔法石」、物を浮かせる力を持つ「飛空石」、物事を記録することが出来る「記憶石」などがある。

破魔石

破魔石は、莫大なミストの力を秘めた魔石のことで、普通の魔石と違い、ミストを放出するだけではなく、吸収もできる。
一代でイヴァリースを平定した覇王レイスウォールが使用したとされる、3つの「神授の破魔石」の伝説が語り継がれており、伝説の宝物とされている。
「暁の断片」「黄昏の破片」「夜光の砕片」の3つの神授の破魔石が存在し、2つは覇王の子孫に受け継がれ、1つは覇王の墓に封じられている。
レイスウォール王家に伝わる「覇王の剣」は破魔石を砕くことができるとされ、破魔石に対抗できる唯一の力として伝えられている。
破魔石は「天陽の繭」から「覇王の剣」のような「契約の剣」によって切り出されたものといわれている。

オキューリア

オキューリア族 とは、人類が栄える前の「神の時代」から文明を築き上げてきた種族で、自他ともに「神」と称される存在。
強いミストの影響により、正確な場所は不明とされてきた古代都市ギルヴェガンに住む。
召喚獣を創造したのもこの種族である。
その力は自ら発明した「天陽の繭」から切り出した破魔石によるもので、この破魔石を利用して直接全生物を支配してきた。
だが、イヴァリースに戦争が起こった時、オキューリアが選んだ人間に「神の代行者」として破魔石を与え、破魔石の力を使ってイヴァリースを平定させた。
この時オキューリアが人間に与えた破魔石を神授の破魔石と言う。
オキューリアは自分たちが選んだ人間に破魔石を与えることで、間接的にイヴァリースを支配している。

ある時、オキューリア族のヴェーネスが、ギルヴェガンを訪れたシドに破魔石の秘密と覇王の遺産が伝説の破魔石であることを教える。
その破魔石を手に入れるためシドは、帝国皇帝の息子であるヴェインと手を組み、ナブラディア王国とダルマスカ王国を侵略したのだった。

ジャッジ・ジャッジマスター

3e0c64514a58ab73172ea22fb82f1d39

ジャッジマスターたちは全身黒づくめの鎧を身に着けている。

法の番人と言われるアルケイディア帝国の法務庁下の特殊騎士団。
正式名称は公安総局と言い、全18局からなる。
18人の局長は「ジャッジマスター」と呼ばれ、総勢2500人の局員を「ジャッジ」と呼ぶ。
ジャッジは軍の監査・指揮権限を持ち、広大な領地をもつアルケイディア帝国においては、警察、検事、裁判官、処刑人の役割もこなしている。
皇帝一族であるソリドール家の武装親衛隊であり、ジャッジマスターは帝国軍部の実質的な指揮官である。
劇中では18人のジャッジマスターのうち6人のみが登場する。

ストーリー

013380ce

アーシェとラスラの結婚式。

ダルマスカ戦役

物語の舞台となるイヴァリースは、剣や魔法、飛空挺が飛び交う、魔力と科学力が共存する世界である。

そこに君臨する2大帝国、アルケイディアとロザリア。
2つの帝国領土のちょうど狭間に位置する砂漠の独立国・ダルマスカ王国は、王女アーシェの結婚による祝賀ムードに沸いていた。
王女の相手は、同じ独立国であり、隣国でもあるナブラディア王国の王子ラスラ。
政略結婚ではあったが、2人は愛し合っていた。

そんな中、アルケイディア帝国はラスラ王子の故郷、ナブラディア王国を侵略しはじめる。
祖国の危機を知ったラスラは、新婚の妻を置いてダルマスカの将軍バッシュと共に戦火のナブラディア王国へと向かう。
しかし、ラスラは戦闘中、帝国兵の凶弾に倒れる。
アーシェ王女は新婚の夫・ラスラの死という悲劇に見舞われてしまう。

ナブラディアはアルケイディア帝国に占領され、続いてダルマスカもまた帝国の強大な兵力の前に屈し、和平とは名ばかりの、事実上の降伏をすることになる。

ダルマスカのナルビナ要塞で帝国とダルマスカの和平条約の調印がなされようとした時、反帝国組織と称する一団が乱入してくる。
「国王は帝国に祖国を売る売国奴だ」というバッシュ将軍の手により、ラミナス国王は暗殺され、和平条約は白紙撤回となる。

国王暗殺の大罪で、バッシュ将軍は処刑され、傷心のアーシェ王女は自害し、ダルマスカ王家は断絶したと伝えられた。
これを受けて中立を保って来た空中都市ビュエルバの支配者オンドール侯爵は、帝国に抵抗を続けるダルマスカ国民へ向けて停戦を呼びかけた。
指導者を失ったダルマスカの民はこれを受け入れ、帝国に占領されることになった。
これを「ダルマスカ戦役」と呼ぶ。

ダルマスカ王都ラバナスタにて

2年後。
ダルマスカの首都ラバナスタは、帝国の占領下、戦争孤児たちがたくましく生き、さまざまな種族で賑わう街となっていた。
ある日、ダルマスカの総統として、帝国皇帝の息子ヴェインが着任することになる。
戦争の天才と呼ばれる野心家の彼は、次期皇帝と目されていた。
彼は野望のためには兄弟さえも平気で手にかけるような冷酷な人間であった。
そんなヴェインであったが、就任演説ではダルマスカ国民を前にして、体裁を繕い、共にダルマスカ復興のために歩んでいくと宣言する。

ダルマスカの戦争孤児の少年ヴァンは、飛空挺を駆り、大空を駆ける空賊になることを夢見ていた。
ヴァンは帝国兵相手にスリなどをしながら、ガールフレンドのパンネロとともにダウンタウンの孤児の面倒を見て日々を過ごしていた。
病で両親を亡くして以来、唯一の肉親であった兄は、国王暗殺犯バッシュ将軍の一味として汚名を背負ったまま拷問を受けて精神を害し、失意のまま死亡した。
彼にとってバッシュと帝国は憎き仇であった。

ヴァンはヴェインの就任セレモニーの裏で王宮に忍び込み、国宝を盗んで帝国に一泡吹かせようと企んだ。
ヴァンが盗もうとした国宝「黄昏の砕片」は、強大な力を持つ破魔石だった。

破魔石とは、イヴァリース世界を創世記より導いてきた神のような存在、「不滅のオキューリア」によって生み出されたという、強大な力を持つ魔石のことで、かつてイヴァリースを統一統治していたという覇王レイスウォールにオキューリアが与えたものである。
伝承によれば、レイスウォールは神々から「神授の破魔石」を賜り、その石の力でイヴァリースを平定したという。
その後、破魔石は覇王の血統を引く王家に受け継がれた。
「夜光の砕片」は旧ナブラディア王家に、ヴァンが盗みにいった「黄昏の破片」はダルマスカ王家に、「暁の断片」は覇王の霊廟に保管されたという。

王宮に忍び込んだヴァンは「黄昏の砕片」を盗むことに成功するが、同じくその国宝を狙う空賊の男バルフレアとその相棒でヴィエラ族の女性・フランと鉢合わせし、奪い合いになる。
さらにそこへ反帝国組織である解放軍が襲撃してくる。
そこでヴァンは解放軍の女性アマリアと出会う。
解放軍とそれを迎え撃つ帝国兵たちとで王宮は大混乱となる。

どさくさに紛れて逃亡しようとしていたヴァンとバルフレア、フランは、帝国に捕らえられ、ナルビナ城塞の地下牢に投獄されてしまう。
彼らはなんとかナルビナ城塞の牢獄を抜け出すことに成功する。

隠されていた真実、そして再会

ヴァンたちは牢獄から脱出する途中の地下独房で、処刑されたと伝えられていたバッシュ将軍と出会う。
兄を死なせた原因でもあるバッシュを見てヴァンは激高するが、実はバッシュは国王暗殺の濡れ衣を着せられており、実際に国王を手にかけたのは、バッシュの双子の弟であり帝国の執行官であるジャッジ・ガブラスだったという。
そして、ラミナス国王暗殺はヴェインの策略だった。

真実を知ったヴァンはバッシュを救出し、共に旅をすることになる。
ラバナスタへ戻ったヴァン・バルフレア・フラン・バッシュの4人は、バッシュのかつての同僚ウォースラと再会する。
ウォースラは解放軍の女性アマリアが帝国に捕まっており、彼女の救出をしようとしていた。

ちょうどその頃、パンネロがバルフレアを付け狙う賞金稼ぎのバッガモナン一味に誘拐され、空中都市ビュエルバヘ連れ去られるという事件が起こる。
ヴァンたちはパンネロ救出のためビュエルバへ向かおうとするが、バッシュもまた、なぜ自分が処刑されたと虚偽の発表がなされたのか事情を知るはずのビュエルバ領主オンドール侯爵に話を聞くため同行する。

ヴァンたちはビュエルバでバッガモナン一味を追い払う。
一方、自力で逃げ出したパンネロは皇帝の息子でヴェインの弟であるラーサーに保護されていた。

バッシュはオンドール侯爵と面会し、バッシュの処刑とアーシェ王女の自害などの発表はすべて帝国のヴェインの提案であったことを知る。
解放軍のアマリアは帝国戦艦リヴァイアサン内に捕らわれていることがわかり、侯爵はバッシュらを帝国に引き渡すとみせかけてリヴァイアサン内へと彼らを送り込む。
リヴァイアサンでアマリアと無事再会を果たすバッシュたち。
アマリアの正体は、自害したはずのアーシェ王女であった。
アーシェはウォースラに保護され、正体を隠してレジスタンス活動に身を投じていたのだった。

パンネロとラーサーも合流し、ラーサーは自分の知らない帝国の裏事情を知りたいと言い、ヴァンやパンネロたちのリヴァイアサンからの脱出の手引きをする。
しかし脱出の際、ヴァンが盗んだ「黄昏の砕片」は帝国に奪われてしまう。

ダルマスカ王家再興のための力を手に入れるため、アーシェはバルフレアの飛空艇シュトラールでもうひとつの王家の国宝「暁の断片」が眠る古代の覇王レイスウォールの霊廟へと飛ぶ。
「暁の断片」を手に入れて王墓を出ると、そこには帝国のリヴァイアサン艦隊が待ち受けていた。

再び捕らわれたアーシェたちはジャッジマスター・ギースに「暁の断片」の引き渡しを要求される。
ウォースラがアーシェに無断でジャッジマスター・ギースと取引をし、「暁の断片」とダルマスカ王家復活の交換を約束していたのだった。
ウォースラの思わぬ裏切りにアーシェは愕然とする。

「暁の断片」を手に入れたギースはさっそく艦内の魔力測定器にかけるが、破魔石に蓄えられたミストはその膨大な量を制御できず、暴走して大爆発を起こし、ギースやウォースラと共にリヴァイアサン艦隊は消滅してしまう。
アーシェたちは爆発前に脱出し、途中でミストを放出し尽して力を失った「暁の断片」を回収する。
しかし「暁の断片」がもとの力を取り戻すには数百年かかるという。

帝国の混乱

主力艦隊であるリヴァイアサンを失った帝国軍部は混乱していた。
この隙をついて反帝国勢力の解放軍やロザリア帝国が攻撃してくる可能性をラーサーは考えていた。
もしそうなれば、ラバナスタは戦場となり多くの人が死ぬだろう。
ラーサーは、神都ブルオミシェイスの大僧正にアーシェがダルマスカの女王として即位することを認めてもらおうと提案する。
そしてダルマスカの女王として、アルケイディア帝国と解放軍を仲裁して欲しいと言う。

アーシェたちはブルオミシェイスに向かい、慣習に従って王家の証「覇王の剣」を手に入れる。
だがアルケイディア帝国は神都ブルオミシェイスをも襲撃し、大僧正アナスタシスは殺害されてしまう。
これでアーシェの即位による戦争回避は難しくなってしまった。

その頃、ダルマスカの総統ヴェインは帝都アルケイディスに戻っていた。
皇帝の諮問機関である元老院は、リヴァイアサン艦隊の消滅をヴェインのせいにし、処罰せよとグラミス皇帝にせまっていたのだった。
ヴェインは父親である皇帝グラミスを手にかけ、その罪を元老院に着せようと企む。
自ら新皇帝を名乗ったヴェインは、グラミスは元老院に暗殺されたとして、元老たちを粛清し、元老院の権限を停止させ軍全体を掌握したのだった。

皇帝を守る立場にいたジャッジ・ガブラスは、これを黙認するしかなかったが、グラミス皇帝から重用されていた同僚のジャッジ・ドレイスは、ヴェインを疑い、剣を向ける。
ガブラスは新たな皇帝となったヴェインの命令に背けず、ジャッジ・ドレイスを反逆者としてやむをえず殺害してしまう。
ドレイスとガブラスは、今は亡きグラミス皇帝とラーサーを守ろうと誓った仲間であった。
ドレイスはその死に際してガブラスに、ラーサーを守るようにと頼む。
そのためガブラスはヴェインに従いながらも、ラーサーを守ることを密かに誓った。

kiyokiyo23
kiyokiyo23
@kiyokiyo23

Related Articles関連記事

『ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング」(FF12RW) は、スクウェア・エニックスより2007年に発売されたニンテンドーDS用ゲームソフト。「ファイナルファンタジーXII」(FF12)の派生作品。 携帯ゲーム機としての今作では、タッチペンを使用し、手軽に遊べるロールプレイングゲーム(RPG)となった。 浮遊大陸レムレースを舞台に「FF12」の主人公、ヴァンの新たな冒険を描く。

Read Article

『ファイナルファンタジーX-2』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジーX-2」(FFX-2)はスクウェア・エニックスより2003年にPlayStation2用ソフトとして発売されたRPGで、「FFX」からの正当な続編。 世界観は「X」から引き継いているが、キャラクター演出などのノリはかなり軽い。ドレスアップなど新たなシステムを搭載している。 「FFX」から2年後、ユウナはティーダに似た青年が映ったスフィアを見て、再び旅に出る。

Read Article

『ファイナルファンタジーXV』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

人気ロールプレイングゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズの15作目。 戦闘は従来のコマンドバトルではなく、シリーズ初のアクションバトル。 広大な世界を自由に探索、攻略ができる「オープンワールド」形式を採用し、よりリアルな世界観が楽しめる。 同盟国であった帝国の裏切りにより、崩壊した故国を取り戻すため若き王子ノクティスは仲間たちと共に旅に出る。彼を待つものは、神か、運命か。

Read Article

『ファイナルファンタジー 零式』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジー 零式(れいしき)」 (FF零式) とは、2011年にスクウェア・エニックスより発売されたプレイステーションポータブル(PSP)用ロールプレイングゲーム(RPG)。 戦争をテーマに、クリスタルと神、人間の命と死について描かれるFFシリーズの外伝的作品。 主人公の14人の少年少女たちは、アギトと呼ばれる救世主になるために厳しい訓練をこなしながら、戦争に身を投じていく。

Read Article

『ファイナルファンタジーVI』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

スクウェア(現スクウェア・エニックス)がスーパーファミコン(SFC)向けに1994年に発売したゲームソフト。FFシリーズ6作目。今作では、FF5までのシステムを踏襲しつつ、キャラクターによるストーリー性を重視した群像劇を描き出す。 失われた魔法と幻獣、機械文明世界が舞台となる。世界征服を企むガストラ帝国と、それに立ち向かう抵抗組織に属する者たちの戦いを描く群像劇。

Read Article

『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII」(LRFF13)は、スクウェア・エニックスより2013年に発売されたPlayStation 3・Xbox 360向けゲームソフト。 「FF13-2」の続編にあたり、「FF13」から続く三部作の最終章となる。 前作から500年後の終末に向かう世界で、「FF13」の主人公ライトニングが再び主役となり人々を救うため戦う。

Read Article

『ファイナルファンタジーIV』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

ファイナルファンタジーIV(FF4)は1991年、スーパーファミコン(SFC)用ソフトとして発売されたシリーズ4作目。 「ATB」(アクティブタイムバトル)が初めて導入され、現在までの基本システムを形作った作品。 バロン王国飛空挺団隊長セシルは王の命令により、理不尽な任務を命じられる。王に疑念を抱いたセシルは隊長の任を解かれ、親友カインと共に新たな任務に赴くのだった。

Read Article

『ファイナルファンタジーI』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジー(FF)」とは、1987年に発売されたファミリーコンピュータ(FC)用ゲームソフト。ジャンルはロールプレイングゲーム(RPG)。以降、様々なゲーム機にリメイクされている。 FFシリーズの記念すべき第1作目。 闇に覆われた世界に、クリスタルを手にした4人の若者が現れる。 彼らは「光の戦士」として、この世界の闇を払い、平和を取り戻すために冒険の旅に出る。

Read Article

『ファイナルファンタジーXIII-2』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジーXIII-2」(FF13-2)とは、2011年にスクウェア・エニックスより発売されたプレイステーション3・Xbox 360向けゲームソフトであり、「FF13」の続編である。 「FF13-2」は「FF13」のエンディング後から始まる。今作では「FF13」の主人公だったライトニングの妹セラが主人公となり、時空の歪みを正すために、未来から来たノエルと共に時空を超えた旅に出る。

Read Article

『ファイナルファンタジーVIII』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

ファイナルファンタジーVIII(FF8)はスクウェア(現スクウェア・エニックス)が1999年にPlayStation用に発売したロールプレイングゲーム(RPG)で、シリーズ8作目。 今作ではシリーズ初の主題歌が採用され、その主題歌「Eyes On Me」は50万枚を超えるセールスを記録した。 兵士養成学校に所属する青年スコールがその仲間たちと共に、世界の脅威となる魔女と戦う物語。

Read Article

『ファイナルファンタジーV』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジーV(FF5)」とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)がスーパーファミコン(SFC)向けに発売したゲームソフトで、シリーズ5作目となる。 FF4から採用されたアクティブタイムバトル(ATB)をさらに進化させ、新ジョブも追加された。 風・水・火・土の4つのクリスタルを守るため、クリスタルの心と力を受け継いだ光の戦士達は暗黒魔道士エクスデスと戦う。

Read Article

『ファイナルファンタジーXIII』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジーXIII」(FF13)は、スクウェア・エニックスからPlayStation 3(PS3)及びXbox 360のマルチプラットフォーム向けに発売されたFFシリーズの第13作目。 「FABULA NOVA CRYSTALLIS」という神話世界を共有するプロジェクトの1つ。 パルスとコクーン、2つの世界を舞台にライトニングたちは「神」のような存在ファルシと戦う。

Read Article

『ファイナルファンタジーIX』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジーⅨ」(FF9)とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)より2000年に発売されたプレイステーション用ゲームソフト。FFシリーズ9作目。 今作のテーマは原点回帰。中世欧州風の王道ファンタジー的世界観に加え、過去のシリーズのオマージュ的な要素が盛り込まれている。 主人公ジタンと世界を滅ぼそうとするクジャとの闘いを通して、命と絆の大切さと生きる意味を問う物語。

Read Article

『ファイナルファンタジーII』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

ファイナルファンタジーIIは、FFシリーズの第2作目。 FF2は、従来のゲームにあったレベルや経験値という概念を無くし、戦闘中にとった行動によって、キャラクターを好きなように成長させられる新しいシステムを採用した意欲作である。 パラメキア帝国が世界を侵略しようとしている世界で、帝国軍と反乱軍との戦いを軸に、出会いと別れ、命の絆の物語が展開される。

Read Article

『ファイナルファンタジーVII』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

1997年にスクウェア(現:スクウェア・エニックス)から発売された初のPlayStation(PS)用ロールプレイングゲーム(RPG)。シリーズの7作目。 シリーズでは初めて全マップ3Dとなり、CGムービーを演出に取り入れ、RPG新時代の先駆けとなった。 星を破滅させようとするセフィロスと、それを止めようとする主人公クラウドの戦いを描く物語。

Read Article

『ファイナルファンタジーX』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジーX」(FF10)は、スクウェア・エニックスが2001年7月にプレイステーション2用ソフトとして発売したロールプレイングゲーム(RPG)。FFナンバリングタイトルの10作目。 ザナルカンドに住む青年ティーダはある時異世界「スピラ」に飛ばされてしまう。そこで出会った召喚士のユウナとともに、この世界の脅威である「シン」を倒すための旅に出る。

Read Article

『ファイナルファンタジーXIV』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジーXIV(FF14)」とは、スクウェア・エニックスが開発・販売したオンラインゲーム。FFシリーズ14作目。 2010年に発売された最初のFF14はゲームの不備により、2年でサービスが終了した。その後2013年に、ストーリーや世界観を引き継ぎつつ、大幅リニューアルし、新生FF14として発売。 プレイヤーはエオルゼアという世界を自由に冒険し、世界を侵略しようとする帝国と戦う。

Read Article

『ファイナルファンタジーXI』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

ファイナルファンタジーXI(FF11)とはスクウェア・エニックスが開発したPlayStation2、Xbox360、Windows向けのMMORPG(大規模多人数参加型ロールプレイングゲーム)である。 現在Windows版のみがサービス継続中。 プレイヤーはヴァナ・ディールと呼ばれる世界の冒険者となり、他のプレイヤーとコミュニケーションを取りながら様々なクエストをこなしていく。

Read Article

『ファイナルファンタジーIII』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

1990年にファミリーコンピュータ用ソフトとして発売されたシリーズ第3作。本作は、前2作から大幅に進化したグラフィック、広大なマップ、さらにキャラの職業(ジョブ)を増やし、当時の最大限のシステムを盛り込んだ、やり込み要素満載のゲームである。また、シリーズの名物となった「召喚魔法」が初登場した記念すべき作品でもある。4人の孤児達はクリスタルの啓示を受け、世界の闇を払う為に「光の戦士」として旅に出る。

Read Article

『ファイナルファンタジータクティクス』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)から1997年にプレイステーション用ソフトとして発売されたシミュレーションロールプレイングゲーム(RPG)である。 獅子戦争と呼ばれる内戦の最中、その裏で活躍した主人公ラムザと、その親友だったディリータの栄光と暗躍を描く物語。

Read Article

『ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

「ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-」(FF4TA)とは、スクウェア・エニックスより配信・発売されたロールプレイングゲーム(RPG)。 元は携帯アプリとして配信され、その後スマホ版も配信され、携帯ゲーム機用ソフトとしても発売された。 FF4の主人公セシルの息子セオドアが主役となり、かつての仲間と共に世界の危機を救う旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)のラスボスまとめ

人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズの最後の敵として登場するラスボス。その姿は個性的で独特の異形のものが多く、時に名ゼリフを残したりもする。 単なる悪役としてだけではなく、その背景にある心情や物語も丁寧に描かれ、プレイヤーの心を捉えた。 ゲーム機の性能のアップとともに、そのグラフィックも進化していき、よりリアルなラスボスが描かれるようになった。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)のヒーロー・男性メインキャラクターまとめ

人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズのヒーローたちは物語の鍵を握る人物として活躍するが、時には悲しい運命をたどる者や、裏切り者がいたりとその魅力は作品ごとに違う。美形が多いのも特徴である。 シリーズごとにリアルさを増していくそのビジュアルは他の追随を許さない。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)の召喚獣まとめ

召喚獣とは、人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズに登場する異形の存在。作品によってはストーリーにも大きく影響を及ぼす。 召喚獣の姿は人型やモンスターなど多種多様であり、プレイヤーの心強い味方として戦ってくれたり、時には強敵としても登場し、ゲームを盛り上げてくれる。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)のヒロイン・女性メインキャラクターまとめ

人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズのヒロインたちは、強く美しく物語を彩ってくれる存在である。ヒロインたちは主役として、あるいはヒーローを支える存在として活躍する。時には恋をしたり、別離を経験したり、過酷な運命に立ち向かったりする。 作品ごとに様々な魅力を持つヒロインが登場し、プレイヤーを魅了する。

Read Article

ファイナルファンタジーXII(FINAL FANTASY XII、FFXII、FF12)の名言・セリフまとめ

ファイナルファンタジーXII(FF12)とは2006年に発売されたFFシリーズの12作目。ダルマスカのダウンタウンに住む少年ヴァンは、祖国を支配する帝国に一泡吹かせるため王宮に忍び込んだことから世界を揺るがす大きな運命に巻き込まれていく。イヴァリースというひとつの歴史の中で、登場するキャラクターたちはそれぞれ印象的な台詞を残している。

Read Article

ファイナルファンタジーXIV(FINAL FANTASY XIV、FFXIV、FF14)の名言・セリフまとめ

ファイナルファンタジーXIVは株式会社スクウェア・エニックスが運営しているMMORPGのことである。ファイナルファンタジーシリーズのナンバリング作品としては14番目にあたる。プレイヤーはひとりの冒険者として惑星ハイデリンの大陸のひとつ「エオルゼア」地方を救っていくストーリーとなっている。その話の中で個性あふれるキャラクターたちが名言を残している。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクス(FINAL FANTASY TACTICS、FFT)の名言・セリフまとめ

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)とは、1997年に発売されたFFシリーズの外伝的作品。FFシリーズ初のシミュレーションRPGである。苛烈な内戦の中で主要キャラクターが多く死亡する今作は従来のFFシリーズと毛並みが違っており、ファンを驚かせた。諸勢力が争う戦争に暗躍する謀略に巻き込まれ苦悩するキャラクターたちはそれぞれ印象的な台詞を残している。

Read Article

NEW

ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(FINAL FANTASY TACTICS ADVANCE、FFTA)の名言・セリフまとめ

ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(FFTA)とは、2003年に発売されたFFシリーズの外伝的作品であり、シミュレーションRPGである。 古本屋で見つけた古書にあった呪文を唱えたことで、田舎町は理想を反映した空想世界に変わってしまうというストーリー。キャクター個々のコンプレックスに焦点を当てたストーリーとなっており、プレイヤーの心を掴む台詞が多数登場している。

Read Article

ファイナルファンタジーIV(FINAL FANTASY IV、FFIV、FF4)の名言・セリフまとめ

『ファイナルファンタジーIV』はスクウェア製作のRPGゲームである。 軍事国家バロンの暴走をきっかけに始まる物語は、地球と月の戦争という壮大なスケールに進展する。 シリーズ中でもストーリーが「重い」として有名であり、それはキャラの多くがそれぞれ悲惨な過去や、葛藤を背負っているためである。 それゆえに、キャラによる多くの名言がストーリーに厚みを持たしている。

Read Article

あの話題ゲーム!ファイナルファンタジーがスマホに登場!!

FFシリーズのシナリオを追体験し「絵画」に封印された記憶の世界へいくゲームです。歴代のキャラクターも集結しているのでお気に入りのパーティーでゲームをすることができます。懐かしいようで新しいバトルのシステムになっているので楽しめます。そんなファイナルファンタジーレコードキーパーを紹介したいと思います。

Read Article

SFC版FFシリーズ、懐かしの名曲まとめ

新作に限らずリメイク作品も多く発表され、幅広い層に熱烈なファンを持つファイナルファンタジーシリーズ。その中でもスーパーファミコン用ソフトとして発売されたⅣ、Ⅴ、Ⅵは、数年後他のハードが登場してもなお根強いファンを持つ人気作です。その三作の魅力は、キャラクターやストーリー、システムはもちろん音楽にもありました。

Read Article

全然楽じゃない「ひたすら楽してFF」シリーズ神回まとめ

裏技やバグ技を利用したあっけないボス撃破シーンが評価され、投稿するやいなやランキング上位間違いなしの人気ゲーム動画「ひたすら楽してFF」シリーズ。今回は、これまで投稿された動画の中から「これ、本当に楽なのか…!?」「確かに低レベルで熱い戦いだけど、余計に手間がかかっているのでは…!?」と思わされてしまうような動画をピックアップしてみました。

Read Article

Contents