目次

  1. 概要
  2. ストーリー
  3. 登場人物
  4. 光の戦士(Warriors of Light)
  5. セーラ・コーネリア
  6. コーネリア王
  7. 賢者ルカーン
  8. ビッケ
  9. エルフの王子
  10. ガーランド
  11. マトーヤ
  12. バハムート
  13. 4体のカオス
  14. カオス
  15. ゲームシステム
  16. 戦闘システム
  17. 魔法
  18. 乗り物
  19. ジョブ(職種)
  20. 戦士 → ナイト
  21. シーフ → 忍者
  22. モンク → スーパーモンク
  23. 白魔術士 → 白魔導士
  24. 黒魔術士 → 黒魔導士
  25. 赤魔術士 → 赤魔導士
  26. ミニゲーム15パズル
  27. メニュー関連
  28. 武器、装備
  29. アイテム
  30. しんぴのかぎ
  31. ねずみのしっぽ
  32. アダマンタイト
  33. サウンド
  34. 裏話
  35. FFの由来
  36. FF1最初のリメイク作品
  37. リンクここにねむる

概要

144be894

FFシリーズ記念すべき第1作。

この世界は 暗黒につつまれている
風はやみ 海は荒れ 大地は腐ってゆく
しかし 人々は1つの予言を信じ それを待っていた
「この世 暗黒に染まりし時 4人の光の戦士 現れん」
長い冒険の末 4人の若者がこの地にたどりついた

そして その手には それぞれクリスタルが握られていた

ファイナルファンタジー(以下FF)はそんな伝説を語るプロローグで始まる。

闇に覆われた世界。クリスタルを手にした4人の若者がコーネリアの地へと辿りつく。
彼らは王国の騎士であったガーランドを倒し、彼に攫われたセーラ姫を救い出した。

さらにクリスタルの輝きをさえぎる存在である土・火・水・風の「4匹のカオス」を倒し、クリスタルに光を取り戻そうとする。
4人の光の戦士は、賢者の力を借り、すべての元凶である2000年前の「カオスの神殿」へと向かう。

2000年前のカオスの神殿の最下層にいたのは、かつて倒したはずのガーランドだった。
姫を攫い、光の戦士に殺されたガーランドは、4匹のカオスの力により2000年前にタイムスリップし、復活を遂げていたのだ。
世界に光を取り戻すため、4人の戦士たちはガーランドと再び戦う。

本作は複数のキャラクターが戦闘に参加するパーティバトルを実装している。今では当然なシステムであるが、当時では珍しかった。
また、ドラゴンクエスト(以下ドラクエ)との差別化を図るため、アイテムをまとめて複数個持てるようにしたり、飛空船などの乗り物を複数登場させたりと、ドラクエにはなかったシステムが多数採用されている。

ストーリー

Ff103

ガーランドを倒すとオープニングが始まる。

土、火、水、風の4つの力が闇に遮られ、世界は暗黒に包まれていた。
そこで暮らす人々は世界を救うという「光の戦士」の伝説を信じて待ち続けていた。

光の戦士の証である「クリスタル」を手にした4人の若者がコーネリアの地へと辿りついたところから物語は始まる。

コーネリアでは、かつてこの王国の騎士であったガーランドによって王女セーラ姫が攫われる事件が発生していた。
4人の戦士たちは、「光の戦士」として王に姫の救出を頼まれ、ガーランドが立て籠もるというカオスの神殿へと向かう。
戦士たちは見事ガーランドを倒し、姫を取り戻した。
王はコーネリアの北にある橋を修復させ、彼らの旅立ちを見送る。
彼ら「光の戦士」たちの使命は、失われたクリスタルの輝きを取り戻し、世界に再び平和をもたらすこと。

戦士たちは、クリスタルの輝きを遮る土・火・水・風の「4匹のカオス」を次々と倒し、クリスタルの輝きを甦らせていく。
しかし、それでも世界に平和はおとずれなかった。

戦士たちは、クレセントレイクの賢者たちに助言を求める。
賢者たちは、すべての元凶は2000年前におり、悪の源を叩かねば平和を取り戻せないと語る。
4人の戦士たちは、自らの持つ4つのクリスタルと黒水晶の力によって2000年前の「カオスの神殿」へと向かう。

2000年前のカオスの神殿の最下層にいたのは、なんとガーランドだった。
一度は戦士たちに倒されたガーランドは、4匹のカオスの力によって2000年前に飛び、そこで蘇っていた。
蘇ったガーランドはすべての元凶「カオス」となっていたのだ。
そして、来るべき2000年後のために、4匹のカオスを未来へと送り込んでいた。
2000年の時を超える程のガーランドの憎しみは、最初は些細なすれ違いからだった。
しかし、この世界を導くべき4つの力に憎しみが増幅され、4つのカオスを作り出したのだった。

2000年後に登場するガーランドはその力と記憶を失っている。
だが何度殺されても、「カオス」として過去に蘇る。そしてまた2000年後にガーランドとして生まれるのだ。
ガーランドは2000年の時の中を繰り返し、永久に生き続ける存在になっていたのだ。

4人の光の戦士たちはカオスに勝利し、ガーランドの憎しみの時の輪廻を断ち切った。
元凶を断ったことで世界もまた、時の鎖から解き放たれ、光と平和を取り戻す。

光の戦士たちは元の時代に戻ってきた。
しかし、世界を救ったはずの4人の戦士たちの物語は、人々の記憶から失われていた。
時の鎖を断ち切ったことで、2000年前の出来事は消失し、2000年後の現在も変わっていたからだ。
記憶は無くなったが、世界は4人が望んでいた元の姿に戻っているはずだ。
そこにはもちろん4人がよく知っているガーランドも。

しかし、人々の心の片隅には、わずかにその記憶が残っていた。
その記憶を人々は「架空の物語(ファイナルファンタジー)」として語り続けるのだった。

登場人物

光の戦士(Warriors of Light)

855c82e658780dabce3b31c0fa26629c

パッケージイラストから起こされた象徴的なキャラクターのため、「光の戦士」には特定の名前はない。

プレイヤーが操作するキャラクター。
4人の戦士たちの総称で、それぞれの性格付けはない。そのため、彼らには一切セリフらしいセリフがない。
それぞれが輝きの失われたクリスタルを持っていて、彼らの当面の目的は全てのクリスタルの輝きを取り戻すことである。

FFのゲームのパッケージに描かれている鎧の戦士は、後に歴代のFFシリーズのキャラクターが登場するクロスオーバー作品として発売された『ディシディア ファイナルファンタジー』で「ウォーリア オブ ライト」(声:関俊彦)という名の人物として登場する。4人のうちの誰か、という言及はされておらず、4人の戦士=光の戦士という捉え方である。
また、他のスマホ向けゲームのコラボ企画などで「光の戦士」として登場している。

セーラ・コーネリア

Mig

コーネリアの姫セーラ。彼女を奪還するところから冒険が始まる。

コーネリア王国の王女。ガーランドに誘拐される。

コーネリア王

セーラの父親で、コーネリアの王。
光の伝説の予言を信じ、光の戦士たちにセーラ救出を依頼する。

賢者ルカーン

予言者。
ゲーム冒頭の「この世暗黒に染まりし時 四人の光の戦士 現れん・・・」という予言をした本人。
「三日月を目指す」という言葉を残してコーネリアを去って行く。
プレイヤーは、世界を救う手段を尋ねるために、ルカーンを追っていくことになる。

やがてクレセントレイクの町で彼と出会い、世界を救うために何をすべきか聞くことになる。

ビッケ

プラボカの町を占領している海賊の頭領。倒すと船が手に入る。

エルフの王子

妖精王の座を狙うアストスに眠らされたエルフ国の王子。
王子を目覚めさせると「しんぴのかぎ」を入手できる。

ガーランド

975

ガーランドとは冒頭で戦闘になる。

コーネリアの騎士であったが、セーラ姫に恋慕し、誘拐する。
カオスの神殿に立てこもるが、光の戦士に倒される。

ちなみにリメイク版以降ではセーラ姫を人質にして、コーネリア王の座を手に入れようと企む、ということになっている。