目次

  1. 概要
  2. ストーリー
  3. 登場人物
  4. 光の戦士
  5. サラ・アルテニー
  6. シド・ヘイズ
  7. デッシュ
  8. エリア・ベネット
  9. アルス・レストー
  10. ドーガ
  11. ウネ
  12. ザンデ
  13. くらやみのくも
  14. 戦闘システム
  15. ジョブシステム
  16. 風のクリスタル
  17. 火のクリスタル
  18. 水のクリスタル
  19. 土のクリスタル
  20. 封印されたジョブ
  21. 召喚魔法
  22. でぶチョコボ
  23. リメイク作品
  24. 裏技・小ネタ
  25. オニオンシリーズ
  26. 隠し通路

概要

A00065 1

リメイク版では新たなストーリーも追加されている。

ファイナルファンタジーⅢ(以下FF3)は、ファミリーコンピュータ(以下FC)版で最後のタイトルとなった作品。
シリーズ初のミリオンセラーを記録し、ドラゴンクエストと共に2大RPGと言われるようになった。
前作FF2ではレベルと経験値を撤廃した熟練度システムが採用されたが、今作ではレベルと経験値を採用するオーソドックスなシステムに戻された。
今作では新たにジョブチェンジシステムが採用されている。
主人公たちの初期のジョブは全員「たまねぎ剣士」であるが、物語を進めていくにつれ、ジョブが増えていく。
ジョブの強さは物語の後半で手に入る方が強い。
FF3は敵に合わせてジョブを変更していくゲームであるが、どのジョブを成長させるかは自由であり、それがやり込み要素になっている。
また、FF3では「召喚魔法」と「召喚獣」が初登場し、以降シリーズには欠かせないものとなった。

ラストダンジョンはクリアまで3時間程度要するほどの長さであるが、セーブポイントが無く、全滅したらラストダンジョン入り口からやり直しとなる。
しかも、何の前知識もなく突っ込んでいくといきなりボス戦になって即死させられることも。
その鬼のような仕様に、プレイヤー泣かせとなったFF3のラストダンジョンは、ファンの間ではもはや伝説となっている。

2006年にはニンテンドーDSでリメイクされ、2011年以降にはスマホ版・PSP版も発売された。
リメイク版ではグラフィックはもとより、ジョブの使い勝手やゲームバランスが改良され、モグネットイベントなどの追加要素も搭載された。
更にストーリーも一部追加・変更されており、新たな設定や演出が追加されている。

世界の光の源であるクリスタルは大地震により、光を失い、闇の魔物が解き放たれていった。
ウルの村近くにできた洞窟に、村の4人のみなしごの少年たちは、探検をしに入った。
そこには風のクリスタルがあり、4人は啓示を受けることになる。
クリスタルは、世界を救う「光の戦士」として4人を選んだのだった。
やがて彼ら4人は闇を払うため、世界へと旅立つ。

ストーリー

8bc75019

4人の孤児たちはクリスタルの啓示を受ける。

ある日、突然大地震が世界を襲った。
世界の光の源であるクリスタルはその影響で地中深く引き込まれて光を失い、闇の魔物が世界へ解き放たれていった。
辺境の村ウルに住む4人の孤児たちは、大地震によって村の近くにできた洞窟へ腕試ししようと、探検にやってきていた。
彼らはその洞窟の奥で風のクリスタルに遭遇し、「光の戦士」として啓示を受けるのだった。

クリスタルの啓示を受けた4人の少年たちは、まだ見ぬ世界へと冒険の旅に出た。
新しい仲間との出会いと別れを経験し、旅の中で彼らはこの大地震と世界の異変を引き起こした、ザンデという男の存在を知る。
ザンデはかつて大魔導師ノアに仕えた三人の弟子のうちの一人であった。
三人とは、ドーガ、ウネ、そしてザンデ。
ノアが死に際して、ドーガには魔法の力を、ウネには夢の世界を、そして、ザンデには人間としての命を与えた。
だが、ザンデにはそれが不服だった。ザンデは土のクリスタルを利用してこの世界に大地震を引き起こし、闇の力を増大させていった。
ザンデを止めようと、ドーガとウネは、禁断の地エウレカへ行くのに必要となるカギを完成させるために命を落とすことになる。
2人は、4人の光の戦士たちに希望を託したのだった。

4人の戦士たちは各地を巡り、やがてザンデの居城、シルクスの塔(クリスタルタワー)に辿り着いた。
激闘の末にザンデを倒すことに成功する。
だが、ザンデが増大させた闇の力は、暗闇の雲(くらやみのくも)を生み出してしまった。
暗闇の雲は世界のすべてを無に帰す存在であった。
圧倒的な闇の力の前に、4人の戦士たちは敗れ去ってしまう。

そんな彼らに再び力を与えたのは、かつて旅の途中で知り合ったたくさんの仲間たちだった。
仲間たちの声援、そして死んでなお主人公たちを見守っていたドーガとウネによって魂を分け与えられた戦士たちは甦り、最後の決戦へと赴く。

決戦の地は暗闇の雲が待つ、闇の世界。
圧倒的な闇の力をなんとかしなければ、彼ら4人に勝機はない。
そこで彼らは、4つのダーククリスタルと闇の4戦士に出会った。
闇の4戦士たちはダーククリスタルに封印されていた。
彼らは光の戦士と対をなす存在であり、光と闇の均衡が崩れた時に活躍する存在であった。
闇の4戦士たちは、暗闇の雲を守る闇の力を打ち砕いてくれた。
後は光の戦士たちに託された。
4人の光の戦士たちは暗闇の雲を激闘の末に倒す。

闇が去り、世界に光が戻った。
4人の光の戦士たちは仲間たちをそれぞれ送り届け、そして、最後に故郷・ウルの村へと帰ってきた。
彼らは、自分たちに啓示を授けた、あの風のクリスタルが光を取り戻す姿を見るのだった。

登場人物

光の戦士

014fd77aa1bf171c837f713b3c4e86d7

FC版では初期ジョブは「たまねぎ剣士」だがリメイク版では「すっぴん」

FC版では4人の孤児たちに特定の名前も性格付けもなかった。
FCというハードでの制限もあったと思われるが、今作のジョブチェンジシステムという特徴を生かすため、あえて性格などの設定をせずシステマチックに遊んでもらおうという試みであったといえる。

DSリメイク版からは、主人公4人それぞれに名前と性格設定などが新たに追加され、ストーリーに厚みを持たせた。
リメイク版では主人公がそれぞれルーネス、アルクゥ、レフィア 、イングズとなっており、それぞれにイベントも用意されている。
これら主人公の名前はプレイヤーが自由に変更できる。

サラ・アルテニー

Sara

最初に同行するサラ姫。ケアルとエアロが使える。

サスーン国王の娘。21歳。
ジンの呪いにかかった城の人々を助けるために1人で封印の洞窟へと向かう。
そこで主人公たちと出会うことになる。

シド・ヘイズ

Cid

シドといえば飛空艇。ハンマーで攻撃する。

カナーンで妻と2人で暮らす飛空艇技師。64歳。
ジンの呪いを解いてカナーンに行く間、同行する。

デッシュ

Deltusilyu

記憶喪失の謎の男。雷系の魔法サンダラを使用できる。

記憶喪失の謎の男。主人公たちと行動を共にすることにより、記憶を取り戻していく。
女好きだが、カナーンに住むサリーナという恋人がいる。

エリア・ベネット

Eria

水の巫女。白魔法ケアルラ、プロテスを使用できる。

水の巫女。15歳。
水のクリスタルを解放する力を持っているが、水の洞窟でクラーケンから主人公たちを庇って命を落とす。

アルス・レストー

Arusu

サロニア城まで同行する。白魔法コンフュ、エアロが使える。