目次

  1. バハムート
  2. イフリート
  3. オーディン
  4. シヴァ
  5. アレクサンダー
  6. カーバンクル
  7. 今回はここまで!

バハムート

1

FFシリーズの召喚獣といえばバハムート!と答える人も多くいるのではないでしょうか?バハムートの初登場はFFⅢで、他のFF作品にも登場していますが共通しているのはどれも「ドラゴンに似ている」ということ。強力な全体攻撃であるメガフレアにお世話になったプレイヤーは数多くいることでしょう。またバハムートには様々な亜種が存在しており、体が深紅に染まったバハムート改、全身が機械化されたバハムート零式とバハムート烈などが登場しています。

イフリート

2

炎を司る屈強な魔人の姿をした召喚獣です。初登場はFFⅢで、単体に炎属性の攻撃をするだけでなく、白魔法として使えば味方全体の回復効果が現れるなど万能な召喚獣という印象もありました。入手難易度はFFシリーズを通して比較的低く、ゲームの中盤から終盤にかけて活躍した召喚獣です。

オーディン

O

甲冑を着た戦神のような召喚獣で、スレイプニルと呼ばれる6本足の馬に乗っているのが特徴です。FFⅢから登場しており、敵全体を一刀両断して即死させる斬鉄剣の強さは圧巻の一言。シリーズによってはグングニルという槍や雷魔法を使ったりするなど、その強さはシリーズを重ねるごとに増しています。

シヴァ

Siva

妖艶な雰囲気を纏った氷の女神で、敵全体を氷結させる強力な攻撃のダイアモンドダストが印象的です。初登場はFFⅢ。イフリートと並んで序盤に使用可能になり、後のシリーズでは双子の召喚獣として登場したり、主人公が搭乗するバイクに変形したりと良い意味で何かと記憶に残る召喚獣です。

アレクサンダー

Are

巨大な城塞のような召喚獣で見た目のインパクトは絶大です。初登場はⅥで、強力な全体攻撃の聖なる審判でプレイヤーの手助けをしてくれました。シリーズを通して上級クラスの召喚獣として登場しており、Ⅸのイベントでは敵の召喚したバハムートと壮絶なバトルを繰り広げるシーンが見られます。

カーバンクル

Ka

額のルビーが特徴的な愛くるしい小動物のような召喚獣です。初登場はⅤで、味方全体に全体にリフレクの効果を付与するルビーの光や、作品によってはヘイストの効果を付与するエメラルドの光など補助効果に長けた技を使用することができます。

今回はここまで!

いかがでしたか?次回もきっと使ってみたくなる色んな召喚獣を紹介しますので是非チェックしてくださいね!