CLOVER(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『CLOVER』とは、CLAMPが雑誌『Amie』に1997年から1999年にかけて連載したファンタジー作品および、それをもとにした映画作品である。機械技術が発達したサイバーパンク風の世界を舞台に「クローバー」と呼ばれる特殊能力を持つ少年少女達を巡る連作長編。この世で最強の能力を持つ「四つ葉」の少女スウ、「三つ葉」の双子兄弟CとA、自分の死んだ日が分かる「一葉」の歌姫織葉、そして「クローバー」と関わる人間達の物語である。時系列は現在から過去に遡るという構成になっている。

『CLOVER』の概要

『CLOVER』とは、1997年から1999年にかけてCLAMPが雑誌『Amie』に連載したファンタジー作品である。1999年には『劇場版カードキャプターさくら』との併映で短編アニメーション映画が公開された。
舞台は機械技術が発達したサイバーパンク風の異世界。その世界には「クローバー」と呼ばれる魔法の力を持つ人間が存在する。その中で最も最強の能力を持つ「四つ葉」の少女スウとその他の「クローバー」の人間達を巡る連作長編となっている。
時系列は現在から過去に遡るという構成になっており、またセリフやイラストが少なく、全編に渡ってヒロインの一人織葉(おるは)の歌う「CLOVER」という歌が流れる。元々全六部構成の予定だったが、掲載誌『Amie』の休刊で未完となるも現在は完結作品扱いとなっている。

『CLOVER』のあらすじ・ストーリー

和彦とスウの出会い

鳥籠のような施設を訪れた和彦は、そこで独り暮らす少女スウと出会う

元軍人で現在は引退して探偵業を営んでいる和彦(カズヒコ)は、ある日元上司の絋(コウ)将軍から「運んでほしいものがある」という依頼を受ける。依頼を受けた和彦は、動物の姿をした殺人兵器達が警備する鳥籠のような施設を訪れる。殺人兵器の一体である兎に案内された和彦は、木の上で機械の羽根を背中に装着し、「あなたとしあわせになりたい あなたのしあわせになりたい」と歌う少女・スウと出会う。

スウを連れて和彦は軍人時代に所属していた部隊の元上司・銀月(ぎんげつ)の元を訪れる。スウをある場所へ連れて行くため、銀月の元で暮らす青年・藍(ラン)の協力を必要としていた。藍は対象物を別の場所へ移動する転送能力を持っており、彼は和彦の依頼を快く引き受ける。スウが行こうとしている場所は、廃墟となった遊園地「妖精遊園地(フェアリーパーク)」だった。藍は二人を妖精遊園地へ転送しようとするが、そこで何者かに妨害を受けてしまう。和彦とスウは「小猫(シャオマオ)」という義賊を気取る集団が支配する地区に転送され、身柄を拘束される。そこへ何者かが「小猫」の建物を襲撃してくる。「小猫」の首領は、和彦の「無駄な殺しはしない」という姿勢から二人を逃す。和彦とスウの様子を見守っていた絋将軍達「魔導師(ウィザード)」は、敵対するアズライト軍が動き出したことに気づく。

「小猫」の元から脱出した和彦はスウを連れて飛行船に乗る。スウは飛行船に乗るのは初めてで、飛行船の中でも「あなたとしあわせになりたい」と口ずさむ。飛行船から別の場所へ降り立った二人の前にアズライトの軍人バルスが現れる。アズライト軍もスウを狙っており、バルスは彼女を引き渡すよう要求してくる。和彦はスウを守るために一対一の勝負に出るが、戦いを見守っていたスウをバルスの部下が捕らえようとしていることに気を取られ、負傷してしまう。そこへ絋将軍の依頼で和彦達を密かに護衛していた銀月が駆けつけ、バルスもいったん立ち去る。
二人は銀月の手配した車で移動することになったが、ラジオから「しあわせになりたい」と歌が響き、スウも合わせて歌う。スウがよく歌うその曲は、和彦の亡くなった恋人・織葉(おるは)の曲だった。織葉の名前を知っているスウに、メジャーデビューしていない織葉を何故知っているのかと和彦は驚く。

和彦はスウと共に保安がしっかりしている高級ホテルに泊まる。目的地までに何が起こるか分からないため、今のうちに休むよう和彦はスウに言うが、スウは和彦を心配する。和彦は「寝たくなったら起こして代わってもらう」と安心付け、スウを寝かせる。スウはふと、織葉が死んだ時悲しかったかと和彦に尋ねる。その問いに頷く和彦に、スウは「私は独りだから、死んでもきっと誰も悲しまない」と呟いて眠りにつく。そこへ、突然武装した集団が現れる。応戦する和彦は、彼らがかつて自身が所属していた軍の人間であることに気づく。スウは和彦の手を握って外へ飛び出し、羽根の形をした飛行具を召喚する。

妖精遊園地(フェアリーパーク)

スウは普通なら召喚装置(モデム)が必要な飛行具を装置を使わずに呼び出し、和彦と共に地上へ降りると逃走する。二人の様子を伺っていたバルスは追跡しようとするが、追跡装置(サーチ)をスウによって破壊されてしまい二人を見失う。
一方藍は銀月から和彦に装着した追跡装置が破壊されたという連絡を受ける。藍も銀月も、二人を狙っているのがアズライト軍だけでなく、スウの強大な能力を独占したい魔導師も絡んでいることに気がついていた。藍は「二人を死なせたくない」と銀月と共に二人の行方を追う。

和彦とスウはなんとか追手から逃げ切ることに成功する。召喚装置を使わず飛行具を呼び出したスウに驚く和彦に、彼女は「私は『四つ葉のクローバー』だから」と返す。その言葉に、スウが繰り返し口ずさむ織葉の歌も「クローバー」だということを和彦は思い出す。和彦に怪我を負わせてしまったことから、スウは「やっぱり私は外に出ちゃいけなかったのかな」と呟く。悲しげな表情を見せるスウに和彦は、「目的地の妖精遊園地まで連れて行く」と告げる。手を差し伸べる和彦を見たスウは、自分の話を始める。

十年前、「白花苜宿計画(クローバー・リーフ・プロジェクト)」という計画が立ち上がり、国中から子供達を集めて試験が行われた。その中で特に「魔法」の力が強い子供をそれぞれ「三つ葉」「四つ葉」と名づけて育てた。「三つ葉」は当初三人だったが、現在は藍を含めた二人のみだった。そして、「四つ葉」に認定されたのはスウだけだった。「三つ葉」の力は魔導師五人でやっと相手にできるほどだが、スウは「三つ葉」を上回る強大な能力を持っていた。スウに想われた人間は強大な力を手に入れたことを意味するため、魔導師達は彼女が誰かと接触することを恐れて殺人兵器が配置された施設に独り閉じ込めていた。
絋将軍だけは同僚達と違いスウを孫のように接しており、スウの「最初で最後の願い」を叶えてあげたいと外に出ることを許可したのだった。一方二人の居場所を突き止めたバルスが現れ、軍用兵器を使用できない和彦はなすすべもなく、攻撃を受けてしまう。そこへ藍が魔法を使い二人を妖精遊園地へ転送する。

辿り着いた妖精遊園地で、スウは和彦に織葉との思い出を語る。スウが織葉を知ったのは、電波に乗って流れていた彼女の歌をキャッチしたことがきっかけだった。スウは織葉の歌を気に入り、彼女と電話を通じて仲良くなる。織葉はスウに自分の事や歌の事、そして和彦の事をよく話してくれた。電話で交流を重ねる中、スウは織葉と一つの曲を作り、『CLOVER』と名づけた。『CLOVER』は、大きなステージで歌うのが夢だった織葉の為にスウが絋将軍に頼んで世間に発表したのだった。

スウが妖精遊園地へ行こうとした理由は、織葉が遊園地が大好きだったこと、「いつか和彦も含めて三人で遊びに行こう」と織葉とよく話していたことがきっかけだった。「織葉はもういない」と呟く和彦にスウは彼の胸を指さし、「いるよ」と答える。
スウは四歳の頃に「魔法」の能力が判明し、多額のお金と引き換えに母親から引き離された。それからスウは研究や実験に参加する日々を送ったが、周囲が興味あるのはスウの能力だけだった。孤独な日々を過ごしていたスウは、自分が魔法使いじゃなくても好きでいてくれる人と妖精遊園地へ行きたいとずっと考えていた。スウは織葉に聞いてからずっと会いたいと考えていた和彦に「好き」と告白する。

その時、突然地響きが起こり妖精遊園地の施設が崩れ始める。二人の元へジェットコースターが崩れ落ちてきたところをスウが魔法を使い、回転木馬の天馬の像を動かして逃れる。「アズライト軍の仕業か」と言う和彦に対して、スウは「魔導師だよ」と答える。妖精の像がワイヤーで引き上げられていくのを見たスウは駆け寄ろうとする。その時妖精の目が開いてワイヤーが和彦とスウを襲い、スウを庇った和彦の身体を貫く。外から様子を伺っていたバルスはこの状況に息を呑み、映像を通して和彦が倒れるのを見た紘将軍は同僚の殊(シュウ)老師を睨み付ける。妖精遊園地を崩壊させ、妖精の像を操り和彦を攻撃したのは、殊老師だった。

スウは怪我を負った和彦を抱きしめ、謝りながら泣きじゃくる。
和彦は満身創痍の身体を起こすと、「手伝ってくれ」とスウの手を握りしめる。和彦はスウの力を借りて銃を召喚すると妖精の像へ向かってビームを発射する。ビームが妖精の頭部を撃ち抜いたことで、妖精の像は動きを止める。気を失った和彦を抱きしめるスウの前にバルスが現れ、捕らえようとするが銀月に止められる。怪我を負った和彦を銀月が引き取り、スウは藍へのお礼を銀月に伝える。
銀月とバルスを見送ったあと、スウは崩壊した妖精遊園地に残り、『CLOVER』を歌う。歌い終わったスウは、和彦へ感謝の言葉を呟くと妖精遊園地を爆破させ命を落とす。

治療を受けながら、和彦はスウとの思い出を回想する。スウがずっと「連れてって」としか言わなかったことを思い出した和彦は、スウを悼むのだった。

織葉

スウ(左)は電話交流を通じて織葉(右)と親しくなる

施設で暮らしていたスウは、ある日「綺麗な声で歌う妖精」の夢を見る。誰かが歌っているのをキャッチしたスウは、歌声の主に興味を持つ。歌声の主は、歌手(シンガー)の織葉(おるは)だった。織葉はプロを夢見るアマチュアで、歌と恋人の和彦を何よりも愛していた。織葉の歌を気に入ったスウは、彼女の歌を口ずさむようになる。ずっと独りで誰とも会話することなく過ごしてきたスウは、織葉の歌に惹かれたことで「織葉と話してみたい」と考える。

ある日、シャワーを浴びたばかりの織葉の元へ電話が鳴り響く。織葉は電話に出るも、受話器の向こう側からは沈黙が聞こえてくるだけで悪戯かと思い電話を切ろうとする。すると「待って」と声が響き、「貴方のファンなの」と続く。織葉が名前を尋ねると、声は「スウ」と名乗る。スウは織葉の家に直接電話したことを謝るも、織葉は気にしておらず「女の子のファンは嬉しい」と答える。

織葉とスウは、電話を通して交流を重ねる。
スウは織葉の歌を「ずっと歌って欲しくなる。もっとずっと聴いていたい」と言った。軍の施設に入れられてから、何かを欲しいと思ったことが無いスウにとって初めての感覚だった。スウの言葉に織葉は「ありがとう」と微笑む。「これって好きってこと?」と尋ねるスウに織葉は「心が好きって囁けばそれが好きよ」と伝える。「織葉は何が好き?」と尋ねるスウに、「歌あとは…和彦」と織葉は答える。織葉はこんな遅くに電話をかけてくるスウに「遅くまで起きてて叱られない?」と尋ねる。その問いにスウは「独りだから」と返す。スウが独りで暮らしていることを知った織葉は「会えるといいのにね」と言う。スウは織葉の恋人和彦の存在を羨ましく思うが、織葉は「ずっと一緒にいられたらいいのにね」と寂しげな表情を浮かべる。
スウが独りで暮らしていることから織葉は「スウの元へ行っちゃだめ?」と尋ねるが、スウは「それはできない」と答える。「私が死んでもきっと誰も悲しまない」と告げるスウに、織葉は「スウは私の大切な友達だから、スウが死んだら私が泣くわ」と返す。初めて聞く「友達」という言葉にスウは少し戸惑うも、「スウがいいと言ってくれれば私達は友達よ」と言う織葉にスウは笑顔を浮かべる。そこで織葉は一緒に歌を創ることを提案する。
スウは電話を通じて、織葉と歌を作る日々を送る。誰かと一緒に歌うという初めての体験にスウは「嬉しい」と思い、やがて歌が完成する。織葉はこの歌を明日の誕生日、スウと和彦のために歌うと告げる。さらに「終わりになる前に、スウと素敵な曲を作れて嬉しい」と謎めいた発言をする。

織葉の誕生日当日、織葉は本番前にスウと電話をする。スウは昨日の「終わり」という織葉の発言が気になっていた。織葉はスウに「私は今日死ぬの」と告げ、昔の話をする。
織葉は小さい頃、「白花苜宿計画」に参加していた。織葉は四つ葉の内「一葉(ひとは)」に認定されており、判明した能力は「自分の死ぬ日がわかる」だった。その時から織葉は、誰といても何をしていても「もうすぐ死ぬ」という考えが頭を過っては、何かに夢中になれない絶望の思いを抱えながら生きていた。だが、その中で歌を歌う時と和彦と共に過ごす時は「幸せ」と感じていた。しかし和彦の「四つ葉のクローバー」にもなれず、友達のスウにも会えないまま死ぬ運命を織葉は受け入れていた。織葉はスウに「貴方は幸せになってね」と告げて電話を切る。
ライブハウスの舞台に立った織葉は和彦とスウへの想いを乗せて、スウと共に作った新曲『CLOVER』を披露する。そして、歌い終わった織葉を何者かが射殺する。

三つ葉の双子

銀月はC(ツェー)に「藍(ラン)」と名前を付ける

藍は銀月と出会う以前、スウとは別の研究所で暮らしており「C(ツェー)」と呼ばれていた。Cはずっと暮らしていた研究所から出ることを決意し、弟のA(アー)に別れを告げる。

銀月は殊老師から「三つ葉のクローバー」が逃亡したという連絡を受け、捜索を引き受ける。その頃、街を彷徨っていたCの前に軍人達が現れ、Cを連行しようとする。サングラスに装備した追跡装置で「三つ葉」の行方を突き止めた銀月が現場へ駆けつけると、軍人達が電線に身体を貫かれ絶命していた。銀月は電線の下に佇むCと対峙するが、力を消耗したCはその場で倒れてしまう。殊老師にCを保護したことを報告した銀月は、研究所へ移送するか尋ねる。銀月の話を耳にしたCは「研究所には帰らない」と訴える。なぜ帰りたくないのかと銀月が尋ねると、「Aがいるから」とCは答え、殊老師と連絡を取る。Aは「二人一緒なら研究所から出られる」と言ったが、「三つ葉」二人が同時に魔法を使用すれば、魔導師達を凌ぐ力を発揮するためCはそれを望んでいなかった。Cにできることは弟のAのそばにいないことだった。行く場所の無いCを殊老師の命令で銀月が預かることになる。

銀月の家に滞在することになったCは、無口な銀月との付き合い方に苦労するも、無愛想だが優しい彼に少しずつ親しくなっていく。
だが、兄のそんな様子を弟のAは気に食わず、苛立ちや怒りを見せるようになる。その様子は魔導師である殊老師にも伝わっており、Aについて危惧する。
そして、Cと銀月の前にAが現れる。AはCに「僕がいないのにどうして悲しくならないの」と責める。研究所でずっと兄の思考を読んでいたAは、兄が銀月に心を開いているのに嫉妬して銀月を攻撃する。嫉妬から銀月を殺そうとするAに、Cは「これ以上Aが誰かを殺したら自分の命を絶つ」と叱責する。
そしてCは自分達が何故研究所に閉じ込められているのかAに話す。二人が研究所にずっと閉じ込められているのは一緒にいるからであり、研究所から出るには別々に離れなくてはならなかった。Aは兄の決意が固いことを察し、連れて帰るのを諦めて二人の元を去る。Aが去った後、Cは銀月を抱きしめたまま泣きじゃくる。

二人一緒にいた「三つ葉」が別々に生きることを選んだため、居場所と動向を把握するべくCは外部から隔離された施設への移送が決まる。しかし、銀月はCは自分が引き取ると殊老師に告げる。だが銀月は「二葉」のクローバーだったため、「二葉」と「三つ葉」を合わせれば魔導師(ウィザード)を凌ぐほどの力を発揮してしまうという懸念を殊老師は抱く。そこで銀月は自身の体内に自爆装置を設置することを提案する。
目を覚ましたCは銀月にお礼を言うと、殊老師と連絡を取ろうとするが銀月は「ここにいろ」と告げる。Cは驚くも銀月が「二葉」だということに気づいており、銀月に迷惑がかかってしまうと彼のことを案ずる。しかし、「他の場所がいいのか」と静かに尋ねる銀月の問いにCは「ここがいい」と答えるのだった。そして、銀月はCに自身が率いる秘色部隊のカラーから「藍(ラン)」と命名する。
施設からCをずっと見守り続けていたスウは「私も変わりたい。『四つ葉のクローバー』以外の何かに」と呟くと、寂しげな表情を浮かべるのだった。

『CLOVER』の登場人物・キャラクター

主要人物

琉・F・和彦(リュウ・フェイ・カズヒコ)

主人公。元軍人で、現在は探偵業を営んでいる。短い三つ編みが特徴の眼鏡を掛けた男性。軍人時代は銀月率いる秘色(ひそく)部隊に所属しており、優秀だったが六回も軍法会議にかけられている程の問題児だった。しかし口が固く義理堅い性格なため、元上司の絋将軍からは信頼されている。フルネームで呼ばれることを嫌っている。恋人の織葉を目の前で喪ったことから、彼女を殺した犯人を見つけて殺すために軍を退役した。右手はアズライトの軍人バルスに切り落とされたことから義手を装着しており、軍用兵器を召喚することができる。

スウ

CV:坂本真綾
本作のヒロイン。銀髪のボブカットヘアにエバーグリーンの瞳が特徴の少女。名前は中国語で数字の「4」を意味する。この世でたった一人の「四つ葉」のクローバー。軍の施設で暮らしていたため極度の世間知らず。
「四つ葉」の能力は、特級クラスの超常能力者(ソーサラー)である「魔導師(ウィザード)」五人ですら相手にできないほどの強大なもの。作中では擬態化した猫を本物と見抜く、召喚用の装置を使わず飛行具を呼び出す、追跡用の装置を触れずに破壊する、有線電波(マイナーウェーブ)でしか流れていない織葉の歌をキャッチするなど多彩な能力を見せている。彼女に想われた人間は世界を手にするほどの力を持つことと同じであり、そのため鳥籠のような施設で殺人兵器である機械人形達と共に孤独に暮らしていた。ある日、和彦の恋人織葉の歌をキャッチしたことをきっかけに彼女のファンになり、電話を通じて交流する。実は織葉からよく和彦の話を聞いていて、名前だけは知っていた。
軍に引き取られる前は母親と二人暮らしだったが、母親はスウとの引き換えに莫大なお金が転がり込んでくることを喜び、別れの際もずっとお金を数えていたことからスウへの愛情はあまり無かったことが伺える。

銀月(ぎんげつ)

右側が銀月

dancingshigekoi9
dancingshigekoi9
@dancingshigekoi9

Related Articles関連記事

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノーゲーム・ノーライフ』とは、榎宮祐によるライトノベル、またはそれを基にしたアニメ作品である。天才ゲーマー兄弟が、「全てがゲームで決まる」異世界に召喚され、世界を攻略していく作品である。そのほかインターネットラジオなどのメディア展開も多い作品である。漫画版が『月間コミックアライブ』で連載され、2014年4月よりアニメが放送された。その後アニメ劇場版が2017年7月に上映されるなど、世界的にも注目を集めている。

Read Article

CLAMP作品のスターシステムのネタバレ解説・考察まとめ

CLAMP作品のスターシステムのネタバレ解説・考察まとめ

『カードキャプターさくら』、『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』を始め数々の漫画作品及びそれを基にしたアニメなどを世に送り出している女性漫画家集団・CLAMP。CLAMP作品の中には個性的なキャラクターが描かれており、スターシステムを採用することによって作品の垣根を越えて一人の登場人物が複数の作品に登場したり、共通した考え方、背景や設定を共有することが多くある。この記事ではキャラクター同士・作品同士の関連性を考慮しながら、CLAMP作品のスターシステムについて解説する。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。 主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。 古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

Read Article

xxxHOLiC(ホリック)のネタバレ解説・考察まとめ

xxxHOLiC(ホリック)のネタバレ解説・考察まとめ

『xxxHOLiC』とは、CLAMPによる漫画およびそれを原作としたアニメ。幽霊や妖怪などが多く登場するオカルト色の強い伝奇ファンタジー作品。自身の特異体質に悩む四月一日(わたぬき)は対価と引き換えに願いを叶える店を営む魔女・侑子と出会い、半ば強制的に彼女のミセで働くことになる。様々な受入れ難い過酷な現実に向き合いながら、四月一日が何を選び生きていくのかが物語の主軸となっている。また『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』と物語が連動しており、本作の見どころの一つとなっている。

Read Article

BLOOD-C(ブラッド シー)のネタバレ解説・考察まとめ

BLOOD-C(ブラッド シー)のネタバレ解説・考察まとめ

アニメ制作会社「Production I.G」と漫画家集団「CLAMP」の両名が手掛けた、全12話のオリジナルアニメである。 学園を主要な舞台としているが、ごく普通の日常にも関わらず違和感のある、現実感のない日常描写という雰囲気作りが意図的にされている。 主人公の女子高生「更衣 小夜」が日中は学校に通いつつ、人知れず人間を襲う怪物と戦いを続けるアクションアニメである。

Read Article

ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-(ツバサ・クロニクル)のネタバレ解説・考察まとめ

ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-(ツバサ・クロニクル)のネタバレ解説・考察まとめ

『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』とは、CLAMPによる異世界冒険活劇漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。考古学者の卵である小狼は、飛王・リードの陰謀により羽根となって様々な異世界へ飛び散ったサクラ姫の記憶を取り戻すべく、魔術師のファイ、忍者の黒鋼、記憶を失ったさくら、そして『xxxHOLiC』の主要人物でもある次元の魔女・侑子によって創られたモコナと共に次元を超えた旅を始める。一行を待ち受けていたのは、飛王の野望の為に用意された過酷な旅路であった。

Read Article

X(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

X(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『X』とは、CLAMPによって1992年から『月刊ASUKA』にて連載が開始された漫画。 劇場版やアニメが公開され、ゲーム等も発売された。不定期更新中で現段階では休止中。 劇中には他のCLAMP作品のキャラクターも登場している。 ストーリーの内容に生死の選択がありグロテスクなシーンやBL要素を含む描写もある。 主人公の神威は母の遺言により幼い頃に過ごしていた東京に戻ってきた。 神威は地球の未来を左右する運命を背負っており、幼馴染の封真や小鳥も戦いに巻き込まれていく。

Read Article

魍魎の匣(もうりょうのはこ)のネタバレ解説・考察まとめ

魍魎の匣(もうりょうのはこ)のネタバレ解説・考察まとめ

「魍魎の匣」とは、「京極夏彦」による長編小説。百鬼夜行シリーズの第二作目。2007年に実写映画化され、2008年にマッドハウス製作でアニメ化した。キャラクターデザインは漫画家「CLAMP」が担当。百鬼夜行シリーズは古本屋「京極堂」を営む陰陽師「中禅寺秋彦」が事件を解決するストーリー。「魍魎の匣」では、美少女「柚木加菜子」が人身事故に遭った所から事件が次々と起こっていく。

Read Article

カードキャプターさくら(クリアカード編)のネタバレ解説・考察まとめ

カードキャプターさくら(クリアカード編)のネタバレ解説・考察まとめ

『カードキャプターさくら』とはCLAMPの魔法少女漫画作品。ひょんな出来事から魔法少女となったさくらが身の回りに起こる不思議な出来事に立ち向かいながら成長していく物語。前編では主人公のさくらが魔法のカードを集めを完了し、すべて自分のカードにしたところで物語は完結している。本編ではその続きとして、自分のものとしたはずのカードが透明になって魔力を失い、また同時に不思議な出来事を解決する度に新たな透明の魔法のカードが現れ始めるという新たな現象を主軸に物語が描かれる。

Read Article

魔法騎士レイアース(第二章)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法騎士レイアース(第二章)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法騎士レイアース(マジックナイト・レイアース、Magic Knight Rayearth)とは、1993年11月から少女漫画雑誌「なかよし」にて連載が開始されたCLAMPによる漫画およびそれを原作としたアニメ作品。今回は第一章で主人公たち光・海・風が使命を果たした後、東京に戻ってきて再びセフィーロへ向かうところからの物語である第二章について紹介する。

Read Article

カードキャプターさくら クリアカード編(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

カードキャプターさくら クリアカード編(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「カードキャプターさくら クリアカード編」とは、CLAMPによる漫画作品、およびそれを原作としたアニメ作品。 中学に進学したさくらは、香港から帰国した小狼に再会した夜、フードを被った謎の人物と対峙する不思議な夢を見る。さくらが目を覚ますと夢の中に出てきた新たな封印の鍵を握りしめており、さくらカードは透明なカードに変化し魔力を失っていた。夢の鍵と透明なカードに導かれ、さくらの新たな物語が始まる。

Read Article

カードキャプターさくら(CCさくら)のネタバレ解説・考察まとめ

カードキャプターさくら(CCさくら)のネタバレ解説・考察まとめ

『カードキャプターさくら』は1990年代を代表する作品のひとつで、人気漫画家集団CLAMPによる漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。強大な魔力を秘めた「クロウカード」の封印を解いてしまった小学生・木之本桜が、クロウカードの守護者・ケルベロスと協力しながら、クロウカード集めに奔走する。

Read Article

『カードキャプターさくら』原作漫画とアニメの違いまとめ

『カードキャプターさくら』原作漫画とアニメの違いまとめ

カードキャプターさくらは1996年に、月刊少女雑誌「なかよし」で連載された。小学4年生のさくらがカードキャプターとして、身の回りに起こる不思議な出来事を解決していく話だ。20年経った今でも根強い人気を誇る。連載から2016年には、続編であるクリアカード編の連載がスタート。クリアカード編を機に、漫画を買った者も多い。アニメしか見たことしかない者には、漫画を読むと異なる点が多くある。カードキャプターさくらの原作漫画とアニメでの違いを解説していく。

Read Article

魔法騎士レイアース(第一章)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法騎士レイアース(第一章)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法騎士レイアース(マジックナイト・レイアース、Magic Knight Rayearth)とは、1993年に連載が開始された漫画家集団CLAMPによる漫画およびそれを原作としたアニメ作品。舞台は主人公、光・海・風が召喚された異世界「セフィーロ」。そこで世界の柱であるエメロード姫を捕らえた神官ザガートを倒すため数々の試練をくぐり抜けていく物語である。今回は漫画版1(アニメ第一章)について紹介する。

Read Article

こばと。(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

こばと。(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『こばと。』とはCLAMPによる人間界を舞台としたローファンタジー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品。花戸小鳩が「行きたい所へ行く」という願いを叶えるため、人々を癒すことで得られる傷ついた心を集めようと奮闘する物語。後半では主要人物らによる三角関係も描かれておりラブストーリーの要素も強い。純粋なこばとは様々な人々と出会うことで、今の自分にとって一番大切なものは何なのか考えるようになる。登場人物それぞれに複雑な過去があり、それらのことを踏まえて最後にこばとが何を願うのかが見どころとなっている。

Read Article

ちょびっツ(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

ちょびっツ(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『ちょびっツ』とはCLAMPによるSFラブストーリー漫画とそれを原作にしたアニメ作品。少女の容姿をしたパソコンと機械には疎い青年が織り出す恋愛模様を描いている。パソコンが人型で普及している東京で浪人生の本須和秀樹はバイト帰りにゴミ捨て場で人型パソコンの「ちぃ」を拾うがソフトが何もインストールされておらず、全てが謎に包まれていたパソコンだった。友人と共にちぃの素性に迫っていくうちに、プログラム通りに行動するパソコンとは違うChobitsという特殊なパソコンではないかという疑念が生まれる。

Read Article

テレビでは放送されなかったツバサ・クロニクルの物語

テレビでは放送されなかったツバサ・クロニクルの物語

かつてNHK教育放送で夕方の時間に放送されていたCLAMP原作の「ツバサ・クロニクル」。 しかし、結局多くの謎が解決されないまま、テレビアニメの放送が終了した。 原作漫画は28巻もあり、テレビで放送された部分はその半分にも満たない。 テレビで放送されなかった部分は、DVD化、あるいはネット配信となっている。 そんなツバサ・クロニクルの後半部分についての解説。

Read Article

東京BABYLON(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

東京BABYLON(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『東京BABYLON』とは、CLAMPの漫画及び漫画を原作としたアニメ。伝奇ファンタジー作品でありながら、人々の悩みや孤独をリアルに描き出した社会派作品とも評される。1980年代を彷彿とさせる東京が舞台。そこで起こる怪奇現象に優しい心の持ち主である皇昴流が自らも傷つきながら陰陽術を使って立ち向かっていくストーリーでとなっている。主要人物としては他に昴流の双子の姉である北都と昴流に想いを寄せている獣医の桜塚星史郎がおり、この三人の行きつく悲劇的な結末は衝撃的なものである。

Read Article

カードキャプターさくら(クロウカード編・さくらカード編)のネタバレ解説・考察まとめ

カードキャプターさくら(クロウカード編・さくらカード編)のネタバレ解説・考察まとめ

『カードキャプターさくら』とはCLAMPの魔法少女漫画作品。ひょんな出来事から魔法少女となったさくらが、封印を解かれ様々な出来事を巻き起こす魔法のカードたちに立ち向かいながら成長していく物語。主人公のさくらは毎回違うバトルコスチュームを着ていたり、魔法を発動している様子が美しく描かれたりすることから、作品作りの細やかさに定評がある。また作中には性別や年齢による立場の違いなど一般的な価値観に捕らわれない恋愛が多く登場しており、前衛的な作品とも評される。

Read Article

Wish(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

Wish(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『Wish』とはCLAMPの漫画であり、『月刊ミステリーDX』で連載されていた。連載期間は1995年~1998年まで。全4巻。病院で外科医をしている栩堂琇一郎(くどうしゅういちろう)が帰宅途中、琥珀(こはく)という名の天使をカラスにいじめられているところから助け出す。その御礼に琥珀は何でも願いを叶えると言い出し、そのまま琇一郎の家に居候することに。そこから多種多様の天使・悪魔達も交わり慌ただしく過ぎていく毎日だが、2人には衝撃的な運命が待ち構えていた。人間と天使のラブファンタジー漫画。

Read Article

20面相におねがい!!(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

20面相におねがい!!(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『20面相におねがい!!』とは、CLAMPによって1989年から1991年まで『コミックGENKi』で連載された作品。 『CLAMP学園探偵団』、『学園特警デュカリオン』とともに「CLAMP学園三部作」の一つであり、シリーズ第一作目である。 「怪人20面相」の顔を持つ小学生の主人公・伊集院玲と偶然出会った幼稚園児の令嬢・大川詠心の二人を通して描かれるラブコメディ。 2012年には角川書店より愛蔵版が出版されている。

Read Article

合法ドラッグ/ドラッグ&ドロップ(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

合法ドラッグ/ドラッグ&ドロップ(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『合法ドラッグ』『ドラッグ&ドロップ』とは、主人公らが謎の依頼を解決していくCLAMPのサイキックサスペンス漫画。物語は栩堂風疾が家出をしてきて雪降る夜に街中で倒れていたところを火群陸王に助けられるところから始まる。風疾は陸王の下宿先であるみどり薬局に連れてこられたことで店主・花蛍と斎峨に出会い、住み込みで陸王と共同生活をしながらみどり薬局での仕事と摩訶不思議な依頼に対応するもう一つのバイトをし始める。謎の依頼をこなしていくとともに、風疾、陸王の抱える不吉な過去とその運命が描かれる。

Read Article

魔法騎士レイアースの魔法・呪文・必殺技まとめ

魔法騎士レイアースの魔法・呪文・必殺技まとめ

『魔法騎士レイアース』とは、異世界に召還された少女達の戦いを描いたCLAMPによるファンタジー冒険漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 日本の女子中学生・獅堂光、龍咲海、鳳凰寺風の3人は東京タワーから異世界セフィーロに召還され、魔法戦士としてセフィーロを救うために戦いを始める。 セフィーロには魔法が存在しており、召還された魔法戦士やその世界に住む人々が戦いの中で使う。それぞれの属性に適した魔法があり、作中では様々な魔法の呪文や必殺技が登場する。

Read Article

CLAMP学園探偵団(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

CLAMP学園探偵団(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『CLAMP学園探偵団』とはCLAMPの漫画及びアニメ。小学生3人が織りなす探偵コメディ漫画である。漫画は『月刊Asuka』、『ミステリーDX』で1992年1月から1993年10月まで連載。全3巻。気球で視察をしていたCLAMP学園初等部学生会会長・妹之山残(いものやまのこる)は、東京タワーの窓に涙を流している老婦人を発見。フェミニストである彼は彼女の涙の理由を解決すべく、書記・鷹村蘇芳(たかむらすおう)、会計・伊集院玲(いじゅういんあきら)を加えたメンバーで探偵団を結成する。

Read Article

NEW
新・春香伝(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

新・春香伝(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『新・春香伝』(しん・しゅんかでん)とは、CLAMPが雑誌『セリエミステリーSPECIAL』に1992年10月20日号から1994年2月20日号にかけて連載したファンタジー作品、およびドラマCD作品である。朝鮮に伝わる『春香伝』(しゅんこうでん / チュニャンヂョン)を下敷きに、武術が得意な少女春香(チュニャン)と旅人の青年夢龍(ムロン)の出会い、悪政を行う両班達に対し共に立ち向かう姿が描かれる。

Read Article

すき。だからすき(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

すき。だからすき(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『すき。だからすき』とは、女子高生・旭ひなたと臨時教師・麻生史郎の恋愛を描いたCLAMPの漫画。とある事情から一人暮らしをしている主人子のひなたは、隣に引っ越してきて更に彼女の高校の臨時教師となった麻生に好意を抱き始める。純粋無垢なひなたは想いが募ってくいくにつれてはっきりと自分の気持ちを麻生に伝えていく。しかし麻生は過去のトラウマが理由でひなたとの関係に一線を引いているのであった。最終的にクールでそっけないがどこか優しい麻生の心を開くことに成功し、ひなたの恋が実るのかが見どころとなっている。

Read Article

目次 - Contents