Wish(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『Wish』とはCLAMPの漫画であり、『月刊ミステリーDX』で連載されていた。連載期間は1995年~1998年まで。全4巻。病院で外科医をしている栩堂琇一郎(くどうしゅういちろう)が帰宅途中、琥珀(こはく)という名の天使をカラスにいじめられているところから助け出す。その御礼に琥珀は何でも願いを叶えると言い出し、そのまま琇一郎の家に居候することに。そこから多種多様の天使・悪魔達も交わり慌ただしく過ぎていく毎日だが、2人には衝撃的な運命が待ち構えていた。人間と天使のラブファンタジー漫画。

『Wish』の概要

琇一郎と琥珀とうしゃぎさん

『Wish』とはCLAMPの漫画で、人間と天使とのラブファンタジー作品である。ミステリーDX(角川書店)1995年11月号から1998年7月号まで連載されていた。全23話+番外編3話収録。巻数は全4巻。主な作画担当はもこな(連載当時はもこなあぱぱ)であるが、このWishに関してはもう1人の作画担当である猫井椿(連載当時は猫井みっく)が担当している。猫井は普段、8P漫画を描いていた為、今回のような長い32Pを担当したことに関してはとても大変だったと話している。
1997年にはアニメーションクリップが制作されており、その映像は2007年に発売されたCLAMP15周年アルバム『CLAMPZER』で視聴することが出来る。

天使・琥珀が天使長である翡翠を探しに人間界へ降り立った際、少しドジな性格が裏目に出てしまい、木に引っかかった上カラスにもいじめられてしまう。琥珀が困っている場面に出くわした仕事帰りの栩堂琇一郎は思わず助け出す。助けてもらった琥珀は琇一郎に大層感謝し、御礼として願いを叶えさせて欲しいと言い出す。しかし、非現実的なことを嫌う琇一郎は特に今の生活に不満もないし、叶えて欲しい願いもないと丁重に断りを入れた。
その返答を受けた琥珀は、必ず一人では叶えられない願いがあるはずと言い、願いを叶えるまで側にいたいと頑なに琇一郎から離れようとしない。琥珀に根負けした琇一郎は側にいても願いは出来ないけれど、と前置きを入れて琥珀と同居することになる。
2人の同居生活は穏やかに始まったが、その他に天使や悪魔達も次々現れ栩堂家での生活は賑やかなものになっていく。
そんななか、琥珀と琇一郎は少しずつお互いを知り、惹かれ合っていく。
琥珀の存在で、琇一郎も一人では叶えられない願いと見つけられたと思った時、過酷な運命はゆっくりと近づいてきているのだった。

『Wish』のあらすじ・ストーリー

琇一郎と天使琥珀の出会い

琇一郎が琥珀を助けるシーン

「星の綺麗な夜、夜風にそよぐ緑の木々の間に”それ”は落ちていた」という始まりで幕を開ける。
天使・琥珀(こはく)と琇一郎(しゅういちろう)の出会い。木に引っかかったままカラスに襲われていた琥珀を琇一郎が助け出す。そのカラスは悪魔・紅榴(こうりゅう)の使い魔であった。

危ないところを助けてもらった御礼をどうしてもしたいと言い張る琥珀に、非現実的なことを嫌う琇一郎は、願いは自分で叶えるものだからと丁重に断る。しかし、食い下がる琥珀に根負けし、居候を認めることとなる。
こうして人間と天使の同居生活がスタートした。

翡翠様を探しに

琇一郎と暮らし始めた琥珀。琇一郎の朝は早く、自分の身の回りのことは卒なくこなす。
琥珀は何か手伝いたいが、天使であるがため食べるという行為をすることがなく、勿論料理も出来ない。そんな琥珀の栩堂家(くどうけ)における担当は、庭の木に水をやったり、掃除や後片付けといった類いであった。

出来ることを増やすため、人間界の知識を身に着けようとする琥珀。しかし、悪魔・紅榴に見つかってしまい、いつも通りいじめられてしまう。
ドジばかり踏む琥珀に、琇一郎は少しも責めたりもせず、言葉は少ないが優しく接してくれた。

そんなある日、神の使いであるうしゃぎさんが、琥珀への伝言を携えて天から降りてくる。
神からの伝言を受け取った琥珀の顔にはみるみる不安が浮かび、急いでうしゃぎさんに、神に「もう少し時間をください!」と伝言を託す。

その一連の流れを見ていた琇一郎に、事情を打ち明ける琥珀。ここに来たのは、四天使長の1人である風天使・翡翠(ひすい)を探すためであることを明らかにする。

天界では、神を助けるために、この世の四元素を司る4人の天使長が存在する。「炎」「水」「風」「土」それぞれ自然の力を4人の天使長が保護している。翡翠はその中の風天使である。琥珀には、翡翠が理由もなく仕事を放り出すとは思えず、神に翡翠を探す許可をもらったのだった。しかし、人間界での時の流れでいうと約3ヶ月、1つも手がかりが見つかっていないようだった。このままでは、翡翠は天界を永久追放されてしまう状況だった。

翡翠と黒耀

琥珀を落ち着かせる琇一郎。そしてバイクで翡翠探しを手伝う申し出をした。
天使は、羽根で天界の者だけが分かる光を感知できるが、みつからないのは距離の問題かもしれないと考えたのだ。天使は地界へ入れず、悪魔は天界へ入れない。残された可能性である人間界を探すが、見つからず日が暮れる。

日が沈むと法願力(自然の力を借りる、魔法のようなもの)が弱まり、琥珀は身体が小さくなってしまう。
そこへまた琥珀をいじめに、紅榴が現れる。月の力を原動力としている紅榴は、琥珀とは逆に夜に魔力が高まり、本来の姿に戻る。紅榴が攻撃法願を仕掛けてきたその時、優しく吹いた風の法願が琥珀を守った。

それは翡翠によるものだったが、現れた彼女の羽根からは何も感じられない。琥珀は翡翠に天界に戻るように説得するが、翡翠は拒否する。そしてそこに、地界を治めている魔王の息子である黒耀(こくよう)が現れる。

翡翠と黒耀は去ろうとするが、琇一郎の説得で事情を話してくれることになる。そしてわかったのは、黒耀が翡翠を食べてしまったということ。それにより、翡翠は天使ではなくなっていた。

翡翠は天使長と言う立場で、悪魔である黒耀を好きになってしまったのだ。その事実に琥珀はショックを受けつつ、二人の想いの強さに、神にも黙っておくことを選んだ。しかしこの件が周囲に漏れてしまえば、二人は天界と地界の両方から追われる危険性もある。そこで琇一郎が提案し、二人も、栩堂家の居候となった。

過去へ

普段カナダに住んでいる、琇一郎の義理の祖父の信一郎(しんいちろう)が琇一郎の様子を見に、栩堂家に現れた。
彼は親しみやすい性格で、琥珀とも直ぐに打ち解ける。二人で街に出て、CDショップに寄った後、公園を訪れる。

実はこの公園は琇一郎の母親が行方不明となった場所であった。
琇一郎の母親は生い立ちが謎に包まれており、信一郎も真相を知らない。それに加え、父親も琇一郎が高校2年生の時に飛行機事故でこの世を去ってしまっていた。

CDショップで信一郎が購入した曲は、琇一郎の母親が好きだったものだと聞いた琥珀は、その歌を歌った。
天使なのでCDを見ただけでどんな曲かわかる、と言う琥珀の言葉を聞いた時、信一郎は不思議そうに思ったが綺麗な歌声が聴けたと大層喜んだ。その御礼にと、コンビニまでミルクを買いに走った。

残された琥珀は、公園の木々達に法願を使い、この場所で亡くなった人がいるか尋ねる。結果は、いない、だった。ほっとしたのも束の間、一部始終を見ていた紅榴が姿を現した。
紅榴に過去に遡ることを提案され、1人では難しい法願なので拒否するのだが、紅榴が手を貸してくれると言い出した。琇一郎の役に立ちたい琥珀は、紅榴の甘い誘惑にのってしまい、過去へと向かうこととなった。

琇一郎の母親・蛍

13年前に遡った琥珀と紅榴は琇一郎の家へと向かう。
庭の藤の木の下には着物姿の少女が座っており、彼女こそ琇一郎の母親、蛍であった。

本来ならば過去を遡ってきた者の姿は見えない筈なのに、蛍は琥珀と紅榴を知覚する。しかも、琥珀に未来の匂いがする、と言い髪に触れた。紅榴が蛍を怪しんでいると、高1の琇一郎が現れる。
蛍は琇一郎に抱きかかえられ、部屋へ戻る際、琥珀と紅榴もついてくるよう手招きした。

琇一郎の母親にしては、外見がだいぶ幼い。そして蛍の紫の瞳からは、悪魔の気に近い妖気を感じると、紅榴は呟く。琇一郎と蛍の会話を聞いていると、蛍は目が見えないうえに自分の力で歩けないことが分かった。更に彼女は琇一郎の父親である周丞(しゅうすけ)が、飛行機事故で死亡することを予知していた。

そして彼女は、元の姿に戻る、と言って公園の藤の花の下に連れて行ってほしいと琇一郎にお願いをした。

痛みの理由(わけ)

琇一郎に長い間会えないと思うと涙が止まらない琥珀

夜になり、琇一郎は蛍を約束通りに藤の花の下まで運ぶ。その藤の木は、琥珀も紅榴も圧倒されるほどの気を発していた。
蛍に強い執着を持つ琇一郎に、蛍は彼の糸の先には、まだ出逢っていない別の人がいると諭す。そして、蛍は藤の木に吸い込まれた。

彼女は人間ではなく、藤の木の精だった。真相がわかったそのタイミングで、紅榴が、琥珀を置いて現代へ帰ってしまう。
過去に残されてしまった琥珀は、涙を流しながら琇一郎を見つめる。木の姿に戻った蛍に、「帰れないのが悲しいの?」と声をかけられたことに対し、琥珀は否定する。このまま琇一郎と会えないまま、13年もここで待っていなければいけないことが、悲しいのであった。

時代の違う存在の琥珀は、蛍以外には感知できないのだ。
一方、紅榴は1人で現代へと帰ったが、待ち構えていた黒耀と翡翠に捕まってしまう。過去に遡る法願を使ったことによって、何かを感づいた黒耀と翡翠は、紅榴の使い魔である瑠璃(るり)と玻璃(はり)に何があったのかを問いただしていたのだ。

琥珀を連れ戻す方法を考えていると、蛍の力によって現在へと送り出された琥珀が現れる。
未来へ誰かを送ることは、天使長でも不可能なこと。琥珀は自分の為に命を削った蛍に詫びるが、蛍はこれで周丞の元へいけると嬉しそうに零し、最期を迎えた。藤の木は朽ち果て、無残な姿となって残った。

黒耀が紅榴と使い魔達を連れて先に帰った後、コンビニに行った信一郎が琇一郎と一緒に戻ってくる。あまりにも変わり果てた藤の木を見た琇一郎は、感傷的になっていた。
そこで泣いている琥珀に気づく。琥珀は琇一郎に自分の姿が見えるか確認し、思わず抱きついていた。それを見た信一郎は何かを安心し、琥珀に琇一郎をよろしくと言い残して、早々とカナダへと出発したのであった。

琇一郎への気持ちを自覚した琥珀。しかし、黒耀には琇一郎について気になることがあった。

神様からのお使い

それから少しの間、穏やかな時間が流れた。
琥珀が猫・珊瑚(さんご)に一目惚れされたり、その珊瑚に名付けをお願いされて真珠(しんじゅ)という名前をつけたりした(昼と夜で名前が変わる。昼は真珠で夜は珊瑚)。

そんなある日、空から神の使いであるうしゃぎさんが降りてきて、琥珀に天界へと帰ってくるよう伝言を渡す。
琇一郎への御礼を理由に、待って欲しいと願う琥珀だったが、承諾されない。そこで思わず、うしゃぎさんを捕まえてしまった琇一郎。それによって、考える時間が産まれる。

そこで、琥珀の残りたい理由は、本当に御礼だけなのかと問う翡翠。一方、黒耀は琇一郎に近づき、「お前自分がなんなのか気づいてるのか」と話しかけた。その問いの意味がわからない琇一郎。
黒耀が説明しようとした所に、水天使・透輝(とうき)の姿が現れる。うしゃぎさんが戻ってこないので、代わりに琥珀を迎えにきたという。透輝は翡翠と黒耀の存在にも気づいたが、二人のことを見逃した。

琥珀は、残りたい気持ちを暗に伝えるが、琇一郎は突き放すような答えを言ってしまう。
天界へ帰る決意をする琥珀。琥珀の泣き顔を見て、琇一郎が引き留めようと手を伸ばすが、その手には琥珀がいつも身につけていたイヤリングが残されることとなった。

天界へ戻った琥珀は、悲しい気持ちを抱いていた。地天使・藍晶(らんしょう)が、琥珀の天使の卵を孵すお役目がまだすんでないことを聞き、その場所へと送り届けた。天使の卵は、どこまでも清らかな心を持った者の歌声でしか孵せないとされており、琥珀が天界に置けるお役目となっている。天界一美しい心を持つ琥珀にしか出来ない仕事だと、藍晶も琥珀が歌う姿を見守っていた。

その間、人間界では瑠璃や玻璃は琇一郎の傍にいると気持ちがいいと話し、紅榴もそれに賛同していた。
黒耀はその理由がわかるかと問うた瞬間、琇一郎が仕事場から帰ってきて会話が中断された。黒耀は神妙な顔つきで、琇一郎が琥珀に好意を持っているとすれば、しゃれにならない事態となると行き先を案じた。
そこでオーブンの音が鳴り、翡翠が居間から退出してしまう。続くタイミングの悪さに黒耀は、琇一郎の話をすることを誰かが邪魔しているのではないかと勘ぐった。

会いたい

カナダから信一郎が再度栩堂家を訪問する。
琥珀がいなくなったと聞いて大層驚いた信一郎は、琇一郎に早く迎えに行けと急かした。だが、琇一郎はどう行けば会えるかわからないし、振り返ってみれば琥珀の基本的な情報は皆無に等しかった。

話を聞く中で信一郎は、そういった不思議な人と知り合うところは周丞と似ている、血は繋がっていなくても親子なんだなと嬉しそうに呟いた。
琇一郎は、琥珀が残したイヤリングを見つめる。

その頃地界では、黒耀の失踪が問題となっていた。天界でも、翡翠の失踪が同じようになる。何時までも隠すのは無理なので、次の神と魔王の会議で報告することが両方の世界で決まる。

そして琥珀は、天界に帰ってからもずっと琇一郎のことを想っていた。法願を使い、栩堂家の様子を伺うことにする。翡翠の無事な姿を確認し、透輝が神に黙ってくれているのだと安心する。しかし信一郎がつれてきた具合が悪そうな女性を、琇一郎が抱き留めるのを見て、琥珀は強烈な胸の痛みに襲われる。集中力が途切れ、法願も消えてしまった。

胸の痛みの理由を考え、琥珀が辿り着いた答えは、琇一郎に会いたいという気持ちだった。

ふたりの時間

泣いているところに、榴輝が現れ、翡翠について尋ねてきた。
翡翠に熱い思い入れのある榴輝は、見つからないのなら神にお願いし、「自分から会いに行く」と意気込んだ。琥珀はそこで、黒耀と翡翠が見つかったらどうしようと不安になったが、「自分から会いに行く」という言葉に背中を押されたような気がした。

お役目は既に終わり、卵から天使が孵っている。気持ちを止められない琥珀は、人間界へと降り立つ法願を発動させたのだった。

再会した琥珀と琇一郎は「会いたかった」と気持ちを伝え合う。しかしその展開に黒耀だけは違和感を抱いており、翡翠に琇一郎の話をしようとしたが、また雨が降ってきて中断されてしまう。
何回目かの妨害に腹を立てた黒耀は、いい加減にしろと凄み、攻撃法願を仕掛けようとする。すると、何者かの法願が雷のような形で現れる。そして、黒耀にもう少し待て、と忠告したのであった。

天界では天使長が揃って人間界へと降り立つ許しが出されていた。翡翠はもちろんだが、もう一人探してほしい天使がいるとのこと。藍晶と透輝は琥珀が人間界へと降りたことを知っていたため、最悪の事態になったと沈んだ表情で顔を見合わせた。

一方、人間界では琇一郎が抱き留めた女性は、単に病人を介護しただけであると誤解が解かれた。

gundamaniat0
gundamaniat0
@gundamaniat0

Related Articles関連記事

CLAMP作品のスターシステムのネタバレ解説・考察まとめ

CLAMP作品のスターシステムのネタバレ解説・考察まとめ

『カードキャプターさくら』、『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』を始め数々の漫画作品及びそれを基にしたアニメなどを世に送り出している女性漫画家集団・CLAMP。CLAMP作品の中には個性的なキャラクターが描かれており、スターシステムを採用することによって作品の垣根を越えて一人の登場人物が複数の作品に登場したり、共通した考え方、背景や設定を共有することが多くある。この記事ではキャラクター同士・作品同士の関連性を考慮しながら、CLAMP作品のスターシステムについて解説する。

Read Article

xxxHOLiC(ホリック)のネタバレ解説・考察まとめ

xxxHOLiC(ホリック)のネタバレ解説・考察まとめ

『xxxHOLiC』とは、CLAMPによる漫画およびそれを原作としたアニメ。幽霊や妖怪などが多く登場するオカルト色の強い伝奇ファンタジー作品。自身の特異体質に悩む四月一日(わたぬき)は対価と引き換えに願いを叶える店を営む魔女・侑子と出会い、半ば強制的に彼女のミセで働くことになる。様々な受入れ難い過酷な現実に向き合いながら、四月一日が何を選び生きていくのかが物語の主軸となっている。また『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』と物語が連動しており、本作の見どころの一つとなっている。

Read Article

BLOOD-C(ブラッド シー)のネタバレ解説・考察まとめ

BLOOD-C(ブラッド シー)のネタバレ解説・考察まとめ

アニメ制作会社「Production I.G」と漫画家集団「CLAMP」の両名が手掛けた、全12話のオリジナルアニメである。 学園を主要な舞台としているが、ごく普通の日常にも関わらず違和感のある、現実感のない日常描写という雰囲気作りが意図的にされている。 主人公の女子高生「更衣 小夜」が日中は学校に通いつつ、人知れず人間を襲う怪物と戦いを続けるアクションアニメである。

Read Article

ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-(ツバサ・クロニクル)のネタバレ解説・考察まとめ

ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-(ツバサ・クロニクル)のネタバレ解説・考察まとめ

『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』とは、CLAMPによる異世界冒険活劇漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。考古学者の卵である小狼は、飛王・リードの陰謀により羽根となって様々な異世界へ飛び散ったサクラ姫の記憶を取り戻すべく、魔術師のファイ、忍者の黒鋼、記憶を失ったさくら、そして『xxxHOLiC』の主要人物でもある次元の魔女・侑子によって創られたモコナと共に次元を超えた旅を始める。一行を待ち受けていたのは、飛王の野望の為に用意された過酷な旅路であった。

Read Article

X(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

X(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『X』とは、CLAMPによって1992年から『月刊ASUKA』にて連載が開始された漫画。 劇場版やアニメが公開され、ゲーム等も発売された。不定期更新中で現段階では休止中。 劇中には他のCLAMP作品のキャラクターも登場している。 ストーリーの内容に生死の選択がありグロテスクなシーンやBL要素を含む描写もある。 主人公の神威は母の遺言により幼い頃に過ごしていた東京に戻ってきた。 神威は地球の未来を左右する運命を背負っており、幼馴染の封真や小鳥も戦いに巻き込まれていく。

Read Article

魍魎の匣(もうりょうのはこ)のネタバレ解説・考察まとめ

魍魎の匣(もうりょうのはこ)のネタバレ解説・考察まとめ

「魍魎の匣」とは、「京極夏彦」による長編小説。百鬼夜行シリーズの第二作目。2007年に実写映画化され、2008年にマッドハウス製作でアニメ化した。キャラクターデザインは漫画家「CLAMP」が担当。百鬼夜行シリーズは古本屋「京極堂」を営む陰陽師「中禅寺秋彦」が事件を解決するストーリー。「魍魎の匣」では、美少女「柚木加菜子」が人身事故に遭った所から事件が次々と起こっていく。

Read Article

カードキャプターさくら(クリアカード編)のネタバレ解説・考察まとめ

カードキャプターさくら(クリアカード編)のネタバレ解説・考察まとめ

『カードキャプターさくら』とはCLAMPの魔法少女漫画作品。ひょんな出来事から魔法少女となったさくらが身の回りに起こる不思議な出来事に立ち向かいながら成長していく物語。前編では主人公のさくらが魔法のカードを集めを完了し、すべて自分のカードにしたところで物語は完結している。本編ではその続きとして、自分のものとしたはずのカードが透明になって魔力を失い、また同時に不思議な出来事を解決する度に新たな透明の魔法のカードが現れ始めるという新たな現象を主軸に物語が描かれる。

Read Article

魔法騎士レイアース(第二章)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法騎士レイアース(第二章)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法騎士レイアース(マジックナイト・レイアース、Magic Knight Rayearth)とは、1993年11月から少女漫画雑誌「なかよし」にて連載が開始されたCLAMPによる漫画およびそれを原作としたアニメ作品。今回は第一章で主人公たち光・海・風が使命を果たした後、東京に戻ってきて再びセフィーロへ向かうところからの物語である第二章について紹介する。

Read Article

カードキャプターさくら クリアカード編(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

カードキャプターさくら クリアカード編(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「カードキャプターさくら クリアカード編」とは、CLAMPによる漫画作品、およびそれを原作としたアニメ作品。 中学に進学したさくらは、香港から帰国した小狼に再会した夜、フードを被った謎の人物と対峙する不思議な夢を見る。さくらが目を覚ますと夢の中に出てきた新たな封印の鍵を握りしめており、さくらカードは透明なカードに変化し魔力を失っていた。夢の鍵と透明なカードに導かれ、さくらの新たな物語が始まる。

Read Article

カードキャプターさくら(CCさくら)のネタバレ解説・考察まとめ

カードキャプターさくら(CCさくら)のネタバレ解説・考察まとめ

『カードキャプターさくら』は1990年代を代表する作品のひとつで、人気漫画家集団CLAMPによる漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。強大な魔力を秘めた「クロウカード」の封印を解いてしまった小学生・木之本桜が、クロウカードの守護者・ケルベロスと協力しながら、クロウカード集めに奔走する。

Read Article

『カードキャプターさくら』原作漫画とアニメの違いまとめ

『カードキャプターさくら』原作漫画とアニメの違いまとめ

カードキャプターさくらは1996年に、月刊少女雑誌「なかよし」で連載された。小学4年生のさくらがカードキャプターとして、身の回りに起こる不思議な出来事を解決していく話だ。20年経った今でも根強い人気を誇る。連載から2016年には、続編であるクリアカード編の連載がスタート。クリアカード編を機に、漫画を買った者も多い。アニメしか見たことしかない者には、漫画を読むと異なる点が多くある。カードキャプターさくらの原作漫画とアニメでの違いを解説していく。

Read Article

魔法騎士レイアース(第一章)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法騎士レイアース(第一章)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法騎士レイアース(マジックナイト・レイアース、Magic Knight Rayearth)とは、1993年に連載が開始された漫画家集団CLAMPによる漫画およびそれを原作としたアニメ作品。舞台は主人公、光・海・風が召喚された異世界「セフィーロ」。そこで世界の柱であるエメロード姫を捕らえた神官ザガートを倒すため数々の試練をくぐり抜けていく物語である。今回は漫画版1(アニメ第一章)について紹介する。

Read Article

こばと。(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

こばと。(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『こばと。』とはCLAMPによる人間界を舞台としたローファンタジー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品。花戸小鳩が「行きたい所へ行く」という願いを叶えるため、人々を癒すことで得られる傷ついた心を集めようと奮闘する物語。後半では主要人物らによる三角関係も描かれておりラブストーリーの要素も強い。純粋なこばとは様々な人々と出会うことで、今の自分にとって一番大切なものは何なのか考えるようになる。登場人物それぞれに複雑な過去があり、それらのことを踏まえて最後にこばとが何を願うのかが見どころとなっている。

Read Article

ちょびっツ(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

ちょびっツ(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『ちょびっツ』とはCLAMPによるSFラブストーリー漫画とそれを原作にしたアニメ作品。少女の容姿をしたパソコンと機械には疎い青年が織り出す恋愛模様を描いている。パソコンが人型で普及している東京で浪人生の本須和秀樹はバイト帰りにゴミ捨て場で人型パソコンの「ちぃ」を拾うがソフトが何もインストールされておらず、全てが謎に包まれていたパソコンだった。友人と共にちぃの素性に迫っていくうちに、プログラム通りに行動するパソコンとは違うChobitsという特殊なパソコンではないかという疑念が生まれる。

Read Article

テレビでは放送されなかったツバサ・クロニクルの物語

テレビでは放送されなかったツバサ・クロニクルの物語

かつてNHK教育放送で夕方の時間に放送されていたCLAMP原作の「ツバサ・クロニクル」。 しかし、結局多くの謎が解決されないまま、テレビアニメの放送が終了した。 原作漫画は28巻もあり、テレビで放送された部分はその半分にも満たない。 テレビで放送されなかった部分は、DVD化、あるいはネット配信となっている。 そんなツバサ・クロニクルの後半部分についての解説。

Read Article

東京BABYLON(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

東京BABYLON(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『東京BABYLON』とは、CLAMPの漫画及び漫画を原作としたアニメ。伝奇ファンタジー作品でありながら、人々の悩みや孤独をリアルに描き出した社会派作品とも評される。1980年代を彷彿とさせる東京が舞台。そこで起こる怪奇現象に優しい心の持ち主である皇昴流が自らも傷つきながら陰陽術を使って立ち向かっていくストーリーでとなっている。主要人物としては他に昴流の双子の姉である北都と昴流に想いを寄せている獣医の桜塚星史郎がおり、この三人の行きつく悲劇的な結末は衝撃的なものである。

Read Article

カードキャプターさくら(クロウカード編・さくらカード編)のネタバレ解説・考察まとめ

カードキャプターさくら(クロウカード編・さくらカード編)のネタバレ解説・考察まとめ

『カードキャプターさくら』とはCLAMPの魔法少女漫画作品。ひょんな出来事から魔法少女となったさくらが、封印を解かれ様々な出来事を巻き起こす魔法のカードたちに立ち向かいながら成長していく物語。主人公のさくらは毎回違うバトルコスチュームを着ていたり、魔法を発動している様子が美しく描かれたりすることから、作品作りの細やかさに定評がある。また作中には性別や年齢による立場の違いなど一般的な価値観に捕らわれない恋愛が多く登場しており、前衛的な作品とも評される。

Read Article

CLOVER(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

CLOVER(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『CLOVER』とは、CLAMPが雑誌『Amie』に1997年から1999年にかけて連載したファンタジー作品および、それをもとにした映画作品である。機械技術が発達したサイバーパンク風の世界を舞台に「クローバー」と呼ばれる特殊能力を持つ少年少女達を巡る連作長編。この世で最強の能力を持つ「四つ葉」の少女スウ、「三つ葉」の双子兄弟CとA、自分の死んだ日が分かる「一葉」の歌姫織葉、そして「クローバー」と関わる人間達の物語である。時系列は現在から過去に遡るという構成になっている。

Read Article

20面相におねがい!!(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

20面相におねがい!!(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『20面相におねがい!!』とは、CLAMPによって1989年から1991年まで『コミックGENKi』で連載された作品。 『CLAMP学園探偵団』、『学園特警デュカリオン』とともに「CLAMP学園三部作」の一つであり、シリーズ第一作目である。 「怪人20面相」の顔を持つ小学生の主人公・伊集院玲と偶然出会った幼稚園児の令嬢・大川詠心の二人を通して描かれるラブコメディ。 2012年には角川書店より愛蔵版が出版されている。

Read Article

合法ドラッグ/ドラッグ&ドロップ(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

合法ドラッグ/ドラッグ&ドロップ(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『合法ドラッグ』『ドラッグ&ドロップ』とは、主人公らが謎の依頼を解決していくCLAMPのサイキックサスペンス漫画。物語は栩堂風疾が家出をしてきて雪降る夜に街中で倒れていたところを火群陸王に助けられるところから始まる。風疾は陸王の下宿先であるみどり薬局に連れてこられたことで店主・花蛍と斎峨に出会い、住み込みで陸王と共同生活をしながらみどり薬局での仕事と摩訶不思議な依頼に対応するもう一つのバイトをし始める。謎の依頼をこなしていくとともに、風疾、陸王の抱える不吉な過去とその運命が描かれる。

Read Article

CLAMP学園探偵団(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

CLAMP学園探偵団(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『CLAMP学園探偵団』とはCLAMPの漫画及びアニメ。小学生3人が織りなす探偵コメディ漫画である。漫画は『月刊Asuka』、『ミステリーDX』で1992年1月から1993年10月まで連載。全3巻。気球で視察をしていたCLAMP学園初等部学生会会長・妹之山残(いものやまのこる)は、東京タワーの窓に涙を流している老婦人を発見。フェミニストである彼は彼女の涙の理由を解決すべく、書記・鷹村蘇芳(たかむらすおう)、会計・伊集院玲(いじゅういんあきら)を加えたメンバーで探偵団を結成する。

Read Article

魔法騎士レイアースの魔法・呪文・必殺技まとめ

魔法騎士レイアースの魔法・呪文・必殺技まとめ

『魔法騎士レイアース』とは、異世界に召還された少女達の戦いを描いたCLAMPによるファンタジー冒険漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 日本の女子中学生・獅堂光、龍咲海、鳳凰寺風の3人は東京タワーから異世界セフィーロに召還され、魔法戦士としてセフィーロを救うために戦いを始める。 セフィーロには魔法が存在しており、召還された魔法戦士やその世界に住む人々が戦いの中で使う。それぞれの属性に適した魔法があり、作中では様々な魔法の呪文や必殺技が登場する。

Read Article

新・春香伝(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

新・春香伝(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『新・春香伝』(しん・しゅんかでん)とは、CLAMPが雑誌『セリエミステリーSPECIAL』に1992年10月20日号から1994年2月20日号にかけて連載したファンタジー作品、およびドラマCD作品である。朝鮮に伝わる『春香伝』(しゅんこうでん / チュニャンヂョン)を下敷きに、武術が得意な少女春香(チュニャン)と旅人の青年夢龍(ムロン)の出会い、悪政を行う両班達に対し共に立ち向かう姿が描かれる。

Read Article

すき。だからすき(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

すき。だからすき(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『すき。だからすき』とは、女子高生・旭ひなたと臨時教師・麻生史郎の恋愛を描いたCLAMPの漫画。とある事情から一人暮らしをしている主人子のひなたは、隣に引っ越してきて更に彼女の高校の臨時教師となった麻生に好意を抱き始める。純粋無垢なひなたは想いが募ってくいくにつれてはっきりと自分の気持ちを麻生に伝えていく。しかし麻生は過去のトラウマが理由でひなたとの関係に一線を引いているのであった。最終的にクールでそっけないがどこか優しい麻生の心を開くことに成功し、ひなたの恋が実るのかが見どころとなっている。

Read Article

白姫抄(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

白姫抄(CLAMP)のネタバレ解説・考察まとめ

『白姫抄(しらひめしょう)』とは、CLAMPが光文社から1992年に出版した全編描き下ろしのファンタジー作品である。雪を司る美しい女神「白姫(しらひめ)」の伝承をもとに、プロローグとエピローグを挟み、雪の季節を舞台にした三編のオムニバスの物語が収録されている。 雪の降る中、一人の男が白い着物姿の女性と出会うところから始まる。「雪が降る日は白姫が泣いている」という白姫の伝承と共に雪の季節を舞台に人間と獣の間で起こった物語、恋人達の悲恋の物語が綴られる。

Read Article

【着物好き必見!】和服イラスト・キャラが魅力的な漫画について

【着物好き必見!】和服イラスト・キャラが魅力的な漫画について

豪華な装飾が施された洋風ドレスなんかもうっとりするほど素敵ですが、見ていて心が落ち着くのはやはり昔ながらの日本を感じさせるイラストです。今回は主に着物を羽織っているキャラクターのイラストをまとめてみました。尚、筆者の好みによる偏りがあるのでそのへんはご了承ください。

Read Article

カードキャプターさくら クリアカード編(第22話『さくらの透明なカード』)のあらすじと感想・考察まとめ

カードキャプターさくら クリアカード編(第22話『さくらの透明なカード』)のあらすじと感想・考察まとめ

フードを被った謎の人物と夢で会い続けているさくらだったが、秋穂も同じ夢を見ていた。怖い夢の内容に不安になった秋穂は海渡に夢の話をする。その夜、部屋で髪を乾かしていたさくらは、外に気配を感じる。窓を開けるとそこには、夢で会ったローブを着た謎の人物が立っていた。 今回は「カードキャプターさくら クリアカード編」第22話『さくらの透明なカード』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

カードキャプターさくら クリアカード編(第9話『さくらのドキドキ水族館』)のあらすじと感想・考察まとめ

カードキャプターさくら クリアカード編(第9話『さくらのドキドキ水族館』)のあらすじと感想・考察まとめ

父から貰ったチケットで、小狼をお出かけに誘ったさくら。クロウカードを集めた時にウォーティのカードを捕まえた水族館にやってきた。水族館のカフェでは桃矢がアルバイトをしていた。鉢合わせたことで、小狼と桃矢が睨み合い気まずい雰囲気になってしまう。その時、水槽で異変が起きる。 今回は「カードキャプターさくら クリアカード編」第9話『さくらのドキドキ水族館』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

カードキャプターさくら クリアカード編(第10話『さくらとねむりのラビリンス』)のあらすじと感想・考察まとめ

カードキャプターさくら クリアカード編(第10話『さくらとねむりのラビリンス』)のあらすじと感想・考察まとめ

父も桃矢も家にいないある夜、秋穂がさくらの家に遊びに来た。夕飯を一緒に食べて二人で過ごしていると、秋穂が突然眠ってしまった。近くでカードの気配を察したさくらは、秋穂のためにも必ずカードを捕まえると決意する。 今回は「カードキャプターさくら クリアカード編」第10話『さくらとねむりのラビリンス』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

カードキャプターさくら クリアカード編(第20話『さくらと虹とおじいさん』)のあらすじと感想・考察まとめ

カードキャプターさくら クリアカード編(第20話『さくらと虹とおじいさん』)のあらすじと感想・考察まとめ

小狼と出かけるため朝からお弁当を作るさくら。そこに知世の母である園美から電話があり、曾祖父の真嬉が会いたがっていることを伝えられる。急きょ、さくらは小狼と二人で曾祖父を訪ねるのだった。 今回は「カードキャプターさくら クリアカード編第20話『さくらと虹とおじいさん』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

カードキャプターさくら クリアカード編(第21話『さくらと鏡と思い出の鍵』)のあらすじと感想・考察まとめ

カードキャプターさくら クリアカード編(第21話『さくらと鏡と思い出の鍵』)のあらすじと感想・考察まとめ

ケルベロスと月は、エリオルの魔法陣で対話していた。エリオルの調べで海渡が魔法協会から魔法具を持ち出したことが明らかになるが、海渡の魔法で通信を遮断されてしまう。一方、真嬉の家から戻ってきたさくらと小狼は、家や表札などが鏡のように反転している事に気づく。 今回は「カードキャプターさくら クリアカード編」第21話『さくらと鏡と思い出の鍵』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents