【進撃の巨人】ジャン「深夜の密室で」【厳選名作SS】

進撃の巨人の厳選名作SSを掲載しています。訓練中、土砂崩れに巻き込まれて足を負傷してしまったミカサ。サシャと共に山小屋で休んでいたところ、ジャンとベルトルトが小屋に入ってきて…。

ジャン「深夜の密室で」

出典: 1.bp.blogspot.com

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 01:09:38 ID:6Ch3aTOQ

ザアアア…

バシャバシャバシャ

サシャ「ミカサ、しっかり! ほら、小屋につきましたよ!」ガチャ

ミカサ「…ごめんなさい、サシャ…わたしは重たいのに…」

サシャ「狩りで重いもの担いできましたし、なんてことないですよ! さあ、ミカサ、早く横になってください」

ミカサ「ありがとう…でも、もう平気」フラ

サシャ「無理しないでくださいね? でも、意識が戻ったので、ひとまず安心しました…。土砂崩れに遭って、
気を失っているミカサを見たときは心臓止まるかと思いましたよお」

ミカサ「いっしょに土砂崩れにあったのに、無傷なサシャはすごい」

サシャ「運がついてたみたいです。…」ブル

ミカサ「もうすぐ春だけれど、まだまだ寒い…、服を全部脱いでしまおう、サシャ」ヌギ

サシャ「ええっ、うー…ちょっと恥ずかしいですね…」

ミカサ「下着まで濡れているから、仕方がない。幸い、部屋の隅に大きめのタオルがある。アレにくるまろう」ヌギヌギ

サシャ「あ、本当ですね。ラッキーです」ヌギ

ミカサ「それに、もう日が暮れる。今はまだ辛うじて相手が見えるけど、真っ暗になれば、服なんて関係ない」ヌギヌギ

サシャ「そうですね。…」ジッ

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 01:10:22 ID:6Ch3aTOQ

ミカサ「…なに?」

サシャ「いえ、改めて見ても…すごい腹筋ですよね。そして意外と胸もあります」

ミカサ「胸というか、これは…胸筋? 単純な大きさなら、あなたのほうがあると思う」

サシャ「そうですか? 支給品のサイズはミカサの方が大きかったはずですけど…。
…なんだか、ミカサと二人だけで、こんな女の子っぽい会話したのって、初めてですね」

ミカサ「そうね。…丸3年もいっしょにいたのに」

サシャ「早いですね。もう解散なんて」

ミカサ「そうね…あなたは将来、」

ガチャ

ベルトルト「ジャン早く中に…、」ピタ

ジャン「悪いなベルトル…」ピタ

ミカサ「…」

サシャ「…」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 01:13:55 ID:6Ch3aTOQ



ザーザー

ジャン「はあ…」

ベルトルト「…着替えが終わるまで、軒先で待機だから…。…この間に、ジャンの脚の怪我を治療しよう」ゴソ

ジャン「え? ああ、うん…悪いな」

ベルトルト「脚、出してくれ」

ジャン「ああ…骨折、はしてねーよな?」グイ

ベルトルト「捻挫かな…固定しよう」ビーッ

ジャン「悪いな…」

ベルトルト「土砂崩れにあったんだから、仕方がないよ」ブチッ シュルシュル

ジャン「…本当に、何やってんだ…。こんな、評価にもならない行事で、脚痛めちまうなんて…、
その上…」

ベルトルト「…解散式まで1週間あるんだ、治るよ」ギュッ

ジャン(…。しかも、これからミカサと小屋で過ごすなんて…どうすりゃいいんだ)ハアー

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 01:18:23 ID:6Ch3aTOQ



サシャ「お待たせしました」ガチャ

ミカサ「さっきはごめんなさい。驚いてジャケットを投げつけてしまって」

ベルトルト「イヤ、…アレでうまいこと視界が遮られたよ…」

ベルトルト(二人共、肩と脚がむきだしだ…タオル巻きつけただけだから当たり前か。
あと、サシャが髪を降ろして別人みたいだ)ドキドキ

ジャン「つーかこっちこそ悪い、ノックするべきだったな」

サシャ「鍵かけ忘れたこちらの責任ですよ…はい、これお二人の」

ジャン「ん?」

ベルトルト「えっ」

ミカサ「? その服、全部脱がないと。小さめのタオルしかもうないんだけれど…許して欲しい」

サシャ「わたしたち、後ろ向いてますからね。…さすがにこの格好で外にでるのは、勘弁してほしいんですが…」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 01:22:01 ID:6Ch3aTOQ

ベルトルト「…イヤ、僕は、このままでも「ダメですよ!」

サシャ「二人共、憲兵団に入ることが決まってるようなものじゃないですか! そんな大事な時期に、風邪をひいて
将来に影響がでたらどうするんです!?」

ベルトルト「わ。わかった。脱ぐよ」(巨人化の能力で、風邪なんかすぐ治せるんだけどな)

ジャン「つーか、サシャだって、憲兵団に入るだろ。…違うのか?」

サシャ「あー、それはですね…。…」

ミカサ「とにかく、早く脱いで。濡れ鼠のあなたたちを見ているだけで寒い。はい、バンザイをして」グイ

ベルトルト「え、ええーっと」バンザイ

ジャン「ベルトルト、バンザイしてんじゃねーよ! ミカサも、お母さんかなにかかよ…」モゴ

ミカサ「…。ベルトルト! 早く脱いで」

ベルトルト(…?)「い、イヤ。自分で脱ぐよ。あっちを向いていてくれ」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 01:27:25 ID:6Ch3aTOQ



サシャ「完全に日が暮れてしまいましたね」

ミカサ「真っ暗で何も見えない…。サシャとくっついて暖をとっているから、彼女がどこにいるかはわかるけど」

ジャン「…」

ベルトルト「ジャン、ごめんね僕で…」

ジャン「え? いや、お前体温めちゃくちゃ高いし…人間ゆたんぽだな」

サシャ「そんなに温かいんですか? お邪魔していいですか?」

ベルトルト「駄目です」

ミカサ「そっちも、土砂崩れに巻き込まれたの。怪我は?」

ベルトルト「ジャンが脚を痛めてしまった。もう処置はしたけどね」

サシャ「ベルトルトは? 無傷なんですか?」

ベルトルト「ああ、まあ」

ジャン「こいつ、タフだよな。俺を庇ってくれて、それで無傷なんだよ、…本当、ひどい状況だったんだぜ。…俺、コイツに
庇われなかったらマジで死んでたかもな」

ベルトルト「イヤ…身体の面積が大きいから、衝撃が小さいのかな」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 01:30:02 ID:6Ch3aTOQ

サシャ「そうなんですか…。わたしも、ミカサに庇われました。ミカサは、それで頭を打って気を失って」

ジャン「えっ! 大丈夫なのかよ、…ミカサ」

ミカサ「…別に平気」

サシャ「脳震盪を起こしていたんですかね。意識を取り戻してくれて、よかったです」

ベルトルト「サシャは無傷だったのか?」

サシャ「はい。山育ちですから、こういう災害ごとは慣れているんです。とはいえ、傷がなかったのは
ラッキーでした。ついてます!」

ジャン「まあ土砂崩れにあった時点で、相当な不運だけどな…俺たち全員」

ベルトルト「これ、評価つかない行事だしね…」

ミカサ「ええ…年度末恒例行事、通称『歩行祭』」

サシャ「それぞれのペアの成績に合わせたコースを、立体機動装置なしで歩いて戻ってくるだけっていう、地味~な行事ですよね」

ジャン「その地味~な行事で怪我してんだから、笑えるよな…。しかし、この様子じゃ、朝までに帰り着くのは無理だな」

サシャ「104期、全員ゴールはできないってことですね…」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 01:31:06 ID:6Ch3aTOQ

ミカサ「わからない。救助がくることも考えられる。明日の朝8時までに帰れば合格だから…まだ希望はある」

ジャン「明るくなりゃ、ここがどこだかもわかるんだがな」

サシャ「そうですね…」

ミカサ「落ち込んでも仕方がない。…考えたら、こんなふうに、何もしないで過ごす時間っていうのは、ずいぶん久しぶり」

ベルトルト「そうだね…。解散を前にして、最終試験や実習が山積みだったし」

ジャン「最終成績にモロに響くから、妙に緊張してたよな、訓練所全体がよ」

サシャ「やることがない、っていうのも良いですね…。わたしはそういう時間の過ごし方も好きです」

ミカサ「わたしも、どちらかといえばそうかも…。ただ、今はエレンの無事が気がかり。怪我さえしなければ、
エレンのもとに駆けつけられるのに…」

サシャ「あ…す、すみません、ミカサ」

ミカサ「あ、いや。サシャを責めたりはしてない。ただ、不思議なだけ…。反射的に、身を呈してエレン以外を守ったことが」

ベルトルト「…」

ジャン「しかし、なにをするかな。まだ日が暮れたばかりで、眠くもないぜ」

ベルトルト「そうだね。…こうやって、雨の音を聞いてるだけっていうのも僕は好きだけど」

ミカサ「そうね…」

サシャ「なんだか落ち着きます…」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 01:35:07 ID:6Ch3aTOQ

ジャン「お前ら…天然? っつか、おっとりしてるよな、なんか。言い方悪いが、兵士らしくないっていうか。それで成績優秀なんだから、
たいした実力だよ」

サシャ「わあ…ジャンに褒められました。雨がもっとひどくなりそうです」

ジャン「オイ、馬鹿にしてんのか」

ベルトルト「…ジャンは、すごいリアリストだよね」

ジャン「まあな。内地で楽な暮らしをする! これだけ考えて3年周りを蹴散らしてきたんだ。
後1週間で目標が達成されると思うと、気分がいいぜ!」

サシャ「正直者過ぎというか…可愛げがないのが可愛いですよね、ジャンって」

ジャン「さっきから…サシャ、俺はお前に喧嘩を売られてるのか?」

サシャ「いえ? 素直に言っているだけです」

ジャン「ああそう…お前さ、浮き足立ってるな? いつも以上に突拍子がねえ…この状況を楽しんでんのか」

ベルトルト「ねえ…ジャンって昔から、こういう性格なの?」

ジャン「…んん、お前もちょっと楽しんでんのか、ベルトルト。なんなんだ急に?」

サシャ「急じゃありませんよ。さっきからジャンの話題です。ねえ」

ベルトルト「そうだよね」

ジャン「なに波長あわせてんだよ…。イヤそれは結構だが、俺にマジレスしまくるのはやめてくれ、疲れる…」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 01:37:16 ID:6Ch3aTOQ

サシャ「ミカサも、ジャンに興味ありますよね?」

ベルトルト「…!」

ジャン「…」

ミカサ「…。サシャ…。あなた、タオルがはだけている」

サシャ「ええっ!? あわわ、いつの間に…失礼しました」

ミカサ「急に救助が来て、おもむろにランプで室内が照らされる…、というのもお約束の展開なので、警戒して
おいたほうがいい」

ベルトルト「ミカサ、指摘はいいけど、そういう話はこっそりやってね…なんかいたたまれないから…」

ジャン(ミカサ…、露骨に俺を避けて…。…当たり前か。…まだ怒ってんだよな)

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 01:39:11 ID:6Ch3aTOQ

…回想、数日前

ジャン「み、ミカサ!」

ミカサ「ジャン。どうしたの、こんなところに呼び出して」

ジャン「…イヤ、その…大したことじゃねーんだけど」

ミカサ「? ジャンの歯切れが悪いなんて珍しい…なにかあったの?」

ジャン「お、おう。あーーー…あのさ、…お前って、恋人とか、欲しいと思ったりしねーのか?」

ミカサ「…」

ジャン「…」ドキドキ

ミカサ「…そういう話?」

ジャン「!」

ミカサ「ジャン。悪いけれど、今は試験ばかりで忙しくって、そんなこと考える余裕なんてない」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 01:41:12 ID:6Ch3aTOQ

ジャン「あ…ああ、…けどよ、もう10日で解散式じゃねーか。そうしたら…」

ミカサ「だからこそ。ジャンも遊びのことを考えるより、憲兵に行く準備をしたほうがいい」

ジャン「待てよ、返事はしてくれ。恋人は欲しくないってことだな?」

ミカサ「欲しくないし、あなたをそういう対象に見ることもできない。話はそれだけ? わたしはやることがある、ので」

ジャン「…っ、なんだよその態度…」

ミカサ「…なにを怒っているの?」

ジャン「俺はな! 俺は、このことを3年ずっと考えてたんだぞ! それをお前…っ」

ミカサ「怒りたいのはこっち。今はそんなこと考えたくないの。…そんな情けのない顔を見せないで」

ジャン「あー悪かったな! こんなことなら言うんじゃなかったよ!」

ミカサ「わたしだってこんな話聞きたくなかった、じゃあね」クル

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 01:44:12 ID:6Ch3aTOQ



ジャン(あのときはカッとなっちまったけど…考えたら、ナーバスになりやすい時期に、勝手に
思いをぶつけた俺も悪かった)

ミカサ「…」

ジャン(…許してもらえねーまま、解散するのは嫌だ…。謝るなら、今しかない…うーん…)

ミカサ「…。昔から…といえば、ベルトルトは昔から大人しかったの?」

ベルトルト「え?」

ミカサ「…ジャンより、わたしはあなたのほうが興味がある」

ジャン(…)

サシャ「?」

ミカサ「ほとんど話したことがなかったから」

ベルトルト「ああ…そういえば、そうだね。僕ら、話しかけるタイプじゃないもんね」

ミカサ「そう。ライナーとエレンを介して、同じ空間にいることは結構あったけれど…二人でちゃんと話すのは
初めてかもしれない」

サシャ「訓練所はたくさん人がいますから、特に異性だとそういう人は結構いますよね…。今思うと、
もったいないことしました」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 01:46:14 ID:6Ch3aTOQ

ミカサ「サシャはよく話してるほうだと思う。あなたは目立つ子だから。みんなにいじられていた」

ベルトルト「愛あるいじりってやつだね」

サシャ「そういえば、ミカサはよくエレンが騒いで教官に見つかったとき、わたしを買収して身代わりにしてくれましたよね…」ムム

ミカサ「そんなこともあったかもしれない…。それで、ベルトルト」

ベルトルト「あ、うん」

ミカサ「前、ライナーが言っていたの。ベルトルトは、子供の頃は結構おしゃべりな子だったって。本当なの?」

ベルトルト「…ライナー、そんなこと言っていたのか。どうだろう。自分じゃわからないな」

サシャ「言われてみれば、ベルトルトって結構ミステリアスですよね。子供の頃、なにして過ごしてたんですか?」

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 01:49:43 ID:6Ch3aTOQ

ベルトルト「…ええっと…、家畜の世話…とかかな…」

ジャン「お前は、村育ちなんだっけ? 親は家畜を飼ってたのか」

ベルトルト「う、うん」

ミカサ「ベルトルトは子供の頃、動物と過ごしていたの。羨ましい…。なにを飼っていたの?」

ベルトルト「牛、とか、鶏…かな」

サシャ「牛を飼っていたんですか? いいですね…搾りたての牛乳は美味しいと聞きました。本当なんですか?」

ベルトルト「そ、そうだね。街ででまわっているのよりは、新鮮でおいしいよ」

ジャン「ベルトルトは、その牛乳ででかくなったって訳か。で、近所に可愛い女の子はいたのかよ?」

ベルトルト「ええっ!? い、いないよ…。う、家の近い子はライナーだけだったから…」

ジャン「へえ~…。オイオイ、これくらいで動揺してんじゃねえよ。なんか、珍しいもの見れた気分だ」ニヤニヤ

ベルトルト「僕は、見世物じゃないんだけど…」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 01:51:02 ID:6Ch3aTOQ

ジャン「うるせえ。お前もいじられる側を経験しておけ。憲兵いったら、きっとそんなことばっかだぞ」

ベルトルト「そうだね…」

サシャ「この流れのまま、聞いちゃいましょうか。ジャンは、どんな子だったんですか?」

ジャン「俺か…。俺は、学校とか習い事に行ってたな。今思うとかなり裕福だ。当時はめんどくせえって思ってたけどな」

サシャ「そんなものですよね。わたしも、今思うとお父さんに迷惑かなりかけてました…」

ミカサ「サシャは、お父さんに認めてもらうのが目標なのよね」

ベルトルト「そうなんだ。憲兵行きが決まったら、すぐに手紙を出したらいいよ。解散式の後にでも。きっと、喜ばれる…」

サシャ「…でもそんな不純な動機で、将来を選んでいいんでしょうか…」

ジャン「別に不純じゃねーだろ。確固たる意思を持って憲兵いく奴なんて、そっちのが珍しいぜ。マルコくらいだ」

サシャ「…そうですね。ジャン、励ましてくれているんですか?」

ジャン「ぐ…。お前らがマジレスばっかするから、うつっちまったんだよ…」

ベルトルト「あれ、僕もジャンが可愛く見えてきた…」ハハ

サシャ「ね! ジャンは可愛くな可愛いです」

ジャン「クソ。勝手に言ってろよ…」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 01:52:45 ID:6Ch3aTOQ

ベルトルト「っはは…、ミカサは、どんな子だったんだ?」

ミカサ「わたし? わたしは…お父さんとお母さんと、野菜を作って暮らしていた。たまに、お父さんが動物を
仕留めてきてくれたり…」

サシャ「へえ…」

ベルトルト「山育ちなんだね」

ミカサ「そう。と、言っても、村みたいな集団の中にいた訳じゃない。完全に、孤立した場所で育ったから…。
あなたたちが羨ましい」

ベルトルト「…世間から隔離された環境っていうのは、ちょっと寂しいよね」

ミカサ「ええ。ずっと友達が欲しいと思いながら暮らしていた…。お父さんとお母さんは大好きだったけれど」

ベルトルト「お父さんとお母さん、やさしかったんだ」

ミカサ「すごくいい人たちだった。家族の大切さ…というのは、あの人たちから学んでいるんだと思う」

ベルトルト「そっか」

ミカサ「家族は命を呈しても守るもの。そういうものだと身をもって教えられた。あ…もしかしたら、今日のことを考えると…。
わたしは、同期のあなたたちを家族のように――― !」コツ

サシャ「すー、すー」カク

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 18:07:36 ID:6Ch3aTOQ

ミカサ「…サシャが寝てしまった」

ベルトルト「はは。静かにしていようか」

ジャン「…ああ、そうだな…」

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 18:08:28 ID:6Ch3aTOQ



サシャ(…? あれ、ここはどこでしょう… !)

エルヴィン「いやあ、君はすばらしいよ、ミカサ・アッカーマン。君は将来の調査兵団を担う逸材だ!」

サシャ(! あれは…調査兵団の団長さん)

ミカサ「ありがとうございます、エルヴィン団長。光栄です」ビシッ

エルヴィン「エレン・イエーガーを守るためならば、どんな命令も聞くという、その覚悟! まさに調査兵の鏡だ。
わたしは君のような兵士を求めていたんだよ。末永く、よろしく頼むよ」

ミカサ「ハッ」

サシャ(わあ…! ミカサ、さすが、期待されてます! そうですよね、あの実力と覚悟があるんですから。すごいな~)

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 18:11:37 ID:6Ch3aTOQ

ナイル「…お前たちが、今期の憲兵団配属の新兵か…」

ジャン・ベルトルト「ハッ!」

サシャ(あっ、あちらでは、憲兵団の師団長さんと、ジャンとベルトルトが話をしています! 憲兵団の団服、かっこいいなあ。二人に似合ってます)

ナイル「憲兵団は王の楯だ…。貴様らにその覚悟があるのか、言ってみろ! 貴様らは何ができる!?」

ジャン「ハッ! 僭越ながら、私は立体機動の技術では、キース教官に確固たる評価を頂いでおります!
王にもしものことがあれば、私の立体機動で命を呈してお守りします!」

ベルトルト「私は、全ての分野で上位の成績を残す能力を有しております! どのような状況でも、
臨機応変に対応しうると自負しております。いずれの事態においても、必ずお役に立てます!」

サシャ(わあ~…二人とも、優秀ですものね! そう言うだけの実力と覚悟があります! すごく努力されてましたし)

エルヴィン「素晴らしい、さあ、共に戦おう!」

ナイル「よし、付いてこい!!」

ミカサ・ジャン・ベルトルト「ハッ!」

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 18:15:02 ID:6Ch3aTOQ

サシャ(あ…3人とも、行ってしまう。そういえば、わたしはどこの配属にしたんですっけ? エンブレムは…)

サシャ「…え」

サシャ(訓練兵団の、エンブレム…? そんな、なんで? 3人は、あんなに立派に憲兵や調査兵になっているのに…!)

スタスタスタ

サシャ「あ、あの、待ってください、3人とも! わたしもいっしょに…っ」

サシャ(脚が、脚が、動かない! どうして!? 置いていかれてしまう!! 誰かが脚を掴んでるん…っ、!?)

サシャの父親「お前は訓練兵団にいたいんやな?」

サシャ「ひっ! お…お父さっ…」

サシャの父親「よかったなあ、願いが叶って、一生、訓練兵か。…この、臆病者の、恥さらしめ。一生、村に帰ってくるな」

サシャ「ち、違…っわたし、そういうつもりじゃ…っ」

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 18:19:46 ID:6Ch3aTOQ



サシャ「わああああ!」ガバ

ミカサ「さ、サシャ?」

ベルトルト「ひっ…!?」

ジャン「な、なんだ?」

サシャ「アレ…? ミカサ…っ、調査兵団に行ったんじゃ…、嫌、嫌…っ」グスッ

ミカサ「…怖い夢を見たの? 大丈夫、わたしはここにいる」ナデナデ

サシャ「ミカサあっ」ギュ

ジャン「び、びびらせんなよ…」

ベルトルト「…はは…、…。僕、ウトウトしてたみたいだ。今のでやっと目が覚めた…」ゴシゴシ

ジャン「真っ暗だから、眠くなるよな。それに黙ってたら起きてるかも分かりゃしねー。まあ、眠いなら、寝ろよ」

ベルトルト「…すまない、最近、寝不足だったから…、…」コクッ

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 18:23:52 ID:6Ch3aTOQ

グロ描写注意


ヒュウウ…

ベルトルト(…ん? ここは…壁の上? そうか、僕は巨人に…って、ええ? 作戦決行までは、まだ
1週間はあったはずじゃ…っ、いつの間に!?)

ベルトルト(イヤ…任務を遂行しなくては。ライナーとアニと故郷のためだ、僕はやるぞ!)

ハナセ… バケモノメ…

ベルトルト(! …誰かを右手に掴んでいるのか。!!)

ジャン「このッ…化物め、手を離しやがれ…っ!」

ベルトルト(ジャンを、右手で掴んでいる! ど…どうしたら)グッ

ジャン「ぐああッ!! このまま、握りつぶす気か…! ベルトルト…いや、この悪魔め、こんなことならお前に優しくしたりするんじゃ
なかった!! 信じられねえ、どうせ罪悪感なんかなかったんだろ…!? 人でなしの嘘つきめ!!」

ベルトルト(い、いや、違う、違う…! そんなつもりじゃ…)ググ

ジャン「ああああッ、痛い、潰される、殺される! このッ…人類の仇め、人間ぶりやがって、化物が! お前を信じた
自分が憎いよっ、死んじまえええ!! あああぁぁッ」グチュッ ブチュ

ベルトルト(ひっ…嫌だ、嫌だ嫌だ! ジャンを殺してしまった! そんな、あああ…、!?)

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 18:27:22 ID:6Ch3aTOQ

キャアアア… ジンルイノカタキ…!

サシャ「いやあああっ!! 死にたくないです、握りつぶされるううっ、助けてくださいいっ」

ミカサ「ぐう…ッ、離せ、ズタズタに削いでやる! この、大量殺人鬼め…!!」

ベルトルト(ひ、左手にはミカサとサシャが!? あ、ああ、勝手に手に力が…! 嫌だ、僕は殺したくない!)グググ…

サシャ「きゃあああっ、ごめんなさいごめんなさいごめんなさいい!! わたし、なにかしたんですか!?
お願いですベルトルト、殺さないでっ、やだああ怖いよおっ!! ベルトルト助けてえっ!!」

ミカサ「ぐああ…ッ!! くそ、エレンを、エレンを殺させはしない!! 刺し違えてでもお前を殺す!!
殺す殺す殺す、今ここで、うなじを削いで、ころ…っ!!」ギリイッ

グチュ、ポキッ

サシャ・ミカサ「…」クタッ

ベルトルト(あ、あああ…そんな、彼女たちに、なんの罪が…、!)ハッ

ライナー「オイ、こっちだ!」

ベルトルト(~~ライナー! 後ろから見ていてくれたんだ! そうだよね、これは戦士の任務だから、仕方がな―――)クル

ライナー「仲間の仇! 今ここで、兵士の俺が項を削ぐ!!」ビュウッ

ベルトルト(え。…あ、あはは、ライナー、完全に兵士になっちゃったの? どうしよう、殺される、そんな、そんなそんなそんな――)

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 18:31:03 ID:6Ch3aTOQ



ベルトルト「うああああっ!!」ギュウウウ

ジャン「ぐああああ!! 痛い、痛え、キマッてるうう!!」バンバン

サシャ「ひっ!?」

ミカサ「な、なに? なにが起きたの」

ベルトルト「うぐ、ひっく、あれ? ジャンっ…?」ギュウウ

ジャン「関節外れちまうからああああ!! ギブギブギブ、離せ、力を抜けえ!!」

ベルトルト「はっ! あ、ああ、ごめん!」パッ

ジャン「うぐっ、はあ、はあ…、お前、自分の筋力考えろよ…ッ」ハアハア

ベルトルト「…ほ、本当にごめん、ジャン」

サシャ「ベルトルトは寝相が悪いと噂に聞いてましたけど…、生で聞くとすごいですね」

ミカサ「今、真っ暗闇なのが、本当に残念…。ベルトルトはどういう技を使っていたのか見たかった…」

サシャ「まったくです」

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 18:34:29 ID:6Ch3aTOQ

ジャン「はあ…、お前らといると、本当に心臓に悪いよ。…で、大丈夫なのか? すげーうなされようだったけど」

ベルトルト「えっ。…あ、ああ、イヤ、大した夢じゃないから、気にしないでくれ、ジャン」

ジャン「いやそう言われてもな…お前の苦しみっぷり、半端じゃなかったぞ」ヨシヨシ

ベルトルト「イヤ、本当に、本当になんでもないよ…。だから、そんな、気をつかわなくっていいよ…」グス

ジャン「うーん…」ナデナデ

ミカサ「ベルトルト、大丈夫?」

サシャ「あなたが泣いてるのなんて、初めてみました…。よほど、怖い夢を?」

ミカサ「ねえ、泣きたいと思ったら、我慢をしない方がいい。カルラさん…エレンのお母さんも、
よくそう言っていた。ストレスを溜め込むと、いつか爆発してしまうと。
…幸い、ここは暗闇だから…あなたが泣いても、誰も分からない」

ベルトルト「っ、へ、平気、…!!」グズッ

ジャン「はあ…お前、案外繊細だよな、でかいくせに」ヨシヨシ

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 18:38:14 ID:6Ch3aTOQ

ベルトルト(泣き止まないと。おかしいと思われる! とにかく、口を抑えて…っ、なんで、こんなに泣いたこと、最近なかったのに!)ボロボロ

サシャ「もう、わたしたち、同期で、仲間なんですから。そんなに気を使わないでいいのに」

ミカサ「…ふふ、可愛いところがあるのね、ベルトルト」

ベルトルト(…、…後一週間、後一週間で、みんな死ぬのか。イヤ違う、あんなふうに、僕が…)ボタボタ

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 18:42:42 ID:6Ch3aTOQ



ジャン「…。雨の音、すげーな」

サシャ「そうですねえ。水の音がずっとしてます。ベルトルトが鼻をすする音なんて、紛れてわかりません」

ベルトルト「ご…ごめん…」ズズ(恥ずかしくって死にたい…)

ミカサ「ベルトルトも疲れていた、ということ…。さっきも話したけれど、最近のスケジュールはハードだった」フア

サシャ「ですね。その中で、この『歩行祭』ですから」

ジャン「『歩行祭』。…煩わしかったよなあ、これ。1、2年目のとき」

サシャ「はい…。サボりたいと何度思ったことか!」

ジャン「評価にならない、おまけに忙しい時期にぶちこんでくる。
なぜかこの訓練所じゃ、『参加するのが当然』って空気があって、俺たちは毎年参加していた訳だが…」

サシャ「欠席したら、先輩に目をつけられるって話でしたからね。それが怖くて、歩いたようなものですよ、1年目なんて!」

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 18:46:31 ID:6Ch3aTOQ

ジャン「ああ。…1年目か。俺、そんなふうに馬鹿にしながら歩いててよ、先輩を見かけたんだ…。たぶん、そのとき3年目だった人たち」

サシャ「思い出話ですか? ええっと…102期の人たちですね」

ジャン「ああ。その人らがさ、どっか怪我したらしくて…。教官が、リタイアしろって止めてたんだ。
で、先輩は、嫌だ、102期は全員ゴールするんだ、とか言っててよ。俺、完全に馬鹿にしてたんだよな」

サシャ「はい」

ジャン「そのくせ、俺もこうやって3年目に無茶して怪我してる。なんだかなと思ってさ。周りの馬鹿が移ったのか」

サシャ「それ言ったら、庇ったミカサやベルトルトも馬鹿になっちゃうじゃないですか…。
うーん、兵士らしくなったってことじゃないですか。正直すぎだったジャンも」

ジャン「入団式で芋食ってたやつに言われたくねーよ」

サシャ「あ、あれは忘れてくださいよ…」

ジャン「…」

サシャ「…」

ジャン「…ハハっ」プハッ

サシャ「ふふふ、…ミカサとベルトルト、寝ちゃったみたいですね…」クスクス

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 18:51:15 ID:6Ch3aTOQ

ピカッ ゴロゴロ

サシャ「わあっ!!」

ジャン「…なんだよ、お前、雷怖いのか? 自然災害は慣れてんじゃねーのかよ」

サシャ「うう…こればっかりは、いくつになっても怖いんです」

ジャン「こればっかり、ね。…お前、案外怖がりじゃねーか。他のことでもよ」

サシャ「…生まれつきです…。兵士らしくないですよね…本当に…」ハア

ジャン「? なんだ、落ち込んでんのかよ」

サシャ「ジャン、わたしを兵士らしくないって言いましたけど、その通りかもしれません…。
わたし、お父さんに言われて、反発するみたいに訓練兵になって訓練して…。その実、なにをしたいか、
いまだにハッキリしないんですよね」

ジャン「多いだろそんなヤツ」

サシャ「まあ、ジャンが落ち込ませたんですから、聞いてください。

わたしは憲兵団を目標にしていました。でもそれは、まわりのみんながそうしていたからってだけなんです…。
ジャンやミカサやベルトルトが、自分の目標を持って頑張っている横で、
わたしはみなさんの真似をして浮かないようにするだけで精一杯でした。とにかく、話し方が違うくらいの
閉じた世界しか知りませんでしたから。
まあ、それでも、大概浮いてたんですけど。やさしい人たちばかりで助かりましたね。

…と、まあ、その結果が、今のわたしです。いい年して、なにをするかが決まってないんですよね」

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 18:53:26 ID:6Ch3aTOQ

ジャン「ふーん。サシャはどうしてーんだよ」

サシャ「わたしは…。憲兵団にも、調査兵団にも、駐屯兵団にも行きたくないです」

ジャン「イヤ、どの兵団がいいか、じゃなくてよ。なにをしたいんだ? って聞いてんだけど」

サシャ「えー…とですね。わたしはこのままみなさんといっしょにいたいです。
…まあ、みんな、目標に向かってバラバラになるんですから、無茶ですけどね」

ジャン「そうか。サシャは104期といっしょにいたいのか。…」

サシャ「はい…」

ジャン「うーん。選択肢は、3つだけじゃねーぞ。アルミンなんかは技工部に誘われてるって話だ。
お前にしかできない仕事もあるんじゃねーか。少なくとも、俺はお前くらい同期のことを
考えてる兵士は見たことがねーよ」

サシャ「イヤ、そんな…言い過ぎです。わたしは、来週から、まともに生きていけないかもしれないのに。
アルミンみたいに、確かな才能とそれに対する評価がある訳じゃないんです」

ジャン「あのよ、お前俺が気を使って、月並みな励ましをするようなヤツだと思ってるのか? 俺は、お前も
アルミンと同じ、何か特別なものを持ってるってタイプの天才型だと思ってたよ。それを突き詰めることも、
立派なことだと思うぜ」

サシャ「ジャン…」

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 18:54:35 ID:6Ch3aTOQ

ジャン「…」

サシャ「…すいません。わたしを思ってくれているのはありがたいんですが、さっきから鳥肌が…」ゾワゾワ

ジャン「あー、部屋の中は寒いからなあ! クソ、勝手にしろよ! 俺は自分のために話したんだからな!」ワー

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 20:32:35 ID:6Ch3aTOQ



ベルトルト「…ん? アレ、もしかして僕、また寝てた?」

ジャン「もしかしなくても寝てたよ。つっても、20分くらいだけど」フア

ベルトルト「ごめん…君も眠いだろ。交代しよう」

ジャン「ああ…。でも、今は寝相が良かったな。いっぱい泣いてスッキリしたのか?」ハハ

サシャ「期待していたんですけどね、寝相。ジャンに実況して貰おうと思って。残念です」

ジャン「さっき俺が命懸けで実況したってのに、まだ足りねーのか? …生きてこの小屋をでれるか
わからねーよ、そんなペースで締められたらよ」

ベルトルト「僕の寝相ってそんなにひどいのか…」

サシャ「ジャンが涙目になるくらいにはひどいです」

ジャン「なってねーから」

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 20:34:48 ID:6Ch3aTOQ

サシャ「女の子の間でも評判でしたよ。天気占い。ベルトルト、アレはどういうシステムなんですか…?」

ベルトルト「僕が聞きたいんだけど…」

サシャ「ベルトルト7不思議の1つですね」

ベルトルト「後6つもあるの…?」

サシャ「あります。特に不思議なのは、やたら怪我や病気をしないってことですね」

ベルトルト「…体質かな。子供の頃から、そうなんだ」

サシャ「本当ですか…? 実はなにか秘密があるんじゃないですか」

ベルトルト「なにかって?」

サシャ「山奥の故郷の秘術とか…」

ベルトルト「イヤ…違うよ、うん。本の読みすぎだよ」

サシャ「それこそベルトルトに言われたくないですね…。…ジャン、寝ちゃったんですか?」

ジャン「…。…寝る…、お前らの緩い会話聞いてたら眠くなってきた…」スー

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 20:37:58 ID:6Ch3aTOQ

サシャ「わかりました。…で、ベルトルト7不思議の3つ目なんですけど」

ベルトルト「う、うん」

サシャ「ベルトルトって、3位なのに、かなり控えめな性格ですよね」

ベルトルト「うーん…、それこそ生まれつきだからな。成績は関係ないよ」

サシャ「言い方は悪いですが…怖がりなんですか?」

ベルトルト「そうかもね…」

サシャ「さっきもうなされて泣いてましたもんね」

ベルトルト「う…そのことは忘れて欲しい…、っていうか、君だって泣いてたじゃないか」

サシャ「うっ。そうですね…。お互い怖がりってことでしょうか」

ベルトルト「そうなっちゃうね…」

サシャ「そうすると、また不思議なことがあるんですけど。なんで、今日、こんなに無茶しちゃったんでしょう?」

ベルトルト「無茶って、土砂崩れの危険があるのに、行進したことかい?」

サシャ「はい。時間はかかりますが、迂回するべきでした」

ベルトルト「ルートが悪かったよね。そこを迂回すると、時間内にゴールすることはほぼ無理だったから」

38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 20:40:31 ID:6Ch3aTOQ

サシャ「そうですね…。怖さよりも、ゴールしたさ? が、先にたったってことですね。…あ、そういえば。やっぱり、ベルトルトは
本当は怖がりじゃないかもしれません。ジャンを庇ったって言ってたじゃないですか?」

ベルトルト「ああ…。そうかな…」

サシャ「はい。…うんうん、怖がりじゃない、立派な兵士ですね。
なんでしたっけ。座学でも、『兵士として、人の愛を尊び、仲間と支え合うべし』と習いましたし」

ベルトルト「…それは違うよ」

サシャ「?」

ベルトルト「僕はそんな立派なヤツじゃないよ。実戦で、命を狙われたら、そんなこと言ってられない。
自分の命が一番、そんなヤツだよ。子供の頃からね」

サシャ「でもさっきジャンを庇ったじゃないですか?」

ベルトルト「…」

サシャ「?」

39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 20:43:02 ID:6Ch3aTOQ



ミカサ「…、起きた」パチ

サシャ「あ、おはようございます。まだ、寝ててもいいですよ…頭を打った具合も心配ですし」

ミカサ「平気。ありがとう、サシャ。…ほどほどにしておかないと、睡眠のリズムも狂うので…起きておく」

サシャ「…あの、じゃあ、わたしが寝ちゃってもいいですか?」

ミカサ「どうぞ。わたしを背負ってくれて、疲れているはず」

サシャ「すいません、…」クークー

ベルトルト「…サシャは、細身なのに体力があるんだね」

ミカサ「本当に。もともと代謝がよくて、その上よく食べるから、摂った分のエネルギーをそのままだせているのかな」

ベルトルト「なるほど…。うらやましいな」

ミカサ「どうだろう。サシャ本人は、あれで悩んでいたよう。自分の食欲に…燃費が悪いと」

ベルトルト「いろんな悩みがあるんだね」

ミカサ「あなたは、燃費の良いタイプよね」

ベルトルト「そうだね…訓練所のご飯だけで、すくすく大きくなったからね…」

40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 20:44:46 ID:6Ch3aTOQ

ミカサ「訓練所、というか、…あなたも開拓地にいたのよね? 成長期にその環境でその体格は、もはや奇跡」

ベルトルト「ははは…」

ミカサ「もし、あなたが裕福な家の子だったら、2mは超えていたのかもしれない」

ベルトルト「この環境でよかったのかもな…。でも、君もすごいじゃないか。その筋肉。身長だって高いよ」

ミカサ「そうね…。もう少しで、エレンを超えれそう」

ベルトルト「超えたいの?」

ミカサ「複雑…」

ベルトルト「ははは」

ミカサ「男性は、やっぱり小さい子が好きなの?」

ベルトルト「僕はあんまり気にしないけど。人それぞれじゃないかな。ミカサは、エレンがすごく大きかったり、
すごく小さかったりしたとして、気持ちは、「変わらない」…だよね」

ミカサ「エレンは…エレンだから。大事な家族」

ベルトルト「そっか…」

41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 20:47:55 ID:6Ch3aTOQ

ミカサ「あなたにとってのライナーが、わたしにとってのエレンなのかも」

ベルトルト「…えっと、そうかな。なんか、急だね?」

ミカサ「なんだろう…。話していたら、わたしとあなたは、似ているところがある気がしてきて」

ベルトルト「うーん…僕はミカサみたいに優秀じゃないよ。そう言ってくれるのは、うれしいけどさ」

ミカサ「そう? わたしもあなたも、戦闘スタイルはオールラウンダーじゃない」

ベルトルト「そうだね…ミカサの下位互換だとよくいわれたよ…」

ミカサ「わたしたちは、機械じゃないのにね…」

ベルトルト「そうだね…。僕の落ち込むポイントは、そこじゃないけどね」

ミカサ「そんなあなたに質問がある」

42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 20:49:11 ID:6Ch3aTOQ

ベルトルト「うん?」

ミカサ「この土砂崩れで無傷はすごい…ので、うまい受身の取り方などについて、教えて欲しい…」

ベルトルト「え、うーん…」(本当は怪我をすぐ治しただけなんだけど…)

ミカサ「思えば、あなたはこの3年でも、みんなが怪我してしまう場面をほぼ無傷で切り抜けていた。
その技術は素晴らしいし、わたしは負けていると思う。…エレンを守るためにも、ぜひ知りたい」

ベルトルト「…運が良いだけだよ」

ミカサ「…。本当に、ベルトルトは謙虚ね」

ベルトルト「そうかな」

ミカサ「よく、エレンもそう言っていた」

ベルトルト「…。僕、エレンによく思われてなかったよね…?」

ミカサ「? そんなことはない。嫌ってはなかった。というか…無関心?」

ベルトルト「ああ、それ、すごくしっくりくるよ…」

43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 20:51:06 ID:6Ch3aTOQ

ミカサ「…エレンは、関心がない相手は、その場にいても認知しない癖がある。不快にさせていたならごめんなさい」

ベルトルト「…イヤ、いいよ…、謝られたら余計…、うん、気にしないで」

ミカサ「…あなたは、エレンを気にしていたの?」

ベルトルト「うん?」

ミカサ「あなたも、エレンに対して、無関心な方だと思っていた。というか、同郷のライナー以外に対しては、
その…無関心なんだと」

ベルトルト「そんなことはないよ…。僕、やっぱり淋しいヤツだと思われてたんだね…薄々感づいていたけど」

ミカサ「わたしも同じようなもの」

ベルトルト「…。えっと。…そうだな、僕はエレンを気にしていたよ。僕と真逆に見えたから。それでかな」

44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 20:52:06 ID:6Ch3aTOQ

ミカサ「それはあなたの主観じゃない? そうでないと言う人もいると思う」

ベルトルト「ははは、まあ、主観だね…」ハハ

ミカサ「…ふふ」

ベルトルト「…」

ミカサ「意外」

ベルトルト「うん?」

ミカサ「あなたとわたしで、こんなに喋れるなんて…」

ベルトルト「そうだね…僕も同じこと考えてたよ」

45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 21:22:23 ID:6Ch3aTOQ



ジャン(…?)

ジャン(あれ、ここはどこだ…。俺は、小屋にいたはずじゃ。これは夢か? …ん?)

リーンゴーン…

オメデトウ!! シアワセニナッテネ

ジャン(なんだここ…。教会? 結婚式してんのか? …!)

ミカサ「ありがとう、みんな。わたし、幸せになる…!」

ジャン(み、ミカサのウェディングドレス姿! なんて綺麗なんだ…黒髪が白に映えてて…! で、隣にいるのは…)

エレン「あ、ありがとう、みんな」

ジャン(やっぱり、死に急ぎか。…わかってんだよ、そんなこと。俺はどうせ、訓練兵の間だけのただの同期なんだ…)

ミカサー! エレン、キス シロヨー

46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 21:24:00 ID:6Ch3aTOQ

ジャン(…でも不思議と、嫌な気はしねーな。おかしいよな、こないだ告白したのに。…ああ、わかってるんだ。
ミカサを本当に幸せにできるのは、エレンだってことぐらい、…だったら、今俺がすべきことは…。…っ)

ジャン「ミカサ!」

ミカサ「! ジャン…」クル

ジャン「し、幸せになれよ!!」

ミカサ「…!」ニコ

ジャン(ミカサが、笑いかけてくれた、俺に向かって…! …ああ、これで十分だ。俺が望んでるのは、これくらいで
十分なんだよ。…逆にいえば、俺に覚悟はなかった。憲兵を捨てて、ミカサの元にいく、なんて選択は
ハナからなかった。…ミカサは、エレンのために、調査兵団へ行くってのにな。
…それを考えたら、…ミカサのエレンへの気持ちに比べりゃ、俺の告白なんて、全然響かないものだったんだろうな)

キース! キース!

エレン「し、仕方ねーな」

ミカサ「え、エレン、恥ずかしい、…っ」メヲトジル

47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 21:26:44 ID:6Ch3aTOQ

キース! キース!

ジャン「…!」フイ(でも、そういうとこを見るのは…! !?)

キース「呼んだか」スッ

ジャン(!?)「い、イヤ、教官。あなたを呼んでいる訳ではないですよ…?」

キース「なんだ、ジャン。教官なんて、改まった言い方をして…」

ジャン「ハ、ハイ?」

キース「私とお前は、夫婦ではないか」ポッ

ジャン「!?」

48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 21:28:37 ID:6Ch3aTOQ

ネーネー… オカーサーン…

キースの顔の子供1「おかーさーん、お腹減ったよー」

キースの顔の子供2「ねえーだっこしてー」

キースの顔の赤ん坊「ウワアアン」

キース「コラコラ、静かにしろ」

ジャン(…ど、どういうことだ。…俺の状況認識力をもってしても、訳がわからねえよ…!)ガタガタ

キース「ジャン」

ジャン「は、ハイイ?」

キース「…イヤ…、あ、アナタ」ポッ「私は、末っ子に母乳を与えるから…、上の子を頼む」フクヲメクル

49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 21:31:18 ID:6Ch3aTOQ



ジャン「~~~~ッ!!」カッ

ベルトルト「わっ。ジャン、起きたのか?」

ジャン「…っ、あ”、あ、ああ! 起きた、起きたぜ!!」ガタガタドクドクバクバク

ベルトルト「??」

ジャン(忘れろ、忘れるんだ、ジャン・キルシュタイン…! クソ、グロい夢見ちまった…! おええ…!)

ミカサ「…。ベルトルト。ごめんなさい、急に眠くなってきた」

ベルトルト「あ、うん。わかった、じゃあ、ジャンと交代だね」

ミカサ「おやすみなさい、ベルトルト」

ベルトルト「おやすみ」

ジャン「…っ。…はあ、…笑える夢見ちまったよ」

ベルトルト「…どんな夢?」

50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 21:34:32 ID:6Ch3aTOQ

ジャン「くく、お前も絶対噴き出すぜ。…ええっとな。まず、ミカサと死に急ぎが結婚式してんだ。その時点で笑えるんだけどよ、その後―――」

ベルトルト「…ジャン」

ジャン「! な、なんだよ。…そんな低い声出して。なにか怒ってんのか?」

ベルトルト「…。あのさ」チラ

ミカサ「…」スー、スー

ジャン「…?」

ベルトルト「君は憲兵団に行くんだよね?」

ジャン「ああ。決まってんだろ」

ベルトルト「ミカサは、恐らくエレンと調査兵団に行く」

ジャン「ああ」

ベルトルト「僕は絶対、今、言いたいことは言っておくべきだと思う」

ジャン「!? …きゅ、急になんの話だ。寝ぼけてんのか、ベルトルト」

52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 21:37:42 ID:6Ch3aTOQ

ベルトルト「僕は真剣だよ。君のミカサへの思いに、気づいてない訓練兵なんていないよ。…ミカサ以外はね」

ジャン「っ…お、おどろいたぜ。お前、そんなにグイグイこれるヤツだったんだな…」

ベルトルト「…」

ジャン「そう言ってくれるのは、まあ、うれしいよ。でも、…やっぱり今は言うべきじゃねーと思うんだ。バタバタしてるしな」ハハ

ベルトルト「今はって…。君ら、解散式で別れるじゃないか」

ジャン「別れるって言ってもよ。憲兵団と調査兵団、所属が違うだけで、会う機会はあるだろ。それこそ、同窓会とかよ。
別に、解散式が終わったら、死ぬまで会えないって訳じゃねーんだし―――」

ベルトルト「…っ絶対、言うべきだ」

ジャン「ベルトルト?」

ベルトルト「…責任ある立場になるってことは、大きなことだと思うよ、ジャン。…例えば、ミカサが実力を
買われて出世して、…仕事のために結婚しなくてはならないような立場になったらどうする?
…そうなったら、ジャンとミカサは、全く地位の違う人になるかもしれないんだぞ」

ジャン「どうしたんだよ、熱くなって。…本当に心臓に悪い」

ベルトルト「そうでなくても、お互い、いつ死ぬか分からない任務に就くことになるんだ。
そうしたら、恋だ、愛だって、絶対に言ってられなくなる。
責任のない立場であるのは、もう、少しの間でしかないんだ。今しかないんだよ」

ジャン「…。突拍子は、ねえけど…。言いたいことはわかるぜ、ベルトルト」

53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 21:39:49 ID:6Ch3aTOQ

ベルトルト「…。」

ジャン「…あー、わかってるよ、言うよ! きちんと言うべきだよ、長い目で見たらよ…」

ベルトルト(長い目…)

ベルトルト「ああ、今、言うべきだ。…君たち、一週間後に殺され…ても、おかしくないんだぞ…」

54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 21:42:25 ID:6Ch3aTOQ



サシャ「ん? …ふああ、良く寝ました」

ミカサ「あ、…おはよう、サシャ」

サシャ「いえ。…うん?」

グーグー

サシャ「あらら…これは、ジャンとベルトルト、寝ちゃってますね」

ミカサ「なにか、熱い議論をしていたのは、ぼんやり覚えているんだけど…いつの間に」

サシャ「へえ~なんの話で盛り上がってたんでしょう」

ミカサ「さあね。とにかく、わたしたちが起きて…ゆっくり寝させてあげよう」

サシャ「…」

ミカサ「?」

サシャ「ミカサって、しっかりしてますよね。…正直、たまに、年下ってことを忘れちゃいます」

ミカサ「そう? 山育ち同士で…わたしは、あなたに親近感を感じているのだけど」

サシャ「そうなんですか? …うーん…だとしたら、余計に考えちゃいますね。同じ山育ちなのに、
なんでこんなに違うんでしょう?」

55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 21:45:04 ID:6Ch3aTOQ

ミカサ「サシャだって、成績上位じゃない。年だって、一つしか変わらない」

サシャ「うーん…その一つが大きいんじゃないですか。誕生日が近づいたときなんか、すっごく感じちゃいますよ、
一日が短いって。特に、2月から7月にかけての5ヶ月間は…」

ミカサ「2月から7月…わたしたちが同い年である期間。…驚いた、そんなにわたしを気にしてくれたの?」

サシャ「はい…。年下で主席、同じような生まれ育ち。最終成績がでる解散が近づくほど、意識しちゃってましたね」

ミカサ「…そうなの」

サシャ「はい。…はあ、解散式、いつの間に、後1週間なんてことになったんでしょう。本当にどうしようかな…」

ミカサ「サシャ…」

サシャ「わたしは美味しいものが食べれれば、あとはどうでもいいんですけど…」

ミカサ「…」

サシャ「…?」

ミカサ「あるじゃない、目的。そう、言い切れるなら、大丈夫だと思う」

56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 21:47:35 ID:6Ch3aTOQ

サシャ「いえ、そんな、そんな…。不安でいっぱいです」

ミカサ「そう…。なら、不安を吹き飛ばすのに、いい方法がある」

サシャ「?」

ミカサ「この世界は、すごく広いと、アルミンが言っていた」

サシャ「広い? …なんの話ですか?」

ミカサ「広い。それこそ、…平均的な村の面積の、200万倍はあるそう」

サシャ「に、200万倍!? 想像できませんね…」

ミカサ「途方もない広さ…。生まれ育った場所も、そのくらいの面積だった、ということ…。そんなことを考え方をすると、
だいたいのことは、どうでもよくならない?」

サシャ「そうですね…」

ミカサ「でしょう。アルミンにはいろんなことを教えられた」

サシャ「…ミカサ、本当にアルミンが好きなんですね」ハハ

ミカサ「自慢の子なの」フフ

サシャ「アルミンのことも、もっと聞いていいですか?」

ミカサ「勿論、…眠たくなるまで、話そう」

57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 21:50:42 ID:6Ch3aTOQ



ミカサ(…あれ、…! しまった、眠っていたんだ)

ミカサ(ここはどこだろう。夢? …訓練所の裏庭。あ、そうだ、ここは…)

エレン「ミカサ…なんだよ、改まって、話って」

ミカサ(エレンに、思いを伝えようとした場所だ)

エレン「オイ…なんなんだ? 俺たち、しょっちゅういっしょにいるのによ。ここに来て、なんて」

ミカサ「それは…ここで言いたいことが、ある、から」

エレン「…なんだよ、歯切れ悪いな。お前らしくねえ」イライラ

ミカサ「あの、…わたしは、エレンに…子供の頃と、少し違う気持ちを持っている。…あなたは、どう思ってる?」

エレン「…!」

ミカサ「…」ドキドキ

エレン「…なんだよ、くっだらねえ」

58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 21:53:25 ID:6Ch3aTOQ

ミカサ「!」

エレン「ミカサ。悪ぃけど、今は試験ばかりで忙しくって、そんなこと考える余裕なんてねーよ。
どうしたんだ? お前らしくねえな。周りの女子に影響されたのかよ」

ミカサ「…もう、11日で解散式。調査兵団にいったら、忙しくなると思う。だから今…」

エレン「だからこそだろーが! クソ、恋とか遊びのこと考えてる場合かよ。調査兵団に行く準備をしなきゃならねーんじゃねーのか!?」

ミカサ「ま…待って、返事はしてほしい。恋には、興味ないってこと?」

エレン「興味ねーし、お前をそういう対象に見ることもねーよ。話はそれだけなのか? 俺は成績残すために焦ってんだよ、天才のお前と違ってな!」

ミカサ「…っ、エレン、…その、態度は、…さすがひどい…わたしも、…傷つく」ボソ

エレン「はあ? …なにを言ってんだよ?」

ミカサ「わたしだって…っ。…わたしは、このことをいつか伝えたいと、ずっと思っていた。それなのに…」

エレン「ハア…、怒りたいのは俺だ! 解散間際なんだぞ、優秀なお前と違ってな、俺はもう一杯一杯なんだ!!
他人のこと気遣う余裕なんかねーんだよ! わかったら、今そんな話しないでくれるか!!」

ミカサ「…! ご、…ごめんなさい、エレン。反省してる。…こんなことなら…言うんじゃなかった」フラ

エレン「俺も今、こんな話聞きたくなかった。じゃあな」クル

ミカサ(…11日前のことだ。…ソックリ、夢で見るなんて。わたしは…、…)

59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 21:58:20 ID:6Ch3aTOQ



ミカサ「…? あれ、わたし…」

ジャン「ミカサ、…」

ミカサ「…ジャン」

ジャン「…」

ミカサ「二人は? 寝ているの」

ジャン「…あ、ああ」

ミカサ「…」

ジャン「…」

ミカサ・ジャン「「あの、」」

ミカサ「…」

ジャン「…あー、…お前から言えよ、…」

ミカサ「…ジャン。ごめんなさい」

60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 22:00:41 ID:6Ch3aTOQ

ジャン「!?」

ミカサ「わたしは、この前あなたに当たっていた。わたしは、…あの日の前日に、エレンと喧嘩をしていたの」

ジャン「…」

ミカサ「そして翌日、あなたに言われたことは…前日のわたしと同じことだった。
気が動転して、キツいことを…わたしは冷静じゃなかった」

ジャン「…エレンに、告白したのか」

ミカサ「…? ずっと、言いたかったことを言おうとした。それだけ…あなたも、そうでしょう?」

ジャン「はは、…そうだな」

ミカサ「本当にごめんなさい、ジャン。…正直に言うと、あのとき、あなたが可哀想に見えたの。
昨日、エレンもわたしを可哀想って思っていたのかと思うと、…見てられなかった」

ジャン「…。俺こそ、すまなかった、ミカサ。お前のことを考えず、自分の気持ちだけを
ぶつけて、困らせちまったな」

ミカサ「…ううん」

61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 22:03:36 ID:6Ch3aTOQ

ジャン(…ミカサに、謝ることができた。…もう十分だ、これ以上は望まん)

ジャン(イヤ、だが…っ、クソ、言うべきじゃない。でも…、今しかない、…)

ミカサ「ジャン?」

ジャン「…ミカサ、あのよ」

ジャン(今は、…たぶん、いい雰囲気ってヤツだ。玉砕しても、きちんと言うなら、…今だ!)ドキドキ

ミカサ「うん?」

ジャン「…ッ」

ジャン(ダメだ、やけに喉が渇いて声がでねえ…! 落ち着け、落ち着くんだ。目を閉じて…深呼吸。
リラックスするんだ、そしてミカサに…、…)

ジャン「…っ、…、…」カクッ

ミカサ「…ジャン? 眠たいの?」

ジャン「…ッ!? い、イヤ、…、…」コクッ(う、嘘だろ…目が開かねえ!! なんだこの、猛烈な
眠気は…! …安心したってのか、ミカサに許してもらって、…お、俺は…まだ…っ)

ミカサ「…? …。…ジャン、」

ジャン「…、…」グーグー

ミカサ「…ふふ、おやすみなさい、ジャン」ニコ

62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 22:06:36 ID:6Ch3aTOQ



AM6:07

エレン「アルミン…! あの小屋のドアにかかってる服! やっぱり…あの色、間違いねえ、兵団のジャケットだ!」

アルミン「うん! あの小屋に、きっとミカサたちはいるんだ…!」

ライナー「急ごう。大怪我をしてるって可能性もある」

コニー「ああ。あわよくば、8時までに連れて帰ってやろーぜ、そしたら104期全員ゴールだ!」

マルコ「ああ、無事でいてくれ…!」

ガラッ

アルミン「ミカサ! 無事か、い…」

ミカサ(半裸)「! 眩しい…、アルミン…!」

アルミン「ふ、ふわああっ、み、ミカ…っ」カー

エレン「なんだ!? ミカサがどうかした、のか…」

ライナー「…おっと」サッ

コニー「?? なんだよライナー、なんで目隠しするんだよ!」

マルコ(僕は木…僕は木…なにも見ていない…)

64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 22:11:20 ID:6Ch3aTOQ

サシャ「ふああ…なんですか?」ムク

アルミン「サシャー! 君に至っては、丸出しだよおっ、隠してえっ」

ベルトルト「?」ムク

ジャン「んあ…誰だ?」ムク

サシャ「…。巨大なサツマイモと、…長芋…?」ゴシゴシ

アルミン「あわわわ…」

ライナー「…よし、全員、注目! とりあえず服を着ろ! そしたら走るぞ、今なら合格に間に合う!」パンパン

65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/16(日) 22:13:36 ID:6Ch3aTOQ



タタタタ

エレン「しかし、良かったぜ、見つかって…! 怪我も、大したことなかったみたいだしよ」

アルミン「え、エレン…君はなんでそんなに普通にしてられるんだい? 僕は、もう、あの光景を
たぶん一生忘れられないよ…」

ミカサ「アルミン、少し遅れている。わたしがおぶるべき?」

アルミン「い、いいよおっ」カー

89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/17(月) 10:47:27 ID:lXCyCwUU

エレン「? なんだよ、アルミン、おかしなヤツだな」ハハ

アルミン「…エレン…」

エレン「う」ドキ

ミカサ「?」

アルミン「この前の続きだ。周りを見て。ハッキリわかったろ、異性の身体を見てなにも感じない君は、ちょっと幼いよ…」

エレン「ぐ…っ」

ミカサ「アルミン、なんの話?」

アルミン「わかったらミカサに…」

エレン「わかった、わかったよ」

ミカサ「??」

90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/17(月) 10:50:03 ID:lXCyCwUU

エレン「ミカサ、あー…、この前はひどいこと言って悪かったな」

ミカサ「!」

エレン「正直、俺の言い分が間違ってたとは今も思ってねえ、…いって、アルミン、叩くんじゃねーよ。
思ってはないがな、あのときつっぱねた態度をとったのは、なんていうか…置いていかれてると思ったからなんだよ」

ミカサ「置いていかれてる?」

エレン「おまえが、その…告白? をしたとき、周りの女子みたいに、なんか女っぽい顔してたから。ホラ、
身内のそういうとこ見るのって嫌なもんだろ? …いってて! アルミン、つねるんじゃねーよ。

…今までも、こういう話題で、アルミンが照れてることはあった。でもお前は俺と同じで
興味なさそうで、だからまだ恋とかわかんねーんだと思ってた。アルミンが早いんだって。

でも違うんだな。俺が遅いんだ。俺、たぶん、訓練所でもちょっと子供扱いされてたし。
そのこと、悔しいし焦ってたんだよ。

それでも、お前は俺と同じとこにいると思って安心してたから。裏切られたみたいな気分になったんだ。
だから悲しくなって当たりちらしたんだって…俺はよくわかんねーけどアルミンに言われっいってぇ! アルミン引っ張るな!

それとな、俺もお前が嫌いな訳じゃねーよ、もちろん。今はまだハッキリどういう
気持ちとかはわからねーけど。だから…「今」聞きたくなかったっていうのは、そういう意味で…つまり、あー…。…」

アルミン「エレン…はっきり言うんだ」

エレン「ぐぬぬ…」

yatteyarusa_1122
yatteyarusa_1122
@yatteyarusa_1122

Related Articles関連記事

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創による日本の漫画作品。アニメが2013年4月から9月まで放送され、BD&DVD第1巻は合計約7万7000枚を売り上げ、1万枚が成功ボーダーとされるアニメ業界で驚異的な記録になった。巨大な壁に守れた人類達の元に、圧倒的な力を持った「巨人」が現れ、主人公「エレン・イェーガー」は母を失くす。人類存亡をかけて巨人との戦いに挑む、ダークファンタジー作品。

Read Article

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界を舞台に、巨人を駆逐することに執念を燃やす主人公エレン・イェーガーの戦いを描く。作中ではエレン以外に巨人化の能力を持つ人物が登場し、それらは「九つの巨人」と呼ばれている。「九つの巨人」はそれぞれ「始祖の巨人」や「鎧の巨人」などの固有名称を持ち、普通の巨人とは一線を画す特殊技能を持っている。

Read Article

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界で、生き残った人類は3重の壁を築き、その内側でかろうじて命脈を繋いでいた。しかしそんなある日、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が壊され、巨人の大群が壁内に侵入。人類は活動領域の後退を余儀なくされた。巨人に母親を殺されたエレンは、全ての巨人を駆逐することを心に誓う。

Read Article

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツは『進撃の巨人』の登場人物で、「始祖ユミル」とも呼ばれている。エルディア人こと「ユミルの民」の始祖となった女性で、光るムカデのような生物と接触したことで彼女は「始祖の巨人」の能力を得たとされている。マリア・ローゼ・シーナという名前の3人の娘達がおり、パラディ島の3重の壁は彼女達の名前から名付けられた。ユミルの死後、巨人化能力は3人の娘達に引き継がれ、さらに子々孫々に脈々と継承されることとなった。

Read Article

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団に所属する兵士長。1人で1個旅団(約4000人)並みの戦力を持つとされ、「人類最強の兵士」として名高い。三白眼と刈り上げた髪型、小柄な体格が特徴で、ブレードを逆手に持って回転しながら巨人の肉を切り刻む戦闘スタイルを好んでいる。性格は冷静沈着で無愛想。スラム出身ということで言動も粗暴である。神経質で潔癖症だが、部下の最期を看取る際には汚れを気にせず手を握るという仲間想いの一面もある。

Read Article

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの異母兄。「獣の巨人」の継承者として調査兵団の前に立ちはだかり、高い投擲能力で多くの兵士を殺傷した。「九つの巨人」の継承者で組織されるマーレの戦士部隊のリーダーであり、多くの戦場でマーレに勝利をもたらしてきた。しかしその真の目的はエルディア人の救済であり、全てのエルディア人から生殖能力を奪うことで巨人の力を巡るこれ以上の悲劇を起こらないようにしたいと考えている。

Read Article

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハートとは、『週刊少年マガジン』に連載されている諫山創原作の漫画・テレビアニメ作品に登場する人物である。主人公のエレン・イェーガーと同じ第104期訓練兵団に所属し、卒業後は憲兵団に入団する。口数が少なく感情を表に表さないため、取っ付きにくい印象を与える性格。しかし格闘技に優れており、冷静な判断を下せるため訓練兵団卒業の際は4位の成績を収める実力の持ち主。

Read Article

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で、ユミルの民であることを偽造してマーレ人になりすまし、マーレ治安当局の職員として潜入していたエルディア復権派のスパイである。九つの巨人の一つである「進撃の巨人」の力を身に宿し、通称「フクロウ」と呼ばれている。 ユミルの呪いによって寿命が近い自分の代わりに、グリシャ・イエーガーにエルディア復権の願いを託して壁の中へ行くよう指示した。その後進撃の巨人を継承させる為無垢の巨人化したグリシャに捕食され、スパイとしての任務を果たし、その生涯を終えた。

Read Article

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガーとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の主人公。壁の外の世界に強い憧れを持っており、幼少期から調査兵団に入ることを目指してきた。その想いは、母親を巨人に食い殺されたことで一層強まり、調査兵団に入って巨人を駆逐することを心に誓う。性格は熱血漢で直情的。無鉄砲と思えるほどの勇敢さから、強大な巨人相手にも物怖じせずに向かっていく。命の危機に瀕した際に巨人化する能力に目覚め、人類の自由のためにその力を振るっていくことになる。

Read Article

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスターとは『進撃の巨人』の登場人物で、104期訓練兵団の卒業生。当初は駐屯兵団に所属していたが、ウォール・マリア最終奪還作戦の前に調査兵団に移籍した。「獣の巨人」を倒すための特攻作戦では唯一生き残り、瀕死のエルヴィン団長をリヴァイ達の元へ連れて行った。その後はエレンをパラディ島の救世主として祭り上げる「イェーガー派」の中心人物として、兵団総統を暗殺しクーデターを先導した。

Read Article

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライスとは『進撃の巨人』のキャラクターでマーレの戦士候補生。戦士候補生の同期であるガビ・ブラウンに好意を抱いており、彼女を救うために「鎧の巨人」継承を目指している。内気な性格だが、「悪魔の末裔」と言われるパラディ島の人々に対しても自分達と変わらない人間だと捉える優しい心の持ち主。心的外傷を負った兵士にも親切に接しており、そこでクルーガーと名乗る負傷兵と出会い、交流を深めていく。

Read Article

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で「車力の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成されるマーレの戦士の一員として、数々の戦場で功績を打ち立ててきた。当初は始祖奪還計画に参加せずマーレ本国を守っていたが、850年「獣の巨人」であるジーク・イェーガーと共にパラディ島に上陸する。ウォール・マリア奪還を狙う調査兵団との決戦では後方支援を担当し、負傷したジークと「鎧の巨人」であるライナー・ブラウンの逃走を助けた。性格はマイペースだが、冷静沈着で判断力に優れている。

Read Article

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディスとは『進撃の巨人』の登場人物で第104期訓練兵団の指導教官。スキンヘッドに顎ひげを生やした強面の男性で、訓練兵の間では鬼教官として恐れられている。元々は第12代団長として調査兵団を率いていたが、無謀な壁外調査を繰り返し多くの部下を死なせたにもかかわらず成果を残せなかったことから、自分の無能を悟りエルヴィン・スミスに団長職を引き継がせた。主人公エレンの父親であるグリシャ・イェーガーとは以前から面識があり、彼が消息を絶つ直前に顔を合わせた最後の人物である。

Read Article

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの父。シガンシナ区で診療所を開き街の人々から尊敬を集めていたが、シガンシナ区に巨人が流入した後行方不明となる。失踪直前エレンに巨人化の薬を打ち込み、世界の真実が隠された自宅地下室の鍵をエレンに託した。物語中盤で彼が壁外の世界から「始祖の巨人」奪還のためにやってきた巨人化能力者であったことが明らかとなる。

Read Article

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の団員。主人公エレン・イェーガーとはウォールローゼ南区第104期訓練兵団時代の同期である。責任感が強く、リーダーシップもあることから同期の中ではまとめ役を担っていた。しかし、その正体はウォール・マリアを破壊した「鎧の巨人」であり、始祖奪還を目的にパラディ島に送り込まれたマーレの戦士である。正体が判明した後はたびたびエレン達と対立し、始祖の力を巡って死闘を繰り広げていく。

Read Article

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリスとは『進撃の巨人』の登場人物で、憲兵団の新兵。アニ・レオンハートとは同期でルームメイト。ウェーブヘアが特徴の少女で、軽薄で不真面目な言動が多い。他の新兵同様安全な内地で楽をするために憲兵団に入ったが、実は機転の利くところがある。アニのことは愛想のない同期だと思っていたが、ストヘス区の戦闘以降行方不明になったことを心配しており、アニの正体が「女型の巨人」であることを知って大きなショックを受けていた。同期のマルロ・フロイデンベルクに好意を持っているが、マルロ本人は気づいていない。

Read Article

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツとは『進撃の巨人』の登場人物。主人公エレンの父親グリシャの前妻で「獣の巨人」ジークの母。その正体はフリッツ王家の末裔。ストーリー上、巨人の歴史と王家の情報を語る重要な役割を持つ。パラディ島に移住することを拒みマーレに留まった一族は、代々巨人の情報を隠し持っており、その末裔であるダイナはエルディア復権派と共に始祖の巨人の奪還を企てるが、計画は息子ジークの密告により失敗。ダイナは巨人化後、グリシャの後妻であるカルラを捕食する。最期はエレンの持つ座標の力で巨人の群れに喰われた。

Read Article

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物で、中央第一憲兵団対人立体機動部隊の隊長。かつて「切り裂きケニー」の異名を取った大量殺人鬼だったが、ウーリ・レイスとの出会いを経て現在は中央第一憲兵団に所属し対人戦闘を専門とする部隊を率いている。リヴァイ・アッカーマンの育ての親であり、彼に戦闘技術を教えた人物でもある。その戦闘能力はリヴァイと同等かそれ以上であり、対立した調査兵団を大いに苦しめた。

Read Article

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルトとは『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。金髪ボブカットの中性的な外見を持つ。大人しいが芯の強い勇敢な性格で探求心が強い。祖父の影響で人類はいずれ壁の外に出るべきだという思想を持っており、エレンが外の世界に憧れるようになったのもアルミンの影響である。小柄で身体能力は低いものの、知能や判断力はずば抜けており、エレンや調査兵団の窮地をその知略で度々救っている。

Read Article

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団第13代団長である。調査兵団は人類の生存圏を広げることを目的とし、日々巨人との死闘を繰り広げている。その類まれなる頭脳と判断力から大きな功績を挙げているが、目的のためなら手段を選ばない非情さから「悪魔的」と称されることもある。彼の真の目的は世界の真実を解き明かし、「人類は王家によって記憶を改竄された」という父の仮説を証明すること。人類最強と称されるリヴァイ兵士長を調査兵団に入れたのも彼である。

Read Article

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマンとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。本作のヒロイン的ポジションで、幼い時にエレンに助けられた経験から、彼を守ることを自分の使命だと考えている。驚異的な身体能力を持ち、トップの成績で訓練兵団を卒業。実戦でも1人で複数の巨人を討伐する実績を残す。性格は寡黙で口下手だが、エレンのこととなると取り乱す一面もある。物語後半において、母方の祖先が東洋にあるヒィズル国将軍家だったことが明らかになった。

Read Article

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で、「マーレの戦士」候補生。天真爛漫で型破りな性格で、憧れの従兄であるライナーから「鎧の巨人」を継承するため日夜訓練に励んでいる。パラディ島のエルディア人を悪魔の末裔として強く憎んでおり、彼らを皆殺しにして自分達善良なエルディア人を収容区から解放することを願っていた。しかし成り行きでパラディ島に渡ることとなり、そこで出会った人々との交流からガビの考え方は変化し始める。

Read Article

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイスとは、「進撃の巨人」に登場するキャラクターである。壁内人類の真の王家であるレイス家当主。実質的には壁内での最高権力者である。ウーリ・レイスの兄であり、フリーダ・レイスやヒストリア・レイスの父親。正妻との間に5人の子がいたが、当時使用人として働いていたアルマとも関係を持ち、ヒストリアが産まれたことにより、事実的には子供は6人。だがグリシャにより正妻との間の子は皆殺されてしまい、生き残っている子供はヒストリアただ1人である。

Read Article

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタインとは『進撃の巨人』の登場人物で、調査兵団に所属する兵士。第104期訓練兵団を6番で卒業した。自己の保身を第一に考える現実主義者で、思ったことを率直に言い過ぎる性格からたびたび主人公のエレン・イェーガーと対立していた。当初は巨人の脅威から逃れるために内地への配属を希望していたが、友人のマルコ・ボットが戦死したことで考えを大きく変え、調査兵団に入団する。入団後は持ち前の現状把握能力を活かして同期のまとめ役として活躍した。

Read Article

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団所属のベテラン兵士。初登場時は分隊長だったが、後にエルヴィン・スミス団長の後を継いで調査兵団第14代団長に就任する。ゴーグル(平常時は眼鏡)を着用し、茶髪を無造作に1つにまとめた中性的な外見をしている。明るく聡明な人物だが、巨人に対する情熱は人一倍で変人揃いの調査兵団内でも特に異彩を放っている。ウォール・マリア最終奪還作戦以降は左目を負傷したことから眼帯を着用している。

Read Article

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ(ヒストリア・レイス)とは、諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物。第104期訓練兵団卒業生であり、主人公エレン・イェーガーは同期の1人。小柄で温厚、思いやりのある可愛らしいアイドル的な存在として登場する。同期のユミルと仲が良い。成績10位以内に入っているが、実際はユミルからその座を譲られただけで身体能力は人並みである。本名はヒストリア・レイスといい、壁内世界の真の王家の末裔であることが後に発覚する。

Read Article

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナとは『進撃の巨人』の登場人物で反マーレ派義勇兵の中心人物。マーレに滅ぼされた国の出身で、「獣の巨人」継承者で王家の血を引くジーク・イェーガーの信奉者として活動し、パラディ島の近代化に大きく貢献した。ジークの提唱する「エルディア人安楽死計画」達成のためなら寝食を共にした仲間すら殺害する冷酷な性格の女性。しかし実際にはマーレの被害者というのは虚偽であり、「世界を救う英雄」に憧れているだけのごく一般的なマーレ人である。

Read Article

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

コニー・スプリンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の兵士。坊主頭が特徴で、小柄な体格を生かした小回りの利く機動を得意としている。バランス感覚にも優れ104期訓練兵団を8番の成績で卒業したが、少々頭の回転が鈍く同期達からはバカ扱いされている。同期のサシャ・ブラウスとはバカ同士気が合うようで、よく訓練中に2人でふざけていた。当初は憲兵団を志望していたが、主人公のエレン・イェーガーに感化され調査兵団に入団を決めた。入団後はムードメーカーとして活躍する。

Read Article

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

テオ・マガトとは『進撃の巨人』の登場人物でマーレ軍エルディア人戦士隊隊長。後にマーレ上層部が全滅すると元帥に就任した。ジーク・イェーガーやライナー・ブラウンら「マーレの戦士」達を選抜し育て上げた人物でもある。性格は厳格で戦士候補生に対する態度も威圧的だが、大多数のマーレ人とは異なりエルディア人に対する差別感情は薄く、部下たちを1人の人間として尊重している。現状認識能力に優れ、始祖奪還作戦を数人の子供に託すマーレ軍上昇部の正気を疑っていた。

Read Article

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

サシャ・ブラウスとは「進撃の巨人」シリーズの登場人物であり、主人公エレン・イェーガーと同じ調査兵団に所属している女性。頭はあまり良くないが、並外れた身体能力と勘の良さは周囲からも認められている。狩猟を生業とする村の出身であるため、食べ物には目がなく食料庫からよく盗みを働いていた。方言で話すことに抵抗があるため他人には敬語で話す。天真爛漫で非常にマイペースな性格の持ち主である。

Read Article

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団団員。第104期訓練兵団を3位で卒業し、どの分野でもそつなくこなすことができる優秀な人物である。ただし優柔不断で判断を他人に任せる傾向があり、積極性に欠けることから他の同期と比べると少し影が薄い。その正体は、ウォール・マリア陥落の主因となった「超大型巨人」であり、始祖奪還作戦のために大国マーレから派遣された「マーレの戦士」の1人だった。任務を達成し故郷に帰ることを切望していたが、結局その願いは叶わず異国の地で命を落とすこととなる。

Read Article

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアードとは『進撃の巨人』の登場人物で「顎の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成される「マーレの戦士」の一員として、「顎の巨人」の持ち味である硬い顎と牙や俊敏性を活かし数々の戦場で活躍している。戦士候補生時代の同期であるライナー・ブラウンとは「鎧の巨人」継承権をめぐって争ったライバルだった。自分ではなく能力の低いライナーが「鎧の巨人」継承者として選ばれたことや、兄のマルセルがライナーをかばって巨人に食われたことから、ライナーに対して悪感情を抱いている。

Read Article

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フリーダ・レイスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、レイス家の長女。黒髪で青い瞳を持つ。レイス家当主のロッド・レイスとその正妻の第1子として生まれた。表向きは地方の貴族として振る舞っているが、実際は壁内の真の王家の末裔。レイス家に代々引き継がれている特別な巨人能力を叔父のウーリ・レイスから引き継ぎ、宿している。本人の飾らない性格は多くの者から慕われており、妾の子である異母妹ヒストリアにも姉として優しく接していた。

Read Article

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ドット・ピクシスとは『進撃の巨人』の登場人物で駐屯兵団の司令官。スキンヘッドと口ひげが特徴の年配の男性。巨人との戦いの最前線である南側領土の最高責任者として、果断な指揮を振るい人類を守り抜いてきた。人類の勝利のためなら成功率の低い作戦でも取り入れる柔軟な判断力の持ち主だが、飄々とした言動や戦場でも酒を持ち歩く姿勢から「生来の変人」としても知られている。トロスト区攻防戦では巨人化したエレン・イェーガーによる穴の封鎖作戦を採用し、人類の勝利に貢献。兵団によるクーデターの際も大きな役割を果たした。

Read Article

目次 - Contents