進撃の巨人(Attack on Titan)のネタバレ解説まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創による日本の漫画作品。アニメが2013年4月から9月まで放送され、BD&DVD第1巻は合計約7万7000枚を売り上げ、1万枚が成功ボーダーとされるアニメ業界で驚異的な記録になった。巨大な壁に守れた人類達の元に、圧倒的な力を持った「巨人」が現れ、主人公「エレン・イェーガー」は母を失くす。人類存亡をかけて巨人との戦いに挑む、ダークファンタジー作品。

『進撃の巨人』の概要

『進撃の巨人』とは、「諫山創」による漫画作品。
2009年から講談社「別冊少年マガジン」で連載を開始。
2012年にタイトルを隠し「PROJECT ATTACK」という仮タイトルでアニメ化の告知があった。
2013年4月から9月までWIT STUDIO制作で第1期が2クール編成で、序章から女型の巨人編までを放送。
WIT STUDIOは「進撃の巨人」が初の元請制作になった。
一時アニメの製作が追いつかず、一部の地域の放送では静止画や背景などで放送、さらにツイッターでアニメーターを募集などがあった。
アニメ製作の進行を危ぶむ声も上がるが無事放送を追え、間に合わなかった該当シーンや作画改善などDVDでは修正が多く入っている。
しかしそう言った問題を抱えながらも高い作画能力と技術、演出が話題となりアニメは大成功を収めた。
その結果、「進撃の巨人」は大きな話題作となり数々の賞を受賞した。
2017年4月より第2期が1クール編成で、一期の続きからエレン奪還戦までを放送。
2015年にはパロディ作品「進撃!巨人中学校」が、WIT STUDIOの親会社であるProduction I.G製作でアニメ化。
2018年には第3期が放送予定。

原作とアニメの変更点は、原作では回想シーンだった訓練兵時代を時系列順に放送。
他にもヒロイン・ミカサの右手首には母から受け継いだ印が刺青されていたが、アニメでは印を作る刺繍技術が受け継がれるというエピソードに変更。
22話の遺体回収シーンなどオリジナルエピソードの追加。
第二期では原作ではもっと後の方に解明される話が、アニメでは早い段階で解明された。
テレビ放送では原作掲載の特別編「イルゼの手帳」がカットされた。
このエピソードはOADとなり、コミックにDVDが付属。

圧倒的な力を持つ「巨人」とそれに抗う人間達の戦う姿を描いたダークファンタジー作品。
少年漫画としては残酷な描写が多く、人間が巨人に捕食されるシーンや身体が欠損するシーンもある。
魔法や超能力の概念は無く、組織化された軍と戦術、それにあわせた科学技術が盛り込まれている。
刀などの概念はあるが、巨人を倒す際は「立体機動装置」と呼ばれる独自の兵器を使用する。

本作はスピンオフ作品も多く学園化したギャグ作品「進撃!巨人中学校」をはじめ、4コマ漫画「寸劇の巨人」、リヴァイ兵長が調査兵団に入るまでを描いた「進撃の巨人 悔いなき選択」。
本編から70年前のエピソードを描いた「進撃の巨人 Before the fall」、ウォール・マリア東端外壁突出地区の街を舞台にした「進撃の巨人 隔絶都市の女王」。
アニとミカサに焦点を当てた「進撃の巨人 LOST GIRLS」などがある。
「進撃!巨人中学校」は2015年にアニメ化。
「進撃の巨人 悔いなき選択」はOAD化。

第一期の本編の総集編となる劇場版「前編〜紅蓮の弓矢〜」「後編〜自由の翼〜」も公開された。
サブタイトルは第1クールと第2クールのオープニングテーマのタイトルから取っている。
第二期の映画「劇場版「進撃の巨人」Season2 覚醒の咆哮」も2018年に公開。

『進撃の巨人』のあらすじ・ストーリー

序章

人類は突如として出現した「巨人」により、人類が住んでいた領土は滅亡の危機に立たされた。
生き残った人類は強固な壁を築き、その中で細々と暮らすことでかろうじて生き延びていた。
「ウォール・マリア」「ウォール・ローゼ」「ウォール・シーナ」と名付けられた三重の強固な壁、それらは100年間破られること無く、人々は巨人の恐怖を忘れかけていた。
壁の中には兵団が設けられ、王に仕え治安を守る「憲兵団」、壁を補強する「駐屯兵団」、壁の外を調査する「調査兵団」が壁の中の人類を守っている。
兵団は巨人と戦うために、アンカーの付いたワイヤーを噴出する装置を腰につけ二本のブレードで攻撃する「立体機動装置」という独自の武器を生み出す。

主人公「エレン・イェーガー」は、ウォール・マリアの南側にある甕城(突出した城門外)の「シガンシナ区」に住んでいた。
エレンの家には医者の父「グリシャ・イェーガー」と母「カルラ・イェーガー」、イェーガー家に引き取られて一緒に住んでいる幼馴染「ミカサ・アッカーマン」がいた。
エレンは壁の外に憧れを持っており、仕事をせず酔いつぶれる駐屯兵の「ハンネス」たちに反感を持つ。
壁の外にも世界はあるのに、安穏と壁の中で飼い馴らされている今の状況は家畜と同じだとエレンは思っている。
壁の外には怖ろしい巨人達がいるが、その巨人は壁の中には入って来られず、壁の中で暮らす人類は次第に巨人の存在を忘れ平和ボケしていたのである。
エレンは調査兵団に入りたいと思っており、幼馴染の「アルミン・アルレルト」と将来の夢を語り合っていた。
エレンとミカサは壁外調査に出ていた調査兵団が帰って来るのを見学しに行った。
憧れの調査兵団の姿に瞳を輝かせるエレンであるが、当の調査兵団はボロボロで皆、悲惨な顔をしていた。
壁外調査は巨人と遭遇し戦闘になる過酷な任務であるが、大した戦果もなく兵士達を大量に死なせてしまう調査兵団に民達は冷たかった。
ミカサはエレンが調査兵団に入りたいと思っていることを知り、心配になりカルラとグリシャにその事を報告する。
グリシャは反対せず、そのうち家の地下にある巨人の秘密を見せるとエレンに約束する。
カルラは大反対してエレンと言い合いになり、エレンは家を飛び出し、ミカサはエレンを追った。
そんな矢先、突如壁よりも大きい「超大型巨人」が現れシガンシナ区から壁の外へ繋がる扉を蹴り破る。
扉の破片が街を壊し、破壊された扉から多数の巨人がシガンシナ区へ流れ込んできて人々を襲い、平和だった街はあっという間に地獄になった。
エレンとミカサは家に戻るが、家は崩壊し、カルラは体を瓦礫に挟まれ動けずに居た。
2人はカルラを救出しようとするが、そこに巨人が近づいてくる。
アルミンに話を聞いたハンネスが駆けつけてきて、カルラを守ろうと巨人に立ち向かうが、巨人と目が会った瞬間に恐怖の余り戦意を喪失してしまう。
カルラはハンネスに2人を連れて逃げるように言い、ハンネスはエレンとミカサを担ぎその場を去った。
三人が去って行く姿を見ながらカルラは誰にも聞こえないくらい小さく「行かないで」と呟き、近づいてきた巨人に捕食されてしまう。
ハンネスに担がれた無力な少年であるエレンは、母が巨人の手に掛かるのを助けることもできず、ただ見ていることしか出来なかった。
シガンシナ区からウォール・マリアへ続く門を、体が鎧のように硬い「鎧の巨人」が打ち破り、ウォール・マリアの中にまで巨人が侵入してしまう。
エレンとミカサが乗ったシガンシナ区から内地に逃げる船の中にはアルミンもいた。
街をぐちゃぐちゃにし、大量の殺戮を働きそして母を殺した巨人に、エレンは「駆逐してやる」と殺意を滾らせた。
マリアを巨人に突破された人類は、活動領域をウォール・ローゼまで縮小させることになった。
マリアに住む大量の人々がローゼに移動したため、物資や食糧不足となり、政府は口減らしに大量の人間をマリアに出し、その殆どは巨人に捕食された。
その中にはアルミンの祖父もいた。
アルミンの両親は既に亡くなっており、一緒に住んでいた祖父も死に、アルミンは天涯孤独となる。
生き残ったエレン・ミカサ・アルミンの三人は兵士に志願する事にし、訓練兵として訓練を受けることになった。
エレンの父・グリシャは巨人の襲撃したその日から行方不明となっており、エレンはグリシャに何かの注射を打たれる謎の夢を見た。

104期訓練兵団時代

エレンたちは104期訓練兵団に志願する。
教官の「キース・シャーディス」は訓練兵たちに厳しくあたり、兵士としての適正の無い者は帰らされる。
エレンはここで、「ジャン・キルシュタイン」「ライナー・ブラウン」「ベルトルト・フーバー」「アニ・レオンハート」「マルコ・ボット」「コニー・スプリンガー」「サシャ・ブラウス」「クリスタ・レンズ」「ユミル」など、個性豊かな同期の仲間が出来る。
巨人を倒したいという確固たる意思を持ったエレンにとって、不真面目なジャンとは馬が合わず喧嘩になる。
ライナーとその友人のベルトルトとは、アルミンを交えお互いに過去の事などを語りあった。
そしてアニからは対人術を教わる。
コニーとサシャはコミカルな問題児であったが戦闘技術の実力は高い。
心優しい美少女クリスタは男性人の女神となり、クリスタはユミルと友人関係になる。
立体機動装置を使うためのテストが行われ、エレンだけがバランスを取れずに地面に頭を打ってしまう。
運動が苦手なアルミンさえも問題なく立体機動装置を扱えたが、エレンは何故か上手く行かない。
このままでは適正無しと追い出されてしまうためエレンは猛練習をし、テストになんとか合格する。
しかしエレンの立体機動装置は故障していて、誰が乗ってもバランスが取れないような不具合が起こっており、エレンは強い意志と努力で壊れた立体機動装置でバランスを取ったのであった。
巨人を倒すための授業を受け、エレン達は巨人についての詳しい知識をつける。
巨人の弱点はうなじで、ここを立体機動装置と二本のブレードを使ってうなじを切り取ることで巨人を即死させることが出来る。
それ以外で巨人を倒すことはできず、心臓を貫いても頭を攻撃してもうなじが無事であれば直ぐに復活してしまう。
また、巨人には繁殖能力は無く性器もついていない。
巨人がどうやって増えているのか不明で、南方から来ることが分かっているが具体的に何処から来るのかも不明だった。
巨人には消化器官と排泄帰還もなく、巨人は人間を捕食後胃袋から吐き出す。
つまり食物連鎖として生きるために人間を食べているわけではないと言うことである。
巨人が襲うのは人間のみで、人間以外の生き物には興味を示さない。
巨人は通常の巨人と、奇行種と呼ばれる二種類がおり、どちらにも理性は無く、人間を見ると追いかけ食べようとする。
通常の巨人は目の前の人間を食べようとするが、奇行種は好き勝手に行動するため行動パターンが読めず、戦闘で出会うと最も危険な巨人でもある。

トロスト区防衛戦

シガンシナ区が巨人に襲撃されてから5年、エレンが訓練兵に入ってから3年の歳月が経つ。
エレン達は無事全過程を修了し、訓練兵最後の日にウォール・ローゼ南の突出区にあるトロスト区の固定砲の整備をする。
エレンは巨人を倒すための知識と技術、そして多くの仲間を持ち、これなら巨人に勝てると思った。しかしその矢先、またも超大型巨人が襲撃してくる。
超大型巨人はトロスト区の扉を破壊し、そこから巨人がなだれ込んだ。訓練兵のエレン達は戦闘を余儀なくされる。
エレンは自分の班員であるトーマスを目の前で巨人に捕食され頭に血が上り、トーマスを食べた巨人に斬りかかるが、視界外にいた奇行種に片足を食いちぎられ、屋根の上に落下する。
意識朦朧となったエレンの目の前で、同じ班であるアルミンが巨人に捕まり口の中に放り込まれてしまう。
アルミンは幼い頃、祖父が持っていた壁の外について書かれていた本を読み、外の世界に憧れを持つ。
そしてその話をエレンにし、エレンもアルミンの話で外の世界に憧れを抱いたのであった。
満身創痍であったエレンはギリギリでアルミンを助けに行き、アルミンを巨人の口から出すが、自分が脱出するだけの力は残っていなかった。
アルミンの目の前でエレンは巨人に捕食され、食いちぎられたエレンの片腕が地面に落ちた。

一方、別の班にいたミカサはエレンを心配しながらも巨人を倒し、一般市民を逃がす仕事をしていた。
ミカサはイェーガー家に引き取られる前は、両親と一緒に山奥に住んでいた。
しかしミカサの母が珍しい東洋人であったために盗賊に狙われ、ミカサの父が殺され、母もミカサを庇って抗い殺されてしまう。
強盗に捕まったミカサは絶望するが、そこにたまたま父と一緒にアッカーマン家に尋ねてきたエレンが強盗を倒し、ミカサを助ける。
だがエレンはもう1人居た強盗に捕まってしまい、エレンはミカサに戦うように言う。
この世界は残酷なのだと気づいたミカサは、突如脳のリミッター(通常、人間は筋肉や骨を痛めないよう脳が体に制御をかけている)を解除出来るようになり、少女とは思えない身体能力で盗賊を倒した。
家族を失ったミカサは帰る家がないと言って寒がった。エレンは持っていたマフラーをミカサに巻いてあげ、その瞬間からミカサの心は温まるのであった。
グリシャの提案でミカサはイェーガー家に引き取られることになった。
ミカサにとってエレンは失いがたいとても大事な存在であり、ミカサはエレンを守るために一緒に兵団に志願したのである。
ミカサは104期生たちと合流し、そこにいたショックで呆然としているアルミンからエレンが巨人に捕食されたことを聞く。
その頃、塔で立体機動装置のガスやブレードの補給係をしていた班たちが、巨人に恐怖するあまり補給の仕事を止めてしまう。
それによって104期生たちは立体機動装置のガス切れが起こり、安全な所まで逃げることすらも困難になる。
ミカサは同期たちに発破をかけ一人で巨人を倒しながら塔へ向かってしまう。
ジャン達はミカサを追いかけるが、ミカサはガス切れを起こして地面に落下してしまう。
ミカサはエレンの死を知って、冷静を装いながらも自暴自棄になっていた。
ミカサの元に二対の巨人が近づいてくるが、エレンの居ない世界に生きる意味などないとミカサは死を覚悟する。
しかし死んでしまったらエレンを思いだすことも出来ないのだと気づき、立体機動装置が使えない状態でも巨人に立ち向かう。
するとミカサの背後に居た巨人が突如ミカサの前に居た巨人に殴りかかる。
巨人が巨人を攻撃するなんてことがあるのかとミカサは驚き、一心不乱に巨人を打ちのめす巨人を見て、まるで人類の怒りを体現したようだと思った。
そこにアルミンとコニーが駆けつけ、ミカサを屋根の上に避難させる。
アルミンはエレンが死んだのは自分の責任であると感じ、自分の立体機動装置のガスをミカサに渡し、自分はここで自害するという。
ミカサはアルミンがもって居たブレードの刃を取り上げて捨て、生きて一緒に来るように諭す。
アルミンは巨人を攻撃した巨人を利用して塔まで行く作戦を立て、三人は無事塔に辿り付く。
塔に辿り着けた104期の同期たちは、アルミンの作戦で塔に入ってきた巨人を倒すことに成功する。
塔の外では先ほどの巨人が今も巨人と戦っていたが、その巨人も力尽きて倒れる。
するとその巨人のうなじからエレンが出現した。ミカサとアルミンは思わず駆け寄り、エレンが生きていることを確認する。
エレンは気絶していたが食いちぎられた腕と足は復活していた。

トロスト区奪還戦

巨人に捕食されたエレンは、巨人の胃袋の中で突如巨人化の能力を発現した。
巨人化したエレンに理性はなく、ただ巨人を殺したいという気持ちだけでまわりにいる巨人と戦っていた。
エレンが目を覚ますと、横にはミカサとアルミン、そしてエレン達を敵視した大勢の駐屯兵団に囲まれている緊張状態であった。
駐屯兵団の隊長キッツは、エレンが巨人なのか人間なのか、そして敵なのか味方なのか問う。
エレンは自分は人間で味方であると主張するが、怯えたキッツは信じず大砲でエレンを攻撃する。
エレンはとっさに手を噛む自傷行為で巨人の上半身を出現させ、ミカサとアルミンを守った。
自分が何故この方法で巨人になれると知っていたのかはエレンは分からなかったが、自傷行為で巨人になれるようである。
エレンとミカサはこの状況を打開する最善策が見つからずアルミンに何か案はないかと尋ねる。
アルミンは一人でキッツの前に出て行き、自分達は公に心臓を捧げた兵士であり、人類に対して敵意は無いと雄雄しく叫ぶ。
そして現在持っている情報を全て開示する意思があり、巨人に勝つための案もあると言う。
怯えから思考停止したキッツは聞く耳を持たなかったが、そこへ駐屯兵団の司令官にしてトロスト区を含む壁の南側の最高責任者である「ドット・ピクシス」が現れ、アルミンから話を聞きたいという。
エレン達はこれまでの経緯を話し、アルミンはエレンの巨人の能力を使ってトロスト区を奪還する作戦を話す。
それはエレンが巨人になって大岩を持って穴の空いた扉まで移動し、扉の穴に岩を埋めるというものであった。
エレンが巨人の能力を上手く使いこなせなければ成立しない、一か八かの作戦であった。
ピクシスはその一か八かに賭ける事にし、兵団たちに作戦内容を話す。
兵士たちはそんな作戦に命をかけられないと反発し、中には逃げ出そうとする兵士も出てくる。
ピクシスは自分の家族や恋人が巨人の脅威に晒されてもいいと思う者は辞退していいという。
その言葉に、逃げようとしていた兵士たちはそんな事は出来ないと奮い立ち、各々覚悟を決めた。
作戦が始まり、エレンは大岩の前で巨人化するが、我を忘れてしまい近くに居たミカサを攻撃し、さらに自分の頭を攻撃して活動停止してしまう。
アルミンは立体機動装置のブレードを巨人化したエレンのうなじに刺し、ブレードで声を振動させてうなじの中にいるエレンに目を覚ますように訴えかける。
エレンが目を覚ますと目の前にはカルラとグリシャそして幼少期のミカサがいて、幸せだった頃の家がそこにあった。
エレンは眠くなりそのままソファで眠ろうとするが、窓の外でアルミンが目を覚ますように言う。
アルミンがエレンは何故外の世界に憧れるのかと問うと、エレンは自分が生きているからだと答え、巨人化したエレンは目を覚ます。
エレンは大岩を持ち上げ歩き出し、その姿に希望を感じた兵士たちはエレンに襲い掛かる巨人たちの気をそらすために自ら囮になっていく。
そして大岩を扉の穴に埋め、エレンは作戦を全うした。
そんなエレンに巨人が襲い掛かるが、突如素早く刃が閃いて巨人を倒し、エレン・ミカサ・アルミンの前に1人の男性が現れた。
それは調査兵団の兵長にして人類最強と謳われる兵士「リヴァイ」であった。

特別編「イルゼの手帳」

第34回壁外調査に参加していた調査兵団の兵士「イルゼ・ラングナー」は、班のメンバーが巨人により全滅、馬を失い、立体機動装置も壊れてしまう。
それでも諦めず徒歩で壁を目指し、道中の出来事を全て手帳に記入する。
幸運な事にしばらく巨人と遭遇せずに済んでいたが、森の中でついに一体の巨人と遭遇してしまう。
しかしその巨人はイルゼを見ると「ユミルさま」「ユミルの民」という意味のある言葉を発し、イルゼに傅いた。
イルゼは対話を試みるが巨人は唸り声を上げるだけで会話にはならず、イルゼは次第に巨人への憎しみを爆発させ罵倒してしまう。
興奮した巨人はイルゼに襲い掛かり、イルゼを捕食する。
イルゼは頭を噛み砕かれる最期の一瞬まで手帳に状況を書き続けた。
一年後、その手帳は通り掛かったリヴァイによって拾われ、イルゼの記した内容は人類の大きな戦果となった。

調査兵団入団〜第57回壁外調査

トロスト区奪還戦後、街の後処理をする兵団たち。
ジャンはマルコの遺体を確認し、何故マルコが死んでいるのか、いつ死んだのかと困惑する。
死んだ兵士たちは全員火葬され、マルコも一緒に焼かれた。
ジャンは生前のマルコにから、ジャンは強く無いからこそ弱い者の気持ちが分かると言われた事を思い出す。
そして今何をすべきなのかを考え、憲兵団、駐屯兵団、調査兵団の中から調査兵団に入ることを決めた。

巨人化の能力を持つエレンは、その力を恐れられ地下に拘束される。
そこへ調査兵団団長「エルヴィン・スミス」と「リヴァイ」が面会に来る。
したい事は何かと尋ねられ、エレンは「調査兵団に入って、とにかく巨人をぶっ殺したい」と答える。
その後、エレンは審議にかけられ、エレンを調査兵団が管理するか、憲兵団が管理するか議論になる。
憲兵団の団長「ナイル・ドーク」はエレンは危険と考え、解剖した後処分すると提案。
エレンはまだ巨人の能力を上手く操れずにおり、実際にミカサを攻撃してしまったこともあり、審議の場に居た者達はエレンをバケモノと呼ぶ。
巨人と直接戦ったこともない人々から出る言葉に苛ついたエレンは、「いいから黙って全部オレに投資しろ!」と叫んでしまう。
その瞬間リヴァイがエレンを面前でボコボコにし、ナイルたちはエレンが敵だった場合の報復を恐れリヴァイを止めるが、リヴァイはもしエレンが敵であったとしても自分なら問題なく殺せると言う。
エルヴィンは、エレンの巨人の力が役に立つことを壁外調査で証明すると言い、三つの兵団を束ねる総統「ダリス・ザックレー」はエレンをひとまず調査兵団に入れることを決定する。

エレンはリヴァイと、リヴァイの編成した特別作戦班が管理する事になり、森にある拠点に行く。
特別作戦班には、「エルド・ジン」「オルオ・ボザド」「ペトラ・ラル」「グンタ・シュルツ」の4人が編成され、4人とも調査兵団の精鋭であった。
エレン達6人が夕飯を食べていると、そこに調査兵団第四分隊長「ハンジ・ゾエ」が現れ、巨人の能力を持ったエレンに強い興味を示す。
ハンジは巨人の研究に勤しむ巨人が大好きな変わり者で、捕獲した巨人をソニーとビーンと名づけ、研究していた。
ハンジの話から、巨人は夜になると行動しなくなる事が多いこと、個人差のある性格が存在することを話す。
そしてハンジは過去巨人の首を蹴っ飛ばした時に想像以上に軽かった事から、見えている物と実在する物の本質は違うのではないかと言う。
エレンが巨人になる際も何もない所から巨人が出現するのである。
ハンジの話は否応無く朝まで続くが、ハンジの部下「モブリット・バーナー」の報告により話は中断される。
捕獲したソニーとビーンが何者かに殺害されたのである。
悲しむハンジを見守っていたエレンに、エルヴィンは「君には何が見える?敵はなんだと思う?」と尋ねるが、エレンは質問の意味が分からず答えられなかった。

訓練兵が自分の所属する兵団を決める日、アニは憲兵団に入り、ミカサ・アルミン・ジャン・サシャ・コニー・ライナー・ベルトルト・クリスタ・ユミルが調査兵団に入った。
エルヴィンは各兵団が訓練兵を迎える勧誘式で、エレンから聞いたエレンの家の地下室には巨人の謎が隠されている話を104期生たちにする。
新しい兵士を迎えた調査兵団は、第57回壁外調査へ行く事になる。
目的はウォール・マリアのシガンシナ区にあるエレンの家の地下室である。
壁から外に出た調査兵団はエルヴィンの考えた陣形を組み、煙幕を上げて離れた兵士とも常に連絡を取り合い進んでいく。
そこに女の形をした「女型の巨人」が現れ、遭遇した兵士たちは次々に蹂躙されていく。
アルミンは女型と遭遇し落馬してしまうが、女型はアルミンの被っていたフードを取りアルミンの顔を確認し、何もせずに立ち去って行った。
そんなアルミンの元にライナーが馬を連れて駆けつけ、さらにジャンも合流する。
アルミンは女型の巨人の行動から、エレンと同じく理性のある人間が変身した巨人だと考える。
そして自分の顔を確認して去ったことから、女型の巨人は誰かを探しており、それはきっと巨人の能力を持つエレンだと推察する。
ライナー、ジャン、アルミンはエレンの居場所がそれぞれ別のところだと聞かされており、意図的にエレンの居場所は兵士達にも隠されていた。
ならばエレンは何処に居るのかというライナーに、いるとしたら最も安全な中央の後方だとアルミンは答える。
その話を聞き、ジャンは自分達にも女型の巨人の足止めが可能ではないかと言い、三人は女型の巨人に向かっていく。
三人はフードを被って女型に攻撃を仕掛け、アルミンは落馬、ジャンは立体機動装置のワイヤーを掴まれそうになる。
アルミンは咄嗟に、「右翼側で死んでしまった死に急ぎ野郎の仇を取ってくれ」「そいつに殺された」とジャンに叫んだ。
死に急ぎ野郎とは訓練兵時代についたエレンのあだ名であり、アルミンは錯乱状態を演じて右翼側でエレンが既に女型の巨人に既に殺されたと嘯く。
女型はアルミンの話を聞いた途端動きを止め、ジャンは女型の動きが停止したため事無きを得た。
ライナーがその隙に斬り掛かるも女型に体を握られてしまう。しかし、ブレードで女型の手を斬り逃れた。
すると女型はアルミンたちを無視して陣形の中央を目指して走り去って行った。
それはエレンが本当にいる場所だと先ほどアルミンが推察した場所であり、アルミンは何故エレンの居場所が分かったのかと違和感を覚える。
ジャンの馬は逃げたまま帰ってこず一人分の移動手段が欠けてしまい、誰か一人を置いていかなければならないと話していると、ジャンの馬を連れてクリスタが合流する。
三人はクリスタを女神だと思った。

調査兵団は女型の襲撃に遭いながら、巨大な木が生えた巨大樹の森の中へ行く。
リヴァイ率いるエレンを連れた特別班はそのまま巨大樹の森へ入り、104期生を含めた多くの兵士は森の入り口で巨人をひきつける囮になる。
エレンは作戦内容が分からず混乱するが、リヴァイの指示通りそのまま森を進む。
後ろから女型の巨人が追いかけてきていたが、エルヴィンの指揮で女型の巨人に矢を一斉射撃をして、矢に結ばれたワイヤーが女型を捕らえる。
エルヴィンは森を利用して女型を生け捕りにしようとしていたのであった。
リヴァイはエルドたちにエレンを任せエルヴィンと合流し、女型に尋問をする。
しかし突如女型は咆哮し、それをきっかけに女型目掛けて一般巨人が走りよって襲い掛かり、女型は食い散らかされてしまう。
女型の巨人の中にいた人物は一般巨人を利用し、その混乱に乗じてその場から離脱したのであった。
そんな事が起こっているとは知らないグンタはこちらの位置を確認する煙幕を見て、リヴァイからの連絡だと思い、返事の煙幕を上げる。
だがそれは女型の巨人の中にいた者の罠で、グンタは立体機動装置をつけた何者かに切り殺され、エレン達は居場所がばれてしまう。
再び女型が現れ、応戦したエルド・ペトラ・オルオは女型の巨人に殺されてしまう。
エレンはペトラたちの死に怒り、そして戦ってはいけないという指示を破ってでも戦おうとしなかった自分がいけないのだと自分を責め巨人化する。
女型の巨人と一対一の戦いになるが、女型の巨人の回し蹴りが頭部に直撃し、巨人化したエレンは戦闘不能になる。
女型は巨人化したエレンのうなじを食いちぎってエレン本体を口に含んでその場から逃走する。
エレンを追ってきていたミカサはその瞬間を目撃してしまい、感情のままに女型に攻撃を仕掛ける。
リヴァイはエルドたちの遺体を一人一人確認してから女型を追い、ミカサと一緒に女型に攻撃を仕掛ける。
圧倒的なリヴァイの強さに女型は成す術も無かったが、リヴァイはミカサを庇って足を怪我してしまう。
怪我を負いながらもリヴァイは女型の口の中からエレンを救出し、ミカサと三人で撤退した。
エレンが目を覚ますと帰りの馬車の中にいた。
調査兵団は女型の巨人捕獲に失敗し、沢山の兵士を失うという大きな犠牲を払い、大きな成果も無いままの帰還となってしまう。
壁の中には、あの日のエレンのようにボロボロになっても戦う調査兵団に憧れの目を向ける小さな子供が居たが、エレンは子供と目を合わせられなかった。

アニ捕獲作戦

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

進撃!巨人中学校(Attack on Titan: Junior High)のネタバレ解説まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

ヴィンランド・サガ(VINLAND SAGA)のネタバレ解説まとめ

『ヴィンランド・サガ』とは、幸村誠による漫画。講談社発刊・月刊アフタヌーンにて連載された。主な舞台は11世紀初頭の北欧。主人公のトルフィンは、幼い頃に父・トールズをヴァイキングに殺され、復讐を果たすために戦士となる。やがてその道程での心の成長と共に、平和な場所『ヴィンランド』を求める旅へ。戦乱や紛争、暴力や罪、愛の中を生き抜く人間たちを描いたアクション・ヒューマンドラマ。

Read Article

Linked Horizon(リンクトホライズン、リンホラ、LH)の徹底解説まとめ

「Linked Horizon」とは、音楽ユニットSound Horizonの主宰「Revo」によるアニメやゲームなどとコラボするための音楽ユニットの名義である。2012年に活動を開始し、ゲーム「ブレイブリーデフォルト」の音楽や、アニメ「進撃の巨人」の主題歌などを担当した。中でも「紅蓮の弓矢」は爆発的ヒットし、2013年の紅白歌合戦に出場した。

Read Article

恋は雨上がりのように(第4話『漫ろ雨(そぞろあめ)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。あきらはひょんな事から、厨房で働く加瀬に近藤への思いを知られてしまう。加瀬は近藤への気持ちを秘密にしておく代わりに、デートを要求してくる。 「恋は雨上がりのように」第4話『漫ろ雨(そぞろあめ)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

恋は雨上がりのように(第2話『青葉雨(あおばあめ)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。あきらはアキレス腱のケガがあるにも関わらず、客が忘れた携帯を走って届けた。無事に届けることができたが、店の前で座り込んでしまう。近藤は慌てて病院へあきらを連れて行く。 「恋は雨上がりのように」第2話『青葉雨(あおばあめ)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

恋は雨上がりのように(第5話『香雨(こうう)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。『ガーデン』に近藤の息子である勇斗が訪ねてくる。勇斗はハムスターをもらい、近藤に見せに来ていた。しかし、近藤は休みであり、あきらは近藤の家まで行く勇斗に付き添うこととなった。 「恋は雨上がりのように」第5話『香雨(こうう)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

恋は雨上がりのように(第1話『雨音(あまおと)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。17歳の女子高生・橘あきらは部活動をする生徒たちを尻目にバイトに向かう。あきらはバイト先の店長である近藤正己に特別な視線を送っていた。 「恋は雨上がりのように」第1話『雨音(あまおと)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

恋は雨上がりのように(第6話『沙雨(さう)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。あきらが陸上を辞めて以来、あきらとはるかの仲はどこかぎこちなかった。はるかは街であきらを見かけても、話しかけられず、あきらも陸上部員達からは隠れていた。そんなある日、はるかは延々とガチャを回すあきらを発見する。 「恋は雨上がりのように」第6話『沙雨(さう)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

恋は雨上がりのように(第3話『雨雫(あめしずく)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。後輩に連れられ陸上部へ顔を出したあきらは、部活をしていた頃のことを思い出して泣いてしまう。雨に濡れて歩くあきらは近藤の元へ行き、もう一度思いを告げる。 「恋は雨上がりのように」第3話『雨雫(あめしずく)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

恋は雨上がりのように(第7話『迅雨(じんう)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。あきらは近藤が図書館の帰りに元気がなかったことを思い出し、メールで連絡を取ろうとしていた。しかし話を切り出せず、近藤が借りて返った本の話をしてしまう。しかし、それは近藤が触れられたくないものだった。 「恋は雨上がりのように」第7話『迅雨(じんう)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

恋は雨上がりのように(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。 クールな女子高生・橘あきらはケガにより陸上競技を諦めた。気を落としていたあきらは、偶然入ったファミレスで優しく声をかけてくれる近藤正己と出会う。 17歳の少女と45歳のおじさんの恋愛を描く。

Read Article

進撃の巨人のコラボまとめ

「進撃の巨人」は累計4000万部を突破した人気漫画。テレビアニメ1期の総集編は劇場版にもなり、2016年には2期もひかえています。この作品はキャラ人気の高さゆえか、各企業とのコラボも多いことで有名です。中には「え?こんなところと?」という業界まで。進撃の巨人の面白コラボを集めてみました。(終了しているコラボもあります)

Read Article

違いはここだ!「一番くじ」と「プライズ」の違いまとめ

アニメやゲームのキャラクターグッズといえば、「一番くじ」や「プライズ」などがあげられますよね。しかしながら実際、どれだけクオリティや種類などが異なるのか明確なのです。同じフィギュアやぬいぐるみでも、「一番くじ」には500円〜800円払ってでも手に入れたいもの、「プレイズ」には数千円を投資しようともゲットしたいものと、必見です。

Read Article

シチュエーション別!ぐっとくる漫画の名言【前向きになりたい時】

大人から子どもまで、みんな大好きな漫画。漫画を読むことでいろんなものを吸収したり、人生に影響を受けた人も多いのではないでしょうか?今回は、「前向きになりたい時に背中を押してくれる名台詞」を集めてみました。ここにあなたの背中を押してくれる、素敵なことばがあるかもしれません!

Read Article

最近のコミケの最高峰クオリティのコスプレまとめ

コミケいってますか?コミケことコミックマーケットは毎年夏(8月)と冬(12月)の2日間開催される日本のポップカルチャーイベントです。会場では限定グッズやオリジナル商品、そして同人誌や同人グッズなど様々な限定商品を購入することができます!そしてもちろん!その会場に訪れるコスプレイヤーも忘れてはいけません!

Read Article

リヴァイ兵長・名シーン「進撃の巨人」その1

単行本の発行部数が累計4000万部を突破し、実写映画やテレビアニメ2期もひかえている「進撃の巨人」。その中心的な登場人物の“リヴァイ兵士長”は、圧倒的な存在感で老若男女を問わず大人気のキャラクターです。口の悪さと優しさが同居するクセのあるスーパーヒーロー“リヴァイ”の名シーンを集めてみました。

Read Article

目次 - Contents