ドロヘドロ(Dorohedoro)のネタバレ解説まとめ

『ドロヘドロ』とは2000年から2018年まで連載された林田球のダークファンタジー漫画、及びそれを原作としたアニメ。退廃的な背景やオリジナリティ溢れる魔法の設定、グロテスクでユーモラスな世界観、敵味方人外問わず憎めない愛嬌を持った魅力的なキャラクターが話題を呼んだ。記憶喪失の主人公・カイマンは、自分の頭部をトカゲに変えた宿敵の捜索の傍ら魔法使いの練習台にされた人間が住む町・ホールで仲間と愉快な日々を送っていたが、そこへ魔法使いの世界の実力者・煙ファミリーの刺客が襲い来て壮絶なバトルを繰り広げる。

魔法

魔法使いが特別な臓器や体内の管を用いて出す煙を介し使える現象。基本的に扱える魔法は1人1種類。また魔法を行使する際の媒体となる煙の放出量や管の太さは先天的なもので、どの程度魔法が使えるかで魔法使いとしての格付けが決定する。
魔法の性質は生まれ落ちた時から予め決まっており、黒い粉を使用した場合を除いて死ぬまで変わらない。魔法に全く実用性がない、出せる煙の量が少ないなどで、魔法使いでも魔法を扱えず無能と呼ばれる者が少なくない。

空腹虫(ハングリー・バグ)

「空腹虫」の外観。

ニカイドウが経営する中華系の定食屋。名物料理は大葉ギョーザでニカイドウが具から捏ねて手作りしている。カイマンや13らが常連だが、カイマンはツケで飲み食いして代金を払わないので一時期潰れかけた。ギョーザ男というギョーザをデフォルメしたような二頭身の妖精が生息している。元はシュエロンという男性が点心を商っていたが、彼が悪魔の料理人として召し抱えられた為、当時用心棒を務めていたニカイドウに譲られた。最終巻ではニカイドウとカイマンが商い、毒蛾と鉄条をバイトに雇い入れて大所帯になった。

ホール中央デパート

壊の干渉で時空が歪む中央デパート。

廃物湖を埋め立てた跡に建てられたデパート。広場には様々な露店が集まっている。壊が地下に連れてこられた影響で時空が歪み、ホールの街そのものを取り込んだ上、中にいる人々の内的世界とも繋がる異空間と化した。

ホール中央病院

バウクスとカイマンの仕事先のホール中央病院。

バウクスの勤務先でカイマンが雑用のアルバイトをしている病院。魔法被害者病棟という、魔法使いの練習台にされた患者を専門で診る病棟が存在する。

平和ワームズ

ベンチ席のメンバー達。

バウクス、13、ニカイドウ、カイマン、カスカベらが結成した野球チーム、ホール中央病院魔法被害者病棟チームの通称。黒いユニフォームがトレードマーク。

平和シャークス

チーム名にちなんだサメのきぐるみを着て活躍する恵比寿。

藤田と恵比寿が助っ人として素性を隠したまま参加した野球チーム、魔法患者お断りのホール平和病院チームの通称。白いユニフォームがトレードマーク。恵比寿がサメのきぐるみを着てキレキレの応援ソングを唄った。

ゾンビ

リビングデッドデイに徘徊するゾンビ。

ホールに溜まった魔法使いの煙の影響で、年に1度のリビングデッドデイにのみ、墓地から沸き出す魔法被害者の死体。生きた人間を無差別に襲い、襲われた人間もまたゾンビとなる。
存在していられるのは夜間限定で朝日と共に消滅する運命。直接的な攻撃に限らず毒も有効。

ホウキ

煙愛用のホウキ。

魔法使いが飛行に用いる道具。魔法使いの世界で販売されている。バイクのような見た目をしているものなど形状は様々だが、いずれも魔法の煙を燃料にしている。

パートナー

masami
masami
@masami

目次 - Contents