ドロヘドロ(Dorohedoro)のネタバレ解説まとめ

『ドロヘドロ』とは2000年から2018年まで連載された林田球のダークファンタジー漫画、及びそれを原作としたアニメ。退廃的な背景やオリジナリティ溢れる魔法の設定、グロテスクでユーモラスな世界観、敵味方人外問わず憎めない愛嬌を持った魅力的なキャラクターが話題を呼んだ。記憶喪失の主人公・カイマンは、自分の頭部をトカゲに変えた宿敵の捜索の傍ら魔法使いの練習台にされた人間が住む町・ホールで仲間と愉快な日々を送っていたが、そこへ魔法使いの世界の実力者・煙ファミリーの刺客が襲い来て壮絶なバトルを繰り広げる。

『ドロヘドロ』の概要

『ドロヘドロ』とは2000年から2018年まで18年に渡って連載された林田球のダークファンタジー漫画、及びそれを原作としたアニメ。『スピリッツ増刊IKKI』2000年12月30日号1号 -2003年2月1日13号、 『月刊IKKI』2003年4月1日号(創刊号)- 2014年11月号(休刊号)、『ヒバナ』2015年4月号(創刊号)- 2017年9月号(刊行終了)、『ゲッサン』2017年12月号 - 2018年10月号と休刊の余波で4誌を渡り歩いた経歴を持つ。単行本は全23巻完結。
著者曰く本作は「歌詞がメチャクチャダークで凶暴なのにメロディーは踊りたくなるくらい楽しい曲」に刺激を受けたそうで、過激なスプラッタ描写を含む混沌とした世界観にブラックユーモアを散りばめた作風と、敵味方問わずアクが強く憎めない愛嬌を持ち合わせたキャラクターの軽妙な掛け合いが魅力的な作品に仕上がっている。登場するキャラクターの殆どがホラーテイストの覆面マスクを被っていたり、登場するファッションやアイテムにヘヴィメタルやハードコア、パンクなどの音楽の影響が見られるのも特徴に挙げられる。
テレビアニメは2020年1月から3月までTOKYO MX他にて放送された。
魔法使いとその練習台にされる人間が存在する世界。
記憶喪失の主人公カイマンは、魔法使いの練習台にされた人間の吹き溜まりの町・ホールで自分の頭部をトカゲに変えた魔法使いを捜す傍ら友人ニカイドウが経営する定食屋に屯って馬鹿騒ぎをし、ホールに練習にきた魔法使いを虐殺するなど愉快で殺伐とした日々を送っていたが、そこへ魔法使いの世界の実力者・煙ファミリーの刺客が送りこまれて血みどろバトルに発展する。魔法使いと人間のハーフで対象をバラバラにする魔法を操る戦闘狂・心、心とタッグを組む回復魔法のエキスパートの能井など、手強い敵との戦闘を繰り広げたカイマンは、自分に執拗にこだわる彼らなら、自身をトカゲ頭に変えた魔法使いの情報を握っているかもしれないと直接魔法使いの世界へ乗り込む。仲間の協力を得て失われた記憶と自分の素顔を追い求めるカイマンだったが、彼の過去にはホールと魔法使いの世界をも揺るがす大きな秘密が隠されていた。

『ドロヘドロ』のあらすじ・ストーリー

魔法使いの練習台にされた人間が暮らす町・ホール。異形の住人が多くいる。

魔法の煙を出して様々な魔法を駆使する魔法使いと、魔法を使えない非力な人間が存在する世界。原則として両者は交わることなく魔法使いは魔法使いの世界で暮らし、ただの人間はホールと呼ばれる魔法使いの練習台の吹き溜まりで日々を送っていた。

主人公・カイマンは自分の本来の顔と失われた記憶を追い求める。

主人公は記憶喪失の大男・カイマン。彼はある日ホールの路地裏で倒れている所を保護されたが、自分の氏名はおろか出身地・経歴など一切の記憶を喪失しており、その上頭部はトカゲに変えられていた。失くした記憶と自分の頭部をトカゲに変えた魔法使いを追い求めるカイマン。唯一の手掛かりはあらゆる魔法が効かない己の特殊体質と、口の中にいる謎の男だけ。
この正体不明の男の目には十字の刺青があり、カイマンが魔法使いに噛り付くと、その男が何かを告げるらしい。自分の過去を知る魔法使いに出会えば口の中の男が絶対反応を示すはずと信じるカイマンは、定食屋「空腹虫」を営む気の良い友人・ニカイドウや、アルバイト先の病院の医師・バウクスらと共に、ホールに実験にくる魔法使いを自慢のナイフ捌きで次々返り撃ちにしては「空腹虫」でギョーザやビールを飲み食い騒ぐ、殺伐と愉快が混ざり合った日々を送っていた。
しかし魔法使いを噛めども噛めども口の中の男は「お前は違う」の一点張りで、空振り続きのカイマンは次第に焦燥を募らせていく。人間を使い捨てのモルモットと見なし、ホールでやりたい放題の魔法使いどもは傍迷惑極まりなく、人々を虫に変えたりバラバラにしたり日々被害者が増え続ける一方。そのせいでホールには異形の住人も多くいた。

藤田の相棒・松村はカイマンに惨殺される。

ある日カイマンはホールに訪れた松村という男を狩る。松村には藤田という相棒がおり、命を落とす寸前に余力を振り絞ってドアを呼び出し藤田を逃がす。魔法使いは魔法の煙で出したこのドアをくぐり、ホールと自分達との世界を行き来するのだ。
命からがら魔法使いの世界に逃げ戻った藤田は無念の死を遂げた相棒の仇をとることを固く誓い、ボスである煙に泣き付く。
藤田は煙ファミリーという数千人規模の犯罪組織の下っ端であり、トップに君臨する煙は、有機物無機物問わずあらゆる物をキノコに変える恐ろしい魔法の使い手だった。
魔法使いの世界と倫理観において煙は重鎮であり、ドアを封鎖する権限を与えられていた。煙ファミリーの一員だった松村の殺害をきっかけにホールへの通行は禁止されていたが、藤田の話を聞いた煙は魔法使い狩りを生業とするカイマンの存在を危険視し、カイマンをトカゲに変えた犯人さがしを藤田に命令。
調査の結果恵比寿という魔法使いがトカゲの変身魔法を使うと判明し、藤田は彼女の消息を追い再びホールへ。
一方煙の命令でドアが封鎖された事でホールに足止めされた恵比寿は、運悪くカイマンと遭遇し頭を噛まれる。そこで口の中の男に「お前は俺の邪魔をした」と告げられる。カイマンが事の詳細を聞く前に、煙によって特別に松村の敵討ちを許された藤田が飛び入りし、間一髪恵比寿を救い出して魔法使いの世界へ逃げ帰る。
煙の前に引き出された恵比寿だが、カイマンに受けた傷と極度のショックが元で記憶が混乱していた。煙は自分の従妹であり、希少な回復系魔法の使い手である能井に恵比寿の治療を命じる。
同時にファミリーの掃除屋として働く心と能井のコンビに、カイマンの抹殺指令を下す。
心は何もかもをバラバラにする魔法使いで、彼の煙を浴びた対象は体をサイコロ状に寸断されても生き続ける。能井は対象をただちに修復する魔法の使い手で、前線で暴れる心が重傷を負っても彼女が瞬時に傷を塞いでサポートする形で抜群のパートナーシップを発揮し、数々の武勇伝を築いてきた。
まず煙の指示を受け、愛茸と舞茸という変身魔法の使い手がカイマンとニカイドウに化けて心と能井に顔を覚えさせる。しかし二人の正体は煙ファミリーの宿敵・十字目の組織の回し者で、屋敷を嗅ぎ回っていた事で真相が判明し、激怒した煙によってキノコに変えられる。十字目とは魔法使い世界において魔法が使えず無能の烙印を押された者たちの互助組織であり、煙ファミリーとは過去に抗争を繰り広げた禍根があった。
心と能井は恵比寿と藤田を連れホールへ赴く。

年に1度のリビングデッドデイには魔法使いに殺されたホールの住人がゾンビ化して甦る。

その日、ホールは年に一度のリビングデッドデイの真っ最中だった。それは魔法使いに殺された死者がゾンビとなって甦り馬鹿騒ぎをする、ホールにおけるハロウィンのようなイベントだった。ゾンビの大群に囲まれて立ち往生するカイマンとニカイドウは同じくゾンビと追いかけっこをしていた心達と遭遇、戦闘に発展する。しかしカイマンは首を刎ねられてもすぐ立ち上がり、心と能井は虚を衝かれる。しかもただの人間と侮っていたニカイドウが魔法の煙でドアを出してカイマンと逃走し、心達は一時撤退を余儀なくされる。
一方、ニカイドウが出したドアの先はホールの路地に繋がっていて二人はバウクスに保護される。後日ニカイドウはホール中央病院に入院中のカイマンの元へ訪れ、自身が訳ありの魔法使いであること、それを今まで秘密にしていた詫びを伝える。しかしカイマンには既に新しい頭が生えており、ニカイドウの謝罪を細かい事だと笑い飛ばして全快祝いにギョーザを食べに行く。
カイマンに対し魔法使いであることを隠し、魔法使いを狩る手伝いをしていたニカイドウは、自分が魔法使いであっても態度を変えず引き続き友人として受容するカイマンの屈託なさに深く安堵する。
カイマンは刎ねられた自分の首をホルマリン漬けにして保管、さらには解剖することに決める。しかし解剖の最中に突然停電が発生、明かりが復活すると首は消えてしまっていた。
ホールに帰還した心達はカイマンが首を刎ねられても生きて動いていた事を煙に報告する。剛力無双のナイフの達人であり一切の魔法が利かず、その上凄まじい再生能力を持ったカイマンを難敵と認めた煙は、この事態を重く見てまずは口の中の男の正体を突き止めようと方針を転換。煙ファミリーの一員である魔法使い・ターキーを呼び出し、口の中の男の復元を命じる。ターキーには写真や人の記憶をもとに生きた人形を作りだす能力があり、煙はそれを用いてカイマンの口の中の男に実体を与えようとしたのだ。
ターキーの魔法は成功し、カイマンの口の中の男を複製するが、人形は人形でしかない為魔法は使えず言葉すら話せない。されどターキーの人形にはモデルとなった人物の習慣をなぞって行動する癖があり、心と能井が監視に就く。人形を追跡すれば本体に辿り着くかもしれない。人形の行き先はとあるアパートの一室で、心はそこで箱を発見する。箱の中には口の中の男の生首が封じられており、心達は口の中の男が既に死亡している事実を知る。
ホールではニカイドウが店の借金返済の為脳震盪ゴングなる地下トーナメントに出場していた。ニカイドウの身を案じたカイマンは試合に飛び入りし、魔法使いと取引して肉体を不正に強化していたチャンピオンを倒す。チャンピオンは生身の挑戦者を試合で昏倒させた後拉致し、魔法使いに練習台として斡旋していた。この時チャンピオン及び彼と共謀していた悪徳魔法使いから奪った資金でニカイドウは店を立て直すが、経営が赤字になったのも元を正せばカイマンがツケを払わないからだった。カイマンはギョーザただ食いの常習犯だった。

煙とともにパーティーに出席した心・能井・恵比寿は、会場にたちこめる悪臭に辟易する。

場面は魔法使いの世界へ切り替わる。煙は魔法使いの世界において超レアな命を与える魔法使いを正式にパートナーに迎える為、心・能井・恵比寿を同行してパーティに参加する。煙は魔法使いの世界では押しも押されもせぬVIPであり、名実ともに自分に釣り合う強力な魔法使いを捜し続けていた。
パーティーでは華やかに盛装した紳士淑女が談笑する中ご馳走が振る舞われていたが、天井から吊るされた腐乱死体に夥しい蠅がたかり、強烈な悪臭を放っていた。
恵比寿はパーティー会場で知人に出会い、勧められるがまま黒い粉を吸引するが、彼女の頭からは彼の記憶や黒い粉の事が抜け落ちていた。知人の証言によると恵比寿は黒い粉の常習者だったらしい。
そこへ命を与える魔法使いの女性が現れ、噂に違わず次々死体を生き返らせていく。恐るべき実力を目の当たりにした煙は、求愛の決意新たに控室に押しかけるが、その女は魔法を強化する黒い粉の中毒者だった。黒い粉は裏で流通する違法ドラッグで、一時的に魔法の威力を高める効果があるのだが、煙はドラッグに頼って能力を偽る行為を邪道と見なし激しく嫌悪していた。
真実を知って逆上した煙によって女性はキノコに変えられ非業の死を遂げる。そのドレスの裾から珍妙な動物が這い出す。実はこの動物こそ命を与える魔法使いで、死体を生き返らせた謝礼をたんまりふんだくる、女の金儲けの道具に使われていたのだ。一見猫とヤギと犬のキメラにしか見えない命を与える魔法使いは煙に保護され、彼の屋敷へ連れて行かれる。
煙に保護された生命を与える魔法使いは、耳のビラビラした形状からキクラゲと名付けられ気難しいボスの寵愛を一身に受ける。
大晦日のホール、カイマンとニカイドウはバウクスの知人で魔法使い研究の第一人者であるカスカベ博士の家を訪れる。カイマンの特殊体質や口の中の男について、カスカベの助言を得るのが目的だ。呼び鈴を鳴らしても無反応なのを怪しんで勝手に入ってみると、屋敷内の空間は奇怪に歪んでいた。

カスカベの家でおせちを作り大晦日を迎えるカイマンとニカイドウ。

どうにか居間へ出た二人は、折角の大晦日に手持無沙汰も何だしと、他人の家でおせちを作る。完成したおせちを食べようとした段階で突如としてカスカベが登場。見た目は子供だがそれは魔法使いの練習台にされたせいで、実年齢は還暦超えを自称するカスカベは、魔法使いの死肉を継ぎ接ぎして彼らの世界へワープできるドアを自力で作り出していた。

ウサギ耳つきマスクで魔法使いに変装したカイマンとニカイドウ。

カイマンとニカイドウは覆面で変装し、カスカベ製作のドアを通って魔法使いの世界へ乗り込んでいく。
魔法使いの世界で藤田と恵比寿が街を歩いていると、藤田の知人に因縁をふっかけられる。どうやら藤田は体質的に出せる煙の量が少なく、周囲に侮られていたようだ。知人は恵比寿まで小突きだし、止めに入った藤田を殴り倒す。そこへたまたま能井が通りかかり、藤田の知人を素手で一刀両断する。その後能井と心は煙の指示を受け、十字目のアジトを襲撃する。
魔法使いの世界に来たカイマンは、魔法使いの世界においてタクシー代わりに利用されている、空飛ぶ魔法の絨毯の運転手を殺して当面の軍資金を強奪する。
彼にとっては初めての世界だが、ニカイドウにとっては久しぶりの故郷。
レアな魔法を持って生まれたせいで自分をパートナーにしたがる魔法使いに追い回され、ホールに逃亡した経緯があるニカイドウは複雑な心境で十数年ぶりの故郷を眺めるが、そこへ悪魔が現れて名刺をおいていく。魔法使いの世界における悪魔とは全知全能の存在で、地獄出身の純粋で強大な悪魔の他に、過酷な試験に受かる事で悪魔に生まれ変わる元魔法使いがいた。どうやらこの悪魔とニカイドウは旧知らしい。
カイマンとニカイドウは偶然昼食をとりに入った店で、口の中の男と同じ十字目の刺青をした男とすれ違い尾行をスタート。しかし途中で見失い、漸く辿り着いたアジトには心と能井が始末した死体が転がるのみだった。
十字目のアジトに立ったカイマンは少し記憶を取り戻し、栗鼠という名前を口にする。それは煙の屋敷でキクラゲに命を吹き込まれた生首と同じ名前だった。
ニカイドウはカイマンの為なら危険も覚悟の上で、十字目の情報を得る為に悪魔と取引を決める。
一方煙は生首だけでは差し障ると栗鼠に機械のボディを授け、改めて栗鼠が殺害された理由を問うも、栗鼠は十字目に入ったばかりで何もわからないし覚えてないの一点張り。十字目のボスと面通しすら許されてない栗鼠に一同はあきれる。
カイマンに別行動を申し出たニカイドウは、質屋に自分の煙を詰めた小瓶を持っていく。店主は非常に貴重な煙だと色めきだって大枚を叩くが、最初から口封じするつもりだったニカイドウはあっさり殺害。彼女の魔法がよそに漏れると命が危なくなるのだ。
質屋で受け取った金で、名刺を置いていった悪魔のアスから情報を仕入れるニカイドウ。カイマンの顔の事は知らないと答えたアスだが、代わりに十字目の内情を話す。十字目とは殆ど魔法が使えない集団で裏で怪しい動きをしているそうだ。魔法を解禁すれば情報収集が捗るとアスに示唆されたニカイドウだが、自身の魔法に根深いトラウマがあるらしく断固拒みぬく。

煙の屋敷で遭遇した能井と肉弾戦をくり広げるニカイドウ。

煙と仲間たちが栗鼠を交えてお茶会をしている最中、アスが作ったドアからニカイドウが侵入を果たす。アスとの話し合いの結果、煙の屋敷に栗鼠という人物が匿われている情報を掴んだからだ。早速迎撃に向かった能井だが、ニカイドウの見事な体術に敗北する。侵入地点の偵察に赴いた煙は、悪魔のドアから忍びこんだ不審者の正体を、過去に抗争で揉めた十字目のボスと早合点する。
屋敷を駆けずり回ったニカイドウは栗鼠を発見、カイマンのもとへ連れて行こうとする。

煙が魔法の煙を振りまいたせいで屋敷はキノコだらけに。

そこへ煙が乱入し、栗鼠を巡って激しく揉み合う。手こずったニカイドウが煙の顔面を殴り、キレた煙が暴発させた魔法の巻き添えでその場に居合わせた部下までキノコになる。
屋敷中が上を下への混乱に陥っていることに乗じ脱出したニカイドウだが、栗鼠とは離れ離れになってしまった。現場に戻った能井が煙を諫め、どうにか収拾が付いた時には既にニカイドウも栗鼠もいなくなっていた。
煙の屋敷からどうにか逃げ延びたニカイドウはカイマンと合流するも、煙の魔法で背中に巨大キノコを生やされてしまい、カイマンは彼女の治療の為ホールへ戻る。
カスカベとバウクスが共同でキノコの除去手術をし、ニカイドウは一命をとりとめる。カイマンから魔法使いの世界での体験を聞いたカスカベは、かつて出会った少年の思い出話をする。人間の父と魔法使いの母の間に生まれたその少年こそ、若かりし頃の心だった。
心は人間と魔法使いの混血だったが、見た目は普通の人間と変わりなく出せる煙も微量だったので、大工の父の仕事を手伝いながら穏やかに暮らしていた。当時のホールでは町内会という過激団体が幅を利かせ、魔法使いと見れば練習台にされた被害者がいるかどうかも関係なく、無差別にリンチにかけていた。心の母親もまた彼が産まれてすぐ町内会の犠牲になった。

心の町内会への復讐を報じる新聞。

ある日心は仕事場での怪我がもとで魔法使いと人間を見分ける黒い粒子が血液に混ざっているのを目撃され、町内会に手配される。心を庇った父親は魔法使いと結婚して子供までもうけた裏切り者として嬲り殺され、怒り狂った心は父親を拷問した連中を惨殺。その後煙を出す腺を探し腕を切り刻んでいた所をカスカベに保護され、手術を受けて魔法使いに生まれ変わる。魔法使いの体内には生まれながらに魔法の煙を出す腺があり、煙の放出量はこの腺の太さや繋がり方に関係するのだ。心は恩人のカスカベに感謝を述べ、町内会の面々に復讐を遂げた後ホールから姿を消す。この参事をきっかけに町内会は消滅したのだ。
ある雨の日、術後の経過を見る為入院中だったニカイドウは魔法被害者病棟の患者が減少している話を聞く。見舞いに訪れたカイマンと談笑を楽しんだ後、ニカイドウが何者かに拉致される。ホールの雨には魔法使いを弱体化させる成分が含まれており、そのせいでニカイドウは抵抗できずにいた。誘拐犯を追って下水道に潜ったカイマンは、二足歩行の巨大ゴキブリと対峙。皮膚を食い破られる怪我を負いながらもゴキブリと誘拐犯を追い詰めてみれば、誘拐犯の正体は魔法被害者の身体に溜まった黒い老廃物を集めれば魔法使いになれると思い込んだ男だった。魔法使いの血液には黒い粒子が含まれ、その血を変換して放出する煙を浴びると、魔法被害者の体内に黒い老廃物が沈殿するのだ。
男はゴキブリをジョンソンと呼んでカイマンの拘束を命じるも、ジョンソンを振りほどいたカイマンが元凶の男に狙い定めてナイフを抜き、その直撃を受け死亡する。最期に男は以前人間の顔をしたカイマンとニカイドウをホールで見かけたと言い残す。
一方煙はニカイドウが殺した質屋の煙を買い取ったのだが、その中に恵比寿の煙が含まれており、急いで分析を命じる。松村を失った藤田は新しいパートナーを捜していたが、募集をかけても一人も来ない。栗鼠も引き続き行方知れずだったが、機械のボディに発信機が付いているから追跡しろと、煙直々に心と能井に指令がくだる。

野球の試合でカイマンと対決することになった藤田は卑屈な本音を漏らすが、恵比寿の返答は予想外のものだった。

masami
masami
@masami

目次 - Contents