ドロヘドロ(Dorohedoro)のネタバレ解説まとめ

『ドロヘドロ』とは2000年から2018年まで連載された林田球のダークファンタジー漫画、及びそれを原作としたアニメ。退廃的な背景やオリジナリティ溢れる魔法の設定、グロテスクでユーモラスな世界観、敵味方人外問わず憎めない愛嬌を持った魅力的なキャラクターが話題を呼んだ。記憶喪失の主人公・カイマンは、自分の頭部をトカゲに変えた宿敵の捜索の傍ら魔法使いの練習台にされた人間が住む町・ホールで仲間と愉快な日々を送っていたが、そこへ魔法使いの世界の実力者・煙ファミリーの刺客が襲い来て壮絶なバトルを繰り広げる。

松村(まつむら)

CV:奈良徹
藤田の亡きパートナーの魔法使いで煙ファミリーの下っ端な20歳。肥満体。藤田とおそろいの目元を覆うマスク着用している。
藤田と連れ立って魔法の練習にホールに訪れた際にカイマン達に発見され殺害された。死ぬ寸前にドアを出し藤田を逃がすなど、藤田とは厚い友情で結ばれていたと見える。後に遺体が回収されカスカベ博士に電流で操作できる人造人間として再生、野球の練習試合に参加させられるなどした。
その時試合に参加していた藤田によって回収され魔法使いの世界に連れ戻されたが、突如暴走した為に魔法で大トカゲに変身した恵比寿によって修復不可能なほど寸断された。藤田は松村の肉片を形見として樹脂に固めて携帯している。好物はホットドッグ。

キクラゲ

CV:鵜殿麻由
犬と猫と山羊のキメラのような変な生き物。3歳。身長70cm、体重8kg。
魔法使いの世界において非常にレア度が高い死者を生き返らせる魔法使い。魔法の煙は通常黒色だがキクラゲは珍しい白色をしている。煙には赤ちゃん言葉で喋りかけられたり悪魔が製作したマスクを貰うなど溺愛されているが、愛玩用のペットではなくファミリーの一員として正式に迎えられた。
筒状の前脚を持ち鳴き声は「ンニャンニャ」。モノローグは丁寧語で思考するが人語はよく理解していない。恵比寿と相性がいいのかよく一緒に行動している。
首輪は防犯機能があり、キクラゲの身に危険が及ぶと周囲に刃を射出する物騒な代物。

鳥太(ちょうた)

CV:勝杏里
煙ファミリーの一員。黒色で柔毛の生えた鳥の雛のマスクを着用。身長194cm、体重91kg。足のサイズ32cm。
ガタイがよく常に上半身裸だが、物腰や喋り方が女性的ないわゆるオネエ。ボスである煙を心から愛しており、自称彼のパートナーだが本人には鬱陶しがられている。しかし煙が十字目のボスと対峙した際はキクラゲを託されるなど、内心信頼されている事がわかる。
魔法を解く魔法使いであり、大トカゲになって暴走した恵比寿を元の姿に戻している。魔法の性質上謎を解くことに快感を感じる性癖があり、煙の屋敷内で殺人事件が起きた際はロジカルな推理で一同を唸らせた。
煙のパートナーに抜擢されたニカイドウに激しく嫉妬し、彼女の頭上にボウリングのボールを落としたり毒入りの紅茶を飲ませるなど小姑じみて陰湿な嫌がらせを繰り返す。
恵比寿に常に笑顔でいられる髪飾りを授けるなど乙女心に敏感で世話焼きな一面もある。恋愛面では姐御肌で良きアドバイザー。

鳥太の素顔はスキンヘッドの男性。

ターキー

CV:三木眞一郎

煙ファミリーの一員。写真や人の記憶を基に生きた人形を作りだす魔法使い。普段はローストチキンのマスクを着用している。ちなみにターキーは本名ではなく愛称。
鴨肉やピザ生地を焼いて作る彼の人形は本体のいる場所や死んでいるなら死体の場所に案内してくれる性質がある。魔法使いだが料理人としての腕も一流。人形を造る過程は料理の工程とほぼ同じ。
元々の性別は男性だが強い魔法を使い、数年前から趣味で女性化しているのが最終巻で発覚した。素顔には煙ファミリー一同衝撃を受けていた。

マスクをとったターキー。元々は男性だが数年前から魔法を使い趣味で女性化している。

消(しょう)

煙ファミリーの一員。なんでも透明にできる煙を操る小柄な魔法使い。頭全部を包帯でぐるぐる巻きにしたミイラ男のような風貌。ファミリー結成時からの古株であり、以前は魔法の特性を生かした暗殺者としてファミリーに貢献していた。現在は幹部に出世したが個性派ぞろいの組織の中では存在感が薄く、仲間によく忘れられる。十字目のボスによる襲撃の際では大勢のメンバーを魔法で救出した。
温厚で紳士的な性格で人を見る目も確か故、藤田が誰より仲間想いだと認めている。煙亡き後の組織を束ね、ボスの煙の復活とファミリー復権の為に尽力した。

十字目の組織

壊(かい)

十字目のボス。黒髪短髪で黒目、会川と同様魔法が解けたカイマンと酷似した容姿の大食漢。身長208cm、体重138kg。
2本のナイフを自由自在に操るナイフ戦闘の達人で、大勢の魔法使いに襲撃されても攻撃を全回避し壊滅させられる。6年前に煙ファミリーと一戦交えているが、その時も圧倒的な強さを誇った。自分の意志で魔法使い達に空間が歪むような不快感、及び頭痛や全身の激痛を与える事ができる。能井に毒ガスと指摘されたこの能力は魔法使いが体質に苦手とするホールの雨と性質を同じくする。
長期間行方をくらましていたせいで十字目の組織は衰退していたが、突如として煙の屋敷に乱入し彼を瞬殺後、煙の頭部を奪って失踪した。その後煙の復讐に現れた心と能井を、煙の魔法を利用して撃退するなど派手に暴れる。
その正体はカイマンや会川と同じ、アイ=コールマンの9つの人格のうちの1つ。

栗鼠(りす)

masami
masami
@masami

目次 - Contents