ドロヘドロ(Dorohedoro)のネタバレ解説まとめ

『ドロヘドロ』とは2000年から2018年まで連載された林田球のダークファンタジー漫画、及びそれを原作としたアニメ。退廃的な背景やオリジナリティ溢れる魔法の設定、グロテスクでユーモラスな世界観、敵味方人外問わず憎めない愛嬌を持った魅力的なキャラクターが話題を呼んだ。記憶喪失の主人公・カイマンは、自分の頭部をトカゲに変えた宿敵の捜索の傍ら魔法使いの練習台にされた人間が住む町・ホールで仲間と愉快な日々を送っていたが、そこへ魔法使いの世界の実力者・煙ファミリーの刺客が襲い来て壮絶なバトルを繰り広げる。

左側の白衣の男が薬。

CV:蓮岳大
手術着とマスクを着用した小柄な魔法使い。無数の注射器を飛ばして攻撃する。
過去に爆と組んで心と能井を襲撃したが心の魔法でバラバラに切断された。爆と同様実は生存しており、煙の屋敷で行われたブルーナイトの宴で心を強襲し、薬品で昏睡させてから拉致し無理矢理パートナーの契約を結ぼうとした。拉致には成功したもののカイマンらと戦闘になり、福山の魔法でパイにされ死亡した。

飛鳥(あすか)

CV:前田玲奈
過去に「レストラン丹波」で働いていた魔法使い。 エンジェルという怪物を召喚しどんな男でも悩殺する魔法を操る。
ブルーナイトの催しで煙の屋敷に出店し、パイの売り上げを巡って丹波と競った。魔法で男性客を虜にし、丹波の店を圧倒的に引き離したものの終了前に効力が切れ、奇跡的な追い上げを見せた丹波に無念の敗北を喫した。丹波にぞっこん惚れていたが魔法を濫用しまくって無理矢理虜にしたのがバレて店をクビになった。実は料理は苦手であり、店では冷凍アップルパイに魔法をかけただけのものを売っていた。

八雲(やくも)

左側、ニカイドウに格闘技の指導をしているのが八雲。

ニカイドウと幼少期を共に過ごした少女で空を飛ぶ魔法を操る。ニカイドウの格闘技の師匠でもある。
赤ん坊の頃川に流されていたところをニカイドウの養父母に助けられ、その事から運の強さを自負していたが、幼いニカイドウが時を操る魔法を使った事で過去の養父母に見落とされて溺死。ニカイドウは間接的に八雲を殺してしまった罪の意識から自身の魔法を封印してホールに落ちのびた。
以来無縁仏として川岸に葬られていたが、時を操る魔法のコントロールが可能となったニカイドウが再び過去を改変した為、無事養父母に拾われ育てられることになった。

恵比寿の偽者

娘が行方不明になり悲観した恵比寿の両親が、複製を作る魔法使いに作らせた身代わり。容姿は恵比寿に瓜二つが性格は凶暴極まりなく、すぐ癇癪を爆発させて暴れていた。記憶を取り戻して実家に帰った恵比寿を殺害するも、彼女の救出に赴いた藤田の攻撃で頭部を破壊され命を落とす。

カース

人間でも魔法使いでも悪魔でもない謎に包まれた存在。身長210cm、体重200kg。
当初は栗鼠と同じ姿をしていたが、その後トカゲの頭蓋骨のような頭部の異形に変化した。その正体は栗鼠のかけた呪い(カース)が恵比寿のトカゲ化の魔法と組み合わさって、カイマンの口の中に巣食ったもの。

シュエロン

ニカイドウの店の前身「雪龍館」の店主。オマケ漫画に登場。
点心の店を開いていたが、彼の淹れるお茶は魔法使いに好評で魔法使いの常連を多く抱えていた。それ故魔法被害者の嫌がらせの標的となり、偶然その場に居合わせたニカイドウの体術を見込んで用心棒を頼む。後に喪六の屋敷に料理人として召し抱えられた為、彼の店はニカイドウに譲られて「空腹虫」となった。

ザ・フライ

一時期エビフライにハマっていたチダルマによって生み出された魔法使い。マスクはエビフライ型。オマケ漫画に登場。
何でもフライにしてしまう魔法を操るが知能が低く、町を含む全てをエビフライにしてしまったため煙の不興を買い抹殺を命じられる。心・能井コンビと善戦するも死亡。

ギョーザ男

CV:チョー
「空腹虫」に住む妖精。オマケ漫画に登場。
ギョーザを粗末にする者には辛辣だがギョーザを食べ過ぎるカイマンに対しても憤る気難しい性格。その際は爪楊枝を投げてお仕置きする。
見た目はギョーザにデフォルメされた手足が生えたユニークなもので、「ギョ〜ザッザッザッ」という奇怪な笑い声が特徴。

ストア

masami
masami
@masami

目次 - Contents