ドロヘドロ(Dorohedoro)のネタバレ解説まとめ

『ドロヘドロ』とは2000年から2018年まで連載された林田球のダークファンタジー漫画、及びそれを原作としたアニメ。退廃的な背景やオリジナリティ溢れる魔法の設定、グロテスクでユーモラスな世界観、敵味方人外問わず憎めない愛嬌を持った魅力的なキャラクターが話題を呼んだ。記憶喪失の主人公・カイマンは、自分の頭部をトカゲに変えた宿敵の捜索の傍ら魔法使いの練習台にされた人間が住む町・ホールで仲間と愉快な日々を送っていたが、そこへ魔法使いの世界の実力者・煙ファミリーの刺客が襲い来て壮絶なバトルを繰り広げる。

「空腹虫」には能井から貰った煙で回復した毒蛾と鉄条がバイトに入り、ニカイドウが楽しそうにギョーザを焼いていた。長い戦いを終えたカイマンは、ニカイドウの作る最高のギョーザが食べれるこの店こそ自分の帰るべき場所だと噛み締める。

『ドロヘドロ』の登場人物・キャラクター

ホールの人々

カイマン

CV:高木渉
ホールに住む記憶喪失のトカゲ男。推定25歳。身長216cm、体重146kg、足のサイズ38cm。ガスマスクと銃剣が特徴。
ホール中央病院魔法被害者病棟でアルバイトする傍ら、自分の頭部をトカゲに変えた魔法使いと消えた記憶を追い求めて日々魔法使いの虐殺に励む。口の中に謎の男がおり、出会い頭の魔法使いを丸呑みしては毎回その男の回答を聞かせている。口の中の男が「お前じゃない」と答えた場合は躊躇なく相手を惨殺するが、これは自分をトカゲ頭に変えた魔法使いの首実験が目的。
当初は氏名経歴出身地一切の記憶がなく、ホールの路地裏で行き倒れていたところをニカイドウによって拾われカイマンと名付けられた。
明るく豪放な反面、ひとたび戦闘となると苛烈なまでの強さと容赦のなさを発揮する。ニカイドウの大葉ギョーザが大好物で日常的に彼女の店に入り浸って飲み食いしてるが、金欠の為殆どツケで見逃してもらっている。大食漢で美味いものに目がない。
煙ファミリーのメンバーであり藤田の相棒である松村を殺害したため、報復として煙ファミリーの掃除屋である心に首をはねられたが新しい頭部が再生するなど不死に近い体質。物語が進んで魔法使いの世界で生活を始めてから次第に記憶を取り戻し、魔法使いを殺戮してきた自身もまた魔法使いで大切な友人や誰かを無意識に傷付けてきたのではないかと疑念を抱く。
ニカイドウとは厚い信頼と友情で結ばれた関係。
その正体はアイ=コールマンの9つの人格の1つが、恵比寿と栗鼠の魔法の重複によって彼から独立した存在。

ニカイドウ

CV:近藤玲奈
カイマンの友人の女性20歳。身長169cm、体重56kg。足のサイズ25cm。
路地で倒れているカイマンを見つけて彼に名前を与えた恩人であり、カイマンの魔法使い狩りを手伝っている。定食屋「空腹虫(ハングリーバグ)」の経営者だが店舗がホールの中でも魔法使いが多く出没する劣悪な環境にあることや、カイマンがツケで食べまくっているせいで殆ど赤字。カイマンを親友と称し、将来は共同で店を経営したいと望む。得意料理は大葉ギョーザでホールにきたばかりの頃は幟を立て売り歩きをしていた。その際心に食い逃げされた事がある。徒手空拳の格闘技の達人で高い戦闘能力を誇る。
その正体はある事情から故郷を追われた魔法使い。
非常に特殊な時を操る魔法を使うが、 幼少期に魔法が発動した際の事故で親友を殺してしまった罪の意識から二度と行使しないと決心。手に入れれば世界を統べることも可能な自身の魔法を狙うもの達から逃れてホールに落ち延びたが、のちに煙にバレて彼のパートナーとして執拗に付け狙われる。
煙の屋敷に監禁中に救出に来た会川がカイマンと同一人物であると見抜いたが、会川は彼女に「さよなら」と別れを告げて蒸発。ニカイドウは川尻と組んで会川の消息を追跡、過去の後悔から一度は封印した忌まわしい魔法をマスターし親友を取り戻す決意を新たにする。

川尻の指導に耐えたニカイドウは、角としっぽが生えて悪魔化が進行した。

その後川尻の厳しい指導と特訓に耐え、一生分の煙を使って自身の魔法を制御する魔法ボックスを作るが、巨大コウモリの世話や悪魔試験用ヘッドギアの装着、悪魔肉の常食などの悪魔試験に似た修行を行った為に悪魔化が進行し、ツノやシッポが生えるなど身体的にも悪魔に近付いていった。
陽気で気さくな性格の上に金髪碧眼の巨乳美女で、「空腹虫」の常連にも親しまれている。虫の魔法使いの少年を行き倒れの子供と間違えて助けて手料理をおごるなど世話好きで優しい一面もあるが、目的の為なら殺人も辞さない豪胆な行動力、カイマン(会川)を取り戻す為なら過酷な修行にも耐え抜くタフネスな精神力を備えている。
悪魔化が進行してからは金髪赤目に容姿が変化した。

カスカベ

CV:市来光弘
ホール在住のマッドサイエンティストで魔法使い研究の第一人者。魔法使いの練習台にされて子供の姿になっているが実年齢は64歳。身長155cm。体重42kg。小柄で浅黒い肌を持ち蛇が巻き付くような腕の刺青が特徴。ヘビースモーカーで白衣がトレードマーク。
研究者らしく探求心好奇心旺盛、稚気に富んだ剽軽な性格。反面自分の興味がある分野に関しては人一倍情熱を持ちながらも常に冷静が信条で、煙に捕らえられ拷問を受けても断固口を割らず、それどころかこの体験を元に本を執筆しようと企むなど楽観主義者でもある。
魔法使いの死体を継ぎ接ぎして魔法使いの世界に繋がるドアを自前で製造する、電流で操作できるフランケンシュタインを造り上げて野球の試合に出すなど、倫理観は欠如しているが不可能を可能とする一種の天才。医者としても有能で町内会から逃亡していた少年時代の心に手術を施し、彼を魔法使いとして生まれ変わらせた。その経緯もあって心には感謝されている。
カイマンやニカイドウとも良好な関係を築く良き理解者にしてアドバイザー。下水道で発見した巨大ゴキブリのジョンソンを可愛がっている。

ハルと再会し彼女の魔法で青年期の姿に戻ったカスカベ。

なおカスカベ(春日部)という名前は魔法使いである妻・ハルの名からとったペンネームで本名はヘイズ。彼女が体調不良に苦しんでいた時に自分にできる事を模索したのが魔法使いの研究を始めた動機。

ジョンソン

CV:木村良平
ホールの雨の影響で巨大化したゴキブリ。体長268cm、体重271kg。
戦闘能力が高くナイフが折れるほど硬い体皮を持つが、殺虫剤や煙草の煙が弱点。魔法使い志願の男に飼育されていたが、飼い主亡き後下水道を彷徨していたところをカスカベ博士に保護され引き取られた。グロテスクな見た目と裏腹に知能が高く、「ショッキング!」の鳴き声が特徴的。カスカベ博士を慕っており、色々と身のまわりの世話をしている。

バウクス

CV:江川央生
ホール中央病院魔法被害者病棟の医者。肥満体の中年男。記憶を失って倒れていたカイマンに治療を施した、彼とは最初期からの知人。スキンヘッドで顔の升目の刺青が特徴。カイマンのアルバイト先の上司だが舐められ気味。ズースという瓜二つの弟がおり、共に野球チームを結成している。

13(サーティーン)

masami
masami
@masami

目次 - Contents