クレヨンしんちゃん(クレしん)の名言・名セリフまとめ

『クレヨンしんちゃん』とは、埼玉県春日部市を舞台とした臼井儀人による漫画作品。5歳の幼稚園児・野原しんのすけとその家族を中心に、友達や周囲の人を巻き込んだドタバタコメディー作品である。
青年漫画として連載開始したが、アニメ化により子供に人気が出た結果、原作漫画も子供を意識した内容にシフト。家族や仲間の大切さを描くようになった。
親子で楽しめる作品となっており、大人の心にも響く名言・名セリフが多いことも、作品が愛され国民的アニメとなった要因である。

自分でできない事を約束するな

シリリの父・チチシリ

シリリに子供にされたひろしとみさえは、大人に戻るためにチチシリのいる種子島を目指すのだが、道中でしんのすけ・シリリとはぐれてしまう。
無事に熊本の漁港で、しんのすけと再会できたひろしたちだが、謎の二人組に銃で脅されて連行された所は、チチシリの居る「秘密要塞・ラブスター」であった。
宇宙船の不時着、新幹線のスリ、サーカス団などはチチシリが計画・演出したもので、シリリのバブバブパワーを集め、「人類バブバブ化計画」のためであることが発覚した。

父・チチシリに反抗できないシリリなのだが、チチシリにひろしとみさえを大人に戻してくださいとお願いする。しかしチチシリに却下されてしまう。
チチシリは息子・シリリに見出しのセリフで厳しいことを言う。

父親に認められず、涙をこぼすシリリに駆け寄るひろしとみさえ
みさえ『シリリ…』
ひろし『大丈夫か…』
シリリ『別に… 何でもない… 安心しろ 約束は守る…』
涙を拭いながら強がるシリリ。
シリリ『あの… 父さん… この二人を大人に戻してあげて… ほしいです…』
しんのすけ『オラもオラも! んチュチュチュチュチュチュ…』
チチシリ『…ダメだ!』
驚くシリリとしんのすけ。
シリリ『…だけど 約束したから! ナースバディ星人はウソを』
チチシリ『下等生物と約束って… フフフ… 自分でできない事を約束するな』

純粋で素直な子供たちも 悪い大人の教育でいつの間にか危険な危険な大人になっていく

シリリに子供にされたひろしとみさえは、大人に戻るためにチチシリのいる種子島を目指すのだが、道中でしんのすけ・シリリとはぐれてしまう。
無事に熊本の漁港で、しんのすけと再会できたひろしたちだが、謎の二人組に銃で脅されて連行された所は、チチシリの居る「秘密要塞・ラブスター」であった。
チチシリは、「人類バブバブ化計画」に必要なパワーを集めるために『初めての過酷な一人旅で息子を鍛え 我々はそれを観て楽しむ』目的で、宇宙船の不時着・新幹線のスリ・サーカス団などを演出していた。

秘密要塞・ラブスターは「人類バブバブ化計画」発動するため種子島から発進し、宇宙へと飛んだ。
「ラブスターで増幅させた「バブバブパワー」を宇宙から地球全体に拡散させ、全人類をまとめて子供にしよう」と目論むチチシリは自ら過去を語りだした。

『7年前… 我々は地球を豊かな星にするためにやってきた…
そして我々はすぐに気がついた…
…暴力 偏見 無関心… ここは危険な危険な星だ その原因は何か 我々はすぐに理解した
それは大人だ!
戦争・犯罪・温暖化… 格差・少子化・高齢化… 食品偽装に性差別… パワハラ・セクハラ・サービス残業… 低賃金に白紙の領収書まで…
全て大人が悪い!
大人は危険 子供は安全 純粋で素直な子供たちも 悪い大人の教育でいつの間にか危険な危険な大人になっていく
そこでだ…危険な大人を子供に戻して 私自ら再教育を施し この悪循環の輪を断ち切るのだ!
一人はみんなのために みんなはみんなのために
そして!この星は平和になる!』

俺は… たとえ子供になっても …家族は俺が守る!!

「ラブスターで増幅させた「バブバブパワー」を宇宙から地球全体に拡散させ、全人類をまとめて子供にする」という「人類バブバブ化計画」を発動するため秘密要塞・ラブスターは種子島から発進し、宇宙へと飛んだ。
チチシリは、「人類バブバブ化計画」を目論むきっかけとなった7年前の事を語った。「人類バブバブ化計画」まで残り27分となり、チチシリはラブスターに連行してきた野原一家と八尾も子供にすると言った。

チチシリ『地球が生まれ変わるまであと27分… 安心しろ! お前たちも従順で素直な… 本物の子供にしてやる』
チチシリがバブバブパワーを発射する銃を手に取る。それを見て喜ぶしんのすけと八尾。
チチシリ『身も心もまっさらにしてな!!』
チチシリはバブバブパワーを八尾に向けて発射した。子供になった八尾に駆け寄る野原一家。
ひろし『おい… 大丈夫か?』
八尾『…ここどこ? きみたち…誰?』
みさえ『私たちの事忘れちゃったの?』
チチシリ『その通り バブバブパワーの純度を高めることで 記憶を消し 心までバブバブ化することに成功したのだ』
「お母さーん」と母親を捜す八尾。

チチシリ『さて 次はだぁ~れぇ~にぃしぃ~よぉ~』
野原一家へ向けて銃を構え、銃口を誰に向けようかと選ぶチチシリ。
シリリ『…父さん』
チチシリ『ん?』
シリリ『しんのすけたちは危険な』
チチシリ『シリリ! 人間とは何だ!』
シリリ『…か…』
チチシリ『「か」?』
シリリ『…か …下等な』
チチシリ『下等な生き物 そうだ! 分かったらお前は黙って座ってなさい』

逃げようとする野原一家。ナースバディ星人が行先に立ちふさがる。
チチシリ『フッフッフッフ… 大丈夫でちゅよぉ 痛くちないでちゅからねぇ』
チチシリはみさえにバブバブパワーを発射。
ひろし『みさえ!』
しんのすけ『かーちゃん!』
ひまわり『たやっ!』
しんのすけ『かーちゃん』
みさえ『あなたたち誰?何ここ?』
しんのすけ『かーちゃん!オラだぞ!しんのすけだぞ!』
みさえ『しあない!』
しんのすけ『…みさえの妖怪ケツデカおばば!怪獣シワゴン! 見栄っ張り! おケチ! 三段腹!』
しんのすけはわざと怒られようとするが、記憶を失くしたみさえには効果はなかった。
みさえ『あっ! 赤ちゃん! かわいい~ お名前は?』
ひまわり『…たや…』
みさえ『よしよし』
ひろし『…そんな…みさえ…おい…みさえー!』
チチシリ『フッフッフ ハッハッハッハ完璧! おいシリリ!お前の力が役に立ってるぞぉ』
シリリ『…違う… 思ってたのと違う…』
悔しがるシリリ。
ひろし『みさえを元に戻せ!』
チチシリ『安心しろ 家族まとめて赤ん坊にしてやる 全てを忘れて 純粋で幸せな赤ん坊に戻るのだ ハッハッハッハッハッハ』

ここで見出しのセリフとなる。
子供になったひろしだが、野原家の長として家族を守る姿、しんのすけに「男」を見せる。
ひろし『しんのすけ!ひまわりとみさえを連れて逃げろ!お前ならできる!』
しんのすけ『とーちゃんは?』
ひろし『俺は… たとえ子供になっても …家族は俺が守る!!』
みさえ・しんのすけ・ひまわり・シロの前で両手を広げて守ろうとするひろし。
チチシリ『フッフッフッフッ すぐに終わる (引鉄を引く)ビビビビビビビビビビ… アレ?ん?何?』
バブバブパワーが発射されず、銃を調べるチチシリ。シリリがコンセントを抜いていた。

シリリは野原一家を逃がすために、「お父さんの言いつけ第一条・お父さんの言う事は絶対」に初めて反抗するのだった.。

風間くん お願いだぞ! オラたちで春日部と地球をお守りしなくちゃ! オラたち …かすかべ防衛隊だから!

カスカベ防衛隊 (左からしんのすけ・風間くん・マサオくん・ぼーちゃん・ネネちゃん)

地球に「人類バブバブ化計画」を発動するため秘密要塞・ラブスターは種子島から発進し、宇宙へと飛んだ。八尾とみさえは、バブバブパワーの純度を高めた光線を浴び、記憶を失ってしまうのだった。
シリリは初めて「父さんの言いつけ第一条・父さんの言う事は絶対」に反抗し、コンセントを抜いて野原一家を宇宙船から逃がそうとする。
しんのすけのお尻に収まったシリリも一緒にチチシリから逃げるのであった。

ラブスターの中を逃げ回り、隠れた野原一家とシリリ。謝るシリリに「知らなかったんだから仕方ない」とひろしは言う。そこへ野原家にある宇宙船を触っていたかすかべ防衛隊(風間くん・マサオくん・ネネちゃん・ぼーちゃん)と通信が繋がる。
地球にいるかすかべ防衛隊に事情を説明し、助けを求めるしんのすけ。風間くんは「こんな宇宙船で宇宙に行けるわけがない」と断る。

しんのすけは見出しのセリフで真面目に風間くんにお願いすると、風間くんは宇宙にいる野原一家を助けに向かう決心をした。

子供が生意気なのは… 成長してるってことだ

野原一家

「人類バブバブ化計画」を発動するため秘密要塞・ラブスターは宇宙へ飛んだ。八尾とみさえは、バブバブパワーの純度を高めた光線を浴び、記憶を失ってしまう。
地球のかすかべ防衛隊(風間くん・ネネちゃん・マサオくん・ぼーちゃん)と通信することができ、しんのすけを助けるために宇宙へと向かったかすかべ防衛隊。

しんのすけを助けるために宇宙に飛んだかすかべ防衛隊だが、ラブスターに見つかってしまう。武器を搭載していないラブスターは『さっさとバブバブしろ!』と怒るチチシリの命令で、バブバブパワーで攻撃する。
『撃て!撃て!』と喜ぶチチシリに、子供にされ記憶を失った八尾が興味津々で絡むと、チチシリは八尾を怒鳴り泣かせる。あやそうとするが上手くいかない。

子供の成長を説いた、ひろしの見出しのセリフ。
ひろし『たった一人の子供にも言う事を聞かせられないのに 何が「人類バブバブ化計画」だ!』
チチシリ『シリリ…』
シリリ『…お願い父さん…もう止めて!』
ひろし『俺たちを元に戻せ!!』
チチシリ『子供が大人に指図するな! あとお前! 尻をしまえ!!』
しんのすけ『断る! オラ お尻は出したいときに出すタイプ!』
凛々しい顔でチチシリに反抗するしんのすけ。
チチシリ『…生意気なぁ』
ひろし『子供が生意気なのは… 成長してるってことだ』
チチシリ『…野蛮人め そいつらを捕まえろ! 全員赤ん坊にしてやる』
チチシリの部下に囲まれた野原一家とシリリ。
ひろし『…よし 作戦開始だ!』
身構える野原一家とシリリ。
ひろし『野原一家とシリリ!』
野原一家・シリリ『 宇宙でもファイヤー!!』

野原一家とシリリは、チチシリへの反撃を開始した。

…父さん オレは友達を見捨てて帰ったりしない!

宇宙人・シリリ

「人類バブバブ化計画」を発動するため秘密要塞・ラブスターは宇宙へ飛んだ。八尾とみさえは、バブバブパワーの純度を高めた光線を浴び、記憶を失ってしまう。
地球のかすかべ防衛隊(風間くん・ネネちゃん・マサオくん・ぼーちゃん)と通信することができ、しんのすけを助けるために宇宙へと向かったかすかべ防衛隊。

シリリがチチシリの気を引き、しんのすけが攻撃をした。バブバブパワーの銃を奪ったひろしとシリリは、チチシリではなく船員に向かってバブバブパワーを浴びせた。子供になった船員たちは役に立たなくなり、ラブスター内はまるで保育園のようになる。『これでスクスクパワーを使うしかないぞ!』と作戦成功を喜ぶひろしだが、目の前をバブバブパワーを浴びて赤ん坊に戻り、ハイハイするしんのすけが通って行く。

チチシリは子供になった船員に手を焼き、やむなくスクスクパワーを使った。それにより、ひろしもみさえも大人に戻れた。ひろしはバブバブパワーを貯めた装置に『見てろ 大人の力を! 何が人類バブバブ化計画だ!』とドロップキックをするがビクともしない。
そこへ、ラブスター内を浮遊する操縦席をおもちゃにしたしんのすけが『空飛ぶ円盤だぞぉ』とやってきて、バブバブパワー装置にぶつかる。倒れそうになったバブバブパワー装置を支えるチチシリは『こんな事で人類バブバブ化計画は終わらなーい』と言う。
入口が分からずに困っていたかすかべ防衛隊が突っ込んで来て、ラブスターに穴を開け、装置を壊し、貯めたバブバブパワーは全て無くなってしまい、ラブスターも『コントロール不能!』となり、大気圏突入する。

ラブスターから脱出する時に見出しのセリフで、チチシリに反抗したシリリであった。
チチシリ『もうこんな星知るかっ! 好きなだけ戦争でもサービス残業でもしてればいいんだぁ! 総員退避! ナースバディに帰るぅ』
野原一家とかすかべ防衛隊は、シリリの操縦する宇宙船で地球へ戻る事になった。
チチシリ『シリリ』
シリリ『父さん…』
チチシリ『帰るぞ シリリ!』
シリリ『…父さん オレは友達を見捨てて帰ったりしない!』

シリリの操縦で無事に地球へと戻った野原一家とかすかべ防衛隊だが、宇宙船は壊れてしまい、シリリはナースバディ星に帰る事ができなくなる。
みさえ『…これじゃ もう飛べないわね』
シリリ『いいんだ…』
シリリは宇宙船のリモコンを海へ投げた
シリリ『自分で決めた事だから…』
しんのすけ『地球にもロケットがあるぞぉ』
シリリ『原始的なロケットじゃ ナースバディまで帰るのは無理だ』
みさえ『好きなだけウチに居ていいのよ』
ひろし『ああ』
しんのすけ『そうだぞ オラのお尻は永遠に不滅だぞ!』
シリリ『…ありがとう』

野原家の庭で花火をしていると、また流れ星を見つけ願い事をする。
それはシリリの母・ハハシリの乗った宇宙船で、シリリを迎えに来てくれたのだった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

クレヨンしんちゃん(クレしん)のネタバレ解説まとめ

1990年に臼井儀人が『漫画アクション』で連載を開始した漫画、および同作を原作に据えたアニメ作品。埼玉県春日部市にすむ、破天荒な「嵐を呼ぶ園児」野原しんのすけと、周囲の人間が巻き起こすドタバタギャグを描く。2009年に臼井儀人の逝去により絶筆。翌年、臼井儀人のアシスタントらによる「UYスタジオ」が『新クレヨンしんちゃん』と題して連載を引き継いだ。

Read Article

SHIROBAKO(シロバコ)のネタバレ解説まとめ

2014年10月~2015年3月に放映された日本のオリジナルテレビアニメーション作品。P.A.WORKS制作、監督は水島努。同じ高校のアニメーション同好会でアニメを作っていた、あおい、絵麻、しずか、美沙、みどりが、いつか共にアニメを作るという夢を抱えながら、それぞれの道で懸命に奮闘するアニメーション業界の日常を描いた群像劇である。全24話。

Read Article

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

NEW

TARI TARI(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『TARI TARI』とは、2012年にP.A.WORKS制作によって放送されたオリジナルテレビアニメ及びそれを原作とした漫画。神奈川県藤沢市や鎌倉市などの江ノ電沿線を舞台に、音楽科が有名な高校に通う男女5人の生徒が、それぞれ悩みを抱えながら自分の夢を叶えるために合唱部を発足し、高校生活最後の夏を笑って、悩んで、時には喧嘩をして、そして恋もしながら親友たちと共に成長していく物語であり、彼らの青春に多くの感動や称賛を得て、発売されたBlu-rayは放送終了後の週間BDランキングの総合首位となった。

Read Article

ガールズ&パンツァー(ガルパン)のネタバレ解説まとめ

『ガールズ&パンツァー』とは、監督・水島努によるアニメ、及びそれらを原作としたマンガ、ゲーム作品。 架空の競技「戦車道」をテーマに、主人公・西住みほが率いる大洗女子学園戦車道チームの奮闘を描く。 2012年にテレビアニメが放送され、幕間劇を描くOVAが2014年に発売。2015年には続編が劇場映画として制作された。

Read Article

妖怪アパートの幽雅な日常(Elegant Yokai Apartment Life)のネタバレ解説まとめ

「妖怪アパートの幽雅な日常」は「香月日輪」による小説作品。2003年から原作小説が発売し、全10巻。2017年に「シンエイ動画」製作でアニメ化。「あにめのめ」枠で放送された。親を亡くし親戚の家で暮らしていた主人公「稲葉 夕士」は、縁あって格安アパート「寿荘」へ入居する。そこは人間だけではなく、妖怪や幽霊も住んでいる妖怪アパートであった。

Read Article

侵略!イカ娘(Squid Girl)のネタバレ解説まとめ

「侵略!イカ娘」とは安部真弘による漫画、及び2010年にディオメディア製作のアニメーション作品。2011年には第二期「侵略!?イカ娘」が放送された。主人公である「イカ娘」の「~じゃなイカ?」「~でゲソ」という口調がネットで流行し、2010年度ネット流行語大賞銅賞を受賞した。「イカ娘」は人類を侵略するために地上に現れるが、海の家「れもん」で働く事になってしまう。日常ドタバタコメディ。

Read Article

NEW

あたしンち(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

1995年6月からけらえいこ原作で朝日新聞より連載が開始された日常コメディ漫画。その後メディアファクトリーよりコミック化される。母、父、長女のみかん、弟のユズヒコの4人家族「タチバナ家」の日常が繰り広げられる。みかん・ユズヒコの学校生活や友達とのやりとり、母の友好関係、父の仕事などからリアルな描写が描かれている。他にも個性的なキャラクターが多く登場。アニメ化や映画化もされており長年根強いファンを獲得している。

Read Article

クレヨンしんちゃん「殴られうさぎ」の逆襲まとめ

「殴られうさぎ」は、よくネネちゃんが怒ったときにドカドカ殴るーーアレです(笑)。しかしそんな当たり前の光景ですが、いつしかその「殴られうさぎ」に感情が芽生え始め、結果的にネネちゃんに逆襲・悪夢をお見舞いする回が存在するのです(笑)。そのホラー度は巷のホラー映画を遥かに凌駕する怖さなので、今回はそれをまとめてみました。(画像は自撮りです)

Read Article

「クレヨンしんちゃん」から消えたor消えてきた人物や行為まとめ

「クレヨンしんちゃん」は、1990年からの漫画の連載が始まり、現在でもとてもとても大人気なアニメです。しかしそこには時代の変遷に従って、もちろん絵のタッチの変更などはありましたが、大きく消えてしまったものがたくさんあるのです。それは人物を始め、ある行為全般やリアルタイムの事件や事例に基づいて消去を余儀なくされたものから、数多く存在するのです。今回はそれらを画像と一緒にまとめました。

Read Article

クレヨンしんちゃんネーミングセンスがアレな人まとめ

クレヨンしんちゃんに出てくる登場人物の中には、風間トオルやまつざか梅先生のようなまともな名前の人もいる中で、一度っきりだからいっかみたいなアレなネーミングな方がたくさんいらっしゃいます。そんな中でも、かなり特徴的かつ面白かった人物をまとめたので、ご紹介していきたいと思います。

Read Article

永遠の五歳児。クレヨンしんちゃんのしんのすけが成長した姿を妄想したファンアートまとめ

「永遠の五歳児」としてお子様に大人気のクレヨンしんちゃんの主人公・野原しんのすけ。いつも我々を楽しませてくれるしんちゃんですが、たまには大人になった姿も見てみたいですよね? そんな妄想を叶えてくれたのが坂取さん(@_nnbn_)のファンアート。ちょっと大人っぽくなったしんちゃんが見れる貴重なイラストをご紹介したいと思います☆

Read Article

ついに公式でも完全復活!今だからこそまとめてみた「クレヨンしんちゃん」ぶりぶりざえもんの英雄伝

2016年5月の放送をもって、ついに公式で完全復活しました!待望のぶりぶりざえもんです!ぶりぶりざえもんこと略してぶりざえは、アニメや漫画で登場した当時のころから、いろんな意味で話題となってきた、もはや「クレヨンしんちゃん」で忘れてはならないキャラクターの一匹!(ぶただからねb)今回はそんな完全復活を記念して、ぶりざえの英雄伝をまとめてみました。

Read Article

《クイズもあるよ!》「クレヨンしんちゃん」に出てくる芸能人まとめ

「クレヨンしんちゃん」では、毎年公開される映画にはもちろんのこと、通常の時間帯での放送でも、たびたび芸能人の方がよく登場してますよね。しんちゃんの世界での絵コンテ・タッチというだけあって、その特徴をとらえた愛着あるキャラクターは、見ているだけで面白いものです。また、アフレコも御本人がやっていることもあり、本当にしんちゃんの世界に居るみたいです。今回は、そんなしんちゃん世界の芸能人をまとめました。

Read Article

目次 - Contents