クレヨンしんちゃん(クレしん)の名言・名セリフまとめ

『クレヨンしんちゃん』とは、埼玉県春日部市を舞台とした臼井儀人による漫画作品。5歳の幼稚園児・野原しんのすけとその家族を中心に、友達や周囲の人を巻き込んだドタバタコメディー作品である。
青年漫画として連載開始したが、アニメ化により子供に人気が出た結果、原作漫画も子供を意識した内容にシフト。家族や仲間の大切さを描くようになった。
親子で楽しめる作品となっており、大人の心にも響く名言・名セリフが多いことも、作品が愛され国民的アニメとなった要因である。

『クレヨンしんちゃん』の概要

『クレヨンしんちゃん』とは、臼井儀人による漫画作品。1990年に『漫画アクション』(双葉社)で連載を開始し、2000年に『まんがタウン』に移籍する。臼井の死去のため2010年に連載終了したが、同年からアシスタントらにより『臼井儀人&UYスタジオ』名義で『新クレヨンしんちゃん』が連載されている。アニメは1992年からテレビ朝日系列で放送開始。当初、シンエイ動画上層部からは「半年持たせてくれ」と言われており、シンエイ動画社内でも力を入れていた作品ではなかったようである。
作品は青年漫画として連載開始したため、当初は性的な描写やどぎつい風刺も目立つ作品であったが、アニメ化により子供に人気が出た結果、原作漫画も子供を意識した内容にシフトし、家族や仲間の大切さを描いたエピソードが目立つようになる。アニメ放送後、しんのすけの口調を真似する子供が急増し、日本PTA協議会主催の「子どもに見せたくない番組」アンケート(2012年調査中止)では、毎年上位にランクインされているが、2003年に『週刊朝日』が「クレヨンしんちゃんのどこが悪い」という反論記事を掲載している。アニメに対して否定的な見解が残る一方で、「幼児の本音を表す国民的漫画」などと評される場合もあり、教科書や子育て参考書でも掲載されている。映画化10周年記念作品『嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』を原案とした時代劇映画『BALLAD 名もなき恋のうた』が草彅剛・新垣結衣らの出演で製作されるなど、劇場版クレヨンしんちゃんの評価も高まっている。また、アジア・ヨーロッパ・北アメリカなどでアニメや劇場版が放送・公開され、日本のみならず海外でも人気の高い作品となっている。
アイドルがよく『クレヨンしんちゃんのモノマネします』と言う事が多く、認知度、人気の高さをうかがわせる。2009年9月11日、原作者の臼井儀人が不慮の死を遂げ、原作漫画は未完のままとなったが、同年9月29日にテレビ朝日は記者会見で『継続の方向で話を進めている』と語り、放送は継続となった。臼井死亡確認後、初の放送分では、冒頭にお悔やみの言葉を添えて放送された。
原作連載が大人向け、アニメは子供向けであるため親子で楽しめる作品となっており、大人の心にも響く名言・名セリフが多いことも『クレヨンしんちゃん』が愛され国民的アニメとなった要因である。

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』

あらすじ・ストーリー

ある朝の野原家。貧相な朝食にとてもご機嫌斜めなしんのすけ・ひろし・ひまわり・シロ。貧相な朝食の理由は、みさえが数か月前から家計をやりくりして購入した、夕食の高級焼肉の為であった。少し予算オーバーしたためにそのような朝食になったことに納得した一同。
有限会社スウィートボーイズのボスの兄で、弟(スウィートボーイズのボス)の野望を阻止しようと催眠装置の起動装置を持って逃亡している白衣の男が助けを求めて野原家の塀を突き破り、転がり込んでくる。白衣の男を追ってきた有限会社スウィートボーイズに危険を感じた野原一家は逃げ出した。野原一家はどういうわけか警察やマスコミから凶悪犯一家として指名手配され、有限会社スウィートボーイズから追われる事になり、やむなく春日部から逃亡する。
有限会社スウィートボーイズの本部は熱海にあると知った野原一家は、スウィートボーイズから逃げながら本部のある熱海を目指すが、離れ離れになってしまう。それでも、ひろしはひまわり・シロと共に、みさえ・しんのすけは単身で熱海を目指した。
しんのすけは字が読めないために春日部に戻ってしまい、マサオの家を訪ねると、風間くん・ネネちゃん・ぼーちゃんもいた。マサオくん・風間くん・ネネちゃん・ぼーちゃんはお菓子に目がくらみ、しんのすけをスウィートボーイズ幹部に引き渡し、しんのすけを裏切るのだった。しかし、心を改めたかすかべ防衛隊はしんのすけを助け、一緒に熱海を目指す。
「一家で焼肉を食べるんだ!」と、野原一家はそれぞれ熱海へとたどり着き、合流を果たした。そこでスウィートボーイズ幹部たちをやっつけた野原一家は、催眠増幅装置を使い、スウィートボーイズのボス自身が熱海になるという野望を抱くのだが、計画の実行直前に白衣の男が催眠装置の起動装置を持って逃亡。白衣の男は野原一家との朝の会話を録音して起動パスワードにしていた。有限会社スウィートボーイズは「熱海サイ子」を起動させるべく野原一家を執拗に追っていたのだった。野原一家は、有限会社スウィートボーイズのアジトへ乗り込み最終決戦を挑む。

名言・名セリフ

正義? …どーせお前ら賞金が目当てなんだろ… 片腹痛いわっ!!!

野原一家の大黒柱、野原ひろし35歳

野原一家の家が火事になってしまい、一時的に引越ししたアパートで出会ったカップル『ヨシリン&ミッチー』に捕まりそうになり、ひろしが言ったセリフ。

謎の一団に追われて、しんのすけの通う”ふたば幼稚園”に逃げ込んだ野原一家だが、そこで臨時ニュースが流れた。臨時ニュースで野原一家は、凶悪犯一家として全国指名手配・報奨金まで掛けられるのだった。
幼稚園を飛び出し、交番へ行って事情を説明しようとするが、「指名手配犯 野原一家」の立て看板を見て交番から飛び出し、春日部の町中を走る野原一家。
次の手を考えながら逃げていると、ヨシリン&ミッチーの罠で転ばされ『おぃ てめぇら!』と怒るひろし。

ミッチー『凶悪犯が怒ってるわ ヨシリン』
ヨシリン『だいじょぶだよ ミッチー おい凶悪犯一家!おとなしく正義のお縄につけ!』ミッチー『つけ!』

ヨシリン&ミッチーが「正義」を口にするが、真意を見抜いたひろしが一喝する名セリフである。

ったくもうっ ウチの男どもは情けないんだから!

野原みさえ、しんのすけ・ひまわりの母である

ひろしが報奨金目当てのヨシリン&ミッチーを一喝した後、憧れのななこを見つけたしんのすけ。『ななこおねいさ~ん』と走り寄るしんのすけ。しかし、『ごめんなさい!』と逃げるななこに、倒れこむしんのすけ。そこへ1億円の報奨金を狙った町民たちが追っかけてきた。どうにか町民たちから逃げ、商店街にある洋服屋・ブチック カスカビアンへと逃げ込むと、そこでも野原一家のニュースが流れていた。『そうだ!アクション仮面の再放送をやってるんだ』としんのすけは思い出す。
しんのすけは『傷ついたオラのハートを癒してくれるのはアクション仮面しかいないぞ』とチャンネルを変えた。すると『番組の途中だが良い子のみんなにおしらせがある』とアクション仮面とミミ子が『悪の手先 野原しんのすけを捕まえるんだ!』と指名手配していた。ショックのあまり目が点になり、その場に倒れこむしんのすけ。
『バカぁ だからよせって言ったのに』とひろしがチャンネルを変えると、『営業部係長 野原ひろしを本日付けをもって懲戒解雇とすることに決定しました』と、ひろしの勤める【双葉商事】の記者会見が流れていた。ひろしの人物像について、『あんな人の部下だったと思うとゾッとします 見損ないましたよ野原元係長 とにかく足が臭かったですね』と答える部下・川口のインタビューも流れ、ひろしもまたショックのあまりその場に倒れこんでしまう。
倒れこんで動けないしんのすけとひろしを見て言ったのが見出しのみさえの名セリフである。

ブチック(ブティック)に逃げ込んでいたので、変装して逃げる事を思いついたみさえであった。
ちなみに野原一家は、ひろし=女装、みさえ=男装、シロ=しんのすけの服を着て二足歩行、しんのすけ=ひまわりを肩車して”一人になる”、という変装であった。

…帰って焼肉だ

変装した野原一家が、ひろしの実家がある秋田へ向かおうと「野原一家指名手配のニュース」が流れる中商店街を歩いていると、隣人の北本れい子(噂好きで”歩くワイドショー”の異名を持つ)と出くわした。北本は野原一家と気付かず『前々から怪しいと思ってたのよね』と変装したひろしとみさえにいい加減なことを聞かせていると、ひまわりが気張り出し、『ウンチだー!!』としんのすけが慌てふためく。慌てふためくしんのすけは女装したひろしにぶつかり、カツラが落ちて北本に変装がバレて、謎の一団に見つかった野原一家。変装を解き、地下通路を逃げるがそこには”下田”という男が待っていた。
名刺を貰い謎の一団が「有限会社スウィートボーイズ」という組織で、下田は幹部であると知った野原一家。下田は『ウチの組織行ってアレを出してよ』と言われるが、『でもオラたち何も持ってないよ』としんのすけは答えた。下田が”秘密”を話そうとすると、ボスの直轄部隊で組織の幹部・天城が現れ、下田部隊と天城部隊の2つの部隊から追われることになってしまった野原一家であった。
太り気味の下田が地下通路でハマってしまったことで上手く逃げ出す野原一家だが、その途中で秋田の父(野原銀の介)が重要参考人として警察に連行される映像を見る。

公園の遊具に隠れた野原一家。
みさえ『きっと私の実家の方も同じね… 家には帰れないし…』
空を見つめるひろし
ひろし『… 何で俺たちがこんな目に遭わなくちゃならないんだ アイツら俺たちの何が欲しいってんだ』
みさえ『…物じゃないって言ってたわね』
しんのすけ『世界が変わっちゃうって言ってたよ』
ひろし『あの下田とかいう奴 本部は熱海にあるって言ってたな… …行こう熱海へ』
みさえ&しんのすけ『えー!?』
ひろし『もともと誤解から始まったことなんだ アイツらのボスに会って誤解を解けば …今夜は家で焼肉が食える』
みさえ&しんのすけ『おぉー!』
ひろし『思い出せ 冷蔵庫の中で俺たちを待っている肉を!』
ニヤけるしんのすけたち
ひろし『…帰って焼肉だ』
野原一家『うん!帰って焼肉!』

スウィートボーイズに追われる理由を考えながら、今夜の焼肉に思いを馳せ家族を鼓舞させるひろしの見出しの名セリフである。

後戻りは嫌いだな

女装したひろしに一目惚れしているトラックの男

公園の遊具で『帰って焼肉!』と奮起した野原一家は、スウィートボーイズのボスに話しをして、誤解を解こうと熱海を目指す。
ヒッチハイクで熱海へ行こうと考えたひろしに『ねぇ 女の方が停まってくれるんじゃない?』とみさえは提案し、みさえがヒッチハイクを始める。
群馬ナンバーの車が通り、『イェ~イ!』とウィンクしながら親指を立てるみさえに、衝撃を受けるひろし・しんのすけ・ひまわり・シロ。その群馬ナンバーの車はそのまま過ぎ去って行くのだった。その後、千葉ナンバーの車には『ウッフゥ~ン』と”お色気ヒッチハイク”を試みる。そこでも衝撃を受けるひろし・しんのすけ・ひまわり・シロ。千葉ナンバーの運転手は”お色気ヒッチハイク”に恐怖を覚えて震え出し、植え込みの木に車をぶつけてしまう。そこへ『だいじょ~ぶですかぁ~』とみさえが走り寄ると、恐怖におののく千葉ナンバーの運転手は慌てて逃げて行った。
その様子に業を煮やし『みさえ!やっぱり俺がやる!』とひろしは再び女装し、車を待った。みさえは『何考えてんのよ!あんなんで捕まるわけないじゃない!』とふくれっ面だが、そこへ多摩ナンバーのトラックが通りかかる。女装したひろしはその場に倒れこみ『ゲッチュー』と親指を立てる。そんなひろしに、みさえ・しんのすけ・ひまわり・シロは白目を剥いて衝撃を受けるがトラックが停まり、ヒッチハイクは成功する。

運転中、女装したひろしを見つめ続けるトラックの男は、女装したひろしを口説いていた。『騙して悪かった』と自分が男であること、妻子がいることを告げるが「男女関係ないグローバルな人」であるトラックの男は意に介さないのだった。荷台に乗っている家族に助けを求めるひろしだが、みさえは『そんな 失礼よ… 乗せてもらってるのに…』、しんのすけは『…そうそう チューくらいするのが礼儀ってもんだぞぉ…』、ひまわりは『たぁいたぁい…』と目を逸らされるのだった。キスを迫るトラックの男に『ま…待ってくれ!俺たちどーしても熱海に行かなくちゃならないんだ!ちょっと話を聞いてくれ』と事情を説明するひろし。
ひろしから事情を聞いたトラックの男は『変態どもがっ!アンタをそんな目に遭わせるなんて許せねぇ!!』と怒りを露わにし、『安心しろ オレが責任を持って熱海まで送ってやる』と言うのだった。ひろしが『本当かい!?』と言うと、『その代わり… …オレと正式に付き合って欲しい…』とお願いされるのだった。
熱海への道中、検問をしていたため焦るひろし。ひろしの『ど…どうする!?戻るか?』という問いに、見出しのセリフで答えたトラックの男であった。

トラックの男は検問をトラックで突破する。検問所には下田もおり、下田は『少佐ー!突破されたー!』とスウィートボーイズ幹部の堂ヶ島少佐に報告。
堂ヶ島部隊のSUV車に追われるも車幅の違いを利用して、あぜ道で堂ヶ島部隊を振り切ったトラックの男と野原一家。安心したのも束の間、今度は下田部隊がセグウェイで野原一家を追いかけてきた。下田の投げたカラーボールで視界を奪われトラックは転倒。そこで下田部隊と交戦となり、逃げ惑う野原一家。『アンタは家族と逃げろ!』とトラックの男は体を張って野原一家を助けた。
下田部隊のセグウェイに追いかけ回され、離れ離れになる野原一家であった。

これからは一緒だ 熱海まで責任持ってしんのすけを連れて行くから安心してくれ!

”かすかべ防衛隊”の面々。左からネネちゃん・マサオくん・風間くん・しんのすけ・ぼーちゃん

野原一家は、女装してヒッチハイクしていたひろしに一目惚れしたトラックの男と熱海へ向かう途中の検問所を突破する。検問所に居た下田は『少佐ー!突破されたー!』とスウィートボーイズ幹部の堂ヶ島少佐に報告。堂ヶ島少佐の部隊がSUV車で追ってくるが、車幅を利用してあぜ道で振り切った野原一家とトラックの男。今度は下田部隊がセグウェイで追ってきた。下田の投げたカラーボールで視界を奪われ、転倒するトラック。トラックの男の助けもありその場から逃げ出す野原一家だが下田部隊のセグウェイに追いかけ回され、野原一家は離れ離れになってしまうのだった。

一人になってしまったしんのすけは、標識に書いてあった字を【春(あ)日(た)部(み)】と読み、春日部に戻るのだった。
春日部に戻ってしまったしんのすけはマサオくんの家に行った。マサオくんの家には幼稚園の友達で結成した”かすかべ防衛隊”の風間くん・ネネちゃん・ぼーちゃんも居た。しんのすけの「どうしたの?元気がないぞ」の問いに、歯切れ悪く答える風間くん・ネネちゃん・マサオくん・ぼーちゃんであった。それはしんのすけをスウィートボーイズ幹部の天城に密告しているからだった。風間くん・ネネちゃん・マサオくん・ぼーちゃんは報酬のお菓子を貰うが、喜べないでいた。

天城に捕まったしんのすけだが、天城のスカートをめくり逃げ出すのだった。
壁をよじ登るしんのすけを天城部隊はスチーム、高枝切りばさみ、掃除機で捕えようとする。『子供 次は当てるわよ』と天城が通告するが逃げるしんのすけ。壁を登るしんのすけに高圧洗浄機を噴射しようとした天城部隊だが、ギリギリのところでしんのすけはぼーちゃんに助けられるのだった。
そこにはかすかべ防衛隊の面々が助けに来ていた。友情の場面となり、見出しのセリフとなった。

ぼーちゃん『もう 大丈夫』
風間くん『しんのすけ あの後… 皆で話し合ったんだ… やっぱりしんのすけを信じようって …裏切って…ホントにゴメン!』
ネネちゃん『ごめんなさい!』
ぼーちゃん『ごめん』
マサオくん『ゴメン!』
風間くん『これからは一緒だ 熱海まで責任持ってしんのすけを連れて行くから安心してくれ!』
しんのすけ『…ありがとう』

帰ったら… ボクがどれだけ勇ましく戦ったかを… あいちゃんに伝えてくれ…

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

クレヨンしんちゃん(クレしん)のネタバレ解説まとめ

1990年に臼井儀人が『漫画アクション』で連載を開始した漫画、および同作を原作に据えたアニメ作品。埼玉県春日部市にすむ、破天荒な「嵐を呼ぶ園児」野原しんのすけと、周囲の人間が巻き起こすドタバタギャグを描く。2009年に臼井儀人の逝去により絶筆。翌年、臼井儀人のアシスタントらによる「UYスタジオ」が『新クレヨンしんちゃん』と題して連載を引き継いだ。

Read Article

SHIROBAKO(シロバコ)のネタバレ解説まとめ

2014年10月~2015年3月に放映された日本のオリジナルテレビアニメーション作品。P.A.WORKS制作、監督は水島努。同じ高校のアニメーション同好会でアニメを作っていた、あおい、絵麻、しずか、美沙、みどりが、いつか共にアニメを作るという夢を抱えながら、それぞれの道で懸命に奮闘するアニメーション業界の日常を描いた群像劇である。全24話。

Read Article

妖怪アパートの幽雅な日常(Elegant Yokai Apartment Life)のネタバレ解説まとめ

「妖怪アパートの幽雅な日常」は「香月日輪」による小説作品。2003年から原作小説が発売し、全10巻。2017年に「シンエイ動画」製作でアニメ化。「あにめのめ」枠で放送された。親を亡くし親戚の家で暮らしていた主人公「稲葉 夕士」は、縁あって格安アパート「寿荘」へ入居する。そこは人間だけではなく、妖怪や幽霊も住んでいる妖怪アパートであった。

Read Article

ガールズ&パンツァー(ガルパン)のネタバレ解説まとめ

『ガールズ&パンツァー』とは、監督・水島努によるアニメ、及びそれらを原作としたマンガ、ゲーム作品。 架空の競技「戦車道」をテーマに、主人公・西住みほが率いる大洗女子学園戦車道チームの奮闘を描く。 2012年にテレビアニメが放送され、幕間劇を描くOVAが2014年に発売。2015年には続編が劇場映画として制作された。

Read Article

侵略!イカ娘(Squid Girl)のネタバレ解説まとめ

「侵略!イカ娘」とは安部真弘による漫画、及び2010年にディオメディア製作のアニメーション作品。2011年には第二期「侵略!?イカ娘」が放送された。主人公である「イカ娘」の「~じゃなイカ?」「~でゲソ」という口調がネットで流行し、2010年度ネット流行語大賞銅賞を受賞した。「イカ娘」は人類を侵略するために地上に現れるが、海の家「れもん」で働く事になってしまう。日常ドタバタコメディ。

Read Article

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

《クイズもあるよ!》「クレヨンしんちゃん」に出てくる芸能人まとめ

「クレヨンしんちゃん」では、毎年公開される映画にはもちろんのこと、通常の時間帯での放送でも、たびたび芸能人の方がよく登場してますよね。しんちゃんの世界での絵コンテ・タッチというだけあって、その特徴をとらえた愛着あるキャラクターは、見ているだけで面白いものです。また、アフレコも御本人がやっていることもあり、本当にしんちゃんの世界に居るみたいです。今回は、そんなしんちゃん世界の芸能人をまとめました。

Read Article

「クレヨンしんちゃん」から消えたor消えてきた人物や行為まとめ

「クレヨンしんちゃん」は、1990年からの漫画の連載が始まり、現在でもとてもとても大人気なアニメです。しかしそこには時代の変遷に従って、もちろん絵のタッチの変更などはありましたが、大きく消えてしまったものがたくさんあるのです。それは人物を始め、ある行為全般やリアルタイムの事件や事例に基づいて消去を余儀なくされたものから、数多く存在するのです。今回はそれらを画像と一緒にまとめました。

Read Article

クレヨンしんちゃん「殴られうさぎ」の逆襲まとめ

「殴られうさぎ」は、よくネネちゃんが怒ったときにドカドカ殴るーーアレです(笑)。しかしそんな当たり前の光景ですが、いつしかその「殴られうさぎ」に感情が芽生え始め、結果的にネネちゃんに逆襲・悪夢をお見舞いする回が存在するのです(笑)。そのホラー度は巷のホラー映画を遥かに凌駕する怖さなので、今回はそれをまとめてみました。(画像は自撮りです)

Read Article

ついに公式でも完全復活!今だからこそまとめてみた「クレヨンしんちゃん」ぶりぶりざえもんの英雄伝

2016年5月の放送をもって、ついに公式で完全復活しました!待望のぶりぶりざえもんです!ぶりぶりざえもんこと略してぶりざえは、アニメや漫画で登場した当時のころから、いろんな意味で話題となってきた、もはや「クレヨンしんちゃん」で忘れてはならないキャラクターの一匹!(ぶただからねb)今回はそんな完全復活を記念して、ぶりざえの英雄伝をまとめてみました。

Read Article

永遠の五歳児。クレヨンしんちゃんのしんのすけが成長した姿を妄想したファンアートまとめ

「永遠の五歳児」としてお子様に大人気のクレヨンしんちゃんの主人公・野原しんのすけ。いつも我々を楽しませてくれるしんちゃんですが、たまには大人になった姿も見てみたいですよね? そんな妄想を叶えてくれたのが坂取さん(@_nnbn_)のファンアート。ちょっと大人っぽくなったしんちゃんが見れる貴重なイラストをご紹介したいと思います☆

Read Article

クレヨンしんちゃんネーミングセンスがアレな人まとめ

クレヨンしんちゃんに出てくる登場人物の中には、風間トオルやまつざか梅先生のようなまともな名前の人もいる中で、一度っきりだからいっかみたいなアレなネーミングな方がたくさんいらっしゃいます。そんな中でも、かなり特徴的かつ面白かった人物をまとめたので、ご紹介していきたいと思います。

Read Article

目次 - Contents