MONSTER(モンスター)のネタバレ解説まとめ

『MONSTER』とは、浦沢直樹による漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。
舞台は1980年代後半から90年代後半のヨーロッパ。
日本人の天才脳外科医・テンマは強盗事件にまきこまれ重傷を負った少年・ヨハンの命を助ける。しかし、その9年後にヨハンと再会したテンマは、彼が平気で殺人を繰り返す殺人鬼であることを知る。
殺人鬼・ヨハンを生き返らせてしまったことに責任を感じたテンマは、その責任を果たすため、ヨハンを抹殺する旅に出る。

狙われるエヴァ

「メガネの男」から、エヴァを殺害するよう命令されるマルティン。

一方、ロベルトが自分を狙っているということに気が付くエヴァ。彼女のもとにマルティンと名乗る男がやってくる、マルティンは上司の「メガネの男」から、エヴァをフランクフルトまで連れてくるよう頼まれたという。男がロベルトの一味ではないと判断したエヴァは彼に従うことにする。

フランクフルトについたエヴァは、「メガネの男」から「指定されたいくつかのパーティーに出席すること」を頼まれたという。
チャペックは、ある若い男をヨハンに引き合わせたいと思っていた。しかし、チャペック本人はヨハンの顔を知らなかった。
実は、エヴァは偶然ヨハンの顔を見たことがあり、ヨハンの顔を知っていた。
そのため、チャペックは自分が出席するいくつかのパーティーにエヴァも出席させ、そのパーティーのうちのどれかに参加しているはずのヨハンを、自分たちに引き合わせてほしいと思っていたのだ。
ある日のパーティーでエヴァは、1人の若い金髪の男を指さす。すると、「メガネの男」によって、金髪の男のもとに別の若い男が連れてこられた。

その後、マルティンは金髪の男・ヨハンにその若い男を引き合わせるのがエヴァの仕事であり、それが終わったら用済みとなったエヴァは殺されるのだと直感する。
「メガネの男」を訪れたマルティンは、彼にエヴァを殺害するよう指示される。

エヴァの寝言を聞いたマルティンは、彼女の殺害を思いとどまる。

「メガネの男」によりエヴァの殺害を命じられたマルティンだが、なかなか決心がつかない。
そんな彼に、パーティーで「メガネの男」に連れてこられた若い男は、「エヴァだって死にたがっているんだから、それを手助けしてやるのは良いことだ」と助言する。
気持ちが揺らぎ、眠っているエヴァに銃口を突き付けるマルティンだが、エヴァが寝言でテンマの名前をつぶやいているのを聞き、「誰も死にたがってなんていない」と思い直す。そして、エヴァを助ける決心をする。

エヴァを逃がすマルティンだが、追手に撃たれ、重傷を負う。
マルティンは、自分の知りえた情報を伝えようとテンマのもとを訪れる。
マルティンは、テンマに「赤いバラの屋敷」の実験はまだ続いていること、「メガネの男」ことペトル・チャペックは独裁者を作ろうとしていること、「悪魔の弟子」ことチャペックに連れてこられた若い男の住所などを伝え、絶命する。
テンマはエヴァに再会し、マルティンの死を伝える。さらに、ミュンヘンのDr.ライヒワインのもとに身を隠すよう指示する。

ニナの記憶が蘇り、双子の出生の秘密が明らかに

全てを思い出したニナは、フランクフルトに向かう。

一方、「3匹のカエル」に通い続けるニナは、ある日すべての記憶を取り戻しかける。しかし、彼女を心配して付いてきていたディーターに、記憶を思い出すことを大声を出して止められたことより、記憶はギリギリのところで蘇らなかった。

ディーターとともにDr.ライヒワインのもとに戻ったニナは、Dr.ライヒワインにすべての記憶を取り戻したいと相談する。
その後、Dr.ギーレンの催眠療法により、すべての記憶を思い出すニナ。彼女は思い出したことをすべてテンマにすべて話し、彼を救うために、テンマのいるフランクフルトに向かう。

ペトル・チャペックとともに闇の組織に所属していた男・通称「赤ん坊」が殺されたというニュースが流れる。
生前、ヨハンに対する不信感を口にしていた「赤ん坊」の死を受け、チャペックはヨハンに対する恐怖心を募らせる。チャペックは、自分の身を守るため、ヨハンの妹であるニナを自分のもとに連れてくるよう部下に命じる。
避難のため別荘にたどり着いたチャペックは、そこでヨハンに遭遇する。ヨハンはチャペックにフランツ・ボナパルタの居場所について尋ねた後、チャペックのもとを去った。
ヨハンと遭遇した恐怖で心神喪失状態になっているチャペックのもとに、ニナがやってくる。ヨハンがチャペックにボナパルタの居場所を尋ねたことを知ったニナは、チャペックにヨハンはどこに向かったのかと尋ねる。

チャペックはニナに、ヨハンとニナの出生の秘密を語る。

ヨハンのもとへ向かう車の中で、チャペックはニナに、ヨハンとニナの出生の秘密について話す。
ヨハンとニナは、当時行われていた「エリート同士の間に子供を作らせ、西ドイツを駆逐する優秀な戦闘員を育成する」ことを目的とした実験の結果生まれた双子だった。
双子の両親は、それぞれ優秀な軍人や有名大学の生徒といった、国家の明日を担うエリートだった。
実験によって出会わされた2人は間もなく恋に落ち、子供ができた。
しかし、自分たちをコントロールしていた実験の存在を知り、ともに逃げようとしたところを実験の関係者たちにつかまり、離れ離れにされて監禁される。
監禁後、母親のほうに、たびたび彼女を訪ね、彼女の妊婦姿をスケッチする男が現れる。
この男が実験の首謀者だということに気が付いた母親は、この男を強く憎むようになる。この男がフランツ・ボナパルタだった。
双子が生まれた後、我が子の名前を考えた母親は、子供たちに名前を付けようとするが、フランツ・ボナパルタは「名前など必要ない」といい、彼女が子供に名前を付けることを止めた。「ヨハン」や「ニナ」、ニナがフォルトナー夫妻に引き取られる前の名前である「アンナ」は、後に別の人物によりつけられた名前であった。

ニナとチャペックを乗せた車は、ついにヨハンがいる廃墟の前にたどり着く。

一方、テンマはマルティンが「悪魔の弟子」と呼んでいた男・ジーヴァーニッヒからヨハンの居場所を聞き出そうとしていた。粘った末、ヨハンの居場所を聞き出したテンマは、その場所へと向かう。

ニナが話す「3匹のカエル」と「赤いバラの屋敷」の真相

ニナが「赤いバラの屋敷」で起こった出来事について話すのを、ヨハンは何日もかけて聞いていた。

廃墟で対峙するヨハンとニナ。
ニナは、ヨハンに「あなたの知らない、本当の恐ろしい話を話す」という。

ヨハンは、自分がボナパルタらによって「3匹のカエル」から「赤いバラの屋敷」に連れていかれ、そこでたくさんの人が死んでいるのを見たことにより、自分の中の怪物性が目覚めたのだと思っていた。
しかし実際は、「3匹のカエル」から「赤いバラの屋敷」に連れていかれ、そこでたくさんの人の死体を見たのはニナのほうだったのだ。
「3匹のカエル」に帰ってきたニナを、ずっと1人で絵本『なまえのないかいぶつ』を読んで待っていたヨハンは「おかえり」と言いながら迎えた。ニナは「赤いバラの屋敷」に無理やり連れていかれた後、屋敷でたくさんの人々が死んでいるのを見たということをヨハンに話した。そして、何日もニナの話を聞き続けたヨハンは、ニナが話した、「『赤いバラの屋敷』に無理やり連れていかれた後、屋敷でたくさんの人々が死んでいるのを見た」という彼女の体験を自分が体験した出来事のように錯覚したのだった。
「3匹のカエル」で暮らしているとき、フランツ・ボナパルタに居場所を知られるのを恐れた母親が、子供が1人しかいないとカモフラージュするため、ヨハンにも女の子の格好をさせていた。そのため、ニナの記憶の中の「おかえり」と言いながら微笑むヨハンは、自分にそっくりな女の子の姿だったのだ。

ニナがヨハンにすべて話した後、ヨハンはまた姿を消す。
彼が去った後、ボナパルタによる非人道的な、忌まわしい実験により生まれた自分を破壊するために、自殺しようとするニナだが、そこに駆け付けたテンマが彼女を止める。

全ての始まり「フランツ・ボナパルタ」のもとへ

ルンゲ警部とグリマーは、ホテルのオーナー、クラウス・ポッペの正体がフランツ・ボナパルタであることを突き止めていた。

ルンゲ警部は、小さな田舎町・ルーエンハイムを訪れていた。
さらに、同じくそこを訪れていたグリマーと出会う。
グリマーは、自分を作り出した511キンダーハイムに関する資料を追っていた。そのうちに、511キンダーハイムで行われた実験の首謀者、フランツ・ボナパルタがこの町にいるという情報をつかんだのだった。
2人は一連の事件を追ううちに、全く別のヒントからこの町にたどり着いたのだ。

一方、チェコに住むフランツ・ボナパルタの息子、リプスキーのもとにテンマが訪れる。
病院で治療を受けているニナから、リプスキーの場所を聞いたのだという。
テンマは、リプスキーにフランツ・ボナパルタの居場所を教えるよう要請する。

ルーエンハイムには大雨が降りだし、川が氾濫して陸の孤島となっていた。
さらに、住民の失踪、銃殺された犬の死骸が発見されるなど、のどかなこの町では考えられなかったことが相次ぐ。
ルンゲ警部とグリマーが滞在するホテル・「ホテルフェアシュテック」に、けがを負った巡査が転がり込んでくる。
彼は、見知らぬ男に撃たれ、さらに銃を奪われたのだという。
さらに、ホテルで働く少年・ヴィムとともにホテルに戻ってきたグリマーは、町中が死体だらけだったと話す。

ルンゲとグリマーは、ホテルに滞在する滞在する不審な老夫婦が銃をばらまいていたことを突き止め、彼らに詰め寄る。
老夫婦は、彼らの死んだ孫にそっくりな「彼」に出会い、「彼」から拳銃をばらまくよう指示されたのだという。
その時、ホテルのオーナー、クラウス・ポッペが、その「彼」の目的は自分なんだろうと問う。
ルンゲ警部とグリマーは、ポッペを見つめ、応える。

「ええ………」「その通りです、ポッペさん……」「いや……フランツ………ボナパルタ………」

「ホテル・ベウクバッハ」に到着したルンゲ警部は殺戮を指示する男のいる部屋へと向かう。

若き日のボナパルタは、当時行われていた「西ドイツを駆逐する優秀な戦闘員を育成する実験」の首謀者的な立場の人間として、この実験に深く関わっていた。
「赤いバラの屋敷」で「朗読会」を開き、自分が描いた絵本を使って子供たちを「感情のない、全く哀れみを感じない人間にする」人格改造実験を行っていた。
さらに、この「朗読会」のノウハウは511キンダーハイムでの人格改造実験にも取り入れられている。
実験の材料としてヨハンとニナの両親に目を付けたボナパルタだが、やがて双子の母親に恋をする。
この非人道的な実験に双子の母親やその子供たちを巻き込んではいけないと考えたボナパルタは、実験そのものを終わらせることに決める。
そして、「赤いバラの屋敷」で実験の関係者全員を毒殺し、死体を埋めた後、故郷であるルーエンハイムに戻ってひっそりと暮らしていたのだ。

リプスキーからもらった情報、ボナパルタの絵本を収集する絵本マニアらの情報をもとに、ボナパルタがルーエンハイムにいるとテンマは突き止める。

一方、Dr.ライヒワインのもとで保護されているニナのもとにも、差出人不明のメールが届く。メールには、「君をルーエンハイムで待っている」と書いてあった。差出人の名前はなかったが、ニナはこのメールを送ったのはヨハンだと直感する。ニナは、Dr.ギーレンとともにルーエンハイムに向かう。

ルーエンハイムにたどり着いたテンマは、町に残された住民たちを近くの町へと非難させる。
住民に、フランツ・ボナパルタことクラウス・ポッペの居場所を尋ねるテンマ。住民は、ポッペは「ホテル・フェアシュテック」にいると告げる。

ルンゲ警部は、銃をばらまいた老夫婦から、「ホテル・ベルクバッハ」にこの殺戮を指示している男がいるということを聞き出す。
「ホテル・ベウクバッハ」に向かうルンゲ警部は、その途中でテンマに出会う。
ルンゲ警部は、近くでうずくまっていた少女をテンマに引き渡し、テンマにこれまで無実の罪で追っていたことを詫びる。
「ホテル・ベウクバッハ」にたどり着いたルンゲ警部は、ホテルに乗り込み、殺戮を指示する男のいる部屋へと向かう。

グリマーは、死の間際に感情を取り戻す。

テンマは道端でうずくまる住民を発見する、この住民を、ルンゲから引き渡された少女とともに近くの町へと通じる林道まで連れて行こうとするテンマだが、少女は恐怖のあまり動きたくないという。仕方なく、テンマは少女にその場を動かないように指示して、うずくまっていた住民とともに林道へ向かう。

グリマーは、「ホテル・ベウクバッハ」で殺戮を指示している人間に殺戮をやめるよう訴えるため、「ホテル・フェアシュテック」の外へ出る。そこへ、ルンゲがテンマに引き渡した少女が走り寄ってくる。町の中に1人で置き去りにされて怖かった少女は、グリマーの姿を見て安心したのだという。しかしその時、少女はグリマーの目の前で撃ち殺されてしまう。

ルーエンハイムにたどり着いたニナとDr.ギーレンは、避難のため林道を歩く住民たちから、テンマが「ホテル・フェアシュテック」に向かったという情報を得る。2人は、「ホテル・フェアシュテック」に向かって走る。

「ホテル・フェアシュテック」の前にたどり着いたテンマは、向かいの建物から人が投げ落とされているのを目撃する。建物の中に投げ落とした人物がいるのではないかと踏んだテンマは、建物の中に侵入する。しかし、その中にいたのは、腹部から出血し、瀕死の状態のグリマーだった。
少女を目の前で殺害されたことに極度の怒りを感じたグリマーは、「超人シュタイナー」となって、この建物に乗り込み、中にいた、少女を殺害した人間とその仲間を殺したのだという。その際、腹部に重傷を負ったのだ
グリマーは、テンマにルンゲ警部が「ホテル・ベウクバッハ」にいると伝えた後、クラウス・ポッペことフランツ・ボナパルタを紹介する。
その後、グリマーは自殺してしまった自分の息子のことを思い出し、初めて悲しいという「感情」を感じる。そして、感情を感じられたことを幸せに感じながら、息を引き取る。
テンマは、グリマーの遺体を「ホテル・フェアシュテック」に運び込んだ後、ボナパルタとともに「ホテル・ベウクバッハ」に向かう。

テンマたちは、道の向こう側にヨハンが立ち尽くしていることに気が付く。

「ホテル・ベウクバッハ」に入ったルンゲ警部は、そこにいた、この殺戮を指示している男と対峙する。その男は、ヨハンの手下・ロベルトだった。
ルンゲ警部はロベルトにヨハンの居場所を尋ねるが、ロベルトは答えない。

「ホテル・フェアシュテック」にたどり着いたニナとDr.ギーレン。そこにいたヴィムから、南の高台にある「吸血鬼の小屋」と呼ばれる小屋の中に、ニナとそっくりな顔をした双子の絵があったという情報を得る。
南の高台の「吸血鬼の小屋」にたどり着いたニナとDr.ギーレンは、そこにヨハンとニナとみられる子供が描かれた大量のスケッチブックを発見する。
ニナは錯乱状態になり、子供のころに「3匹のカエル」や「赤いバラの屋敷」で体験したことを語りだす。
正気に戻ったニナは、ヨハンはついさっきまでこの小屋にいて、泣いていたのだろうと言う。
ヨハンがリーベルト夫妻を殺害した夜、信頼していた兄が自分を世話してくれていた人たちを殺していたということが許せず、ヨハンを撃ったニナ。
あの時、自分がヨハンを許してあげていれば、こんなに大勢の人が死なずに済んだという。
ニナは、今度こそヨハンを許してあげたいと話す。

一方、「ホテル・ベウクバッハ」に向かうテンマとボナパルタ。そこに、アル中の父親が人を殺していないか、心配になったヴィムもやってくる。
安全な物陰に入るよう説得しているその時、3人は道の向こう側に立ち尽くすヨハンを発見する。

何者かにより撃たれてしまうヨハン。

テンマは、ボナパルタとヴィムに物陰に隠れるよう指示し、拳銃を構えヨハンに狙いを定める。
しかし、ボナパルタに突き倒されてしまう。
ボナパルタは、「エリート同士の間に子供をらせ、優秀な戦闘員を育成する」実験を首謀し、ヨハンという「怪物」を作り出してしまったことの責任を取るため、ヨハンを殺して自分も死のうとしていたのだ。
しかし、横からやってきたロベルトに撃たれ、絶命してしまう。

ニナとDr.ギーレンは、ボナパルタを探して町を走っていた。
ヨハンと同じ実験で生まれ、ヨハンと同じように「3匹のカエル」で育ったニナ。
しかし、「赤いバラの屋敷」の惨劇を見てしまった時、ボナパルタは屋敷に連れてこられていた自分に「人間はなんにでもなれる」「君たちは美しい宝石だから怪物になっちゃいけない」と言ってくれた。
その言葉のおかげで、ニナは「怪物」にならずに済んだのだ。

ロベルトは、ルンゲ警部とのもみ合いの末、大けがを負っていた。
ヨハンの足元に倒れこんだロベルトは、「終わりの風景を見せてくれ」と懇願するが、ヨハンは「君には見えないよ」と返す。
すでに瀕死の状態だったロベルトは、ヨハンの足元に倒れこんだまま絶命する。

再びヨハンに狙いを定めたテンマは、彼を撃とうとする。
しかし、そこにやってきたニナにより止められ、思いとどまる。
ニナはヨハンに、「あなたを許す」と伝えるが、ヨハンは「取り戻せないものがある Dr.テンマは僕を撃つんだ」と返し、その場にいたディムの頭に銃口を突き付ける。
ディムがヨハンに殺されてしまうと感じたテンマは、今度こそヨハンに狙いを定め、彼を撃とうとする。
しかしその時、遠くからやってきた何者かにより、ヨハンが撃たれてしまう。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

MASTERキートン(マスターキートン)のネタバレ解説まとめ

1988年から1994年にかけて「ビッグコミックオリジナル」に連載された、勝鹿北星・浦沢直樹による漫画およびアニメ作品である。イギリスの保険調査員として日々過ごしてる平賀=キートン・太一。彼には考古学者と元特殊部隊という2つの顔がある。考古学で培った知識、特殊部隊で鍛え上げた鋼の精神と肉体を駆使して世界を飛び回る。

Read Article

マンガ「20世紀少年」のあらすじ紹介!【ネタバレ・キャラ紹介・元ネタ解説あり】

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

目次 - Contents