金色のガッシュ!!(金色のガッシュベル!!)のネタバレ解説まとめ

『金色のガッシュ!!』とは、2001年より週刊少年サンデーで連載されていた、雷句誠による漫画。それを原作としたテレビアニメが『金色のガッシュベル!!』である。
天才中学生、高嶺清麿の前に謎の少年ガッシュが現れる。この出会いによって清麿の生活は一変。不思議な本を手に、魔界の王を決める戦いに参加することになる。「優しい王様」になるために戦う中で出会いと別れを繰り返し、彼らは強くたくましく成長していく。

『金色のガッシュ!!』の概要

『金色のガッシュ!!』とは、作者の雷句誠が2001年から2008年まで少年サンデーで連載した漫画である。これを原作としたアニメが2003年4月~2006年3月まで放送された。単行本は全33巻、323話+特別編。作者の雷句誠は第48回(2002年度)小学館漫画賞受賞、第37回講談社漫画賞を受賞している。雷句誠は上京後、大ファンだった藤田和日郎(『うしおととら』『からくりサーカス』の作者)のアシスタントを6年間務めている。
モチノキ第二中学校の2年生になった高嶺清磨はMIT(マサチューセッツ工科大学)の論文さえも簡単に理解してしまう程の頭脳の持主。しかしその頭の良さに嫉妬するものも多くクラスに馴染めずにいた。そんな不登校で家に引きこもりがちな清磨の元に突如、大鷲にぶら下がり空を飛んできた全裸の子供ガッシュ・ベル。ガッシュは遠い魔界から来た魔物の子供だった。魔界では千年に一度、王を決める魔物同士の戦いがある。その戦いには100人の魔物の子供達が参加させられた。魔物達はそれぞれ本を持たされていた。ガッシュはその魔物の子の内の一人だった。戦いには人間の力を借りなければならない為、魔物達はまずパートナー探しから始める。それぞれペアを組み戦いが繰り広げられる。パートナーが本に書かれている術を読み上げ魔物の体から発動する。本が燃やされると魔物は魔界へと帰され王の戦いから脱落する。魔物同士の友情、魔物と人間との絆が生まれていく。容赦なく襲ってくる残酷冷徹な魔物達。そして憎めない愉快な魔物達も居る中で果たして王になるのは誰か?この戦いに終わりはあるのか?人間と魔物達の切なくも暖かい物語である。魔物とは言えまだ幼い子供達に強いられる王を決める戦い。戦いを拒む者、どんな卑怯な手を使ってでも勝利しようとする者。そんな中でも助け合い絆を深めていく人間と魔物のストーリーは今でもファンを魅了する作品となっている。

『金色のガッシュ!!』のあらすじ・ストーリー

中学生でありながらMIT(マサチューセッツ工科大学)の論文をいともたやすく解読してしまう程の優秀な頭脳の持主、高嶺清磨。清磨はその優秀が故にクラスメイトから嫉妬を受けクラスに馴染めず不登校になっていた。そんなある日、大鷲にしがみ付いた全裸の子供が突如空から現れたのである。「我が名はガッシュ・ベル」と名乗るその子供はイギリス
に居る清磨の父、清太郎に助けられ恩返しがしたいと申し出た。清太郎は、ならば不登校やその原因となる頭の良さで荒んでいる息子の清磨にカツを入れてやって欲しいと言われたガッシュははるばるイギリスからやって来たのだと言う。
疑う清麿にガッシュは清太郎からの手紙を見せる。紛れもなく父の字に信用はするものの、ガッシュを面倒見る気がさらさら無い清麿は「ふざけるな!」と追い出そうとした。だがその時ガッシュの口から電撃が飛び出し窓の外まで光線が放たれた。

ガッシュを危険視する清磨に母の華はガッシュの面倒を見る事、学校へ行く事を命じた。嫌気が差した清磨はガッシュから赤い本を奪い渋々、学校へと向かった。
教室で赤い本の解読を試みるが最初の一行「第一の呪文ザケル」と何故かこれだけが読める事にIQ180の頭の良い清磨も頭を抱える。そこにひそひそと聞こえる嫌な声の群れ。
クラスメイト達は清磨の頭の良さを妬み嫉みの言葉の羅列で心を突き刺す。清磨は今までずっとこれに一人で耐えていたのだった。

そしてガッシュも清磨の隣でひっそりと聞いていた。清磨が何故、学校に行くのを拒絶していたのかを知る。
ガッシュは清磨に友達を作る為「正義の味方作戦」を提案した。面倒だと思った清磨はあしらう為、「毎日の様にカモを呼び出しカツアゲをやっている不良が居る。そいつを二人でやっつけよう。俺は職員室に用があるから少し遅れていくが、俺が行くまで足止めをして欲しい」とガッシュ一人で行かせた。「恩返しだかで義理でやられても困る」と帰ろうとした時、クラスメイトの鈴芽が合唱部のコンサートのチケット代集めに屋上に行ったと言う噂を聞く清麿。最初は不良も鈴芽には何もしないだろう、いざという時は口から電撃を出すガッシュも居るから大丈夫と思ったものの、やはり気になり覗きに行ってみるとそこには金山に殴られボロボロのガッシュと泣いているクラスメイトの鈴芽が居た。

鈴芽はクラスメイトが清磨を妬んで誰も口を聞こうとしなくなっても鈴芽だけは変わらずに接していた。クラスメイトだけではなく、先生までもが清磨を馬鹿にし、話しかける鈴芽にまで馬鹿にする始末。それを知って余計に心を閉ざしてしまう清磨をいつも気にかけ心配していた。
ガッシュは不良の金山から鈴芽を守る為、どんなに殴られ蹴られても、清麿が屋上に来ると言ったのだから必ず来ると信じて、「もうすぐ清磨が助けに来るから大丈夫」と言い張る。金山は「来るわけがない」「清磨は自分以外クズだと思っている」「肩を持つ奴はいない」「あいつは永遠に来なくていい」「清麿のクラスメイトは誰も清麿に来て欲しいと思っていない」とガッシュに言う。だがそれを聞いたガッシュは怒り叫んだ。

「清磨は好きで天才になった訳じゃないんだぞ!小学校までは友達と普通に遊んでいた中学になってだんだん友達が清麿の頭の良さを妬み始めた。清麿が変わったのではない、清磨をみる友達の目が変わったんだ」
出会ったばかりなのにガッシュに自分の気持ちを即座に気付いて貰えた事と自分の味方となって怒ってくれた事に清磨は言葉を無くし、涙を流した。清磨は思い切って不良の金山と対峙するも一方的に殴られるだけだった。もう駄目だと思ったその時、ガッシュの本が目に入る。そして清磨はやっと気付く。

朝のガッシュが出した電撃は本人が出してないと言ったのは、とぼけた訳ではなく自覚がないだけ。自分の意志で出してはいなかった。「俺は本を持って偶然この呪文を唱えていた、「ふざけるな!そう、第一の術ザケル!!」
そしてガッシュの口から朝の何倍も大きい電撃が出され不良の金山の体を横切った。それから清磨はガッシュの事を調べる事となる。

不良の金山はクラスで孤立している清麿を馬鹿にした挙句、「誰も学校に来て欲しいと思っていない」と罵った。これを聞いたガッシュは怒り清麿の思いを代弁して金山に向ける。

この件により二人の距離はぐんと縮まった。
その後も二人は「正義の味方作戦」を決行した。銀行に立て籠る強盗をニュースで知る。そこには又もや鈴芽の姿。助けに向かうか迷う清磨に「走れ!考えるな!」とガッシュにカツを入れられとうとう人質を助ける為、銀行へと乗り込む。

前回と同じ様に術で銀行強盗を退治しょうとしたが何故か電撃は出ない。術を発動させるには計算づくでは出ない事、本が心に反応して発動させることが出来る事を知った清麿。ようやく強盗をやっつけ無事に人質を助けた。
更に本には新しい呪文が映し出されている事に気付く。
翌日から学校に行くと様子がおかしい。いつもの自分を攻撃するクラスメイトの眼差しとは違い尊敬の眼差しにも見えた。その理由は前日の強盗事件が新聞に載った事により周りの目が一気に変わったからであった。クラスメイトは話を聞かせてくれと自分を囲み出した。キラキラとした表情で話す清磨を見てガッシュも嬉しそうに傍らで微笑んだ。

清麿に強盗事件の話を聞く為、クラスメイト達が集まって来た。嬉しそうに話す清磨とそれを横で聞くガッシュ。

最初に襲撃してきた魔物「レイコム」と最低なパートナーの細川。この二人の出現によりガッシュは自分が魔物である事を知る事となる。細川に言われた自分は化け物と言う言葉にショックを受け清磨とも喧嘩してしまう。泣いているガッシュに野良犬が寄り添ってきた。ガッシュは自分と同じ孤独なのだと家に連れて帰るのだった。

その頃、清磨の元にシェリーと名乗るドレスを纏った女性と魔物のブラゴが現れていた。ガッシュに似た子供達は一体、何者なのか?知らない清磨にシェリーは教えた。
◦ガッシュは魔界から来た魔物である。
◦ガッシュは人間界に放たれた魔界の子供達100人のうちの一人。
◦魔界では千年に一度、王を決める戦いがある。
◦魔界で選ばれた子供達は本と共に人間界に送られ人間に育てて貰い王の座をかけて戦う。
◦本は人の心を力の源とし子供達の能力を開発する仕様説明書。
◦本が燃えて無くなれば王になる資格が失われ魔界へ強制送還される。
◦魔物の子供達は人間界で最後の一人になるまで戦い互いの本を燃やし合うバトルロイヤル。
◦最後まで生き残ったものが次の王となる。

シェリーは清磨は戦いに巻き込まれただけだから自分に本を渡せと申し出てきた。
「この戦いは本を燃やすだけでなく平気で相手を殺す子もいる。あの子と一緒に居ても災いしか降りかからない」と言うシェリー。
しかし本を渡そうとしない清磨にシェリーはイラつき攻撃をする。
そしてそれはガッシュも聞いていた。ショックを隠せず涙を流すガッシュに突如、野良犬が恐ろしい姿に変貌し襲ってきた。

野良犬は何と魔物でガッシュを襲う為に後をついてきただけだった。ガッシュの叫び声を聞いた清磨は即座に駆けつけ助けた。更にはシェリーとブラゴの攻撃も加わりピンチの中、それでも本を手放そうとしない清磨にガッシュは化け物である自分を何故助けるのか?自分には友達等いないと泣きながら問いかけるガッシュ。それに対し清磨は攻撃に耐えながらもガッシュに「わかったから、俺が悪かった」と頭を撫でて立ち上がる。

清磨はガッシュにどれだけ助けられたか?ガッシュのお陰でどれだけ環境が変わったのか?そのお返しもお礼もまだしていない事、自分にとってガッシュがどれだけ大切な存在かをシェリーに訴えかけた。だが、シェリーもまた何か大きな使命感に似たものを抱えている様だった。

互いに引かない所にブラゴが口を開いた。
「ガッシュお前は魔界で落ちこぼれだった、こっちで友達が居ないと言っていたが魔界に帰っても一人だ」と。

だがこれに清磨は怒った。「お前は一人じゃない、王を決める戦いではなく自分の運命と幸せのために戦え、俺が一緒に戦うから!ガッシュお前は俺の友達だ!」とガッシュに投げかけた。

ブラゴとシェリーに自分が魔界から来た魔物だと聞かされ、更には落ちこぼれで独りぼっちだったと知り、落ち込むガッシュに清麿が「ガッシュ、お前は俺の友達だ」と強く告げた。

邂逅編

コルルとしおり

王を決める戦いにて、心の優しいコルルはやさしい王様がいてくれたらこんなに辛い戦いはしなくて良かったのかなとガッシュに言った。ガッシュはこの件から優しい王様を目指す事となる。

最後まで本を手放そうとしなかった清磨。シェリーは今回だけは見逃すがその赤い本を燃やすのは自分達、それまで生き抜きなさいと告げ去っていった。
清磨とガッシュは自分達の他にも魔物が居ていつ襲われてもおかしくない状況だと認識した。
そんなある日、コルルと言う可愛い女の子とガッシュは公園で出会う。友達が出来たと喜んでいたが、コルルもまた同じ魔物だった。だが今までと違うのは「戦いたくない」という心の持主だった。しかし魔界では戦いの意思が弱い子には別の人格が与えられる、戦いから逃れられない様にと。
コルルはガッシュに自分の本を燃やしてくれと頼む。しかし出来ないと断るガッシュ。コルルはこのままだとまた人を傷つけてしまうと清磨にも訴えた。

清磨はガッシュにコルルの本がおかしいから見ろと促し視線を向けた瞬間、電撃の呪文「ザケル」を唱えた。ガッシュの口から雷が放たれ本は燃えてしまう。燃えている本を見て驚くガッシュに、こうしてあげる事がコルルにとって最善だと考えた結果だった。
コルルは消えゆく中ガッシュに言葉を投げかけた「魔界に優しい王様が居てくれたらこんな辛い戦いは起こらないのかな?」と。
この言葉を聞き、ガッシュは「優しい王様」を目指すことを決意しコルルに誓ったのだった。

フォルゴレとキャンチョメ

清麿が何を聞いても答えず、無視して自己紹介を続けるフォルゴレにガッシュの雷の術「ザケル」で攻撃する清麿。

清磨が熱を出し寝込んでいる時に現れたのは何とイタリアから来たという魔物のキャンチョメとパートナーのフォルゴレ。フォルゴレはミラノの人気俳優で女好き。日本の女性に会いに行って来るとキャンチョメを清麿の家に置いて一人出掛けてしまう。キャンチョメの能力は変化。清磨に変化しガッシュを騙して本を奪おうとしたが当然、清麿にあっさりと見破られゲンコツを食らう。頭にゲンコツを食らうと思っていないキャンチョメは泣きながら変化を解いて元の姿に戻った。キャンチョメは泣き虫でお菓子好き。いつも服のポケットにお菓子を入れており、この時もフォルゴレが戻るまでお菓子を食べてもいいか?と清磨に聞いていた。フォルゴレが戻ってきて戦闘になるも、ただ変化をするだけのキャンチョメと実際に攻撃出来るガッシュとでは戦いにならない。フォルゴレが帰ろうと諦めるも魔界でキャンチョメはガッシュと同じ落ちこぼれであった。ガッシュになら勝てるかもしれないと遥々イタリアから来ていた。諦めたくないと涙ながらに訴えたその時、キャンチョメの本が光り出し新しい呪文が出ていた。意気揚々と繰り出したが小さくなるだけの術で清磨の「ジケルド」と言う磁石の役割を持つ術とフライパンでいとも簡単に捕獲される。勝負が付くと「又来るよ」と二人はあっさり帰っていった。

恵とティオ

人間界に来てから色んな魔物に襲われる日々のティオ。魔界に居た頃、仲が良く信用していたマルスもティオを襲ってきた。その場に居合わせたガッシュはティオを助けると自分と同じように「やさしい王様」を目指して欲しいと告げると、ティオも一緒に目指す事を誓った。

鈴芽の友達の代わりにアイドルの大海恵のコンサートに行く事になった清磨。チケットが余っていないことからガッシュは会場に一緒に入る事が出来ない。何処か他の入り口を探す事にしたガッシュ。
一方、アイドルの大海恵は魔物のティオのパートナー。楽屋に居るティオにコンサートの中止をしようと提案していた。コンサート中、自分がティオと離れている間に魔物が襲ってくるのを恐れていた。それもずっとしつこくティオを追い回す魔物が居た事から心配する恵に勝気なティオはファンを裏切るなと強く言った。

恵は今、自分達を追ってきているのが落ちこぼれのガッシュならいいのに、そして味方になって貰いたいと言うとティオは「この戦いは周り全てが敵、自分の前に現れるのはみんな敵」だと震えながらに語る。そして始まったコンサート、裏口を守る為、待機していたティオの前に現れたのはこっそり会場に入ろうとするガッシュだった。
ガッシュを見て驚くティオ、自分はここで襲われると思った時ガッシュが自分はコンサートを見たいだけなのだと焦っている事に気付く。ガッシュは人間界に来てすぐ何者かに襲われ倒れている所を清磨の父に助けられ記憶を無くしていた。ガッシュが記憶をなくしていると聞いてホッとしたティオ。しかしそこに、ずっとティオを追い回していた魔物のマルスが襲って来た。ガッシュはティオに清磨を呼んでくる様に指示した。
しかしティオはガッシュが敵で自分を裏切ると思い清磨を呼びに行くのをやめて、今コンサートでステージの上で歌っている恵を呼びに行くティオ。

ティオの能力は守りに特化したものだった。攻撃の呪文もあるが本を燃やせる程度。
ティオは自分を倒したらコンサートにだけは手を出さないでくれと懇願する。だがマルスはお構いなしに攻撃してくる。とにかく守りに守って相手の心のエネルギーを空にする戦法を取るしかないが相手はそんな戦法を崩すことは容易だった。もうダメだと思ったその時、目の前にガッシュが立ちはだかる。

何故、戦いの邪魔をするのか?と聞くマルス。それに対しガッシュはティオが可哀そうだと答えた。「コンサートにだけは手を出さないでと頼んでいるのに攻撃を続けるお主はひどいではないか!」と怒った。それを聞いたティオは、魔界に居た頃とちっとも変っていないガッシュを見て嬉しくなり、一緒に戦う事を決意。ティオの守りの術とガッシュの電撃攻撃で勝利しマルスは倒れる。魔界に帰る為、消えゆくマルスに清磨は「馬鹿にしていた奴にやられる気分はどうだ?二度と二人を馬鹿にするな」と言い放った。ガッシュとティオは初めて共闘して敵を倒す事に成功する。ティオは何故自分と戦わないのかを聞いた。ガッシュは「優しい王様になってこんなバカげた戦いはさせない、ティオが勝ち残ってもお主なら優しい王様になれる」と答えた。
ティオは大粒の涙を流し自分も優しい王様を目指すと約束しここに又、友情が生まれた事を喜んだ。

ウマゴン

イギリスで会ったウマゴン。記憶を無くしているガッシュには判らなかったが魔界に居た頃、仲良しだった。人間界に来て大好きなガッシュに会えたのが嬉しくて日本まで付いてきた。バレない様に清麿のリュックに尻尾を絡ませストラップのフリをして出てきたウマゴン。

ティオとの再会の後、ティオからイギリスに行った時にガッシュにそっくりな子供を見たと教えて貰う。ガッシュの記憶を辿る為、そして父、清太郎に遊びに来いと言われ二人はイギリスへと旅立つ。そこでまたしてもキャンチョメとフォルゴレに会う事となる。フォルゴレは入院している幼い子供たちにおもちゃやお菓子を買って子供達の為だけにコンサートを病室で開いていた。清磨はそんな優しいフォルゴレに「生き残れよ」と告げる。
ここに又、新しい友情が芽生えた瞬間であった。

そして清太郎が清磨に見せたい物がある一つの石版をみせた。その石版には三つの気になる点がある。
1. 石版に彫られた絵が異形の生き物を模っている。
2. 石版に書かれた文字がガッシュの本と似ている。
3. 石版が見つかった場所が千年前の遺跡だと言う事。
これが千年に一度、魔界の王を決める戦いに関係しているか清太郎が調べるという。清磨とガッシュは一旦、日本に戻るのであった。

日本の空港に到着した清磨とガッシュ。荷物流れてくるのを待っていると清磨のカバンに何かがくっついているのが見えた。
まるでキーホルダーの様にしっぽをカバンに巻き付けていた。見た目は馬かポニーなのか判らない上に鳴き声は「メルメルメー」と発した。明らかに魔物だと思うが、気になるのはやたらとガッシュに懐いている事だった。
どうやら魔物はイギリスから付いてきてしまった様だった。

更に気になるのはこの魔物、背中に本を背負っているがパートナーが見当たらない為、まだ出会えてない様子。結局、清麿の家まで付いてきてしまうが何故か清麿にだけ懐かない。しかも魔物となると家には置いておけないと判断した清麿は追い出してしまう。それを聞いたティオはこの子の気持ちが判ると言いだした。パートナーは見つからないのに敵は襲ってくる、たった一人で逃げなければいけない恐怖の日々。そんな不安な中でガッシュに出会った。きっと魔界で仲良かったから敵と判っていても嬉しくて駆け寄ってきたのだろうと。それを聞いた清磨は考えを改めた、自分にだけ懐かないのは、自分がもうこの子のパートナーになってあげる事が出来ないからかもしれないと。それならパートナーが見つかるまで住んでいいと許した。

和解して早速、清磨はまずこの子の名前を付ける事にした、考え付いたのは馬の怪獣という意味で「ウマゴン」だった。
しかしウマゴンは名前を聞いてショックを受ける。何故ならウマゴンの本当の名前はシュナイダーだったから。ウマゴンはショックを受けながらも小屋を用意してもらい大好きなガッシュと一緒に暮らす事となる。こうしてまた一つの友情が生まれた。

リィエンとウォンレイ

リィエンと居る事で不幸にさせてしまうと自ら距離を取ったウォンレイ。牢屋に入ったまま動かないウォンレイにリィエンは出て来てくれと訴えるがウォンレイは答えようとしない。その会話を聞いていた清麿は「リィエンが大事ならお前が一緒に居て守れ」と一喝した。その言葉に目が覚めリィエンを守るべく牢屋から出てきたウォンレイ。

ichi8
ichi8
@ichi8

目次 - Contents