MONSTER(モンスター)のネタバレ解説まとめ

『MONSTER』とは、浦沢直樹による漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。
舞台は1980年代後半から90年代後半のヨーロッパ。
日本人の天才脳外科医・テンマは強盗事件にまきこまれ重傷を負った少年・ヨハンの命を助ける。しかし、その9年後にヨハンと再会したテンマは、彼が平気で殺人を繰り返す殺人鬼であることを知る。
殺人鬼・ヨハンを生き返らせてしまったことに責任を感じたテンマは、その責任を果たすため、ヨハンを抹殺する旅に出る。

大富豪・シューバルトのセレモニーで対峙するテンマとヨハン

偶然『なまえのないかいぶつ』という絵本を読んだヨハンは、強いショックを受けて気絶してしまう。

テンマは、大学時代の恩師・Dr.ライヒワインや元同級生のDr.ギーレン、旅の途中で養父による虐待から保護した少年・ディーターなどの味方を増やし、ヨハンの捜索を続けていた。

ヨハンがバイエルン州の大富豪、ハンス・ゲオルグ・シューバルトのもとで秘書として働いているという情報をつかむテンマ。
さらに、シューバルトがミュンヘンにある図書館でセレモニーを開くという情報を知ったテンマは、そこでヨハンを銃殺しようと考える。
一方、ヨハンは図書館で偶然手にした絵本『なまえのないかいぶつ』を読み、気絶してしまう。

シューバルトのセレモニーで、ヨハンと対峙するテンマ。

シューバルトのセレモニーの当日、テンマは本棚の陰からヨハンを狙っていた。しかし、ヨハンの手下・ロベルトに見つかり、邪魔されてしまう。
さらに、ヨハンの指示を受けたヨハンの手下たちは、シューバルトのセレモニーが行われている図書館の中央ホールに放火する。
大勢の人たちが逃げまどい、現場はパニック状態になる。
テンマがロベルトを撃ち、ロベルトは炎の中に落下する。生まれて初めて人間を撃ったテンマは、それまで人間を撃つことへの抵抗感から止まらなかった手の震えが、止まったことを確認する。
テンマは中央ホールの扉の蝶番を撃ち、扉を開けて、中にいた人々を人々をホールの外に避難させる。
その後、再び炎の中に戻ったテンマは、シューバルトとともにステージの上にいたヨハンと対峙する。

テンマがヨハンを撃とうとしたその時、窓ガラスを割って現場に入り込んだニナが、テンマを止める。
ヨハンを探してミュンヘンを訪れていたニナは、ヨハンの知人・ロッテから、ヨハンが呼んで気絶した絵本『なまえのないかいぶつ』を手渡されていた。さらに、ヨハンがセレモニーに出席しているという情報をロッテから聞きだし、図書館に駆け付けたのだった。
ニナは、かつて自分を救ってくれたテンマにヨハンの殺害をさせてはいけないと考えていた。そして、彼の代わりに自分がヨハンを殺害しようと思っていた。
ニナがヨハンに狙いを定めた時、ステージの垂れ幕が落下する。

それぞれがチェコへ向かう

シューバルトは、テンマにヨハンとニナの母親はチェコのプラハで生きていると伝える。

垂れ幕の下敷きとなったニナは、シューバルトとともにテンマにより助け出され、病院で治療を受ける。
一方、ヨハンはシューバルトのもとから姿を消す。
ヨハンとニナの母親である女性と面識があるというシューバルトは、息子のカールを通し、2人の母親はチェコのプラハで生きているという情報をテンマに伝える。

一方、シューバルトの秘書「ヨハン」が興味を持っていたという絵本『なまえのないかいぶつ』の存在を知ったルンゲ警部も、その絵本がチェコ語で描かれていたことから、捜査のためチェコへ向かう。
Dr.ライヒワインのもとで治療を受けていたニナも、Dr.ギーレンの催眠療法により幼少期にチェコのプラハの「3匹のカエル」で暮らしていたという記憶が蘇り、チェコへ向かう。

ヨハンとは何者なのか② 双子の記憶を探る、チェコへの旅

511キンダーハイムの出身者・グリマーと出会うテンマ

511キンダーハイムで育ったグリマーは、激しい怒りを感じると我を忘れて極度に暴力的になってしまうという症状を抱えていた。

チェコへ向かう列車の中で、511キンダーハイムについて調べているフリージャーナリスト・グリマーと出会うテンマ。
グリマーは、511キンダーハイムの出身者だった。
いつもにこやかだが本当は感情が乏しく、自分の息子が死んだときもあまり悲しめなかったという。
さらに激しい怒りを感じると理性をなくし、極端に凶暴になってしまうという症状も抱えていた。本人はこの症状を、子供の時に見たアニメになぞらえて「超人シュタイナー」と呼んでいた。

「赤いバラの屋敷」を訪れるルンゲ警部

ヨハンは本当に存在するのではないかと考え始めるルンゲ警部。

ルンゲ警部は『なまえのないかいぶつ』の作者、エミル・シェーベが「フランツ・ボナパルタ」名義で借りていたという「赤いバラの屋敷」と呼ばれる屋敷を訪れる。
そこで無理やり何かを封じ込めたかのような壁の向こうに、若い女性の肖像画がかかった部屋を見つける。
壁や床の様子から、ここでかつてたくさんの人が亡くなったことを感じるルンゲ警部。
さらに、ボナパルタのスケッチブックの中に「ヨハン」とその妹とみられる双子のスケッチがあったことなどから、「ヨハン」はテンマの二重人格ではなく、存在する人物なのではないかと考え始める。

テンマの逮捕&脱走

パウルことロベルトは、テンマにエヴァの殺害を提案する。

テンマは道端で少年を手当てしていたところを警察に捕まってしまう。
拘置所で、ヨハンの手下・ロベルトが元婚約者のエヴァを殺害しようとしていると知ったテンマは、彼女を助けるために脱獄する。

「フランツ・ボナパルタの息子」リプスキー

ニナはディーターとともに「3匹のカエル」や「赤いバラの屋敷」を訪れていた。
「赤いバラの屋敷」で、たくさんの人が倒れて死んでいる幻を見たニナは気分が悪くなってしまい、その場に倒れこんでしまう。
ニナとディーターは、フランツ・ボナパルタが「赤いバラの屋敷」で開催していた「朗読会」の元生徒だという男・リプスキーに保護される。

リプスキーを尋ねたルンゲは、リプスキーがフランツ・ボナパルタの息子だという。

ニナとテンマがリプスキーの家を出た後、ルンゲ警部が彼の家を訪れる。そして、リプスキーにフランツ・ボナパルタの息子だろうと問いかける。

「赤いバラの屋敷」の跡地から、白骨化した遺体が大量に発見される。

一方、「赤いバラの屋敷」はヨハンにより放火され全焼してしまう。ヨハンは、放火する前、肖像画の女性に「母さん」と呼び掛けていた。
全焼した「赤いバラの屋敷」跡地を警察が捜査したところ、土の中から大量の白骨化した死体が現れた。どうやら、昔ここでたくさんの人が亡くなっていたらしかった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

MASTERキートン(マスターキートン)のネタバレ解説まとめ

1988年から1994年にかけて「ビッグコミックオリジナル」に連載された、勝鹿北星・浦沢直樹による漫画およびアニメ作品である。イギリスの保険調査員として日々過ごしてる平賀=キートン・太一。彼には考古学者と元特殊部隊という2つの顔がある。考古学で培った知識、特殊部隊で鍛え上げた鋼の精神と肉体を駆使して世界を飛び回る。

Read Article

マンガ「20世紀少年」のあらすじ紹介!【ネタバレ・キャラ紹介・元ネタ解説あり】

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

目次 - Contents