MONSTER(モンスター)のネタバレ解説まとめ

Monster1

『MONSTER』とは、浦沢直樹による漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。
舞台は1980年代後半から90年代後半のヨーロッパ。
日本人の天才脳外科医・テンマは強盗事件にまきこまれ重傷を負った少年・ヨハンの命を助ける。しかし、その9年後にヨハンと再会したテンマは、彼が平気で殺人を繰り返す殺人鬼であることを知る。
殺人鬼・ヨハンを生き返らせてしまったことに責任を感じたテンマは、その責任を果たすため、ヨハンを抹殺する旅に出る。

声 - 田中秀幸 / 幼少期 - 河原木志穂

ヨハンの行方を探る旅の途中、テンマが出会ったフリージャーナリスト。
かつて東ドイツに存在した孤児院・511キンダーハイムで起きた殺し合い事件について調査していた。

その正体は511キンダーハイムの元生徒。一見にこやかで人当たりのいい人物だが、511キンダーハイムでの教育の影響で本当は感情が乏しい。
かつて息子が死んだ際もあまり悲しむことができず、それがきっかけで妻と離婚している。
激しい怒りを感じると極度の凶暴性と超絶的な力を発揮し、相手を殴り殺したり物を破壊したりする。本人はこの状態を、子供のころに見たアニメになぞらえて「超人シュタイナー」と呼んでいる。この症状も、511キンダーハイムの教育が原因だった。

ヨハンを追う中で511キンダーハイムの存在を知ったテンマと出会い、彼に協力する。

テンマの協力者

ユーリウス・ライヒワイン / Dr.ライヒワイン

K%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%92%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3

声 - 永井一郎

精神分析医。心理療法センターを開いている。
友人で自身の患者でもあったリヒャルトの死を不審に思い、調べていくうちにヨハンの存在に気づく。
Dr.ギーレンらとともにテンマの無実を信じ、テンマやニナを支える。

ルーディ・ギーレン / Dr.ギーレン

Kyara%e3%82%ae%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%b3

声 - 菅生隆之

テンマの大学時代の同級生。現在は凶悪犯罪者の精神分析などを行なう、犯罪心理学者をしている。
大学時代は、優秀かつ社交的なテンマに嫉妬していたが、再会をきっかけにわだかまりが解け、彼に協力するようになる。
Dr.ライヒワインと協力し、ニナに対してカウンセリングを行うなどしてテンマとニナを支える。

ディーター

K%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc

声 - 竹内順子

テンマが旅の途中で出会った少年。虐待を受けていたところをテンマに助けられ、彼に同行するようになる。
サッカーが好き。

フリッツ・ヴァーデマン弁護士

Kyara%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%9e%e3%83%b3

声 - 大林隆介

テンマが逮捕された際、弁護を担当した弁護士。「冤罪晴らしの達人」と称されるほどの敏腕弁護士である。

父親がスパイの容疑をかけられたため、「スパイの息子」として不遇な少年時代を過ごす。父の死後、父は冤罪だったということが判明し、一躍時の人となる。
しかし、学生時代に父親は本当にスパイだったという証拠を見つけてしまう。それ以来人を信用することができなくなってしまっていた。

ギュンター・ミルヒ

K%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%83%92

声 - 千葉繁

強盗グループの構成員で、過去に12回もの脱獄歴を持つ囚人。自分を「脱獄王」と呼ぶなど、脱獄の腕前には自信がある。
エヴァの命が狙われていることを知ったテンマが脱獄する際、彼を助けた。

ハンス・ゲオルグ・シューバルト

K%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%88

声 - 羽佐間道夫

「バイエルンの吸血鬼」の異名を持つ大富豪。バイエルン州の経済界の大物である。

かつて高級娼婦のマルゴット・ランガーと愛人関係にあり、2人の間に子供ができたが、マルゴットの妊娠中に彼女を捨ててしまう。
以来、そのことを後悔し続けていた。

年老いてからは目が見えなくなり、アルバイトに詩の朗読をさせるなどして屋敷に引きこもって生活していた。
ヨハンにより、アルバイトの1人であるカールが実の息子であるということを知る。

ヨハンの優秀さを認め、自分の秘書として雇う。
しかし、ヨハンの目的が自分に成り代わって経済界に君臨することだということに気づく。
ヨハンらにより暗殺されかかるが、テンマにより命を救われる。
その後はカールとともに静かに暮らしている。

カール・ノイマン / カール・シューバルト

K%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%ab

声 - 関智一 / 幼少期 - 時田光

ミュンヘン大学の生徒。
大富豪・シューバルトのもとで本を朗読するアルバイトをしていた。

かつて高級娼婦だったマルゴット・ランガーとシューバルトの間の子供。
シューバルトが自身の父親だということを知っており、彼に認めてもらうために朗読のアルバイトをしていたが、シューバルトには朗読が下手だと酷評されていた。
同じくシューバルトのもとで朗読のアルバイトをしていたヨハンの協力により、シューバルトに実子であると認められる。

ロッテ・フランク

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

MASTERキートン(マスターキートン)のネタバレ解説まとめ

1988年から1994年にかけて「ビッグコミックオリジナル」に連載された、勝鹿北星・浦沢直樹による漫画およびアニメ作品である。イギリスの保険調査員として日々過ごしてる平賀=キートン・太一。彼には考古学者と元特殊部隊という2つの顔がある。考古学で培った知識、特殊部隊で鍛え上げた鋼の精神と肉体を駆使して世界を飛び回る。

Read Article

マンガ「20世紀少年」のあらすじ紹介!【ネタバレ・キャラ紹介・元ネタ解説あり】

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

目次 - Contents