MONSTER(モンスター)のネタバレ解説まとめ

Monster1

『MONSTER』とは、浦沢直樹による漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。
舞台は1980年代後半から90年代後半のヨーロッパ。
日本人の天才脳外科医・テンマは強盗事件にまきこまれ重傷を負った少年・ヨハンの命を助ける。しかし、その9年後にヨハンと再会したテンマは、彼が平気で殺人を繰り返す殺人鬼であることを知る。
殺人鬼・ヨハンを生き返らせてしまったことに責任を感じたテンマは、その責任を果たすため、ヨハンを抹殺する旅に出る。

St%e6%89%8b%e8%a1%93%e5%86%8d%e3%81%b3

再びヨハンの手術をするテンマ。

ヨハンを撃ったのは、ディムの父親だった。息子が殺害されそうになっている姿を見て、それを止めるために撃ったのだ。

町に警察がやってきて、ディムの父親は逮捕される。
大けがを負っていたルンゲ警部とヨハンは救急車に運び込まれる。

ヨハンは、ディムの父親に撃たれたことにより、頭に重傷を負っていた。ルンゲ警部の推薦により、テンマがヨハンの手術をすることになる。
自分が蘇らせてしまった「怪物」・ヨハンを生き返らせていいものか戸惑うテンマだが、ニナに後押しされたことにより、最初にヨハンを助けた時と同じように、医者として、1人の患者であるヨハンの命を助けることを決心する。

事件後の世界

St%e3%83%a8%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%81%a8%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%9e

テンマが名前を伝えようとしたとき、突然目覚めるヨハン。

テンマが再びヨハンの手術をしてから数日後。

テンマやヨハンにかかわった人々は、それぞれ新しい一歩を歩き出していた。
エヴァはキッチンのコーディネーターの職を見つけ、デュッセルドルフに移るという。
ルンゲ警部は、警察大学校の教授となり、かつて家庭を顧みなかったために自分のもとから離れていった娘と、少しずつ会話を増やしていた。
ニナは卒業論文でトップの成績を記録し、弁護士を目指していた。

そしてテンマは、ヨハンとニナの母親のもとを訪ねていた。
母親から二人につけるつもりだった名前を聞いたテンマは、その名前を伝えるためにヨハンが入院している病院を訪れる。

ヨハンは手術以来、ずっと眠り続けていた。
テンマが彼に語り掛け、母親から聞いた名前を伝えようとしたその時、ヨハンは突然目覚める。

彼は「3匹のカエル」からニナが連れ出されたときの出来事を話し始める。
ヨハンとニナは、急にやってきたボナパルタ達に怯え、母親の腕にしがみついていた。
双子の内どちらかを連れていくというボナパルタ。それに抵抗する母親。
しかし、「これは実験だ」と繰り返すボナパルタに、ついに双子のうち一人を差し出す。
「こっち………いえ……こっち。」と迷った末に。

「母さんは僕を助けようとしたの……?僕と妹を間違えたの?どっち……?いらなかったのは、どっち?」

そこで、白昼夢から覚めるテンマ。ヨハンは目の前のベッドで静かに眠っていた。
テンマはその寝顔を眺め、病室を後にする。

テンマが病室を出て、病院の外に出た時、ヨハンが眠っていたはずのベッドは空になっていた。

『MONSTER』の登場人物・キャラクター

主要人物

ケンゾー・テンマ(天馬 賢三) / Dr.テンマ

Kyara%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%9e

声 - 木内秀信 / 幼少期 - 小野未喜

本作の主人公。
ドイツ・デュッセルドルフのアイスラー記念病院で働く、日本人の天才脳外科医。院長の娘・エヴァと婚約し、順風満帆な出世コースを歩んでいた。
しかし、院長の命令を無視し、後から運び込まれた市長ではなくヨハンの手術を執刀したことから出世コースを外され、さらにエヴァとの婚約も解消させられる。
しかしその後、ヨハンによって院長らが殺害されたことで出世コースに返り咲く。

ヨハンの手術から数年後、自分の患者がヨハンの指示で強盗事件に関わっていたことから、ヨハンが殺人鬼であること、さらに、自身の発言がヨハンが院長らを殺害するきっかけになっていたことを知る。殺人鬼・ヨハンを生き返らせてしまったことに責任を感じ、彼による殺人を止めるために自分が彼を殺さなくてはいけないと考える。

ルンゲ警部らにより、院長らを殺害する動機が十分にあったことなどから、殺人事件の容疑者として指名手配されてしまう。
追われる身となりながら、ヨハンの行方を捜す旅に出る。

非常に温厚な性格で、かつ医者の仕事に責任感と情熱を持っており、自分が危険な状況でもけが人や病人を見かけると必ず治療をしている。
さらに、かつて自分を捨てたエヴァが命を狙われていると知った時も、危険を冒してまで脱獄し、彼女を守ろうとした。

ヨハン殺害に向けて準備を進めるが、医者として人を生かすという使命感と、殺人鬼であるヨハンを殺害しなければいけないという義務感の間で苦悩する。

ヨハン・リーベルト

K%e3%83%a8%e3%83%8f%e3%83%b3

声 - 佐々木望 / 幼少期 - 上村祐翔

テンマが追っている「怪物」。優れた頭脳と美しい容姿、圧倒的なカリスマ性を持っている。
幼いころから周囲の人間を殺し続けた殺人鬼。
子供のころから周囲の人間の心に入り込み、相手を操ることができた。
成長後はロベルトなどの崇拝者を従えながら、殺人を繰り返していく。

妹のニナとともに、フランツ・ボナパルタらが関わる、「西ドイツを駆逐する優秀な戦闘員を育成する」ことを目的とした実験により生まれた。
その後、母親とニナとともに「3匹のカエル」で生活していたが、ペトル・チャペックらとともにやってきたボナパルタにより、ニナは「赤いバラの屋敷」に連れ去られ、母親とも別れてしまう。
「赤いバラの屋敷」から帰ってきたニナからそこで起きた惨劇を聞き、ニナの記憶と自分の記憶が共有される。
その後、「3匹のカエル」に火を放ち、ニナとともに逃走する。

ニナと一緒に国境近くで倒れていたところをヴォルフ将軍に保護され、511キンダーハイムに送られる。
その後、511キンダーハイムの職員や生徒をマインドコントロールし、殺し合いをさせ、施設を崩壊される。

その後ニナとともにリーベルト夫妻に引き取られるが、ある夜に夫妻を殺害し、ぞれを知ったニナに自分を撃たせて重傷を負う。しかし、テンマが執刀した手術により一命をとりとめる。その後、命の恩人であるテンマが院長やその一派に属する医師らを恨みに思っているということをテンマの独り言から知り、院長らをテンマへのお礼として殺害する。院長らの殺害後にニナとともに病院を抜け出す。

9年後に再びテンマのもとに現れ、院長らを殺害したのは自分であることを告白する。

ニナ・フォルトナー / アンナ・リーベルト

K%e3%83%8b%e3%83%8a2

声 - 能登麻美子 / 幼少期 - 塚田真依

ヨハンの双子の妹。
ヨハンとともに病院を抜け出した後、養父母のフォルトナー夫妻に引き取られ、ごく普通の大学生として幸せな生活を送っていた。

ヨハンやテンマの記憶を忘れていたが、20歳の誕生日にテンマと再会し、さらにフォルトナー夫妻が以前の養父母・リーベルト夫妻を彷彿とさせるような状態で、ヨハンの関係者の手によって殺害されてしまったことから、記憶を取り戻す。
その後、大学を休学し、ヨハンの行方を探る。テンマに殺人をさせてはいけないと考えており、彼に変わって自分がヨハンを殺害しようとすることもある。

子供のころ、ヨハンがリーベルト夫妻を殺害した現場を目撃している。さらにその時に、ヨハンはそれ以前にも自分とヨハンに良くしてくれていた人たちのことを殺害していたことを知る。ヨハンの命令でヨハンの頭を打ち抜き、心神喪失した状態で立ち尽くしていたところを駆け付けた警察により保護された。その後、ヨハンとともに、テンマが働くアイスラー記念病院に運び込まれ、彼の治療を受けている。

ニナ・フォルトナーという名前はフォルトナー夫妻に引き取られた際につけられた名前である。
アイスラー記念病院に運び込まれたときは「アンナ・リーベルト」という名前であり、ヨハンにも「アンナ」と呼ばれている。

運動神経が良く、合気道を習っている。さらに頭脳明晰で、大学の同じクラスの生徒が答えられなかった問題にもすらすらと答えている。

エヴァ・ハイネマン

K%e3%82%a8%e3%83%b4%e3%82%a1

声 - 小山茉美

テンマの元婚約者で、アイスラー記念病院院長の娘。
わがままで高飛車かつ打たれ弱く、精神的にもろい人物。

テンマと婚約していたが、テンマが院長の命令に背き、出世コースを外されるとあっさりと彼を捨てる。
院長らの死後、再び出世コースに戻ったテンマに復縁を持ちかけるも拒否され、テンマを逆恨みするようになる。
そして、彼の無実を知りながら彼に不利になる証言をし、その結果テンマは指名手配されてしまう。

3回結婚したがすべて離婚している。
テンマのことを激しく恨む一方で彼を忘れられない。アルコール依存症になり酒浸りの日々を送っている。

テンマの後をつけていたところ、たまたまヨハンの顔を見てしまったことから、ヨハンの手下・ロベルトに命を狙われる。

ハインリッヒ・ルンゲ警部

K%e3%83%ab%e3%83%b3%e3%82%b2

声 - 磯部勉

BKA(ドイツ連邦捜査局)の警部。
驚異的な記憶力を持っており、キーボードを打つしぐさをすることで頭に情報をインプットしている。

アイスラー記念病院の院長らの殺人事件で、殺害の動機が十分にあったテンマを疑う。
その後のエヴァの証言などによりテンマを犯人だと思い込み、彼を指名手配する。

優秀だが協調性や情緒に欠ける性格。自らの家庭を顧みない働き方がきっかけで妻と娘に捨てられる。
さらに、ある事件に対するムチャな捜査がきっかけで事件の関係者を自殺に追い込み、その結果警察所内での立場を失ってしまう。
それがきっかけでほかの仕事がなくなったため、より一層テンマの事件に執着することになる。

ヴォルフガング・グリマー / ノイマイヤー

Kyara%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%9e%e3%83%bc
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

MASTERキートン(マスターキートン)のネタバレ解説まとめ

1988年から1994年にかけて「ビッグコミックオリジナル」に連載された、勝鹿北星・浦沢直樹による漫画およびアニメ作品である。イギリスの保険調査員として日々過ごしてる平賀=キートン・太一。彼には考古学者と元特殊部隊という2つの顔がある。考古学で培った知識、特殊部隊で鍛え上げた鋼の精神と肉体を駆使して世界を飛び回る。

Read Article

マンガ「20世紀少年」のあらすじ紹介!【ネタバレ・キャラ紹介・元ネタ解説あり】

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

目次 - Contents