MONSTER(モンスター)のネタバレ解説まとめ

『MONSTER』とは、浦沢直樹による漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。
舞台は1980年代後半から90年代後半のヨーロッパ。
日本人の天才脳外科医・テンマは強盗事件にまきこまれ重傷を負った少年・ヨハンの命を助ける。しかし、その9年後にヨハンと再会したテンマは、彼が平気で殺人を繰り返す殺人鬼であることを知る。
殺人鬼・ヨハンを生き返らせてしまったことに責任を感じたテンマは、その責任を果たすため、ヨハンを抹殺する旅に出る。

声 - 氷上恭子

ミュンヘン大学の生徒。
大富豪・シューバルトのもとでアルバイトをしていた。
そこで、同じくシューバルトのもとでアルバイトをしていたカールやヨハンに出会い、カールに恋心を抱くようになる。

リヒァルト・ブラウン

声 - 有川博

Dr.ライヒワインのもとで、アルコール依存症の治療を受けている私立探偵。
かつては敏腕刑事だったが、酒に酔った勢いで被疑者の少年を銃殺してしまい、辞職に追い込まれた。さらに、それがきっかけで妻と離婚し、幼い娘とも離れ離れになった。
その後、Dr.ライヒワインの治療を受け、アルコール依存症からほぼ立ち直っていた。

シューバルトから「息子を名乗る人物を調査してほしい」という依頼を受けたことをきっかけに、シューバルトのもとでアルバイトをしていたヨハンの存在を知ることとなる。
その後、調査を進めるうちにヨハンがシューバルトに親しい人間を殺害しているらしいということに気が付く。
しかし、その矢先にヨハンによって過去の被疑者の少年を銃殺した事件のことについて追及され、精神的に追い詰められた末に泥酔状態にされ、屋上から転落死してしまう。

死の直前に、生き別れた娘と会う約束をしていた。

オットー・ヘッケル

声 - 安原義人

テンマが旅の途中で出会ったコソ泥。
逃亡中のテンマに、もぐりの医者の仕事を紹介した。

金にがめつく、高い医療技術を持つテンマをビジネスパートナーにして一儲けしようと考えていた。
しかし、6巻で最後に登場して以降、最終巻まで全く出番がなかった。
最終巻で再登場した際、ヨハンとニナの母親の場所を調査し、テンマに教えている。

料理が得意。

ヤン・スーク刑事

声 - 菅沼久義

チェコ・プラハの刑事。臆病な面もあるが正義感の強い性格。
警察署内部の旧秘密警察の陰謀に巻き込まれてしまったことをきっかけに、グリマーと深く関わることになる。
女装姿のヨハンに一目ぼれするが、利用されて殺人事件の容疑者にされてしまう。

ヤコプ・マウラー

声 - 秋元羊介

ヨハンと再会し、彼が殺人鬼だと知ったテンマがニナの行方を捜しているときに、テンマに協力してくれた新聞記者。
ニナがフォルトナー夫妻の養女となっていることを突き止め、フォルトナー夫妻の家へ向かうが、ヨハンの関係者によって夫妻とともに殺害されてしまった。

ヘビースモーカーであり、そのことを彼の体調を心配したテンマに注意されている。かつて、仕事第一で家庭を顧みなかったため、妻と娘に捨てられた過去を持つ。
ニナとフォルトナー夫妻を無事保護したら、タバコを止め、さらに妻と娘に会いに行こうと思っていた。

ヒューゴー・ベルンハルト

声 - 山野史人

ヨハン殺害の準備を進めるテンマに、銃の使い方を教えた元軍人の男。
山奥に射撃訓練所を開き、そこでミャンマー人の養女と暮らしている。

この養女は、ヒューゴーが軍人時代、撃ち殺してしまった女性の娘だった。
そのため、ヒューゴーに対し心を開いていなかったが、テンマとの交流を通して、次第に心を開くようになる。

テンマの銃の扱いに関しては、集中力と技術面を高く評価しているが、「実戦で力を発揮できるかどうかは別」と述べている。

Dr.シューマン

声 - 小林勝彦

テンマが旅の途中で立ち寄った、小さな村の内科医。
村人の治療を一手に引き受け、村人からとても慕われている。

かつては大病院に勤めており、院長の娘と結婚までこぎつけた。しかし、仕事第一で家庭を顧みなかったため、妻の体調の悪化に気づかずに彼女を死なせてしまった。

村の住民であるペトラに片思いしており、彼女の体調を気にかけている。
ペトラがくも膜下出血で倒れた際、テンマと協力して手術し、彼女の命を救った。

テンマの腕と人柄を認め、村に残ってともに村人たちの診療をしてほしいと懇願するが、テンマにはヨハン殺害という使命のために断られる。

ミラン・コラーシュ

声 - 大塚明夫 / 幼少期 - 藤井あさこ

旧トルコ人街で歯科医師をしている男。
ペトル・チャペックを追っていたテンマが車にはねられ、気を失った際、彼を保護した。

ペトル・チャペックの幼馴染であり、若き日のチャペックが亡命した際はフランクフルトに彼を招いた。
しかしその後、チャペックがボナパルタをまねて開いた「朗読会」によって息子が自殺してしまう。
その後、極右組織の幹部となったチャペックの暗殺を試みていた。

テンマの制止を振り切り、チャペックの暗殺を決行するが、警備の警官隊により射殺される。

ヨハンの関係者

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

MASTERキートン(マスターキートン)のネタバレ解説まとめ

1988年から1994年にかけて「ビッグコミックオリジナル」に連載された、勝鹿北星・浦沢直樹による漫画およびアニメ作品である。イギリスの保険調査員として日々過ごしてる平賀=キートン・太一。彼には考古学者と元特殊部隊という2つの顔がある。考古学で培った知識、特殊部隊で鍛え上げた鋼の精神と肉体を駆使して世界を飛び回る。

Read Article

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

マンガ「20世紀少年」のあらすじ紹介!【ネタバレ・キャラ紹介・元ネタ解説あり】

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

目次 - Contents