MONSTER(モンスター)のネタバレ解説まとめ

Monster1

『MONSTER』とは、浦沢直樹による漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。
舞台は1980年代後半から90年代後半のヨーロッパ。
日本人の天才脳外科医・テンマは強盗事件にまきこまれ重傷を負った少年・ヨハンの命を助ける。しかし、その9年後にヨハンと再会したテンマは、彼が平気で殺人を繰り返す殺人鬼であることを知る。
殺人鬼・ヨハンを生き返らせてしまったことに責任を感じたテンマは、その責任を果たすため、ヨハンを抹殺する旅に出る。

ロベルト / アルフレート・バウル / アドルフ・ラインハルト

K%e3%83%ad%e3%83%99%e3%83%ab%e3%83%88

声 - 勝部演之

ヨハンを崇拝する殺しのプロ。
ヨハンにとって都合の悪い人物をたびたび殺害しており、ヨハンの出世の邪魔になるシューバルトや、ヨハンの顔を見てしまったエヴァの命を狙う。

その正体はアドルフ・ラインハルトという人物で、511キンダーハイムの生き残りだった。
子供のころに、511キンダーハイムでグリマーと出会っている。
少年時代、施設で週に1回配給されるココアをとても楽しみにしていた。しかし、グリマーが体調を崩した際はそのココアをグリマーに譲ってやるなど、優しい性格だった。

赤ん坊

K%e8%b5%a4%e3%82%93%e5%9d%8a

声 - 熊倉一雄

フランクフルト極右界の大物。
かなり小柄な男で、初登場時は語尾に「~でちゅ」とつける赤ちゃん言葉で話していた。

非常に人種差別的な考え方を持っており、東洋人のテンマをとらえた際は、椅子に縛り付けた上に殴る蹴るの暴行を加えている。
さらに、トルコ人街の焼き討ちを決行しようとするが、テンマによって阻止される。

ギュンター・ゲーデリッツ教授

K%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%84

声 - 家弓家正

「ヨハンをリーダーに、511キンダーハイムの出身者を統率する」という計画を企む、闇の組織の4人の指導者の1人。
ヨハンのことを「ヒトラー以上の人物」として崇拝している。
ニナを使ってヨハンをおびき寄せようとしていたが、そのやり方を不快に思ったヨハンによって殺害される。

ヘルムート・ヴォルフ将軍

K%e3%83%b4%e3%82%a9%e3%83%ab%e3%83%95

声 - 北村弘一

旧東ドイツの将校。闇の組織の4人の指導者の1人である。
少年時代のヨハンとニナが国境近くで行倒れているのを保護し、2人の名付け親となる。その際、ヨハンの名前は2人が持っていた絵本『なまえのないかいぶつ』に登場する「ヨハン」という少年に因んで名づけている。
その後、ヨハンを、当時良い施設だという評判があった511キンダーハイムに入所させる。

ヨハンにより知人や家族などを次々と殺害される。
「自分がヴォルフである」ということを知っている人物を次々と殺害され、「自分がヴォルフであることを誰も知らない」という恐怖を味わわせられたことにより、別人のように老け込んでしまう。

ペトル・チャペック

K%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%9a%e3%83%83%e3%82%af

声 - 田中信夫 / 幼少期 - 渕崎ゆり子

闇の組織の指導者4人の内の1人。
フランツ・ボナパルタ直属の部下で、ヨハンとニナが誕生した直後から2人を知っている。

チェコスロバキアとオーストリアの国境付近の出身で、少年時代は友達と一緒に紙飛行機を飛ばすことを楽しむごく普通の少年だった。
しかし、成人して文科省の役人になり、そこでボナパルタと知り合ったことをきっかけに彼の実験に参加することとなる。

「赤ん坊」に紹介されたマルティンに、エヴァの身の回りの世話と彼女の殺害を命じる。

クリストフ・ジーヴァーニッヒ

K%e3%82%b8%e3%83%bc%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%92

声 - 広中雅志

闇の組織の4人の指導者のうちの1人。
マルティンからは「悪魔の弟子」と呼ばれている。
欧州屈指の財閥であるジーヴァーニッヒ家の御曹司。

511キンダーハイムの出身者で、幼少期にそこでヨハンと出会っている。
ヨハンが511キンダーハイムを壊滅させた時の唯一の生き残りで、ヨハンとともに施設から脱走した。
その後、東ドイツの違法な養子あっせんによりジーヴァーニッヒ家の養子となる。

ヨハンの力を借り、政界進出を目指している。

マルティン・レースト

K%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3

声 - 池田秀一 / 幼少期 - 福圓美里

「赤ん坊」の部下。
恋人を殺害した罪により、8年間服役していた過去を持つ。しかし、実際は彼は殺害しておらず、彼が自分に失望した姿を見て絶望した恋人が自分を拳銃で撃ち、自殺していた。その後、その場にいた恋人の浮気相手を銃殺している。
彼の母親がアルコール依存症だったことから、アルコール嫌いである。
さらに、恋人の事件の記憶から、女がらみの仕事は避けたいと考えている。

「赤ん坊」によりペトル・チャペックと引き合わせられ、エヴァの身の回りの世話をするよう命じられる。その後、チャペックからエヴァを殺すよう指示される。しかし、寝言でテンマの名前をつぶやくエヴァの姿を見て、彼女を助けることを決心する。命令に背いてエヴァを逃がすが、その後殺害されてしまう。
死の間際に、自分を治療したテンマに「悪魔の弟子」・クリストフ・ジーヴァーニッヒの居場所を伝えていた。

その他の重要人物

フランツ・ボナパルタ / クラウス・ポッペ

K%e3%83%9c%e3%83%8a%e3%83%91%e3%83%ab%e3%82%bf
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

MASTERキートン(マスターキートン)のネタバレ解説まとめ

1988年から1994年にかけて「ビッグコミックオリジナル」に連載された、勝鹿北星・浦沢直樹による漫画およびアニメ作品である。イギリスの保険調査員として日々過ごしてる平賀=キートン・太一。彼には考古学者と元特殊部隊という2つの顔がある。考古学で培った知識、特殊部隊で鍛え上げた鋼の精神と肉体を駆使して世界を飛び回る。

Read Article

マンガ「20世紀少年」のあらすじ紹介!【ネタバレ・キャラ紹介・元ネタ解説あり】

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

目次 - Contents