MONSTER(モンスター)のネタバレ解説まとめ

Monster1

『MONSTER』とは、浦沢直樹による漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。
舞台は1980年代後半から90年代後半のヨーロッパ。
日本人の天才脳外科医・テンマは強盗事件にまきこまれ重傷を負った少年・ヨハンの命を助ける。しかし、その9年後にヨハンと再会したテンマは、彼が平気で殺人を繰り返す殺人鬼であることを知る。
殺人鬼・ヨハンを生き返らせてしまったことに責任を感じたテンマは、その責任を果たすため、ヨハンを抹殺する旅に出る。

『MONSTER』の概要

1980年代後半から1990年代後半のヨーロッパを舞台にした、浦沢直樹によるミステリー漫画。
ビッグコミックオリジナルにて、1994年から2001年まで掲載された。全18巻。

天才的な腕を持つ日本人医師・テンマは、院長の娘・エヴァと婚約し、順風満帆な出世コースを歩んでいた。しかし、院長の命令を無視して、強盗事件の被害者として運び込まれてきた少年・ヨハンの手術を執刀したため、出世コースから外されてしまい、さらにエヴァとの婚約も解消させられる。
その数日後、院長とその取り巻きの医者達が何者かによって毒殺されているのが発見される。
ほぼ同時に、ヨハンはともに運び込まれた妹・アンナとともに病院から姿を消す。

その9年後、ヨハンと再会したテンマは、院長らを殺害したのはヨハンであること、さらにヨハンはそのほかにも殺人を繰り返してきた殺人鬼であることを知る。
9年前の院長らの殺人事件が起こったことによりに出世などのメリットを得ていたことなどから、事件を捜査していたルンゲ警部に疑われてしまい、殺人の容疑者として指名手配されてしまうテンマ。

殺人鬼・ヨハンをよみがえらせてしまったことに責任を感じたテンマは、ヨハンを殺害し、彼による殺人を止めることによりその責任を果たさなくてはいけないと考える。
テンマは、指名手配犯となり追われる身となりながら、ヨハンの行方を探る旅に出る。

第3回手塚治虫文化賞マンガ大賞、第46回小学館漫画賞青年一般部門を受賞。
2004年に日本テレビなどでアニメ版が放送された。

『MONSTER』のあらすじ・ストーリー

院長の毒殺と双子の失踪

St%e9%a0%86%e9%a2%a8%e6%ba%80%e5%b8%86%e3%81%aa%e4%ba%ba%e7%94%9f

日本人医師のケンゾー・テンマは、院長の娘とも婚約し、順風満帆な人生を送っているかのように思えた。

舞台は1986年。
日本人医師のケンゾー・テンマは、西ドイツのデュッセルドルフの「アイスラー記念病院」にて脳外科医として働いていた。
天才的な腕を持ち、さらに社交的で人当たりのいい彼は、患者や看護師からも絶大な支持を得ていた。さらに院長の娘・エヴァとも婚約し、順風満帆な人生が約束されているように思えた。
しかし、病院の名声や医学界における名誉を第一とし、患者を助けることは二の次といった院長の考え方には疑問を持っていた。

St%e5%8f%8c%e5%ad%90%e3%81%ae%e5%a4%b1%e8%b8%aa

院長らが毒殺された直後、双子のヨハンとアンナは病院から失踪する。

ある日、強盗事件に巻き込まれて重傷を負った少年、ヨハン・リーベルトが病院に運び込まれる。
ヨハンは双子の妹のアンナ、養父母のリーベルト夫妻とともに事件に巻き込まれていた。
銃で撃たれたリーベルト夫妻はすでに死亡していた。アンナは外傷はないものの心神喪失状態になり、ヨハンとともに病院に運び込まれていた。

病院の名声を第一に考える院長は、テンマに対し「ヨハンではなく、彼よりも後に運び込まれた市長の手術を執刀するように」という命令を下す。
しかし、テンマは命を救う優先順位を社会的地位によって決める院長の考え方に反発する。そして、先に運び込まれたヨハンの手術を執刀する。

手術の結果、ヨハンは助かり、ほかの医者が執刀した市長は死亡してしまった。
命令に背いたことにより院長らの恨みを買ったテンマは、それまでの脳外科医のチーフとしての地位を外され、さらにエヴァとの婚約も解消されてしまう。

しかしそんな時、院長とその取り巻きの医者たちが、突然毒殺されるという事件が起きる。
同時に、ヨハンはともに運び込まれた妹・アンナとともに病院から姿を消す。

双子との再会、指名手配犯への転落

ヨハンとの再会

%e3%83%a8%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%81%ae%e5%91%8a%e7%99%bd

ヨハンは、9年前の院長らの毒殺事件の犯人は自分だと告白する。

院長たちが毒殺されてから9年後。依然として犯人は捕まらず、失踪したヨハンとアンナの行方も分からないままだった。
テンマはアイスラー記念病院の外科部長にまで出世し、忙しく働いていた。

そんな中、連続殺人事件の重要参考人・ユンケルスがテンマのもとに運び込まれる。
テンマの治療により回復するユンケルスだが、突然失踪してしまう。
ユンケルスを探してあるビルの中に入ったテンマは、そこで美しい青年に成長したヨハンと再会する。
ヨハンは、9年前の院長殺しの犯人は自分であること、さらにユンケルスを雇って連続殺人事件に参加させたことを告白し、テンマの目の前でユンケルスを撃ち殺す。

9年前の院長ら毒殺事件の犯人、ユンケルス殺害の犯人、さらにユンケルスが関わった連続殺人事件を指揮した犯人は、9年前に自分が手術した少年・ヨハンであることを、院長らの毒殺事件を担当していたルンゲ警部に話すテンマ。

しかし、「9年前、まだ子供だった人物が複数の大人を毒殺した」という信じがたい話であることから、ルンゲ警部はテンマの証言を信用しない。
ルンゲ警部はさらに、テンマには院長らを殺害する動機があったこと、院長らの死後出世などのメリットを得ていたことなどから、テンマが「ヨハン」の仕業だと証言している事件は実は全部テンマがやったことで、「ヨハン」と言うのはテンマの二重人格であり、存在しない人物なのではないかと考え始める。

アンナとの再会

St%e3%83%8b%e3%83%8a%e3%81%ae%e6%97%a5%e5%b8%b8

フォルトナー夫妻に引き取られたアンナは、ニナという名前を付けられ、普通の大学生として幸せに暮らしていた。

一方、ヨハンとともに失踪した双子の妹・アンナは、養父母のフォルトナー夫妻に引き取られ、「ニナ・フォルトナー」という名前で幸せに暮らしていた。
彼女は10歳以前の記憶をなくしており、ヨハンやテンマのことも覚えていなかった。

St%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%81%ae%e6%b1%ba%e6%84%8f

テンマは、自分が生き返らせてしまった「怪物」・ヨハンを殺害しなくてはいけないと考えるようになる。

しかし、ニナのパソコンに「20歳の誕生日に君を迎えに行く」という差出人不明のメールが送られてくる。
20歳の誕生日、彼女の行方を捜していたテンマと再会するニナ。しかし、ヨハンの手下によって、養父母のフォルトナー夫妻が殺害されているのが見つかる。
夫妻の殺害現場を見たニナは、テンマやヨハンの記憶、そして、9年前のリーベルト夫妻の殺人事件の記憶を思い出す。

9年前、リーベルト夫妻を殺害したのはヨハンだった。夫妻の死体を見て立ち尽くすニナに、ヨハンは銃で自分の頭を撃つよう指示したのだった。
ニナの撃った弾が命中し、大けがを負ったヨハンだが、テンマの手術により一命をとりとめてしまった。

9年前に殺し損ねた「怪物」・ヨハンをもう1度殺すため、ニナは大学を休学し、ヨハンの行方を探る旅に出る。

ヨハンによるフォルトナー夫妻の殺人現場を見てしまったテンマは、殺人鬼・ヨハンを蘇らせてしまったことへの償いとして、自分がヨハンを殺害しなくてはいけないと考えるようになる。

指名手配犯になるテンマ

St%e6%8c%87%e5%90%8d%e6%89%8b%e9%85%8d%e3%81%95%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%9e

エヴァの証言により、指名手配犯になってしまうテンマ。

院長の娘でテンマの元婚約者・エヴァは、テンマとの婚約解消後、3度の結婚と離婚を繰り返し、現在は酒浸りの日々を送っていた。
3度の結婚の失敗をきっかけに、自分を本当に愛してくれたのはテンマしかいないと気が付いたエヴァは、テンマに復縁を持ち掛けるが振られてしまう。
ヨハンが存在することを知っており、テンマが無実であるということを分かっていたエヴァだが、振られた腹いせにテンマにとって不利となる情報を、事件を捜査していたルンゲ警部に伝えてしまう。

その結果、テンマが「ヨハンの仕業」と証言していた一連の事件の犯人はテンマに違いないと思い込んだルンゲ警部は、テンマを連続殺人犯として指名手配犯してしまう。
追われる身となったテンマは、ヨハンの居場所を突き止め、彼を殺害するための旅に出る。

ヨハンとは何者なのか① シューバルトのセレモニーでの対峙

ヨハンが「511キンダーハイム」の出身だということが明らかに

W511%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%a0

子供たちへの人格改造実験を行っていた511キンダーハイムは、ヨハンの出現により崩壊し、今は廃墟となっていた。

旅を続けるテンマは、ヨハンがかつて東ドイツに存在した孤児院・511キンダーハイムの出身であるということを知る。
511キンダーハイムは、表向きは孤児院となっていたものの、実際は「西ドイツを駆逐する優秀な戦闘員を育成する」ことを目的とした実験が繰り返されていた場所だった。
子供達に対して人格改造実験が行われ、「全く哀れみを感じない、感情のない人間」を育成しようとされていたのだ。

だが、施設はヨハンが入所したことをきっかけに崩壊する。ヨハンが仕掛けた集団狂気により、孤児や教官が殺し合いをはじめ、ほぼ全員が命を落としたのだという。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

MASTERキートン(マスターキートン)のネタバレ解説まとめ

1988年から1994年にかけて「ビッグコミックオリジナル」に連載された、勝鹿北星・浦沢直樹による漫画およびアニメ作品である。イギリスの保険調査員として日々過ごしてる平賀=キートン・太一。彼には考古学者と元特殊部隊という2つの顔がある。考古学で培った知識、特殊部隊で鍛え上げた鋼の精神と肉体を駆使して世界を飛び回る。

Read Article

20世紀少年(20th Century Boys)のネタバレ解説まとめ

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

目次 - Contents