キャプテン翼(キャプ翼)のネタバレ解説・考察まとめ

『キャプテン翼』とは、1981年より高橋陽一が週刊少年ジャンプ、週刊ヤングジャンプ、グランドジャンプで連載されたサッカー漫画およびそれを原作としたアニメ作品シリーズ。主人公大空翼がチームメイトとの友情、ライバルたちとの激闘を通して活躍・成長してゆき、主に彼のサッカー人生が描かれている。単行本のシリーズ国内発行部数は7,000万部を超え、またフランス、イタリアなどおよそ20の国・地域で出版されており、国内外を問わず人気を誇る大ヒット漫画。

日本ユース代表監督・賀茂港が提唱した戦術。相手のボール保持者に対し複数の選手がプレッシングをかけ、ボールを奪った際に常に大空翼を基点として攻撃を開始する。なお、ワールドユース決勝のブラジル戦では攻撃の起点となる翼が集中的に狙われ孤立させられたことで機能を喪失した。

『キャプテン翼』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

主人公・大空翼にはモデルがいた

大空翼のモデルとなったひとが、水島武蔵。10歳のとき父の勧めでブラジルにサッカー留学し、1984年に日本人として初めて同国でプロ契約を結んだひと。作者の高橋陽一は翼のモデルは明確には存在しないとしているが、水島を参考の一つにしたと証言。

作者である高橋陽一はサッカーのルールをあまり分かってなかった

作者である高橋陽一はサッカーに関して全くの素人だったため、スカイラブハリケーンなどルール度外視の必殺技やプレイが作中に登場したようだ。また、当時はサッカー漫画はヒットしないという定説があり、参考となる作品が少なかったことから、サッカーという競技を用いていかに表現するかに苦慮したとのこと。

キャプテン翼は異様に交通事故の多い漫画だった

まずは主人公・大空翼が交通事故に遭うことから物語は始まる。明和FCのGK若島津は交通事故に遭い、全国少年サッカー選手権に参加するチームに出遅れる。日向小次郎は、事故で父を亡くす。岬太郎は車にはねられそうになった異父妹をかばいワールドユース決勝まで試合に出られず。スウェーデンユース代表のステファン・レヴィンも恋人を交通事故で亡くし、松山光の彼女も事故で危篤状態になる。とにかく交通事故が多い漫画なのである。

とにかく「なにィ!」の台詞が多い

とにかく台詞で「なにィ!」が多い。最初のシリーズ(いわゆる無印)では、全37巻のなかで574回(1巻あたり15.5回)もでてくるほど。それに次いで、「しまったァ!」という台詞も多い。

TVアニメ版『キャプテン翼』

第1作『キャプテン翼』(1983年-1986年)

1983年10月13日-1986年3月27日まで、テレビ東京系列にて放送。全128話。

南葛󠄀小に転入してきた大空翼が、元プロサッカー選手であり、師となるロベルト本郷、チームメイトの若林源三、岬太郎たちと出会い、全国大会制覇を目指し、三杉淳や日向小次郎との激闘をくり広げてゆくストーリー。第57話から中学3年となった翼たちの活躍が描かれており、中学大会決勝の南葛󠄀対東邦戦で放送を終える。中学生大会の優秀選手を中心に結成されたフランス国際ジュニアユース選手権に関しては描かれていない。その一方、中学生編の最中の98話から104話では登場人物らの3年前に時間を戻し、小学6年生の翼たちがヨーロッパに遠征するオリジナルストーリーが描かれている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

味方になった途端に弱体化したジャンプキャラまとめ

味方になった途端に弱体化するキャラクターは、当然あるあるネタですよね。アニメや漫画、ゲームでも、裏での調整が入った結果、下手をすれば主力メンバーから干されて、永遠に待機キャラor回復専用なんてことも多々あります。そんな事実がある中、今回はジャンプキャラにしぼって、その悲しい現実をイラストつきでまとめてみました。

Read Article

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめですが、今回はvol.16〜vol.30までをまとめてみました。15巻までで、とりあえずガンダムネタは一段落ですが、まだまだたくさんネタは存在しますよ。ちなみにDVDは全て2枚組、さらにテレビでは放送されていない完全限定特典映像などもついてきますb

Read Article

目次 - Contents