キャプテン翼(キャプ翼)のネタバレ解説・考察まとめ

『キャプテン翼』とは、1981年より高橋陽一が週刊少年ジャンプ、週刊ヤングジャンプ、グランドジャンプで連載されたサッカー漫画およびそれを原作としたアニメ作品シリーズ。主人公大空翼がチームメイトとの友情、ライバルたちとの激闘を通して活躍・成長してゆき、主に彼のサッカー人生が描かれている。単行本のシリーズ国内発行部数は7,000万部を超え、またフランス、イタリアなどおよそ20の国・地域で出版されており、国内外を問わず人気を誇る大ヒット漫画。

カール・ハインツ・シュナイダーの必殺シュート。強烈な威力のため、ボールとシューズの摩擦熱、ボールと空気の摩擦熱、ボールとゴールネットの摩擦熱が生じ、焦げ臭い匂いを放つ。

サンターナターン

サンターナの得意技。ドリブルで相手を抜く際に、相手の前で反転し背中を向け、素早くボールを相手の頭上に蹴りあげることで抜き去る。

反動蹴速迅砲(はんどうしゅうそくじんほう)

中国代表・肖俊光の必殺シュート。相手のシュートを蹴り返して威力を倍加させるカウンターシュート。放つ際にボールの球筋が龍に見える。翼がこのシュートを打ち返した際には鳳凰が見えた。

レヴィンシュート

衝撃力を重視した、スウェーデン代表・ステファン・レヴィンのシュート。弾丸のように鋭い回転がかかり、キーパーがボールを捕らえるのは至難の業。このシュートで一度、若林源三やデューター・ミューラーの腕が破壊されている。大空翼は、「サッカーボールは人を傷つける道具じゃない」と批判した。

オーロラフェイント

ステファン・レヴィン、ナトゥレーザが使用。素早い動きで相手を幻惑し、抜き去る。まるで分身しているように見えるフェイント。

リバウールターン

リバウールの使うフェイント。攻撃側の選手が右に抜くとみせて足の裏を使った引き技でボールを軸足に当て、守備側の選手の裏のスペースを通過させる。その後、自身も反転しボールの後を追うように相手を抜き去る技。のちに大空翼が模倣。

鳥かご

修哲小学校の得意とする戦術。自分達のチームがリードしている局面で、延々とパスを回し相手にボールを触れさせず、籠に閉じ込めたような状態にする。

オフサイド・トラップ

守備ラインをコントロールすることで相手の選手を意図的にオフサイドの反則にかけ攻撃を阻止する戦術。作中では三杉淳が得意とし、武蔵FCや日本ユース代表で守備ラインを指揮した。

ジャパニーズゾーンプレス

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

味方になった途端に弱体化したジャンプキャラまとめ

味方になった途端に弱体化するキャラクターは、当然あるあるネタですよね。アニメや漫画、ゲームでも、裏での調整が入った結果、下手をすれば主力メンバーから干されて、永遠に待機キャラor回復専用なんてことも多々あります。そんな事実がある中、今回はジャンプキャラにしぼって、その悲しい現実をイラストつきでまとめてみました。

Read Article

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめですが、今回はvol.16〜vol.30までをまとめてみました。15巻までで、とりあえずガンダムネタは一段落ですが、まだまだたくさんネタは存在しますよ。ちなみにDVDは全て2枚組、さらにテレビでは放送されていない完全限定特典映像などもついてきますb

Read Article

目次 - Contents