キャプテン翼(キャプ翼)のネタバレ解説・考察まとめ

『キャプテン翼』とは、1981年より高橋陽一が週刊少年ジャンプ、週刊ヤングジャンプ、グランドジャンプで連載されたサッカー漫画およびそれを原作としたアニメ作品シリーズ。主人公大空翼がチームメイトとの友情、ライバルたちとの激闘を通して活躍・成長してゆき、主に彼のサッカー人生が描かれている。単行本のシリーズ国内発行部数は7,000万部を超え、またフランス、イタリアなどおよそ20の国・地域で出版されており、国内外を問わず人気を誇る大ヒット漫画。

ポジションはGK、オリンピックではFWも兼任。「守りの若林」に対し、「攻めの若島津」と称されることもあり、時折、GKとは思えないほどの攻めを見せることがあり、シュート、ドリブルも一流。実家は若堂流空手という道場で、若島津自身も、若堂流空手参段を持つ。そのため、空手の技を生かした必殺技を多用する。サッカーを続けることに父から難色を示されたが、サッカーと空手を両立させることにより、父から認められた。

葵新伍(あおい しんご)

ポジションはミッドフィルダー。イタリア・FCアルベーゼ所属。スピードと豊富なスタミナ、得意の「直角フェイント」でフィールドを縦横無尽に駆け巡る。反則が多く、累積警告で出場停止になったこともある。自分の名前をもじった「青い信号は止まらない」が決まり文句。

石崎了(いしざき りょう)

ポジションはディフェンダー。持ち前の根性を武器に日本のディフェンスラインに君臨。得意技はその名の通り顔面で相手シュートを防ぐ「顔面ブロック」。才能はないながらも根性と努力でレギュラーを獲得。やる気が空回りすることが多くオウンゴールが多い。

松山光(まつやま ひかる)

ポジションはMFまたはDF。小学生時代は攻撃的MFながら、代表ではスイーパー、ボランチなど守備的な役割を担うことが多い。「北海の荒鷲<ワイルドイーグル>」の異名をとる。翼、日向が不在時の日本代表のリーダー的存在となることが多い。翼本人にも、松山こそがリーダーにふさわしいと太鼓判を押されるほど。ひとたびボールを持てば相手に渡さないほど、キープ力が高い。自分には翼や日向のような天性の才能はなく、才能のないやつは努力するしかないというのが彼の信条。

三杉淳(みすぎ じゅん)

ポジションはMFまたはDF。ロベルト本郷が「完成している」と息を呑むほどのプレーヤーで、小学生時代は翼に勝る技術を持っていた。統率力や戦術眼に優れているも、心臓病を患っていたため数分しかピッチに立つことができず、「ガラスのエース」、「フィールドの貴公子」と呼ばれる。心臓病さえなければ日本一になれたかもしれないと、翼や日向が言うほどの逸材であり、翼が唯一勝てないと思った男である。中学生時代に医師とサッカー選手を両立させることを決心し、高校時代はリハビリに専念、その甲斐あって心臓病はほぼ完治した。女性人気が非常に高く、小学生時代から彼のファンクラブが存在している。

立花正夫 / 立花和夫(たちばな まさお / たちばな かずお)

ポジションはFWまたはMF。双子の兄弟。外見がまったく同じであるため、見分けがつかず頻繁に間違われる。必殺技は、「スカイラブハリケーン」。アクロバティックなプレーをするため、足への負担や怪我が多く、出場機会が安定しない。

次藤洋(じとう ひろし)

ポジションはDF。出身が長崎であるため、「~タイ」などの独特の訛りがある。小学生の頃、一人で中学生グループを叩きのめしてしまうほど腕っぷしの強さがある。中学生になり強い奴と戦いたい欲求に従い喧嘩に明け暮れる日々を過ごすが、後輩から翼の活躍が報じられたサッカー雑誌の記事を見せられ、翼を「強い奴」と認め、打倒大空翼を胸にサッカーに打ち込むようになる。サッカーは最初1年間で辞めるつもりであったが、翼を倒すまではサッカーを辞めないと誓った。

早田誠(そうだ まこと)

ポジションはDF。大阪出身ではあるが、標準語を話す。徹底的に相手エースをマークすることから「エース殺し」と呼ばれている。横回転のシュートに磨きをかけ、キーパー手前で急に曲がる「カミソリシュート」を編み出した。

井沢守(いざわ まもる)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

味方になった途端に弱体化したジャンプキャラまとめ

味方になった途端に弱体化するキャラクターは、当然あるあるネタですよね。アニメや漫画、ゲームでも、裏での調整が入った結果、下手をすれば主力メンバーから干されて、永遠に待機キャラor回復専用なんてことも多々あります。そんな事実がある中、今回はジャンプキャラにしぼって、その悲しい現実をイラストつきでまとめてみました。

Read Article

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめですが、今回はvol.16〜vol.30までをまとめてみました。15巻までで、とりあえずガンダムネタは一段落ですが、まだまだたくさんネタは存在しますよ。ちなみにDVDは全て2枚組、さらにテレビでは放送されていない完全限定特典映像などもついてきますb

Read Article

目次 - Contents