キャプテン翼(キャプ翼)のネタバレ解説・考察まとめ

『キャプテン翼』とは、1981年より高橋陽一が週刊少年ジャンプ、週刊ヤングジャンプ、グランドジャンプで連載されたサッカー漫画およびそれを原作としたアニメ作品シリーズ。主人公大空翼がチームメイトとの友情、ライバルたちとの激闘を通して活躍・成長してゆき、主に彼のサッカー人生が描かれている。単行本のシリーズ国内発行部数は7,000万部を超え、またフランス、イタリアなどおよそ20の国・地域で出版されており、国内外を問わず人気を誇る大ヒット漫画。

女子ソフトボール選手で、日向小次郎の彼女。ワールドユース編で日向が沖縄で特訓をしていたときに出会う。彼女曰く、「サッカーはオレオレ言っててダサい」とのことだったが、日向と出会ったことでサッカーに関心を持つ。男勝りな性格だが、人形作りがうまいなど女性らしい繊細な部分も持ち合わせている。女子ソフトボール代表としてサッカー日本代表の日向とともに、五輪に出場した。

岬一郎(みさき いちろう)

岬太郎の父。放浪の画家。太郎が生まれすぐさま離婚し、日本全国を転々としながら絵を描き続け、太郎に各地のサッカーを学ばせ続けた。息子を自分の都合で転校させることに負い目を感じており、親権を母親に戻そうと思っていた時期もあった。そのため、太郎のためにサッカーの盛んな地域を転校先に選んでいた。知人の紹介で親子共々渡仏、国際ジュニアユース選手権で奮闘する太郎の姿に勇気づけられ、富士山を描こうと帰国。常に太郎の心の支えになっている人物である。

井出保(いで たもつ)

葵の親友で、中学時代は練習時にコンビを組んでいた。突如として立花兄弟に付き添い合宿所に登場。そのままデータ解析力の高さを買われ、マネージャーとして日本ユース代表の活動に参加。戦術の考案などにも貢献を見せる。名前は「いいデータ持つ」のもじり。選手としての実績は全くない。

ナトゥレーザ

翼のライバル。元々アマゾンの奥地に住んでいたが、才能をロベルト本郷が見出し、ブラジルユース代表に呼ばれる。自分がいなくてもブラジル代表はワールドユースで優勝すると思っており代表招集を断っていたが、兄からもしかしたらブラジルが日本に負けるかもしれないと言われ、招集に応じることにした。そしてワールドユース決勝にて日本に敗れたことにより、プロサッカー選手になることを決意し、翼を追いスペインに渡り、翼の所属するバルセロナのライバルチームであるレアル・マドリードに所属している。性格はかなり子供っぽい。

リバウール

ブラジル代表キャプテンで、バルセロナのエース。ポジションはトップ下。普段は温厚な性格であるが、いざピッチに立つと反則スレスレのプレーをくりだす。ついたあだ名は「キラーリバウール」。世界的に優れたプレーヤーに与えられるバロンドールを2度受賞している。バルセロナの監督、ファンサールと親しい間柄である。持病に腰痛があり、しばしば戦線を離脱する。

カルロス・サンターナ

ブラジルユース代表、U-22代表でポジションはFW。生まれて間もなくサッカーグラウンドに捨てられており、老夫婦に育てられる。「神の子」と呼ばれるほどの才能を持つ。育て親の老夫婦が亡くなると、金持ちに引き取られ、奴隷的な教育を受ける。そしていつの間にか彼は心を持たず勝利のみを追求するようになったことから「サッカーサイボーグ」と呼ばれるようになる。ブラジル全国選手権での翼との対戦によって、周囲に心を開くようになる。

ラドゥンガ

現役のブラジル代表で、通称「闘将ラドゥンガ」と呼ばれる。ポジションはMF。翼がサンパウロに所属していたときのチームメイトで、翼が慕う人物。エル・クラシコを前に重圧に苦しむ翼を励ますなど、常に翼のことを気にかけている。酒が全く飲めず、ガラナジュースを好む。

ぺぺ

ブラジルオリンピック代表、ブラジルユース代表。ポジションはFW。サンパウロ入団試験で翼と出会い、サンパウロ時代の翼のチームメイト。のちに翼を慕い、日本行きを決め、鹿島アントラーズに加入。サンパウロの寮では翼と同室であったため、彼から日本語を少し習っているので、挨拶程度は話すことができる。

カール・ハインツ・シュナイダー

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめですが、今回はvol.16〜vol.30までをまとめてみました。15巻までで、とりあえずガンダムネタは一段落ですが、まだまだたくさんネタは存在しますよ。ちなみにDVDは全て2枚組、さらにテレビでは放送されていない完全限定特典映像などもついてきますb

Read Article

味方になった途端に弱体化したジャンプキャラまとめ

味方になった途端に弱体化するキャラクターは、当然あるあるネタですよね。アニメや漫画、ゲームでも、裏での調整が入った結果、下手をすれば主力メンバーから干されて、永遠に待機キャラor回復専用なんてことも多々あります。そんな事実がある中、今回はジャンプキャラにしぼって、その悲しい現実をイラストつきでまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents