キャプテン翼(キャプ翼、Captain Tsubasa)のネタバレ解説まとめ

E7bfbc  2

『キャプテン翼』とは、1981年より高橋陽一が週刊少年ジャンプ、週刊ヤングジャンプ、グランドジャンプで連載されたサッカー漫画およびそれを原作としたアニメ作品シリーズ。主人公大空翼がチームメイトとの友情、ライバルたちとの激闘を通して活躍・成長してゆき、主に彼のサッカー人生が描かれている。単行本のシリーズ国内発行部数は7,000万部を超え、またフランス、イタリアなどおよそ20の国・地域で出版されており、国内外を問わず人気を誇る大ヒット漫画。

激戦のエル・クラシコから1週間後のストーリー。いよいよオリンピック出場を目指すU-22日本代表が動き出す。U-22日本代表監督に就任した吉良耕三監督は、アジア予選では海外組を招集せず、国内組のみで臨むことを宣言。そして開幕したオリンピックアジア予選。日本はアウェーの地で最大のライバルと目されるオーストラリアに1-3で敗れてしまう。オリンピック本大会出場へ黄信号となった日本が迎えたホームでの予選最終戦。相手は、アウェーで敗れたオーストラリア。前節、サウジアラビアがオーストラリアに対して執念のドローに持ち込み、日本が3点差をつけてオーストラリアに勝てば、逆転でオリンピック出場という絶対に負けられない展開。その緊迫した試合をみごと4-1で制し、オリンピック出場を決めた。

「キャプテン翼 海外激闘編 IN CLCIO 日いづる国のジョカトーレ」(2009年)

イタリアで奮闘する日向小次郎、葵新伍に物語のスポットが当てられる。ユベントスで歯が立たなかった日向は、出場機会を求めてセリアC1・レッジアーナへ期限付き移籍。葵はインテルでトップチームへ昇格することができず、セリエC1・アルベーゼに移籍する。そして、両者はセリエC最終節において、セリエB昇格をかけ試合で激突。結果は、日向擁するレッジアーナがアルベーゼを下しセリエB昇格。アルベーゼは来期もセリエCを舞台にするかと思いきや、昇格争いをする他チームが試合に敗れ、アルベーゼもセリエB昇格。日向と葵は舞台をセリエBに移し、来季も両者は相見えることとなった。

「キャプテン翼 海外激闘編 EN LA LIGA」(2010-2012年)

翼の所属するバルセロナのリーグ優勝への激闘が主に描かれる。負傷で戦線離脱しているエース・リバウールに代わり、トップ下として定着した翼。物語は、アウェー・マドリードでのエル・クラシコ。再び翼vsナトゥレーザの激戦が始まり、試合はレアル・マドリード優位に進みも、2-2のドローに終わる。

「キャプテン翼 ライジングサン」(2014年-)

物語は、スペイン・リーガエスパニョーラ最終節から始まる。2位・レアルマドリードに勝ち点1差で首位に立つ翼擁するバルセロナ。勝てばリーグ優勝となるバルセロナだったが、不運な失点から一点ビハインドで前半を終えることに。ライバルであるレアル・マドリードは前半3-0でリードしており、このままでは逆転優勝を許すことになってしまう。そして運命の後半戦、翼のPKにより同点においつくと、チームは逆転ゴールを決め、結局3-1で勝利をおさめる。そして、リーガエスパニョーラ優勝を手土産に、舞台はいよいよオリンピック本大会へ。グループリーグにおいて、日本はアルゼンチン、オランダ、ナイジェリアという激戦区に組み分けられる。そしてJrユース、ワールドユースでも対戦したライバルたちを蹴散らしていく。準々決勝の相手はドイツに決まり、舞台は決勝トーナメントへと移る。

『キャプテン翼』の登場人物・キャラクター

大空翼(おおぞら つばさ)

E5a4a7e7a9bae7bfbc 33f88

ポジションは『小学生編』はフォワード、『中学生編』以降はミッドフィルダー。ドリブル突破、ドライブシュート、スカイウィングシュートなど多彩なシュートがあり、キャプテンとしての自覚をもちチームを統率する。常に前向きで時に強気な姿勢を見せる。ライバルの難易度の高い技を一度見ただけで自分のものにできる。「ボールは友達」が信条で、「サッカーの申し子」と呼ばれる。

岬太郎(みさき たろう)

Uploaded

ポジションはミッドフィルダー。翼との息の合ったコンビプレーは「ゴールデンコンビ」と呼ばれる。画家である父・一郎と全国を転々とする生活をし、学校も転々としていたため、どんなタイプの選手とも息の合ったプレーができる適応能力を見せる。人を思いやる優しい性格で大人びた面もあるが、試合では時に激しい気性をみせる場面もある。「フィールドのアーティスト」。

若林源三(わかばやし げんぞう)

Imagesc9remoh4

ポジションはゴールキーパー。少年時代より専属コーチのもと教育を受け、ペナルティエリア外からはシュートを決して許さないというポリシーを持つ。翼の最初のライバル。試合ではアディダスのキャップを被っており、帽子がボールに触れてゴールを守ったこともある。ゴールキーパーながら果敢にオーバーラップをすることがある。ドイツ人サポーターやドイツ代表ヘルマン・カルツからは「ゲンさん」と呼ばれる。SGGK(スーパーグレートゴールキーパー)の異名をとる。

日向小次郎(ひゅうが こじろう)

Aae288e5f53090da3575231d95b560d1  captain tsubasa manga

ポジションはフォワード。短気で口が悪い。強引なドリブル、強力なシュートなど勝利に貪欲なプレーを見せる。その闘志あふれるプレーから「猛虎」と呼ばれる。母子家庭の四人兄弟の長男。小学4年時に父を亡くし、新聞配達や屋台の手伝いなどのアルバイトをして家計を助け、家族を養うためにプロを目指す。プロのスポーツ選手でありながら、コーラが大好物。

沢田タケシ(さわだ たけし)

Show

日向より2歳年下で、明和FC時代より日向を慕ってきたテクニシャン。時折、日向の試合中の態度に意見し納得をさせることもある。東邦学園所属時は、他のレギュラーより年下であったが、ゲームメーカーを務めた。のちに、U-20日本代表のキャプテンに就任し、「同世代の翼」になると意気込み、みごとアジア選手権で日本を優勝へ導き、翼たち黄金世代に劣らない活躍を見せた。

若島津健(わかしまづ けん)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめですが、今回はvol.16〜vol.30までをまとめてみました。15巻までで、とりあえずガンダムネタは一段落ですが、まだまだたくさんネタは存在しますよ。ちなみにDVDは全て2枚組、さらにテレビでは放送されていない完全限定特典映像などもついてきますb

Read Article

味方になった途端に弱体化したジャンプキャラまとめ

味方になった途端に弱体化するキャラクターは、当然あるあるネタですよね。アニメや漫画、ゲームでも、裏での調整が入った結果、下手をすれば主力メンバーから干されて、永遠に待機キャラor回復専用なんてことも多々あります。そんな事実がある中、今回はジャンプキャラにしぼって、その悲しい現実をイラストつきでまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents