騰(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

騰(とう)とは、『キングダム』に登場する武将である。主人公である信(しん)の恩師「王毅(おうき)将軍」に仕える副官である。秦の「六大将軍」である王毅の副官として仕えていたが、王毅亡き後は「元王毅軍」の将軍として活躍している。「王毅将軍」の隠し球と呼ばれ、力量では王毅に匹敵する力を持ち、高速で騎乗から剣を振り回して、大量の歩兵をなぎ倒す実力者である。物語の序盤から登場し、勇猛な一面とお茶目なキャラクターの両面を併せ持つのが魅力。

騰のプロフィール・人物像

出典: kingdom-anime.com

生年月日:不明
血液型:不明
年齢:不明
CV:加藤亮夫
演:要潤

経験値 : A/武力 : 96/指揮力 : 92/知力 : 94/マジカル※ : ファルファル

※パーソナル項目 → それぞれの人物固有の特記事項

騰(とう)とは、『キングダム』の登場人物で、主人公である信の恩師「王毅将軍」に仕える副官である。「王毅将軍」の隠し球と呼ばれ、力量では王毅に匹敵する力を持ち、高速で騎乗から剣を振り回して、大量の歩兵をなぎ倒す実力者である。物語の序盤から登場し、勇猛な一面とお茶目なキャラクターの両面を併せ持つのが魅力。王騎の傍らに騰が立つシーンが多いため、天下の大将軍に物おじしないキャラクターでもある。鼻が高くてまつ毛も長く、横にのびた口髭がクルッとカールしていて、どこか西洋人を思わせるような顔付が印象。王騎に仕え、まるでイエスマンのようなキャラクターの印象が強く、どんな事にも動じず「ハ!殿のおっしゃる通りです」と答える。王騎が打たれ死の直前に声をかけられた時でも、素直に敬礼し感情を表に出さなかった。その時に王毅直々に「本来、あなたの実力は私に見劣りしません」と言われており、実際将軍となるに相応の高い力量を持っている。普段はポーカーフェイスだが、「馬陽の戦い」で王毅が討たれた際には血相を変えて戦うなど気迫の変化が見え、王毅から最期の言葉を受け取る時には敬礼で握る手に感情がこもって流血しているなど、情け深い人物であると推測される。王毅軍の中では最も古参である。「魏」の将軍呉鳳明は、謄の事を「全く隙が無い人物だ」と非常に高く評価している。キングダム の公式ガイドブックによると、騰は武力だけでなく、指揮力と知力に優れる、むしろ知略型の将軍という解釈が適切そうだ。体格は大きく、平均的な体格だと思われる主人公の「信」と比べるとかなり大柄であることがわかる。王毅と並ぶとほぼ同じサイズのため、王毅並みの大男だという事がわかる。王毅の後継者、高速でファルファルと音を奏でる剣等、ストイックなシーン印象的だが、物語の全般で総じてお茶目キャラという印象が強い。信が王毅に修行を付けてもらうために、王毅の城を訪れた際にも、騰は門番として登場し、開門したと思ったら信の顔を見てユーモアですぐに閉門してしまう等コミカルな動きをする。初登場シーンも王騎の命令をそのまま部下に振ろうとして、王騎に怒られる、茶目っ気のある登場だ。時には王騎の物まねをして蒙武(もうぶ)をおちょくったり、亡くなった同胞を思って弔いの言葉を言うシーンでも、まだ死亡していない将の名前を言ってボケる一面も見せる。強さだけでなくユーモアと愛嬌を持ち合わせている。

騰の来歴・活躍

6歳の頃に師匠の元で剣技術を習う

キングダム のスピンオフとして、幼き時代の騰を描いた「ファルファル伝説」という外伝がある。その外伝中で幼少期の騰が描かれ、当時の師匠に教わった「螺旋」からの騰の得意技であるファルファル剣の誕生までを知ることができる。騰へ修行をつける際に師匠が「ファルファル」を解説する際にオナラの音を混ぜているとコメントしたり、幼少期からコミカルな一面を見せていたことが窺える内容だ。騰の過去等を綴ったエピーソードは多く語られていないが、過去の回想シーンでは謄が6歳の頃のエピソードが描かれていて、鍛えてくれた師匠が過去に居た事が明かされている。 その師匠は「螺旋」という剣技を謄に教えているので、螺旋を使いこなすことで、謄は戦場でファルファル剣で大活躍出来る強さを身に着けていった。 「ファルファル」と共に螺旋を描く騰の剣技の秘密は、剣を持つ手の小指にあると言われている。剣の柄を持つ小指が剣を細かく動かし、目に見えない程の回転運動で螺旋を生み出す。この螺旋が回転を続け、さらに大きな円を描く。この動作を操り、斬れないものも斬れる。これを動かし続ければ常に無敵ということになっている。騰の師匠によると、この螺旋を極めると「ファルファル」という音になるそうだ。そしてこれを「ファルファル道」と名付けている。騰には最高のファルファル音色を見つけて欲しいとコメントしている。

王毅将軍の下での活躍

騰の初登場は物語の序盤である成蟜(せいきょう)の反乱シーンから登場している。王毅が健在ときは傍にいるだけの事が多い印象が強いが、王毅亡き後に存在感を増していく。王毅の側にいるだけあって、武力は相当なものだが、力量だけでなく知力にも優れ、王毅から具体的な指示がなくても、「ハ!」と一言だけ答えるだけで、王毅の目的を達成できてしまう。冷静に戦況を見定め、適切な対応を行うことが出来る。騰は「馬陽の戦い」で見せた、敵大軍に特攻すると見せかけて陽動をし混乱させるような策略も見せる知略型の戦略を取る時と、王毅に致命傷を与えた龐煖(ほうけん)からの一撃から王毅の身を守る肉弾戦での防御力も兼ね揃える。

王毅軍の後継としての活躍

キングダムに登場する将軍の例に漏れず、自分が隊の最前列に立って圧倒的な武力で突破する。騰の戦闘シーンで印象的なのは、王毅が討たれた「馬陽の戦い」でも見せた、騎乗から敵を円を描く剣技で高速に切りまくるシーン。王毅もそうだが、蒙武(もうぶ)将軍や廉頗(れんぱ)将軍のように、パワフルに敵を吹っ飛ばす戦い方を描かれる将軍が多い中、華麗にファルファルと音を奏でて斬り回る騰の戦闘シーンはキングダムの作中では他には見られない独特なものとなっている。アニメでは「シュンシュン」と音を出して進むが、原作では音が「ファルファル」と表現されているため、「ファルファル剣」とも呼ばれる。原作中では「フェル」だったり「フォル」や「フォル」等のバリエーションが存在する。「合従軍」との戦いの際には、騰はその卓越した武力を発揮して単騎で敵将「楚」の将軍臨武君(りんぶくん)の下までたどり着く離れ業を見せている。騰は数々の修羅場をくぐり抜けてきた臨武君を、圧倒的な力で倒してしまう。

人望も厚い騰

伝説的将軍・王毅亡き後、秦が戦いを続ける事ができたのは、実力と人望を共に備えた騰が難なく王毅軍を受け継いだことも大きい。謄は人の才能を見抜く力も高く、自分の後を追っている若き才能を持つ将達の実力を見抜き、彼らの成長に繋がるような役割を与える。合従軍との戦いの際に秦の強化目的で、若手の「信」・「王賁」(おうほん)らの策を起用し主攻を任せ若手にチャンスを与える等、人材育成の才も持っている。信が将軍になるかもしれないというシーンでは、冷静に状況を見定めて、将軍にせずに一旦将軍の副官ともいえる五千人将に付かせる選択をする。その後も謄将軍に付いていく配下の部下も謄の武勇で士気が上がり強さを増す。著雍戦の活躍やその他での活躍が認められ、秦国二人目の大将軍にに任命される。そんな騰だからこそ「キングダムのキャラで上司にするなら誰が良い?ランキング」では5位にランクインする。著雍戦やその他の活躍を得て、秦国二人目の大将軍として君臨する。

騰の関連人物・キャラクター

王毅

物語の序盤から登場し、「秦国の怪鳥」と呼ばれる天下の大将軍である。昭王の時代に秦国の六大将軍の一人として活躍していた。中性的な独特の話し方と笑い方が特徴。大柄男性で中性的、信と出会った時も自分を昌文君(しょうぶんくん)の愛人と称したり、オネェっぽさを醸し出すキャラ。騰とは長年、中華を股にかけて戦ってきた。騰にはそれを支え続けた自負があると述べている。

『キングダム』の主人公。飛信隊の隊長。騰とは王毅を通して関わってきたが、王毅亡き後に後を継いだ騰は、著雍編において信を成長させるために主攻に飛信隊を任命する。

孟武(もうぶ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

王騎(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

「王騎(おうき)」とは『キングダム』に登場する武将で、元秦国王である「昭王(しょうおう」)に使えた将軍(秦国六大将軍)の内の1人であり、主人公の「信(しん)」が最も慕う武人でもある。秦国六大将軍でも最強と呼ばれる存在であり、通称は「秦の怪鳥」。中華全土を股にかけて活躍した大将軍・王騎は、物語中では最も重要な登場人物の一人。巨体から発せられる武力、戦に関する経験値、戦況を見渡せる知略、指揮力、全てにおいて最強級の実力の持ち主。オネエ言葉を使うのが特徴で、オネエを思わせるセリフを言うことも多い。

Read Article

NEW

蒙驁(キングダム)の徹底解説・考察まとめ

蒙驁(もうごう)とは『キングダム』に登場する武将で、「白老(はくろう)」の愛称で親しまれている秦国の大将軍である。将軍として際立った実力は無いが、人望が厚く、野盗出身の桓騎(かんき)や「自らが王になる」と野望を持っているため危険人物とされる王翦(おうせん)を副官として従えている。大将軍・蒙武(もうぶ)の父であり、楽華隊(がくかたい)隊長・蒙恬(もうてん)の祖父でもある。蒙驁は山陽(さんよう)攻防戦では総大将を務め、魏国大将軍・廉頗(れんぱ)に勝利した。

Read Article

NEW

キングダム(KINGDOM)のネタバレ解説・考察まとめ

舞台は、中国戦国時代ーー 500年続く戦乱の中、「天下の大将軍」を目指す主人公の信と後の始皇帝となる秦王の嬴政(えいせい)が様々な苦難を乗り越え、仲間と共に中華統一を目指す物語である。 キングダムは、2006年から週刊ヤングジャンプにて連載中の作品。原作者である原泰久(はらやすひさ)にとって初めての連載漫画である。第17回手塚治虫文化賞にて漫画大賞を受賞するなど評価の高い作品だ。

Read Article

NEW

キングダム(KINGDOM)の武将・将軍まとめ

『キングダム(KINGDOM)』とは原泰久の漫画で、中国の春秋戦国時代後期を題材にした作品。 信という元下僕の少年が秦王である贏政と出会い、天下の大将軍を目指すというストーリー。 主人公の信が身体的、精神的に成長していくのが作品の魅力の一つでありながら、 そこに関わる多くのキャラクターたちの生き様も大きな人気を誇る一因となっている。

Read Article

キングダム(KINGDOM)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『キングダム』は週刊ヤングジャンプで連載中の原泰久による春秋戦国時代を描いた戦国漫画。「天下の大将軍」を目指す主人公の信と後の始皇帝となる秦王の嬴政が様々な苦難を乗り越え、仲間と共に中華統一を目指す物語である。ドラマチックな展開の中で、魅力あふれるキャラクターがそれぞれの個性や性格を象徴するような名言を残している。

Read Article

NEW

それでも世界は美しい(それセカ)のネタバレ解説・考察まとめ

『それでも世界は美しい』は、椎名橙が花とゆめコミックスで連載していた少女漫画およびそれを原作としたアニメ作品。ファンタジーで晴れや氷、雨や砂など自然からとられた国名が出てくる。雨の公国の末娘ニケと晴れの大国を統治するリヴィウスとの歳の差ラブストーリー。リヴィウスの好奇心から物語が始まるがニケの優しい性格が荒んでいたリヴィウスや他の人々の心も溶かしていくことになる。リヴィウスはニケに心を惹かれていくが自分の過去を受け入れてくれるのか不安に思う。またニケ自身の能力の秘密についても明らかにされる。

Read Article

CLAMP学園探偵団(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『CLAMP学園探偵団』とはCLAMPの漫画及びアニメ。小学生3人が織りなす探偵コメディ漫画である。漫画は『月刊Asuka』、『ミステリーDX』で1992年1月から1993年10月まで連載。全3巻。気球で視察をしていたCLAMP学園初等部学生会会長・妹之山残(いものやまのこる)は、東京タワーの窓に涙を流している老婦人を発見。フェミニストである彼は彼女の涙の理由を解決すべく、書記・鷹村蘇芳(たかむらすおう)、会計・伊集院玲(いじゅういんあきら)を加えたメンバーで探偵団を結成する。

Read Article

今日から俺は!!(今日俺)のネタバレ解説・考察まとめ

『今日から俺は!!』とは、西森博之によるヤンキーギャグマンガである。通称「今日俺」と呼ばれ幅広い年齢層から親しまれている。1988年9月号から『増刊少年サンデー』(小学館)にて連載。千葉県にある典型的なヤンキー学園「私立軟葉高校」に通う不良の三橋貴志と伊藤真司が、他校のヤンキーとバトルしたりと珍事に巻き込まれていく。不良なのに根っからの悪ではない二人の青春物語でもある。各サブタイトルは全て「○○編」と短編なので気軽に読みやすい。アニメ化、ドラマや映画では実写化もされている人気作品。

Read Article

NEW

NARUTO(ナルト)のネタバレ解説・考察まとめ

『NARUTO』とは、日本の漫画家の岸本斉史による作品。1999年43号から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載が開始され、2014年50号で完結した。全700話あり単行本は全72巻。落ちこぼれの忍者「うずまきナルト」が強敵との戦いの中で、成長していく姿や仲間たちとの友情などが描かれている。全世界累計発行部数2億冊以上。日本国内に留まらず世界中の人々から愛されている。

Read Article

ふしぎ遊戯(朱雀・青龍編)のネタバレ解説・考察まとめ

『ふしぎ遊戯』とは、渡瀬遊宇による漫画作品及び、それを原作とするアニメ、ゲーム作品である。高校受験を控えた少女・夕城美朱は、図書館の書庫で見つけた四神天地書という書物に吸い込まれ、本の中で朱雀を呼び出す巫女となる。鬼宿を始め、巫女を守る七星士と共に朱雀召喚を目指す一方、敵対国で青龍の巫女となった親友の本郷唯と対立する。1992年から1996年まで『少女コミック』で連載され、1996年にテレビアニメ化された。後に、前日譚に当たる『ふしぎ遊戯 玄武開伝』及び『ふしぎ遊戯 白虎仙記』が発表される。

Read Article

十二国記(ラノベ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『十二国記』とは、小野不由美による小説、及びそれを原作とするアニメなどのメディアミックス作品である。女子高生の中嶋陽子は、人の顔色を気にして生きてきた。そんな陽子の前に、麒麟の景麒を名乗る青年が現れ彼女を王と呼ぶ。陽子は本来の故郷である十二国世界へ渡り、様々な戦いを経て王になる覚悟を決めるのだった。ある者は権力とそれに伴う責任に向き合い、ある者はコンプレックスに向き合って成長を遂げる。古代中国風の異世界を舞台にした異世界ファンタジーでありながら、不思議なリアリティを持つ作品である。

Read Article

NEW

烈火の炎(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『烈火の炎』とは、1995年から2002年まで安西信行が『週刊少年サンデー』に連載した忍者バトル漫画およびそれを原作としたアニメ作品。腕から炎を出すことができる「炎術士」としての能力を持つ主人公花菱烈烈火が治癒の力を持つ女子高生佐古下柳と出会い彼女を君主と定め、彼女を狙う組織と戦う。火影忍軍が残した「魔導具」と呼ばれる特殊能力をもつ武器を使うキャラクターが多数登場し、戦国時代から続く火影忍軍の運命に抗う様子を描く忍者冒険活劇。

Read Article

東京ミュウミュウ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

吉田玲子原作、征海未亜作画による漫画作品およびそれを原作としたアニメ作品。絶滅危惧種動物の遺伝子と合体した少女たちが変身し、強大な敵と戦う。女の子特有の、恋の悩みや敵との関わりなど子供向けアニメとしては深い内容となっている。それぞれの動物に即した衣装やアイテムに当時の子供たちは夢中となった。また当時連載していた雑誌「なかよし」が60周年となった時、再度注目されるなど幅広い年齢に愛されている。

Read Article

雲のように風のように(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『雲のように風のように』とは、第1回日本ファンタジーノベル大賞受賞作品『後宮小説』を原作としたスペシャルアニメ。 架空の古代中国の王朝「素乾国」の後宮に焦点を当てた作品で、原作が持つ斜陽の国家の中で展開する人間達の浅ましさや残酷さ、男女の哲学等といった難しいテーマを含めながらも、個性的なキャラクター達による小気味良いコミカルなシーンを雰囲気を壊すことなく多く含み、約80分間の制限の中子供でも楽しめる全年齢向けのエンターテインメントとして仕上がっている。

Read Article

GALS!・GALS!!(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『GALS!』・『GALS!!』とは少女漫画雑誌『りぼん』で1998年から連載された藤井みほなによる漫画、およびそれを原作としたアニメ作品。2019年よりマンガMeeにて続編『GALS!!』が連載中。舞台は東京渋谷で最強カリスマ女子高生・寿蘭を中心としたコギャル3人が街で遊ぶ様子や、恋愛模様を描く青春物語である。さらに「家庭問題による親や大人への反発」をコンセプトとして家庭問題やいじめ、不良行為、援助交際など当時の社会問題も題材として扱う熱いヒューマンドラマであり幅広い年齢層から支持されている。

Read Article

赤ちゃんと僕(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『赤ちゃんと僕』とは、突然の事故で最愛の母を亡くしてしまった、主人公の小学5年の拓也が、父と協力しながら慣れない2歳の弟の実の子育てや家事に四苦八苦しながら日々を過ごす日常生活を舞台にしたホームコメディ。拓也と実を中心に友人やご近所の人と繰り広げられる笑いあり涙ありの物語の中には、家族のあり方や子育ての大変さ、DVやイジメについてのエピソードも多く描かれているため、人として大切なことを教えてくれる作品になっている。多くのファンからは「赤僕」と呼ばれて愛され続けている作品である。

Read Article

NEW

日向ネジ(NARUTO)の徹底解説・考察まとめ

日向ネジ(ひゅうがねじ)は、1999年から2014年まで『週刊少年ジャンプ』で連載された岸本斉史の『NARUTO-ナルトー』の登場人物である。木の葉の里最強の一族「日向一族」出身の天才忍者であり、強力な体術を使う。分家の出であるネジは、宗家(本家)に対し憎しみを抱いていたが、主人公のうずまきナルトとの闘いを経て憎しみから解放されていく。ナルトが約2年半の修行から帰郷した後を描いた『NARUTO-ナルト-疾風伝』では、ナルトに先んじて上忍に昇格し、ナルトのよき先輩としての活躍が描かれる。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説・考察まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

NEW

うちはオビト(NARUTO)の徹底解説・考察まとめ

うちはオビトは『NARUTO』に登場するキャラクターで、木の葉隠れの忍であり、名門うちは一族の一人。また主人公・うずまきナルトの師であるはたけカカシの同期でライバルでもある。活発で仲間想いな少年であり、木の葉隠れの里の長・火影になることを夢にしていた。しかし、第三次忍界大戦の時に敵の術からカカシを庇い戦死。その後里の英雄として慰霊に刻まれるが、実際はかつてのうちは一族のリーダーであったうちはマダラによって命を救われていた。以降マダラの策略によって世界に仇なす存在となっていく。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

NEW

NARUTO(ナルト)の尾獣と人柱力まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里に住む少年・うずまきナルトは、里に甚大な被害を与えた九尾を封じられていた。それ故、ナルトは里の人間から忌み嫌われて育った。ナルトは里の人間を見返すために、里の長である『火影』を目指す。 『人柱力』とは、強大な力を持つ尾獣を封じられた人間の事である。戦争の抑止力ともなる人柱力は、作中で非常に重要な存在である。

Read Article

ブラッククローバー(ブラクロ)の魔法まとめ

『ブラッククローバー』とは、田畠裕基による日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。 孤児であるアスタとユノは、魔法騎士の頂点である『魔法帝』を目指していた。ユノは豊かな才能を持っていたが、アスタは魔法を使うためのマナを持っていなかった。それでも諦めなかったアスタは「悪魔が宿る」とされる『五つ葉の魔導書』を手にする。 『ブラッククローバー』には様々な魔法騎士が登場し、個性豊かな魔法を使用する。

Read Article

幽☆遊☆白書(幽白)の術・必殺技まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、冨樫義博による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 主人公である中学生の浦飯幽助は、自動車に轢かれて死にそうになった子どもを助けるために自分が死んでしまうが、霊界の協力で復活することができた。物語は大きく霊界探偵編、暗黒武術会編、魔界の扉編、魔界統一トーナメント編に別れる。特に暗黒武術会編の戸愚呂兄弟との戦い、魔界の扉編では仙水との戦いが人気である。 桑原の霊剣や蔵馬の植物に関する技など個性ある技が多く登場し、幽助の仲間たちも人気がある。

Read Article

NEW

NARUTO(ナルト)の暁まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里の少年・うずまきナルトは、かつて里に大きな被害をもたらした九尾を封印され、里の者から忌み嫌われていた。ナルトは逆境に負けずに、里の長である火影を目指す。 『暁』とは、S級指名手配されている忍たちが中心になった過激派集団であり、ナルト達と敵対する事になる。

Read Article

NARUTO(ナルト)の術・必殺技まとめ

『NARUTO(ナルト)』は、1999年から2014年まで、『週刊少年ジャンプ』にて15年もの間連載された、大人気忍者アクションバトル少年漫画である。作者は岸本斉史氏。友情、愛、復讐、戦争など多くのテーマを持つ大傑作漫画。作中では様々なキャラクターが多様な術を使用し、作品を盛り上げた。今回は作中で使用される術についてまとめてみた。

Read Article

NARUTO(ナルト)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史による大人気の忍者アクション漫画である。週刊少年ジャンプにて連載されていた。 主人公は木ノ葉隠れの里に住む少年のうずまきナルトで、ナルトの夢は木ノ葉隠れの里のトップである火影になることだ。孤独な幼少期を過ごしてきたナルトが、友達や先生との交流を通して愛を知っていく展開や、心に染みる熱いセリフは少年だけに留まらず、世界中の人々に評価されている。

Read Article

東京ミュウミュウの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『東京ミュウミュウ』とは、『なかよし』で連載されていた少女漫画で、アニメ化もされている作品だ。主人公の桃宮いちごを始めとする5人の女の子たちが、絶滅危惧種の動物の力を持つ戦士である『ミュウミュウ』に変身し、宇宙から東京の街へとやってきたキメラアニマと呼ばれる怪物から日々街を守っている。 戦う女の子たちのかわいらしくもカッコイイセリフの数々が、当時の読者である女の子や女性たちに勇気や感動を与えた。今回は、そんな『東京ミュウミュウ』に登場する名言や名セリフを紹介する。

Read Article

【それでも世界は美しい】破天荒な年の差カップルが繰り広げる問題作!!

【おねショタ好き必見?】小国の公女がジャンケンに負けて嫁いだのは、即位後3年で世界制服を果たした悪名高き王が治める大国。だが、出会った王はわずか11歳の少年だった。恋愛アリ、笑いアリ、感動アリ、ネタ要素アリで性別問わず楽しめるこのアニメ。1話無料視聴もあるので暇な方もどうぞ。

Read Article

目次 - Contents