目次

  1. 『ドラクエ』 竜王
  2. 竜王 小ネタ集
  3. 『ドラクエⅡ』 シドー
  4. シドー小ネタ集
  5. 『ドラクエⅢ』 ゾーマ
  6. ゾーマ小ネタ集
  7. 『ドラクエⅣ』 デスピサロ
  8. デスピサロ小ネタ集
  9. 『ドラクエⅤ』 ミルドラース
  10. ミルドラース小ネタ集
  11. 『ドラクエⅥ』 デスタムーア
  12. デスタムーア小ネタ集
  13. 『ドラクエⅦ』 オルゴ・デミーラ
  14. オルゴ・デミーラ小ネタ集
  15. 『ドラクエⅧ』 暗黒神ラプソーン
  16. 暗黒神ラプソーン 小ネタ集
  17. 『ドラクエⅨ』 堕天使エルギオス
  18. 堕天使エルギオス 小ネタ集

『ドラクエ』 竜王

1359530508 p rg

作品初のラスボスは、「もし、わしの味方になれば世界の半分をお前にやろう」のセリフでお馴染の竜王。

人間の姿に近い第1形態では、ベギラマやマホトーンなどを唱えます。また、こちらが唱えたマホトーンが効くこともあります。
FC版ではさほど強くないものの、リメイク版ではマホトーンが削除された代わりにベホイミやラリホーなどを習得してしまった厄介な相手として登場します。
第1形態を倒すとすぐに現れるのは、巨大竜の姿の第2形態。FC版では通常攻撃と炎をランダムで、リメイク版では攻撃と激しい炎、火炎の息、火の息をローテーションで繰り出します。炎の威力がとてつもないため、これまでの戦いでどれほどMPを残していたかが勝負の分かれ目。勝利するにはベホイミ必須です。

竜王 小ネタ集

ゲームが発表された当時は、雑誌でドラゴンロードの名前で紹介されていました。

FC版などで先程の質問に承諾すると、復活の呪文を教えてもらえます。しかし、レベル1&装備無し&所持金0の状態で闇の世界へと閉じ込められた後、操作不能に。電源を切るかリセットするかしか手段がなくなってしまいます。一方、リメイク版ではリムルダールの宿屋で夢を見てうなされていた、というオチに変更されています。

戦闘中に妖精の笛を使うと、専用BGMから通常戦闘時のBGMに変更されます。

『ドラクエⅡ』 シドー

Show

勇者たちに倒された大神官ハーゴンが、自らの命と引き換えに召還した、破壊の神シドー。「世界を滅ぼすまがまがしい神」とハーゴンは言い表しています。
オリジナル版の行動パターンは炎、眠り効果を持つ攻撃、ベホマの3つ。HPや攻撃力、守備力の値もほぼ上限で、その中でも守備力の値ははぐれメタルと同じです。更に攻撃魔法は無効、ルカナンも確実ではなく効いたとしても微々たるものであるという史上最悪のボスと言えます。大体、ボスがベホマを唱えられる時点でどうかと思いますが。
リメイク版でははげしいほのお、通常攻撃、2回攻撃、スクルト、ルカナンの5つの行動を取ります。ベホマや眠り攻撃がなくなった分、バリエーションは増えました。そして以前はほどんど効果がなかったルカナンの威力が強化され、2回かければ守備力を0にすることが可能になりました。耐性もなくなり確実に効くようになったこともうれしい限りです。

シドー小ネタ集

『ドラクエ』同様、戦闘中に銀のたて琴と妖精の笛を使うと戦闘中のBGMが通常の音楽に変更されます。

パルプンテを唱えた際にとてつもなく恐ろしいものを呼び出すと、最強とも言われているシドーがその場から逃げ出します。通常はすぐに戻ってきて再度戦闘となりますが、たまに戻ってくることなくエンディングが始まってしまうことも。

FC版ではデルコンダルにシドーを出現させることが可能です。以下に方法をまとめますが、途中で止めずに最後まで一気に行くようにしてください。
デルコンダルにて復活の呪文を聞く → ベラヌールとロンダルキアへの洞くつ経由でハーゴンの神殿へ → ハーゴンを倒す → シドーに負ける
この後、デルコンダルの王様との話を終えて下に向かうと、突如シドーが現れ戦闘へ突入します。
ここでシドーを倒すといきなり不気味な塔へ飛ばされ(下の画像参照)、サマルトリアの王子はザオリクを2つも覚えており、ローレシアの王子はHP満タンでも棺桶に入っているなどバグ満載の状態になります。最後には棺桶に入っていたローレシアの王子がサマルトリアの王子と同じ見た目になる始末。
興味があれば、是非お試しください。

Dq2 0348

『ドラクエⅢ』 ゾーマ

20150730170734018

魔王バラモスを倒したことで世界は平和になった…と思ったプレイヤーを驚愕させた、ゾーマ。この頃からラスボスの存在が定番となってきます。
最初は闇の衣をまとっていますが(通称 : 闇ゾーマ)、光の玉を使用することで衣をはぎ取り、弱体化させることができます。闇ゾーマは倒せなくはないですが、高レベルでない限りまず無理と言えるでしょう。何しろ、『ドラクエⅧ』の竜神王登場まで攻撃力がシリーズ最大値の550だったのですから。

FC版では常に2回行動のローテーション攻撃となります。
(ふぶき・マヒャド) → (ふぶき・通常攻撃) → (いてつくはどう・ふぶき) → (マヒャド・ふぶき) → (通常攻撃・いてつくはどう)

SFC版も同じく常時2回行動のローテーション攻撃です。マホカンタ使用後は行動をスキップします。
(こごえるふぶき・マヒャド) → (こごえるふぶき・通常攻撃) → (いてつくはどう・こごえるふぶき) → (マホカンタ・こごえるふぶき)

ゾーマ小ネタ集

ゾーマが いてつくはどう を使った最初のラスボス。以降の作品では恒例の攻撃の1つとなりました。

闇の衣をはぎ取った後のゾーマには、やくそうやベホマが有効。

ゾーマにはボツになった第2形態が存在しました。外見はフェイスボールに酷似するとのことです。
これは、最初の設定として、ゾーマの正体 = 死者たちの怨念が集まった形というボツ設定があったことが理由です。

『ドラクエⅣ』 デスピサロ

74c6436e

シリーズ史上初めてかがやく息とめいそうを使った、魔族たちの王デスピサロ。めいそうはこの作品以降に登場するラスボスが必ず使用し、『ドラクエⅤ』の後からは特技にもなりました。
形態変化時のアニメーションは、ファミコンの性能ギリギリの高度な演出だったそうです。

各形態について、簡単にまとめました。
第1形態 : ひたすら通常攻撃かつ2回行動(リメイク版では3ターン目の1回目に痛恨の一撃)
第2形態 : 通常攻撃&1回行動(3ターン目に痛恨の一撃)、攻撃力・素早さは第1形態よりも上昇
第3形態 : FC版は1回行動、リメイク版は2回行動。通常攻撃・ベギラマ・ヒャダルコ・ザキ・スクルト・あまい息を使用
第4形態 : FC版は1回行動、リメイク版は1~2回行動。めいそう → はげしいほのお → いてつくはどう → 通常攻撃 → はげしいほのお → こうねつのガス
第5形態 : ランダムで2回行動。FC版は通常攻撃・こうねつのガス、リメイク版は通常攻撃・こうねつのガス・はげしいほのお
第6形態 : 2回行動。リメイク版もFC版と同様通常攻撃・こうねつのガスの2種類。
第7形態 : 必ず最初にマホカンタを唱える。FC・リメイク版とも2回行動。通常攻撃・はげしいほのお・かがやく息・いてつくはどう

デスピサロ小ネタ集

DS版のガイドブックに各形態の行動パターンや耐性が掲載されたのは、ラスボスにおいて初めてです。

第3形態撃破後のメッセージが少し異なります。
FC版 : 「デスピサロのあたまをたたきつぶした!」
リメイク版 : 「デスピサロのあたまはしょうめつした!」

第6形態のはげしいほのおの動きがこうねつのガスと同じ動きとなっています。

第6形態から、通常攻撃時の動きがひっかきと踏みつけの2種類となります。

リメイク版では、かがやく息は上下の口から吐きますが、はげしいほのおをはく時は下の口からだけです。

『ドラクエⅤ』 ミルドラース

Dd51ff0fc97097a70341c9a1e7a29197

人間界侵略のために、主人公の母親を拉致した、大魔王ミルドラース。シリーズ初となるしゃくねつの炎を吐きます。
リメイク版では、最初は人間であり神になることを目指していたものの、あまりの邪悪さに魔族にされた、といった設定が増やされました。また、ジャハンナの名産品であるきんだんのまきものによると、進化の秘宝を使って進化したとも考えられます。

第1形態は老人のような風貌。メラゾーマ、かがやく息、いてつくはどうを使い、キラーマシン×2若しくはあくましんかん×2を何度も呼び出します。但し、全て1回行動です。
SFC版の行動パターン : かがやく息・メラゾーマ → 通常攻撃・いてつくはどう → 仲間を呼ぶ
リメイク版のパターン : かがやく息 → メラゾーマ・通常攻撃・いてつくはどう・仲間を呼ぶ

第2形態になると、仲間を呼ぶ代わりにイオナズン・めいそう・しゃくねつの炎などを使うようになります。
SFC版では3つの行動パターンの中からランダムで選ばれ、その他の作品では残りHPによりローテーションが変化します。