目次

  1. 概要
  2. 夢の世界と現実の世界
  3. 夢の世界
  4. 現実の世界
  5. ストーリー
  6. 打倒ムドー
  7. 自分探しの旅
  8. 打倒デスタムーア
  9. ゲームシステム
  10. 転職システム
  11. 仲間モンスター
  12. ふくろ
  13. ゴールド銀行
  14. 登場人物
  15. 主人公
  16. ハッサン
  17. ミレーユ
  18. バーバラ
  19. チャモロ
  20. テリー
  21. アモス
  22. ターニア
  23. 魔王ムドー
  24. 大魔王デスタムーア
  25. アイテム
  26. ラーの鏡
  27. ゆめみのしずく
  28. さびたつるぎ
  29. ラミアスの剣
  30. スフィーダの盾
  31. セバスの兜
  32. オルゴーの鎧
  33. リメイク作品との大きな違い
  34. 仲間スライム
  35. 仲間会話システム
  36. 裏話

概要

夢の世界と現実の世界という2つの世界を行き来するのが特徴。
ちなみに現実の世界が幻の大地とされている。
ドラゴンクエストIIIのみに登場していた転職システムが実装されている。

夢の世界と現実の世界

人に経験と知識を与え、新たな勇者を生み出すかも知れない「ダーマ神殿」。
メダルと交換に強力な武器を与える「メダル王の城」。
デスタムーアを一度追い詰めた究極魔法「マダンテ」を継承する魔法都市「カルベローナ」。
これらを封印したデスタムーアだったが、それでもなお人間の心を恐れた。
そこで世界を「夢の世界」、「現実の世界」に分け、二つの世界を征服することで人の心までもを支配しようと考えた。

夢の世界

現実の世界の人々の夢によって構成されている世界で、願いや想い、希望などを具現化している。
例えば、現実の世界では主人公は妹を亡くしたレイドック王子なのだが、夢の世界では妹と共に暮らす村人となっている。
物語中では上の世界と呼ばれている。

現実の世界

夢の世界の住人から幻の大地と呼ばれており、物語中では下の世界と呼ばれている。
夢の世界の住人が現実の世界に行っても姿が透明になってしまい、現実の世界の住人には認識されない。認識されるためにはには、ゆめみのしずくが必要である。

ストーリー

打倒ムドー

主人公、ミレーユ、ハッサンの3人は魔王ムドーを倒すべく戦いを挑むがどこかに飛ばされてしまう。

目覚めた主人公はただの少年で部屋のベットで寝ていた。ただの夢だったのだろうか。
村は祭りの準備に追われており、村長にお使いを頼まれる。
お使いの途中で大穴に落ちてしまい、主人公は現実の世界へ行ってしまう。
現実の世界では自分の姿は誰にも見えないらしく村人に話しかけても反応は無い。
村はずれの不思議な井戸を使い、もといた夢の世界に戻る。
主人公が村へ帰ると、妹に乗り移った精霊に魔王ムドーを倒せと神託を受け、レイドック城へ向かう。

レイドックでは魔王ムドーの討伐隊を募集しており、主人公はこれに志願することで兵の一員となった。
西の森にいる暴れ馬の捕獲という任務を頼まれ、途中でハッサンという大男と仲間になる。
暴れ馬はハッサンに懐いてしまい、ファルシオンと名づけられる。
その後主人公は働きを評価され、ムドー討伐の任務を受ける。
魔王ムドーの正体を暴くため、まずは「真実を映し出す」と言われている伝説の鏡「ラーの鏡」を探しに旅に出る。
旅の道中、また大穴を見つけ飛び込んだが、やはり現実の世界では誰も気づいてくれない。
しかし、謎の美女ミレーユは2人に気づく。
主人公達は彼女の協力で姿が見えるようになり、ミレーユも仲間に加わる。
現実の世界でレイドック城へ向かい、主人公は王子と間違われて城の中へ入る。
王と王妃はずっと眠りから覚めていない様子だった。
そして大臣に偽者だと見破られ、城の外へ。

ラーの鏡があるという水鏡の塔の鍵を求めて水の町アモールへと向かい、教会に泊めてもらう。
目が覚めると町の水は血の色に染まっており、水源の洞窟に向かうと教会にいたお手伝いの老婆は若い頃の姿となり、相棒を殺したと言う。
奥では、その相棒が魔物と戦っていた。魔物が相棒に取り付き、老婆と戦ったらしい。
魔物を倒し、相棒の無事を老婆に知らせ、町で休む。
目が覚めると夢の世界に戻っていた。
教会に相棒が現れ、老婆と数十年ぶりの再会を果たし、相棒から洞窟に合った鏡の鍵を受け取る。
もらった鍵で水鏡の塔へ向かう。
そこで記憶喪失の少女バーバラと出会い、主人公達と合流する。
バーバラはラーの鏡を探していたらしい。
レイドックに向かい、レイドック王にラーの鏡を見せると苦しみだし、現実の世界の王妃に変わってしまった。
王妃と共にムドーの城へ向かう。
そしてムドーにラーの鏡を使うと現実の世界のレイドック王に変わってしまった。
王と王妃は城に来るようにと言い残し、先に引き上げる。
しかし王達はおらず、現実の世界のレイドック城に向かうと王と王妃が目覚めていた。
王はムドー討伐に出かけた際に、夢の世界のムドーとなったらしい。
そして研究者によって夢の世界と現実の世界の存在を知り、現実の世界のムドー討伐を頼まれる。
ムドーの城に向かう途中、神官チャモロが仲間に加わる。
ムドーの城の中でハッサンの石像を見つけ、それに触れるとハッサンと石像は同化し、現実の自分に戻る。
ムドーと対峙し、以前のようにライフコッドに飛ばされてしまうが、ラーの鏡で復帰し、激闘の末、ムドーを倒す。

自分探しの旅

レイドックに戻ると、主人公はレイドックの王子で、正確にはレイドック王子の夢という話を聞く。
主人公達は現実の主人公を探すたびに出る。
自分探しをしながら各地を回り、ライフコッドに向かう。
主人公はライフコッドでターニャが介抱したレイドック王子である現実の主人公と同化し、レイドックで伝説の兜を受け取る。
伝説の武具を揃えるべく、また主人公達は旅に出る。
伝説の武具を揃え、天空人ゼニスの城に向かうと、そこはデュランの居城になっていた。
主人公達は洗脳されていたミレーユの弟のテリーを救い出し、デュランを倒す。
そしてテリーも仲間に加わる。
大魔王であるデスタムーアの世界に行くにはペガサスが必要と知り、天魔の塔へ向かう。
最上階で石像となったペガサスとファルシオンが同化し、本当の姿であるペガサスとなる。
ファルシオンの力で狭間の世界へ向かう。

打倒デスタムーア

狭間の世界で処刑されそうになっていた大賢者を助け出すが、とらわれていたのは弟でだった。
大賢者の弟からデスタムーアの城への道が開く真実のオーブを渡される。

弟と共に城に向かうとそこには監獄があるだけだった。
監獄では精神の拷問を受ける大賢者がおり、弟の協力で憑りついていた魔物を倒す。
大賢者兄弟の力でデスタムーア城が姿を現し、デスタムーアと戦う。
激闘の末、デスタムーアを倒し、夢の世界と現実の世界が完全に切り離された。

ゲームシステム

転職システム

ドラゴンクエストIIIより転職できる職業も増えている。
「さとり」というアイテムを使うことで、ドラゴンやはぐれメタルにも転職可能。
ただし、ムドー撃破後でなければ使用できない。

仲間モンスター

前作よりモンスターの種類は少なくなったが、仲間のスライム系モンスターを戦わせるスライム格闘場が存在する。

ふくろ

預かり所が廃止された代わりにアイテムを保管するふくろが実装された。

ゴールド銀行

新しく、1000ゴールド単位で預かってくれるゴールド銀行が実装された。