目次

  1. 概要
  2. ストーリー
  3. ゲームシステム
  4. 主人公
  5. 移動
  6. コマンド
  7. 戦闘
  8. 復活の呪文
  9. 登場人物
  10. 主人公
  11. ローラ姫
  12. 竜王
  13. ラルス16世
  14. アイテム
  15. 武器
  16. 防具
  17. 道具
  18. キーアイテム
  19. 裏話
  20. 名前
  21. ローラ姫

概要

O0800060313109312402

家庭用ゲーム機では、初といわれているロールプレイングゲーム。通称ドラクエ。
後に続編が次々に製作され、「ドラゴンクエストシリーズ」となる。

プレイヤー自身がゲームの主人公となり、冒険していく。
冒険の目的は、伝説の勇者ロトの子孫である新たな勇者として、竜王にさらわれたローラ姫を救出。
そして、竜王を倒し物語の舞台であるアレフガルドに平和を取り戻すことである。

ストーリー

アレフガルドはかつて、大魔王の手によって、闇に閉ざされていた。
しかし、伝説の勇者ロトが魔王を倒し、魔物たちも神より授かりし光の玉によって封印され、長い平和が訪れた。

数百年後、ラダトームの王、ラルス16世が収める時代。
悪魔の化身、竜王にローラ姫と光の玉を奪われ、アレフガルドは再び闇に閉ざされてしまう。
再び魔物の徘徊する世界となり、竜王に挑んでいった者達は、誰一人生きて帰ってこなかった。

そんな中ひとりの預言者が、勇者ロトの血を引くものが竜王を滅ぼすと予言する。
そして数年後、予言どおり勇者が現れ、世界に平和を取り戻すべく旅に出る。

ゲームシステム

主人公

主人公の名前は自分で決める。
HP(ヒットポイント)、MP(マジックポイント)、ちから、すばやさ、攻撃力、守備力が設定されている。
魔物を倒すことで経験値を獲得し、レベルを上げたり、武器や防具を装備することで、それらのパラメーターを上げることが出来る。

移動

町や洞窟などのダンジョンを表すオブジェクトがあり、そこへ主人公を移動させることで、自動的に町などにはいることが出来る。
フィールドマップにはさまざまな地形があり、移動しにくかったり、移動できない山や海、入るだけでHPを消費してしまう毒の沼などがある。

コマンド

持ち物や今のパラメーターを調べたり、呪文を使用したり、話しかけたりするときに必要である。
メニューコマンドウィンドウをひらき、はなす、しらべる、つよさ、どうぐ、じゅもんなどのコマンドがある。

武器と防具の店や道具屋などさまざまな店が存在している。
これらの店は、魔物を倒したときなどに手に入るゴールドを払うことで、目的のものを買ったり、不要なアイテムを売り、ゴールドに変換することが出来る。
また、宿屋ではゴールドを払うことで、宿屋に泊まりHPとMPを回復することが出来る。

戦闘

ダンジョンなど、魔物のいるところを歩いていると、突然画面が切り替わり戦闘開始となる。
戦闘はターン制であり、コマンドを選択して戦う。
ただし、眠っている場合など、主人公が行動できない場合は相手のターンになるなどの例外はある。
相手のHPを0に出来ればこちらの勝利となり、経験値やゴールドを獲得できる。
しかし、こちらのHPが0になると、スタート地点のラダトームまで戻され、所持金は半分となる。

復活の呪文

セーブするときは、ラダトーム王に話しかけることによって表示される復活の呪文を書留め、再び冒険を再開するときに入力すれば中断したところから再開できる。
しかし、一文字でも間違えれば再開することは出来ない。
このシステムは、ファミコン(ファミリーコンピューター)のみであり、リメイク版のスーパーファミコンからは必要ない。

登場人物

主人公

Dq1herotrans

ロトの血を引いており、ラルス16世に呼ばれ、アレフガルドにやってきた。
ローラ姫を救い、再び平和を取り戻す為、旅に出る。
ドラゴンクエストの主人公は基本、「はい」「いいえ」などを選択するだけで、会話はしない。
しかし主人公の中では珍しく、「わたしが治める国があるのなら、わたし自身で探したい」という風に一言だけセリフを言うシーンがある。

ローラ姫

Mig