ハートキャッチプリキュア!(ハトプリ)のネタバレ解説・考察まとめ

「ハートキャッチプリキュア!」とは東堂いづみ原作、東映アニメーション製作で、プリキュアシリーズ第5作目の作品。主人公の「花咲つぼみ」は、引越しの車の中で謎の少女戦士・キュアムーンライトがその敵ダークプリキュアに敗れる夢を見る。その後妖精のシプレとコフレが現れ、つぼみは「キュアブロッサム」に変身した。そして二人目のプリキュア「キュアマリン」と共に砂漠の使徒と戦うのであった。

キュアムーンライトの復活

砂漠の使途の幹部達は、サバーク博士から強化アイテム「ダークブレスレット」を授かる。
これを使うと、デザトリアンの中に入り直接操ることができ、これまでよりもパワーアップする。

ブロッサムたちはプリキュアに更なる力を与えるアイテム「ハートキャッチミラージュ」が眠る城、プリキュアパレスへ向かう。
キュアフラワーはこのハートキャッチミラージュの力を使い砂漠の使途の王・デューンの力を封印したのだ。
ハートキャッチミラージュを得るには試練が有るのだという。
ムーンライトはこの試練を受ける前にダークプリキュアに負けてしまった。
試練は先代プリキュアと戦い勝つ事であるが、キュアフラワーは既にお婆ちゃんになってしまったため、プリキュアたちはいつも助けてくれる「謎の青年」と戦う事に。
三対一で漸く対等の「謎の青年」にどうにか勝利し、つぼみたちは青年の正体が薫子のパートナー妖精・コッペだと知る。
青年に恋をしていたつぼみは、女だったいつきに続きまたも敵わぬ恋であったと泣くのであった。
三人は試練をクリアし、ハートキャッチミラージュを手に入れた。

ミラージュには人のこころの花を見る機能があり、其れで見てみるとゆりのこころの花は枯れてしまっていた。
このままではゆりはプリキュアになれないという。

ゆりがキュアムーンライトだった頃、優しく支えてくれたパートナー妖精の「コロン」が居た。
ブロッサムたちとは違いたった一人で戦っていたムーンライトは、コロンだけが心の支えであった。
しかし、プリキュアパレスで試練を受ける前、ダークプリキュアと戦っている隙を付かれサバーク博士に攻撃される。
コロンはムーンライトを庇い重傷を負う。そしてムーンライトの無事を喜ぶと、お別れを言い消滅してしまった。

この事が大きな心の傷となり、ゆりのこころの花は枯れてしまったのだ。
話を聞いたつぼみたちはゆりを励まし力になろうとする。
そしてゆりもそんなつぼみ達に心を許し始めていた。

学園では文化祭の季節になり、ファッション部でも準備に入っていた。
ファッション部の出し物は「ファッションショー」をすることになった。
人気モデルであるももかをモデルとして呼ぶ事にし、つぼみはゆりにもモデルになって欲しいと言う。
テーマは「新しい自分」だった。
ゆりにはまだ迷いが残り、その話を受けるかどうか迷っていた。

その頃、こころの大樹の元に奇跡が起きていた。
大樹が守っていたコロンの魂が形になってゆりを待っていたのだった。
ゆりはもう一度コロンに会うこと決め、大樹の元へ向かった。
プリキュアの種からゆりの心の変化を感じていたダークプリキュアは、ゆりを狙い襲撃しに来た。
つぼみ達はゆりを大樹へ向かわせ、ダークプリキュアと戦いになる。
一方ゆりはこころの大樹の元に辿り着き、コロンと再開する。
コロンを抱きしめようとするゆりであったが、コロンの体は消滅していて今は魂だけの存在だと言う。
つぼみたちが集めた「こころの種」が起こした奇跡で、ゆりと1回だけの再開が果たせたのだ。
コロンは体が滅びてもなおずっとゆりの事を見守っていた。
コロンはこれまでゆりが一人で頑張っていたことを認め、そして今は新たな仲間が出来て新しく仲間の大切さを学んだと言う。
そしてプリキュアの種はゆりの心の形で、今は二つに割れてしまっているが、ゆりがまた世界を守りたいと願うのならプリキュアになれる、と告げる。
こころの大樹がブロッサムたちのピンチをゆりに教え、ゆりはもう一度プリキュアになる事決心した。
ダークプリキュアと対峙したゆりは「キュアムーンライト」に変身する。

ダークプリキュアは自分の手元にあるプリキュアの種を見て、何故プリキュアの種が無いのに変身できるのかと戸惑った。
ゆりは欠けた種をココロポット(こころの種を溜めておく容器)で補い変身したのだった。
完全復活したムーンライトの強さはブロッサムたちよりもはるかに強く、ダークプリキュアを圧倒した。
三幹部も加わり総力戦になるが、ダークプリキュアはあくまでもムーンライトとの決着を望み、幹部達の介入を許さなかった。
そして、ブロッサムたち三人vs三幹部、ムーンライトvsダークプリキュアという構図になる。
ダークプリキュアとムーンライトは必殺技・フォルテウェイブの撃ち合いになり、ムーンライトは負けてしまう。
しかし「コロンが見ている限り、私は負けるわけには行かない」と立ち上がる。
2人は激しい戦いをし、ダークプリキュアが倒れる。
そこへサバーク博士が来てダークプリキュアを抱え撤退した。
一方のブロッサムたちは苦戦していた。
ムーンライトはすぐさま駆けつけ、三幹部を一人で倒してしまう。
ムーンライトは三人に気を引き締めるよう言い、プリキュアがついに4人揃ったのだった。

戦いが終わり、ムーンライトはこころの大樹へ再び訪れる。
ムーンライトのこころの花は完全に元気を取り戻し、それを見届けるとコロンは光になり消えて行った。
またずっと一緒に居られるものだと思っていたムーンライトに、コロンとの二度目のお別れが来た。
ムーンライトはコロンに感謝の涙を流し、その光景をブロッサムたちは自分のパートナー妖精と共に見守った。

文化祭でのファッション部の出し物(ファッションショー)のモデル出演の件をゆりは承諾した。
つぼみとえりかは早速ゆりの服を作ろうと、えりかの母が営むファッションショップ・フェアリードロップへゆりを連れて行った。
そして文化祭はこれまでプリキュアが助けたキャラクターたちが総出で登場するお祭り回となり、ファッションショーも大成功した。

物語はラストスパートへ

文化祭が終わり、プリキュアも四人揃い、内気だったつぼみは変わり、いつきは好きな物に対し素直になり、ゆりは復活し、これで安泰では無いかとえりかは考えていた。
しかし突如植物園の側に隕石が落下し、中から巨大な怪物が現れた。
デザトリアンよりも圧倒的に強く、4人は力を合わせて浄化する。
すると浄化した後に残った物体から、砂漠の使途の王・デューンが宣戦布告をしてきた。
デューンはキュアフラワーに力の大部分を封印され弱体化し、その後宇宙に逃亡していたが、ついにまた動き出したのだった。
砂漠の種「デザートデビル」を地球に送り込み、地球を砂漠にするつもりだという。
プリキュアたちはこれに対抗するために、更なる力を習得するためにまたも試練に挑む事になった。

再びプリキュアパレスに訪れると、四人は離れ離れになってしまった。
そして四人の前に自身を映し出した「ミラージュプリキュア」がそれぞれ現れる。
自分自身の影と戦うことが試練の内容だった。
ミラージュマリンは過去のマリンそのもので、ももかに対するコンプレックスを口にした。
ミラージュサンシャインもまた過去のサンシャインそのもので、家のために可愛いものを我慢し続けていた。
ミラージュムーンライトは、コロンを守れなかったことを悔やんでいた。
それぞれのミラージュプリキュアは、「影の私(自分)」はもういらないのかと問う。
しかし三人は自分の影を必要ないと切り捨てずに受け入れ、試練を乗り越えた。
三人の像がプリキュアパレスに作られ、そこから三人がそれぞれ帰還する。
だがそこにはキュアブロッサムの姿はなかった。

キュアブロッサムは自分自身の心と戦うという事に気づかず、ミラージュブロッサムに押されていた。
今でも変わってない引っ込み思案であることを指摘するミラージュブロッサムと、変わったのだと主張するキュアブロッサム。
しかし影の自分であるミラージュブロッサムは、ブロッサムの今でも不安な心を見透かしていた。
優勢のはずのミラージュブロッサムは悲しげな顔をしていた。
その頃、ブロッサムの帰還を信じて待っているマリン達であったが、砂漠の種が落下してきてデザートデビルとの戦闘になっていた。
ミラージュブロッサムはブロッサムに戦うのを止めるように言う。
変わらなくても誰もブロッサムを責めない、だから変わらなくたって良いと微笑みかける。
しかしブロッサムは、嫌いだった内気な自分を変えたい、そして皆のお陰で少しずつ変われているのだと語る。
ブロッサムは、ミラージュブロッサムが変わる事が不安だった少し前の自分の姿だと気づき、自分は変わるのだと強い意志を告げる。
ならば「昔の私(自分)」はもう要らないのかと語りかける。
ブロッサムはそれを否定し、ミラージュブロッサムを受け入れた。
つぼみは嫌いだった内気な自分を受け入れ、一つ成長して過去も含めて自分自身を愛することができたのだ。
このミラージュプリキュアの試練は、自身の見たくない影の部分と向き合い、変化を止めるか切り捨てるか問われ、自身を受け入れられるかどうか試される試練だったのだ。
そしてこの試練を乗り越え成長することこそが、新しい力を手に入れるための条件であった。

デザートデビルと戦う三人は四人の力でなくては勝てないと気づき、ブロッサムの帰還を信じて待っていた。
そこへ試練を終えたブロッサムが現れる。
そしてプリキュアの新しい力「スーパーシルエット」に変身し、四人の合同必殺技「プリキュア・ハートキャッチ・オーケストラ」を使いデザートデビルを浄化した。

キュアサンシャインの浄化を受けた当初から、サソリーナの様子がおかしくなっていた。
サソリーナの心が浄化されつつあったのだ。
見かねたクモジャキーとコブラージャは、サソリーナに幹部を止めて基地に帰る様に言った。
しかしサソリーナはそれを聞かず出撃するという。
2人は自身のダークブレスレットをサソリーナに渡した。
3つのブレスレットを使いパワーアップしたサソリーナは強かったが、消耗も激しかった。
激闘の末、サソリーナはプリキュアに浄化される。
助け出そうとするコブラージャを、もう戦えないのならこのまま…とクモジャキーが止めた。
クモジャキーはサソリーナに良く戦ったと褒め、コブラージャと2人でサソリーナを看取った。
サソリーナは2人に感謝を告げ消滅した。
クモジャキーとコブラージャはプリキュアに対し、絶対に倒すという強い決意を向けて去っていった。
その様子を見ていたブロッサムは、砂漠の使途にも心があるのだと確信した。

サソリーナのこころの花は「カタクリ」花言葉は「嫉妬・寂しさに耐える」

季節はクリスマスの時期になっていた。
プリキュアに会いたい少女の願いを叶えようとするつぼみであったが、デザトリアンが現れ氷柱に閉じ込められてしまい、少女との約束の時間に間に合わなかった。
薫子は少女の願いをつぼみ達のためにも叶えてあげたいと、コッペに協力を仰ぎキュアフラワーに変身する。
フラワーはデザトリアンと幹部二人を圧倒し、ブロッサムたちを救出する。
少女の願いは叶い、ブロッサムはキュアフラワーとの出会いに喜ぶのであったが、そこへ砂漠の使途の王・デューンが現れた。

デューンとプリキュア達の戦いになるが、デューンには敵わず、全員変身を解かれてしまう。
コッペも、弱体化しているフラワーも歯が立たなかった。
そしてフラワーも変身を解かれ、デューンは薫子を連れ去った。

デューンはフラワーと戦った時に力を封印され、少年の姿になっていた。
その封印していた力を薫子から奪って青年の姿に戻り、サンシャインが守っていたこころの大樹のバリアを破った。
薫子の目の前でこころの大樹は枯れてしまった。
デューンは砂漠の種を地球に多数送り込み、地球の砂漠化が始まった。
つぼみたちが目覚めた時には、コッペの守る植物園以外はすべて砂漠に成り果てていたのだった。

大樹が枯れてしまったことで人間達はこころの花を枯らした。
しかし、かつてプリキュアに救われた人々はこころの花が枯れておらず、つぼみ達に諦めるなとエールを送る。
つぼみ達は励まされた事で元気を取り戻し、砂漠の使途のアジトへ出発する事になった。
プリキュアに助けられた人々はそれを応援し見送るのだった。
大樹は完全に枯れておらず、まだ希望に溢れた人が居るのだと薫子は気づく。
しかしプリキュアを倒せば人々の希望も消え大樹も枯れるだろうと、デューンは考えた。
デューンはプリキュアの最後を一緒に見るように薫子に言った。
プリキュアと砂漠の使途との最終決戦がはじまるのだった。

プリキュアをアジトへ向かわせまいと、クモジャキーとコブラージャが現れる。
クモジャキーはマリンと、コブラージャはサンシャインと一対一で戦う事になり、ブロッサムとムーンライトはこの場を2人に託し、前に進んでいった。
肉体的に強い事を良しとし、弱者を嫌うクモジャキー。
マリンは追い詰められるが、コフレが身を挺してマリンを助ける。
マリンは自分を守るために立ち向かったコフレをコブラージャよりも強いと言い、心の強さこそが本当の強さだと説いた。
そしてクモジャキーの強さの先に一体何があるのかと問う。
けれどクモジャキーはそれを理解するわけにはいかなかった。
マリンはクモジャキーのダークブレスレットを破壊し、クモジャキーをフォルテウェイブで浄化する。
クモジャキーは自分の知らない強さがあることを認め、安らかな顔で浄化されていった。

外見的な美しさを良しとし、人間の心を醜いと思うコブラージャ。
追い詰められたサンシャインを醜いと言い、追い詰めた自分は美しいと言う。
しかしポプリは人を守ろうとするサンシャインが一番美しいと言う。
そしてコブラージャもまたサンシャインの言葉を理解するわけには行かず、サンシャインに浄化される。
サンシャインのサンフラワーイージスに包まれ、美しいと満足げに笑い浄化されていった。

コブラージャのこころの花「ハマナス」花言葉は「美しい悲しみ」

クモジャキーのこころの花「ノコギリソウ」花言葉は「戦い」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ふたりはプリキュア Max Heart(MH、マックスハート)のネタバレ解説・考察まとめ

「ふたりはプリキュア Max Heart」とは東堂いづみ原作、東映アニメーション製作のアニメ作品。プリキュアシリーズの第ニ作目で、前作「ふたりはプリキュア」の二期にあたる。主人公の「美墨なぎさ」と「雪城ほのか」はプリキュアの役目を終え、普通の日常生活をしていた。しかし倒したはずの敵がまた復活してしまうのだった。新たな仲間「シャイニールミナス」を加え、プリキュアの戦いがまた始まるのであった。

Read Article

ふたりはプリキュア(無印・ふたプリ)のネタバレ解説・考察まとめ

「ふたりはプリキュア」とは東堂いづみ原作、東映アニメーション製作のアニメ作品。日曜朝の人気アニメプリキュアシリーズの第一作目である。主人公の「美墨なぎさ」と「雪城ほのか」は、ある日「メップル」と「ミップル」に出会い、伝説の戦士プリキュアの「キュアブラック」と「キュアホワイト」に変身する。ザケンナーと呼ばれる怪物と幹部達との戦いの日々が始まるのであった。

Read Article

Go!プリンセスプリキュア(ゴープリ・Goプリ)のネタバレ解説・考察まとめ

「Go!プリンセスプリキュア」とは東堂いづみ原作、東映アニメーション製作で、プリキュアシリーズ第12作目の作品。プリンセスになる事を夢見る主人公「春野はるか」は全寮制の学校ノーブル学園に入学する。そこで妖精のパフとアロマに出会い「キュアフローラ」に変身し、闇の勢力「ディスダーク」から皆の夢を守るため戦い始めるのだった。

Read Article

スマイルプリキュア!(スマプリ)のネタバレ解説・考察まとめ

『スマイルプリキュア!』とは、東堂いづみ原作・東映アニメーション制作のプリキュアシリーズ第9作目の作品である。歴代プリキュアとしては7代目のプリキュアとなる。 世界をバッドエンドに変えようと企むバッドエンド王国から世界を守るため、メルヘンランドに伝わる伝説の5人のプリキュア戦士として戦う少女たちを描く。

Read Article

ドキドキ!プリキュア(ドキプリ)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から続くプリキュアシリーズ第10作目の作品である。 勉強もスポーツもでき、カリスマもある完璧主人公相田マナがキュアハートに変身し、仲間と共に人々の欲望を悪用するジコチュー達と戦う物語である。 プリキュアを通して人々と関わることで自分たちも成長していく様子が描かれている。

Read Article

キラキラ☆プリキュアアラモード(プリアラ)のネタバレ解説・考察まとめ

『キラキラ☆プリキュアアラモード』とは、2017年2月から放映されたプリキュアシリーズの第14作目。「つくって!たべて!たたかって!元気と笑顔をレッツ・ラ・まぜまぜ!」がキャッチコピーの、スイーツとアニマルをモチーフにした作品。スイーツが大好きな5人の女の子が動物をモチーフとした姿のプリキュアとなってスイーツを守るために敵に立ち向かっていくストーリー。

Read Article

フレッシュプリキュア!(フレプリ)のネタバレ解説・考察まとめ

『フレッシュプリキュア!』とは、東堂いづみ原作・東映アニメーション制作の『プリキュアシリーズ』第6作目の作品であり、4代目のプリキュアである。 スウィーツ王国に伝わる伝説の戦士プリキュアとなった「桃園ラブ」が仲間達とともに、全てのパラレルワールド征服を企む「管理国家ラビリンス」に立ち向かう物語である。 シリーズ初の敵キャラから味方になるプリキュアや、エンディングのダンスCG、より高い年齢層に向けた謎の多いストーリーなどが魅力の作品である。

Read Article

大人だからこそハマってみる価値あり。塗り絵の効用。

何かに夢中になっていると、時間はあっというまに過ぎ去ります。時間が経つのも忘れるくらい没頭できる趣味があると、ストレスが和らぐので健康上にも良い影響が多いことが様々な実例からわかってきました。 手軽に始められる趣味として最近注目を集めているのが、塗り絵です。特に女性には子供時代におなじみの遊びだったかもしれない塗り絵。それが今「大人の塗り絵」として再び舞い戻ってきました。

Read Article

最近のコミケの最高峰クオリティのコスプレまとめ

コミケいってますか?コミケことコミックマーケットは毎年夏(8月)と冬(12月)の2日間開催される日本のポップカルチャーイベントです。会場では限定グッズやオリジナル商品、そして同人誌や同人グッズなど様々な限定商品を購入することができます!そしてもちろん!その会場に訪れるコスプレイヤーも忘れてはいけません!

Read Article

《クイズもあるよ!閲覧注意》世にも奇妙なアニメ・漫画の奇怪イラストたちw

アニメや漫画をよく見てみると、一部映像や背景、絵コンテ、そしてキャラクターの異常さなど、とにかく奇怪なシーンが結構あるものです。人間仕様なのに間接がおかしかったり、脇にいるからと油断しているときの逝っちゃってる顔、その他不気味な絵と様々あります。今回はそんな世にも奇妙なイラストたちを、様々な作品から集めてみました。

Read Article

あまり知られていないプリキュアシリーズの裏設定・都市伝説集

2004年からスタートし、個性豊かなキャラクターと本格的なアクションシーンなどで子供だけでなく大人にもファンが多いプリキュアシリーズ。今回はあまり知られていないプリキュアシリーズの裏設定や小ネタ、都市伝説や裏話を集めてみました。知っていればより楽しめること間違いなしです。

Read Article

目次 - Contents