メタルギア/メタルギアソリッド 時系列・時代背景

1987年7月13日、第1作「メタルギア」誕生からシリーズ30周年。これまでの時代背景とともに時系列をまとめた記事です。※時間軸に沿っていきます。

あらすじ・ストーリー

ピースウォーカー事件から4ヶ月後の1975年3月16日。スネーク率いる「国境なき軍隊(MSF)」の兵力は、核を保有するほど強大になっていた。
この情報を掴んだIAEA(国際原子力機関)は、この軍隊に対する査察を申し入れる。しかしスネークは、国籍もなくNPT(核拡散防止条約)にも加盟していない「国境なき軍隊」を査察するIAEAの意図を謀りかねていた。
そんな中、ピースウォーカー事件で死亡したと思われていたパスの生存が確認され、キューバ南端の米軍基地内収容キャンプで尋問を受けているという情報が飛び込んでくる。この情報を聞いたチコが、単独でパス救出向かったところ軍に捕まってしまう。チコからの救出無線を受けたスネークは、パスとチコを救出するため単身潜入を開始する。しかしそれは、スネークの運命を決定づける惨劇の始まりだったーー。

年表

1975年 3月16日、XOFによりMSF壊滅。ビッグ・ボス並びにメディック、重傷を負い昏睡状態に陥る

1976~82年

1970年代後半

1976年 「恐るべき子供達計画」破棄
ゼロ、スカルフェイスの寄生虫によって脳に障害を患う

1979年 ※ソ連、アフガン侵攻

1980年代前半

1980年 ハル・エメリッヒ誕生

1982年 雷電誕生

メタルギアソリッド5 THE PHANTOM PAIN(1984年)

あらすじ・ストーリー

”グラウンド・ゼロズ”から9年後の1984年3月11日。キプロスの病室で目を覚ましたスネークは、9年間の昏睡にあったことと左腕の喪失、そして頭に刺さった破片の事を医者から聞かされる。
「あなたの覚醒を望まない者もいる。」
スネークは“ある者”に狙われ、覚醒したことが外に漏れ、病院は戦火に包まれる。状況を把握できないままスネークは、「イシュメール」と名乗る男と病院と“ある者”からの脱出を図る。

年表

1984年 3月11日、キプロスの英軍病院にてヴェノム・スネーク、ビッグ・ボス覚醒
XOF司令官、スカルフェイス死亡

1980年代後半 南アフリカに武装要塞国家アウターヘブン誕生

メタルギア(1995年)

あらすじ・ストーリー

アウターヘブン蜂起
1995年。南アフリカ奥地、ガルツバーグの北200㎞。1980年代後半に、英雄かつ狂人と謳われた一人の傭兵によって武装要塞国家「OUTER HEAVEN」が設立された。彼は世界中から優秀な傭兵を集め、戦争を糧とし、兵士や軍備を世界の紛争地へと「輸出」を開始。危険すぎる戦闘国家の出現に大国はこの存在を否定できず、暗黙裡に認めてきた。
あるとき、NATO(北大西洋条約機構)は世界の軍事史を大きく塗り替えてしまう程の恐るべき殺戮兵器がOUTER HEAVENにて開発されているという情報を、各諸国の協力を得て入手する。米国軍上層部は、この謎の兵器の情報を収集すべくハイテク特殊部隊「FOXHOUND」の出動を要請。コードネーム・グレイフォックスを単独潜入させ、その兵器の破壊及び妨害を命令。しかし数日後、彼は「メタルギア…」という不可解な無線連絡を残し消息不明になってしまう。
事態を重くみた米軍は、再びFOXHOUNDに出場を要請。FOXHOUNDの総司令官BIG BOSSは、新人隊員のソリッド・スネークを指名。
「こちらソリッド・スネーク…。OPERATION INTRUDE N313。敵要塞、OUTER HEAVENに潜入。」
FOXHOUNDの威信を賭けた、危険な潜入ミッションが始まる。

年表

1995年 アウターヘブン蜂起。ソリッド・スネーク、これを鎮圧しBIG BOSSのファントムを殺害

1990年代後半 BIG BOSS、中央アジアに軍事独裁国家「ザンジバーランド」建国。国際世論による非難を受け、多国籍軍が軍事介入

メタルギア2 SOLID SNAKE(1999年)

あらすじ・ストーリー

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents