メタルギア/メタルギアソリッド 時系列・時代背景

1987年7月13日、第1作「メタルギア」誕生からシリーズ30周年。これまでの時代背景とともに時系列をまとめた記事です。※時間軸に沿っていきます。

ザンジバーランド騒乱
1990年代後半、核の脅威の時代は終わりを告げた。米中ソ等の大国間を始め、各地の地域紛争も和解・緩和に向かい、世界は安定の時代を迎えようとしていた。そんな中、中東のソ連、中国、中近東に隣接する「ザンジバーランド」に新たな軍事政権が樹立。ザンジバーランドは世界各地の廃棄用核兵器貯蔵庫を襲撃し、世界唯一の核武装を遂げたのち、隣国への無差別侵攻を開始し、世界に再び核の脅威が訪れようとしていた。
アウターヘブン蜂起から4年後の1999年12月24日。再びソリッド・スネークは、世界を核の脅威から救うため、ザンジバーランドへ単独潜入する。

年表

1999年 12月24日、ザンジバーランド騒乱。ソリッド・スネーク、BIG BOSSを殺害
BIG BOSS、「愛国者達」によって蘇生、昏睡状態で隠匿

メタルギアソリッド(2005年)

あらすじ・ストーリー

シャドーモセス島事件
2005年2月下旬。アラスカ半島・アリューシャン列島・フォックス諸島沖の孤島、シャドーモセス島に於いて、ハイテク特殊部隊「FOXHOUND」とその傘下の次世代特殊部隊が突如として蜂起、核兵器廃棄所を占拠。彼らは「BIG BOSSの息子達」を名乗り、アメリカ政府に対して10億ドルとBIG BOSSの遺体の引き渡しを要求。それが24時間以内に受け入れなければ、シャドーモセス島の核を発射すると通告した。
政府は、元FOXHOUND司令官であるロイ・キャンベル元大佐をこの鎮圧作戦の司令官として招集。キャンベルは、元FOXHOUND隊員のソリッド・スネークを召喚。スネーク に課せられた任務は2つ。核兵器廃棄所に単独潜入し、人質として囚われたDAPA(国防省付属機関先進研究所)局長のドナルド・アンダーソンとアームズ・デック社社長のケネス・ベイカーの2名を救出すること。そして、テロリスト核発射能力の有無を調査し、事実ならばそれを阻止し武装解除すること。スネークは、単独でのスニーキング・ミッション(潜入任務)を開始する。

年表

2005年 マクドネル・ミラー、シャドーモセス島事件の3日前に何者かに殺される
シャドーモセス島事件発生。リボルバー・オセロット、ドナルド・アンダーソン死亡
ソリッド・スネーク、シャドーモセス島に潜入
グレイ・フォックス、リキッド・スネーク死亡
FOXHOUND解体
ナスターシャ・ロマネンコ著「シャドーモセスの真実」出版
ジョージ・シアーズ(ソリダス・スネーク)、シャドーモセス島事件発端により大統領職辞職

メタルギアソリッド2 SUNS OF LIBERTY

あらすじ・ストーリー

マンハッタン沖タンカー沈没事件(タンカー編)
シャドーモセス島事件から2年後の2007年8月8日。反メタルギア財団「フィランソロピー」のエージェントとしてメタルギアの破壊活動を続けていたソリッド・スネークは、アメリカ海兵隊が開発した新型メタルギア「RAY」が、演習の極秘裏に輸送されるという情報を入手し、その調査の為アシスタントのオタコンと通信しつつ、輸送用の偽装タンカーに単独潜入を開始する。

ビッグシェル占拠事件(プラント編)
マンハッタン沖タンカー沈没事件から2年後の2009年4月29日。マンハッタン沖に建設された巨大海上除染施設「ビッグシェル」が、「サンズ・オブ・リバティ」を名乗る武装集団に占拠される。施設の視察に訪れていたアメリカ大統領等を人質にとり、現金300億ドルを要求。要求に応えられない場合、ビッグシェルを爆破すると忠告。人質救出と武装解除のため、キャンベル大佐はFOXHOUNDの新人隊員・雷電を召喚。雷電はビッグシェルに潜入する。

年表

2007年 8月8日、マンハッタン沖タンカー沈没事件発生。スネーク、オタコン指名手配
海上汚染除染施設「ビッグシェル」建設
サニー誕生

2009年 4月29日、ビッグシェル占拠事件発生
雷電、ソリダス・スネーク殺害。ソリダス、ナノマシンにより脳死状態で延命

メタルギアソリッド4 GUNS OF THE PATRIOTS(2014年)

あらすじ・ストーリー

ガンズ・オブ・ザ・パトリオット事件
武装集団「サンズ・オブ・リバティ」が引き起こしたビッグシェル占拠事件以降、世論の反発で正規軍の他国への派兵が困難となったアメリカは、PMC(民間軍事会社)にこれを代替させるようになった。その結果PMCが急速に台頭し、無人兵器の発達やナノマシンテクノロジーによる兵士、武器、兵器、戦場の制御管理を行う「SOPシステム」の確立を背景として、合理的な戦争経済が成立し、戦争はビジネスへと変貌していた。
オタコン、雷電と共にオルガの娘・サニーの捜索、愛国者達の調査をしていたソリッド・スネークあは、BIG BOSSの遺伝子コピーにより生まれた因果により、肉体の急激な老化が進み、突然の発作に苦しめられていた。その姿はまさに老いぼれた兵士、老いぼれた蛇、”オールド・スネーク”。
ビッグシェル占拠事件から5年後の2014年。スネークのもとに国連職員となったFOXHOUND元司令官ロイ・キャンベルが訪れ、世界各地の大手PMCを運営するマザーカンパニー「OUTER HEAVEN」を統率し、大規模な軍事蜂起を目論むリキッド・オセロットの暗殺を非公式に依頼する。残り僅かな余命をこの任務に賭けたスネークは、リキッドが潜伏する中東の戦場へ赴く。
ソリッド・スネーク最後の戦いが始まるーー。

年表

2014年 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット事件
オールド・スネーク、リキッド・オセロット暗殺任務遂行
リキッド、脳死状態のソリダス殺害
リキッドにより、SOPシステムが乗っ取られPMC壊滅
愛国者達、「G.W」含む4つ全てのAI破壊
BIG BOSS、オセロット、EVA、ゼロ死去

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents