相棒season20(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『相棒season20』とは、警視庁特命係の刑事コンビが数々の事件を解決していく、テレビ朝日によるテレビドラマである。
「警視庁特命係」は、不祥事を起こした刑事や辞職してもらいたい刑事が上層部の意向で送り込まれる窓際部署。“人材の墓場”とも揶揄されるここには、しかし優秀過ぎて上層部が隠しておきたい秘密まで暴いてしまう刑事・杉下右京と、その杉下への好奇心からキャリア官僚の道を捨てて刑事となった冠城亘がいた。その推理力と、上司の叱責を物ともしない行動力で、2人は難事件に挑んでいく。

演:山西惇
特命係が置かれている部屋の隣に位置する、組対5課こと警視庁組織犯罪対策部組織犯罪対策第五課の課長。常に丸刈り頭に黒縁眼鏡という格好で、毎回のように「暇か?」と尋ねながら特命係に顔を出してコーヒーを飲んでいく。
組対5課の捜査や捕り物で手が足らない時は特命係に応援を頼む一方、その恩を忘れずに頼まれれば自分や自分の部下を特命係の応援に回すなど、警視庁の人間の中では彼らに協力的。それでも杉下の強引な捜査手法にいい顔はしておらず、「お前のやり方にはついていけない」とはっきり指摘したこともある。

警視庁刑事部

内村完爾(うちむら かんじ)

演:片桐竜次
警視庁刑事部長。上層部の意向におもねり、部下がそれに背けば早々に呼び出しては容赦なく痛罵する、典型的な“組織の犬”。特命係を特に疎ましく感じている人物の1人だが、杉下の推理力自体は認めており、時にうまく利用してはほぼ公然と手柄を横取りする。それでも身を挺して民間人を守り、友人のためにキャリア全てを失う覚悟で黙秘を貫くなど、個人としては気骨のある人物。
『相棒season19』にて、とある事件の捜査の中で暴漢に鈍器で頭部を殴られ、意識不明の重体となる。一時は命も危ぶまれたものの奇跡的に回復し、この際「生まれ変わったような気分だ」と語り、実際に突如として正義感溢れる人物となった。あれほど嫌っていた特命係にも公正に接するようになり(味方になったわけではなく、彼らの行き過ぎた捜査姿勢自体は普通に咎めている)、周囲を大いに戸惑わせている。

中園照生(なかぞの てるお)

演:小野了
警視庁刑事部参事官。常に内村に付き従い、その御機嫌取りに勤しむ典型的な腰巾着。一方で内村の尊大な性格には内心で辟易としており、影では散々に悪口に言っている。
特命係に対して当たりが強いが、個人として嫌っているというより「内村が嫌っているから」という面が強く、その推理力自体は頼りにするどころか、どうしようもない事態に直面すると臆面も無く杉下たちを頼り始める。
内村に取って代わることも考えているが、その内村が『相棒season19』で生きるか死ぬかの瀬戸際にある時は心底狼狽し心配するなど、根っこのところで悪人になり切れない人物。その後急に人が変わったかのように正義漢ぶりを発揮し始めた内村に振り回されつつ、なんとか周囲と波風を立てないよう調整している苦労人である。

警視庁警務部

大河内春樹(おおこうち はるき)

演:神保悟志
警視庁警務部首席監察官。警察官の不正を調査し、事実であればこれを処罰するのが仕事。厳粛な性格だがストレスを溜め込むタイプらしく、イライラするたびに常に携帯しているラムネ菓子を頬張っては噛み砕いて発散している。周囲にはこれがラムネ菓子であることを明かしていないため、「ピルイーター」の異名で呼ばれている。
同性愛者で、自身の愛人でもあった警視庁警務部の男性が起こした事件で特命係と深く関わり、彼らのすさまじい推理力に注目。警視庁内全体で無き者のごとく扱われている特命係の数少ない味方となる。監察官としての節度はきっちり守っており、特命係の違法スレスレの捜査は真っ当に咎める一方、時に彼らに情報を流し、時に処分を引き延ばして捜査に必要な時間を稼いだりと、杉下たちにとっては手強くも心強い存在である。

警視庁総務部

社美彌子(やしろ みやこ)

演:仲間由紀恵
警視庁総務部広報課の課長。冠城の以前の上司であり、その優秀さをよくよく理解していたがために、彼が特命係に移ることになった際は残念がっていた。杉下の強引すぎる手法にはいい顔をしない一方、その推理力自体は高く評価しており、時には自ら特命係に事件の捜査を依頼する。
自身も非常に優秀な人物で、警視庁の女性陣から中心的存在として祭り上げられているが、本人はこの扱いを「必要以上に目立つつもりはない」とあまり歓迎はしていない。ロシアの対日スパイであったヤロポロク・アレンスキーと深い関係にあり、マリアという娘を設けている。ヤロポロクの死を知った後は人知れず涙を流しており、彼に対する想いは本物だったと思われる。

鶴田に情報提供しており、その見返りで内閣情報官に就任。一方で「特命係は必ず鶴田の犯罪を暴くだろう」と踏んで、鶴田が失脚した後に自信の立場を守るための工作も事前に済ませていた。冠城からは「組織の味方でもあり、特命係のような時に組織と対決する者の味方でもある存在」、つまりは二重スパイだと指摘されているが、これを暗に認めている。

警視庁幹部

衣笠藤治(きぬがさ とうじ)

演:杉本哲太
警視庁副総監。権力に固執する典型的な官僚だが、サイバーセキュリティ対策本部の発足に関わるなど、時代に合わせた組織の改革にも取り組んでいる。自身の権力を維持するため、警察内外に様々なコネクションを持ち、青木の父親とも昵懇の仲。一方で不利益になると思えば即座に相手を切り捨てるなど、一筋縄ではいかない人物。
特命係を特に嫌っている1人で、何かにつけては彼らの捜査を妨害する。甲斐は組織の中におけるかつての権力争いのライバルだったが、彼が失脚してからは路傍の石扱いしている。警視庁の体面を守ることを第一に行動するが、組織を離れれば家族を愛する一個人であり、娘が犯罪者に狙われた際には特命係に助けを求めたことがある。

警察庁

甲斐峯秋(かい みねあき)

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

目次 - Contents