【相棒】歴代相棒まとめ

『相棒』とは、2000年からテレビ朝日・東映によって制作・放送されている刑事ドラマシリーズである。
警視庁特命係は、警視庁内部の左遷先として扱われている“人材の墓場”である。そこに所属する刑事杉下右京は、どのような難事件も解決する切れ者だが、事件と見ればそれが権力の闇に隠されていようと暴き立て、捜査のためなら強引な手法も辞さない厄介な人物としても知られていた。様々な事情からそこに異動させられる刑事たちは、時に右京に反発し、時に彼の推理力に圧倒されながら、次第に息の合った“相棒”となっていく。

『相棒』の概要

元々は2000年に土曜ワイド劇場で「相棒・警視庁ふたりだけの特命係」として単発の二時間ドラマを三回放送し、好評だったことからシリーズ物としてドラマ化が決まった。

初期の相棒「亀山薫」役の寺脇康文が降板することをきっかけに、相棒を交代していくシステムになった。
2代目「神戸尊」役を及川光博、3代目「甲斐享」役を成宮寛貴、4代目の「冠城亘」役を反町隆史が演じている。

renote.jp

亀山 薫(かめやま かおる)

杉下右京(左)と亀山薫(右)

演:寺脇康文

『preseason1~3』、さらに『season1』から『season7』まで特命係に所属していた。物語の上では初代相棒だが、設定的には彼以前にも特命係に送られて警視庁を去った人材は何人もいたようである。
指名手配犯を捕まえようとして逆に人質にされるという失態を生中継で放送されてしまい、この一件で警察の威信に泥を塗ったとして特命係に異動を命じられる。

冷静沈着な紳士である右京とは真逆の、アクティブで人情派な熱血漢。時に犯人や被害者に同情的になりすぎて失敗することもあったが、逆にこれによって状況を打破することもあった。
右京の冷徹かつ強引な捜査手法に当初はついていけず反発することも多かったが、次第にその根底に強い正義感があることに気づき、彼を上司として信頼するようになる。

一方の右京も、「人の心に自然と寄り添う」という自分にない能力を持つ亀山のことを少しずつ理解していき、やがて相棒としても認めていった。最終的に親友が命を落とすきっかけとなったサルウィン共和国で貧しい子供たちのために働くことを決意し、警視庁を辞職。右京はそれを引き留めることこそなかったものの、最後に彼に自ら電話をかけて別れの挨拶をしている。人の心の機微に疎い右京がそんなことをしたのは、これが初めてだった。
コーヒーを愛飲しており、彼が愛用していたコーヒーメーカーは現在も特命係に残っている。

『相棒season21』より物語に復帰することが決定し、14年ぶりの右京とのタッグに期待と注目が高まっている。

renote.jp

神戸 尊(かんべ たける)

出典: www.amazon.co.jp

演:及川光博

二代目相棒。『season7』最終回から『season10』の間、特命係として活動した。
もともとは警察庁の人間で、警察上層部から「右京の査察」という密命を与えられて特命係に配属。指示通り右京という人間の資質を見極めようと行動を共にするも、早い段階で「あまりに大掛かり過ぎるのではないか」と任務の内容に疑問を抱いていた。
神戸の感じた疑問は正しく、特命係への配属の真の理由は「右京と神戸の仕事上の相性」を見極めるためのものだった。当時警察では顔認証システムを利用した大規模な犯罪抑止システムを開発中であり、その運用を任せる人材の候補が神戸と右京だったのである。この真実を知る中で上層部の闇を垣間見てしまい、上からの指示に従って元の職場に戻るより、右京と共に第一線で市井の人々のために働くことを選んだ。

亀山と比べると洒落た雰囲気の男で、血を見るとめまいを起こすなど刑事としては線の細いところがある。一方で復讐相手と共に自爆しようとした老婆を身を挺して守ったり、事件に関わって施設送りとなった幼い兄妹を心配してこっそり遠くから見守るなど、内面は亀山と同等以上に優しい。
初めて相棒と認めた相手である亀山と別れたばかりの右京は、そんな神戸のことを当初は空気のように扱っていたが、上記の美点を知る中で次第に同僚として信頼し受け入れていった。神戸もまた右京の強引な捜査手法と偏屈な人間性には否定的な態度を崩さなかったものの、その推理力と根底にある正義感には敬意を抱いていく。自分の能力に自信があるせいか妙に張り合おうとする一面もあり、右京の推理に「お言葉ですが」と反論する姿が目立った(大抵はその場で逆にやりこめられる)。

『season10』の最終話で、犯人の子供の未来を守るため自身の命をも懸けて右京を脅すという強硬手段に出る。神戸の性格をよく知る右京はその本気を悟り、あっさりと取引に応じるも、自身はこのことを深く恥じる。もはや特命係に留まる資格は無いと職を辞することも考えるも、彼の能力を買っていた上層部によって警察庁長官官房付に異動となった。
新たな立場で市民のために働くことに意味を見出したか、その後も警察を辞めることなく活躍。右京とは必要に応じて今でも協力する仲である。

renote.jp

甲斐 享(かい とおる)

CV:成宮寛貴

三代目相棒。『season11』から『season13』の間、特命係として活動した。
警視庁次長甲斐峯秋の実子。とはいえ関係は冷え切っており、父親顔されることも親子扱いされることも非常に嫌う。特命係に配属された歴代相棒の中ではもっとも若く、それだけに少々無鉄砲なところがある。

親の手を借りずに刑事になる夢を叶えた直後、香港の日本大使館で起きた事件を右京と共に解決。この際に見せた強い正義感と刑事としての資質を気に入られ、右京から指名される形で特命係に配属となった。
本人は最終的には殺人事件などの重大案件を扱う警視庁捜査一課への配属を希望しており、警視庁への配属はともかく特命係行きを命じられたことには疑問と不満を感じていた。しかし右京と共に過ごす内に彼の類稀な推理力を尊敬するようになり、様々な意味で感化されていった。

感情的に動く傾向もあるが、その根底には法と正義に則って人々を守りたいという警察官としての誇りがあり、この点は右京からも評価されている。一方で(本人は隠そうとしているが)お坊ちゃん育ちらしい品の良さが言動や振る舞いに見え隠れしており、亀山や神戸と比べると精神的な成長を遂げ切っていない印象がある。

親友である梶の妹が惨殺される事件が起きた際、その犯人が規制対象外のドラッグを使用していたため罪に問うことができず、無罪放免となる。妹の復讐を誓う親友を止められないと悟った享は、殺人という最悪の結果を避けるため先んじて犯人を暴行し重傷を負わせる。これによりある程度溜飲を下げ、またそこまでしてでも自分を止めようとした享に報いるため梶は復讐を諦めるものの、今度は本人が「不当な方法で罪を免れた犯罪者への私的制裁」という行為を繰り返すようになってしまう。後にこのことは右京たちに知られることとなり、逮捕という形で特命係を去る衝撃的な結末を迎えた。

犯行を重ねた理由については本人も「分からない」と語るも、父である峰秋は「右京という絶対的な存在を見続けた結果、心のどこかで対抗したい、並び立ちたいという想いが生まれたのではないか」と分析している。
周囲の計らいで最後に右京と話をした際、諦観と後悔と共に「(俺に)失望しているでしょう」と問いかけるも、彼から「君を止められなかった自分自身に失望しています」と言葉を返され、新米刑事の自分を見守り続けてくれたことに感謝していた。

renote.jp

冠城 亘(かぶらぎ わたる)

演:反町隆史

四代目相棒。『season14』から『season20』まで特命係に所属し、亀山の記録を超えて「もっとも長く右京の相棒であり続けた人物」となった。
法務省のキャリア官僚で、人事交流という名目で警視庁に出向。かねてから捜査の現場での仕事に興味を持っており、右京という協力者(右京の強引な捜査手法に何も知らない顔をしながら加担する形が多いので、ノリとしては共犯者に近い)を得て嬉々としながら事件に首を突っ込むようになった。

飄々とした性格で、表面上は遊び慣れている風にも感じられる軽妙な人物。しかし内面はしたたかで計算高く、興味を抱いた対象には執拗に付きまとう。歴代の相棒となった者たちが多かれ少なかれ右京に敬意を抱いていた一方、冠城はどちらかというと「次はどんな方法で捜査をするつもりなんだろう」とおもしろがっている節があり、少々煙たがられている。それを物ともせずに図々しくついていくという点も、これまでの相棒とは一線を画すところである。

当初は「お客様」という立場で、事件に対してもどこか興味深い見世物のように接していたが、その態度を右京に咎められたこと、また被害者やその遺族、切実な理由から犯罪に手を染めるしかなかった犯人などを自分の目で見たことで己の認識を改めていく。元来正義感が強かったらしく、やがてそういった人々を守るためにこそ事件を解決しなければならないと考えるようになり、そのためなら自身のコネでも法律知識でもフルに活用するようになっていった。
無茶が過ぎてキャリア官僚の道から外されることとなった際、上司が用意した左遷先の中に申し訳程度に「警視庁」という文字が記されているのを見つけ、これを選択。要領の良さと学習能力の高さであっさりと刑事になり、今度は自ら望んで特命係に戻ってきた。これには右京も呆れていたが、正式に同僚となってからは程好い距離感を保ったまま一定の信頼を置いている。なお、エリートコースを外れされたことに関して、本人はまったく気にしていない。

刑事になる前は「ケンカは苦手」と吹聴しており、実際に犯人との乱闘になるとあっさりやられるか逃げ回るかの二択だった。それがブラフだったのか、警察学校で素質が開花したのかは定かではないが、刑事として特命係に戻ってきてからは荒事に滅法強くなり、そういったシーンでは右京を差し置いて活躍することもしばしば。
亀山と同じくコーヒー派だが遥かに凝り性で、市販の豆では満足できないのかオリジナルブレンドを作る姿がたびたび見られる。

『season20』最終回で、政治家の鑓鞍兵衛(やりくら ひょうえ)襲撃計画を阻止した際、事件解決に一役買った公安調査庁からスカウトされ、かつての上司でもある日下部彌彦(くさかべ やひこ)の誘いに応じる形で特命係を辞す。この判断について作中でそれほど強い動機が示されたわけではないが、「理由は動いてから探す」と嘯いており、かつて法務省キャリアというエリートルートをほぼ好奇心から捨てて警視庁に飛び込んだ際にも発揮した軽妙さをここでも見せた形となった。
当初はソリの合わないところもあったが、やがて“もっとも長くコンビを組んだ刑事”として右京から無二の相棒と認められ、特命係を去る際には「もう少し一緒にやってみないか」と声をかけられている。冠城もまたこれに感じ入ってはいたが、「最高のはなむけの言葉です」と答え、改めて特命係を去る意志を告げた。

renote.jp

kunier92
kunier92
@kunier92

Related Articles関連記事

相棒シリーズ(ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

相棒シリーズ(ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『相棒』は、テレビ朝日・東映制作の刑事ドラマシリーズ。 水谷豊演じる主人公『杉下右京』は、人材の墓場と呼ばれた「警視庁特命係」に属する警部である。 その右京が自身の下についた「相棒」と共に超人的な推理力・洞察力を駆使して活躍していく。 亀山薫(演:寺脇康文)、神戸尊(演:及川光博)、甲斐享(演:成宮寛貴)、冠城亘(演:反町隆史)と相棒は代替わりしている。

Read Article

NEW
相棒season20(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

相棒season20(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『相棒season20』とは、警視庁特命係の刑事コンビが数々の事件を解決していく、テレビ朝日によるテレビドラマである。 「警視庁特命係」は、不祥事を起こした刑事や辞職してもらいたい刑事が上層部の意向で送り込まれる窓際部署。“人材の墓場”とも揶揄されるここには、しかし優秀過ぎて上層部が隠しておきたい秘密まで暴いてしまう刑事・杉下右京と、その杉下への好奇心からキャリア官僚の道を捨てて刑事となった冠城亘がいた。その推理力と、上司の叱責を物ともしない行動力で、2人は難事件に挑んでいく。

Read Article

半沢直樹(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

半沢直樹(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『半沢直樹(Hanzawa Naoki)』とは俳優・堺雅人主演、池井戸潤の原作小説を元にしたドラマである。2013年にシーズン1、2020年に続編としてシーズン2が放送された。メガバンクで中間管理職の立場にいる銀行員・半沢直樹が組織のなかで生まれる不正を真っ向から暴いていく姿を描く。主人公・半沢の決め台詞「やられたらやり返す。倍返しだ!」の台詞は、ドラマの大ヒットとともに2013年流行語大賞に選ばれた。幅広い年代の視聴者に支持され、平成の歴代1位の視聴率を記録した国民的人気ドラマである。

Read Article

グランメゾン東京(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

グランメゾン東京(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『グランメゾン東京』とは、2019年に放送された、天才シェフが東京で三ツ星レストランを目指すテレビドラマ。尾花夏樹は経営するパリの店で事件を起こして全てを失ってしまう。そんな中、女性シェフ早見倫子に出会い、共に「グランメゾン東京」を開店させ、三つ星獲得を目指すストーリー。『グラグラメゾン♥東京 〜平古祥平の揺れる思い〜』というスピンオフドラマも放送された。

Read Article

のぼうの城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

のぼうの城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『のぼうの城』とは、和田竜の日本の歴史小説を元にして2012年に公開された映画である。犬童一心と樋口真嗣の共同監督で制作された。主人公の長親(ながちか)は忍城(おしじょう)城代の息子である。関白秀吉の家臣である三成によって、忍城は開城を迫られていた。しかし長親は世の理不尽に真っ向から対抗するため、三成に相対する。長親は周りの力を借り、ついには三成軍を退けることになった。この作品は時にはしんみりしつつも、長親という「でくのぼう」の奇策によって観た人を気分爽快にさせる歴史映画となっている。

Read Article

超高速!参勤交代(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

超高速!参勤交代(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『超高速!参勤交代』とは、土橋章宏が脚本を手がけ、2014年に映画化された時代劇映画である。監督は本木克英。湯長谷藩(ゆながやはん)藩主の内藤政醇(まさあつ)は、長い参勤交代を終えて国元に帰ってきていた。しかしすぐにまた参勤するようにと江戸から知らせが届く。湯長谷藩の面々は老中松平信祝(のぶとき)の無理難題を攻略するため、何度も窮地に陥りながらも知恵をめぐらせ江戸に向かう。この物語は個性豊かなキャラクターが織りなすコミカルな様子の中に、男たちの熱い思いを垣間見ることが出来る作品となっている。

Read Article

超高速!参勤交代 リターンズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

超高速!参勤交代 リターンズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『超高速!参勤交代 リターンズ』とは、土橋章宏が脚本を手がけ、2016年に公開された時代劇映画である。監督は本木克英。湯長谷藩(ゆながやはん)藩主の内藤政醇(まさあつ)をはじめとする一行は、元遊女のお咲を側室に迎え湯長谷への帰途についていた。しかし再び老中松平信祝(のぶとき)の陰謀にまきこまれ、城を乗っ取られてしまう。民を傷つけられた政醇は信祝に対抗することを決める。この物語は個性豊かなキャラクターが見せるコミカルな様子の中に、理不尽に強く立ち向かう男たちの姿を見ることが出来る作品となっている。

Read Article

オレンジデイズ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

オレンジデイズ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『オレンジデイズ』とは、2004年にTBS系列で放送されていた日本のテレビドラマ。妻夫木聡演じる大学4年生の結城櫂(ゆうきかい)と、柴咲コウ演じる病気で聴覚を失った萩尾沙絵(はぎおさえ)のラブストーリーを軸にした若者たちの青春ドラマである。病気で心を閉ざしてしまった沙絵が、櫂の優しさに心を開いていくストーリーが感動を呼んだ。数々のヒット作を生み出してきた北川悦吏子が脚本を手掛けている。

Read Article

引っ越し大名!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

引っ越し大名!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『引っ越し大名!』とは、土橋章宏原作小説の『引っ越し大名三千里』をもとにした、2019年に公開された時代劇映画である。監督は犬童一心。姫路藩の書庫番・片桐春之介は、藩の国替えに伴い「引っ越し奉行」に任命されてしまう。しかし春之介には国替えの経験が全く、幼馴染の鷹村源右衛門や前引っ越し奉行の娘・於蘭の力を借りて引っ越しの成功へ向けて奔走する。この作品は、引っ込み思案な春之介が国替えという一大事に直面し、成長していく姿がコメディ調に描かれている。

Read Article

亀山薫(相棒)の徹底解説まとめ

亀山薫(相棒)の徹底解説まとめ

亀山薫(かめやま かおる)とは、刑事ドラマ『相棒』の登場人物で、初代相棒として活躍した熱血刑事。 指名手配犯を捕まえようとして大失敗したことを機に、“警視庁の人材墓場”と称される「特命係」に異動させられる。そこで抜群の推理力を持つ杉下右京と出会い、彼と共に様々な難事件を解決していく。切れ者過ぎて人の心の機微に疎い右京とは裏腹に人情家で、その優しさが事件解決の突破口となったことも少なくない。亡き友の想いを継いで外国へと旅立つが、『season21』で復帰することとなる。

Read Article

杉下右京(相棒)の徹底解説まとめ

杉下右京(相棒)の徹底解説まとめ

杉下右京(すぎした うきょう)とは、刑事ドラマ『相棒』の登場人物で、警視庁特命係に所属するベテラン刑事。 英国風のスタイルを好み、チェスと紅茶をたしなむ紳士的な人物だが、並外れた推理力と強硬な正義感を併せ持つ切れ者である。これまでに解決できなかった事件はほぼ皆無だが、真相を暴くことへの躊躇がまったく無く、たびたび“組織にとって不都合な事実”まで突き止める。このため警察上層部からは警戒されているが、本人はまったく気にしていない。一方で他人の心の機微には疎く、それが原因で離婚した過去を持つ。

Read Article

神戸尊(相棒)の徹底解説まとめ

神戸尊(相棒)の徹底解説まとめ

神戸尊(かんべ たける)とは、刑事ドラマ『相棒』の登場人物で、2代目相棒として活躍した刑事。 言動にも風貌にも洒落た雰囲気の漂う、理知的な性格の青年。死体を見ると吐き気を催すなど、刑事としては線の細いところがある。クールを気取る一方で内面は優しく、被害者はもちろん事情によっては犯人にさえ同情し、狙撃班から守るために身を盾にしたこともある。上層部の意向で特命係に送り込まれるも、彼らの思惑で多くの人が運命を狂わされたことを知って嫌気が差し、元の職場ではなく特命係で1人の刑事として歩む道を選んだ。

Read Article

甲斐享(相棒)の徹底解説まとめ

甲斐享(相棒)の徹底解説まとめ

甲斐享(かい とおる)とは、刑事ドラマ『相棒』の登場人物で、3代目相棒として活躍した青年刑事。 警視庁の次長である甲斐峯秋の息子だが、父親とは折り合いが悪く、彼に頼ることも権力者の子だと思われることも嫌う。一方でその物腰には品の良さがあり、育ちの良さを隠し切れていない。杉下右京自らの要望で特命係に入ることとなり、彼の下で刑事として成長していく。しかしその若さと、杉下という怪物的刑事を間近に見続けたことが原因で、凶悪犯への私刑を繰り返して逮捕されるという衝撃的な形で物語から退場した。

Read Article

冠城亘(相棒)の徹底解説まとめ

冠城亘(相棒)の徹底解説まとめ

冠城亘(かぶらぎ わたる)とは、刑事ドラマ『相棒』の登場人物で、4代目相棒として活躍した刑事。 元法務省のキャリア官僚という異色の経歴の持ち主。人事交流という名目で警視庁に派遣された際、厄介払いに近い形で特命係に押し込まれ、ここで杉下右京と出会う。特命係で過ごす内に刑事という仕事に魅せられ、キャリアを捨てて自らの意志で転職。これまでの歴代相棒と異なり、杉下に対しては「自分の相棒も逮捕したミスターデンジャラス」と敬意よりも好奇心を強く抱いて接しており、若干煙たがられている。

Read Article

成宮寛貴が『相棒』で芸能界復帰!?フェイクニュースにネット騒然!

成宮寛貴が『相棒』で芸能界復帰!?フェイクニュースにネット騒然!

人気刑事ドラマ『相棒』の3代目“相棒”役で知られる成宮寛貴。薬物使用疑惑に関する多大な心理的ストレスを理由に2016年に芸能界を引退したその成宮が、代表作でもある『相棒』にて芸能界復帰との報道が『NEWSポストセブン』紙上で成され、ファンは騒然となった。 最終的に元所属事務所と『相棒』の制作者サイドが否定してフェイクニュースであったことが確定するも、成宮の人気と復帰への期待の高さを裏付ける事件となった。当時の反応を紹介する。

Read Article

【フェイクニュース】成宮寛貴が「相棒」で復帰?話題となった怪情報をまとめてみた

【フェイクニュース】成宮寛貴が「相棒」で復帰?話題となった怪情報をまとめてみた

人気刑事ドラマ『相棒』シリーズなどで活躍し、2016年に薬疑惑で芸能界を引退した成宮寛貴。その後はオランダに渡り、インスタグラムで近況を報告していた。同年10月3日発売の「女性セブン」が成宮の芸能界復帰を報じたが、これは誤情報だったらしく、『相棒』の脚本家・輿水泰弘と本人がこのニュースを否定している。 ファンを惑わせたフェイクニュースの詳細と、ネットの反応を紹介する。

Read Article

【相棒】シリーズへの影響必至?成宮寛貴電撃引退についてまとめてみた!【甲斐亨】

【相棒】シリーズへの影響必至?成宮寛貴電撃引退についてまとめてみた!【甲斐亨】

人気刑事ドラマ『相棒』シリーズに、3代目の“相棒”甲斐亨役として登場し、物語を盛り上げた成宮寛貴。その彼が芸能界から完全に引退することを発表し、ファンの間に衝撃が走っている。 甲斐亨は「連続傷害事件の犯人として逮捕される」という衝撃的な形で物語から卒業したが、再登場を望むファンの声も少なからず存在した。成宮寛貴が芸能界を引退した以上それはもう無理なのではないか、再放送にも影響があるのではないかなど、様々な声が上がった。当時の反応を紹介する。

Read Article

【相棒 season13】衝撃の最終回で話題!成宮寛貴の画像をまとめてみた

【相棒 season13】衝撃の最終回で話題!成宮寛貴の画像をまとめてみた

成宮寛貴とは、かつて芸能事務所トップコートに所属して活動していた男性俳優。『相棒』シリーズの3代目“相棒”甲斐亨役などで知られ、その若々しくも熱意溢れる演技は視聴者から好評を博した。 しかし2016年、薬物使用疑惑をかけられた際にプライベートな情報が世間に流出したことで芸能界引退を発表。あまりに早い引退はファンから惜しまれ、復帰を待ち望まれることとなった。そんな成宮寛貴について紹介する。

Read Article

【相棒】3代目"相棒"は成宮寛貴!盛り上がるファンの反応を大紹介!

【相棒】3代目"相棒"は成宮寛貴!盛り上がるファンの反応を大紹介!

老練の名刑事・杉下右京と、その"相棒”たる刑事が難事件を解決していく国民的人気ドラマ『相棒』。その『season11』から、3代目の"相棒"を当時期待の若手として注目が集まっていた成宮寛貴が務めることとなった。 成宮寛貴を応援し続けていたファンはこれに反応し、「自分の"相棒"にもなってほしい」と盛り上がった。当時のファンの様子を紹介する。

Read Article

【相棒 season14】視聴率男の復活!?冠城亘役・反町隆史の登場【最高視聴率】

【相棒 season14】視聴率男の復活!?冠城亘役・反町隆史の登場【最高視聴率】

2015年、人気刑事ドラマ『相棒』の『season14』が放送開始。その初回放送では、同時期に始まった連続ドラマの中でもっとも高い視聴率を記録するなど、順調な滑り出しとなった。 中でも話題となったのは、4代目の“相棒”である冠城亘役として登場した、「視聴率男」こと反町隆史の存在である。当時の反応を紹介する。

Read Article

【相棒】ファンが選ぶ人気・名作回ランキングをまとめてみた!【公式サイト投票】

【相棒】ファンが選ぶ人気・名作回ランキングをまとめてみた!【公式サイト投票】

『土曜ワイド劇場』の特別ドラマとして放送されたpre seasonも含めれば、2000年から続く人気ドラマである『相棒』シリーズ。偏屈な性格の名刑事・杉下右京と歴代の“相棒”たちが数々の難事件を追い、これを解決していく刑事ドラマで、推理物としての高いクオリティと事件の中で描かれる複雑な人間模様で好評を博している。 2013年、ファンの投票による『相棒』シリーズの人気・名作回が公式サイトで発表された。ここではそれを紹介しつつ、そのあらすじについても解説していく。

Read Article

【相棒】前にも見た?違う役で複数回出演した俳優をまとめてみた!

【相棒】前にも見た?違う役で複数回出演した俳優をまとめてみた!

2000年に放送されたスペシャルドラマを皮切りに、20年以上続く人気シリーズとなった刑事ドラマ『相棒』。レギュラーメンバーだけでも数多くの俳優が登場するが、毎回の犯人や被害者、事件の関係者などとしてさらに膨大な数の俳優が参加しており、中には“別の役”として複数回登場した者もいる。 ファンなら「あの事件の犯人だった人だ!?」などと驚くこと請け合いの、『相棒』複数回登場俳優を紹介する。

Read Article

【相棒 season13】最終回ネタバレまとめ!甲斐亨がまさかの逮捕?酷すぎる結末に非難殺到!?

【相棒 season13】最終回ネタバレまとめ!甲斐亨がまさかの逮捕?酷すぎる結末に非難殺到!?

2014年3月18日、人気刑事ドラマ『相棒 season13』が最終回を迎えた。今まで主役の1人として物語を盛り上げてきた成宮寛貴演じる青年刑事・甲斐亨が、不当に罪の軽い犯罪者相手に連続暴行を重ねていた犯人として逮捕されるという衝撃的な内容に、ファンからは「こんな終わり方は見たくなかった」との声が次々と上がった。 賛否両論を巻き起こした『相棒 season13』最終回「ダークナイト」の内容と、当時の反応を紹介する。

Read Article

【相棒】やはり現場での確執が原因だった!?寺脇康文の降板劇【亀山薫】

【相棒】やはり現場での確執が原因だった!?寺脇康文の降板劇【亀山薫】

人気ドラマ『相棒』シリーズの初代“相棒”にして、season7にて突如物語から退場することとなった寺脇康文演じる亀山薫。いったいなぜそんなことになったのか、ファンの間でも様々な形で物議をかもし、その理由について議論されることとなった。 ここでは週刊誌などの情報をまとめ、その真相を簡単に説明し、人気ドラマの裏事情を紹介する。

Read Article

【杉下右京】相棒の警察関係者を階級順に紹介!【冠城亘】

【杉下右京】相棒の警察関係者を階級順に紹介!【冠城亘】

『相棒』とは、偏屈な性格の名刑事・杉下右京とその歴代の“相棒”が活躍する推理ドラマで、2000年から続く人気シリーズである。 作中には捜査一課や鑑識課など、様々な課に所属する刑事が登場する。杉下たちとの関係は友好だったり敵対的だったりとそれぞれに異なり、物語を盛り上げている。そんな『相棒』シリーズの警察関係者を階級順に紹介していく。

Read Article

【相棒】社美彌子とは何者なのか?これまでの活躍をまとめてみた!【仲間由紀恵】

【相棒】社美彌子とは何者なのか?これまでの活躍をまとめてみた!【仲間由紀恵】

20年以上作られ続けている人気刑事ドラマ『相棒』シリーズ。仲間由紀恵演じる社美彌子(やしろ みやこ)は、その『season13』から登場する、内閣情報調査室の幹部である。 主人公たる特命係の刑事たちを個人としては評価しつつ、巧妙に利用して自分の目的を果たそうとする食わせ者。時に味方、時には障害としてしたたかに立ち回るバイプレーヤーである。そんな社の情報をまとめてみた。

Read Article

【相棒】杉下右京の"グッ"とくる名言・名セリフまとめ!

【相棒】杉下右京の"グッ"とくる名言・名セリフまとめ!

杉下右京は、刑事ドラマ『相棒』シリーズの主役を務める刑事で、並外れた推理力を持つ偏屈な老紳士。英国風のスタイルを好み、趣味はチェスと紅茶をたしなむこと。隣人としてはあまりに理屈っぽく、それが原因となって離婚しているが、強い正義感の持ち主で犯人に対しては毅然とした態度を取る。 そんな杉下が作中で発した、数々の名言・名セリフを紹介する。

Read Article

【相棒】絶対見るべき傑作・神回!ベストオブ『相棒』をまとめてみた

【相棒】絶対見るべき傑作・神回!ベストオブ『相棒』をまとめてみた

偏屈だが抜群の推理力を持つ名刑事・杉下右京と、その"相棒"となる様々な刑事がタッグを組んで、難事件を解決していく刑事ドラマ『相棒』シリーズ。2000年に放送されたスペシャルドラマを最初の作品として、20年以上続く人気作品である。膨大なシリーズの中から、「絶対に見るべき」とファンが太鼓判を押す70作品を紹介する。

Read Article

【相棒】あの名シーン・名場面のロケ地は?撮影場所を紹介!

【相棒】あの名シーン・名場面のロケ地は?撮影場所を紹介!

2000年に放送された単発ドラマが好評を博したことから、これを皮切りにシリーズを重ねてきた刑事ドラマ『相棒』シリーズ。ファンが「名作・神回」と絶賛するエピソードも多く、それが撮影されたロケ地はいわゆる"聖地巡礼"の対象ともなっている。 ここでは、ファンが思わず場所を調べたくなってしまうシリーズお馴染みの撮影場所について紹介する。

Read Article

【相棒】見てないとファン失格?相棒のとんでもネタ回をまとめてみた!【夢オチ】

【相棒】見てないとファン失格?相棒のとんでもネタ回をまとめてみた!【夢オチ】

2000年のスペシャルドラマが好評を博したことからシリーズ化し、20年以上続く人気作となった刑事ドラマ『相棒』。実力派俳優陣によるハイレベルな演技と、社会の闇に深く切り込んだ秀逸なシナリオが好評を得ている本作だが、長寿シリーズであるだけに、中には「なんだこれ?」と首を傾げたくなるエピソードも存在する。 凶器が冷凍のイカだったり、事件全体が夢オチだったり、プリキュアの放送年で写真が撮られた時期を特定したり、ファン必見のネタ回を紹介する。

Read Article

【相棒13】衝撃の結末!10話~19話(最終回)あらすじ&ネタバレまとめ【ダークナイト】

【相棒13】衝撃の結末!10話~19話(最終回)あらすじ&ネタバレまとめ【ダークナイト】

人気刑事ドラマ『相棒 season13』の10話から19話(最終話)のあらすじをネタバレつきでまとめてみた。 血気盛んな青年刑事・甲斐亨役で物語を沸かせた成宮寛貴が、このseason13で引退することが事前に明かされており、ファンはどのような形で特命係を去ることになるのか注目されていた。やがて放送された最終回では、その甲斐が事件の犯人という衝撃的な展開が描かれ、ファンの間で物議をかもすこととなった。

Read Article

【相棒 season13】衝撃の最終回・カイトくん逮捕!?歴代のパートナーまとめも!

【相棒 season13】衝撃の最終回・カイトくん逮捕!?歴代のパートナーまとめも!

人気刑事ドラマ『相棒 season13』が2015年3月に最終回を迎え、「今まで主人公の1人として活躍してきた“カイトくん”こと甲斐亨が犯罪者となり、シリーズ全体の主人公である杉下右京によって逮捕される」というその衝撃的な内容が話題となった。 この展開には賛否両論様々な声が上がり、未だにファンの間で議論が続いている。当時の反応と、歴代の“相棒”たちの来歴を合わせて紹介する。

Read Article

【相棒 season13】甲斐享逮捕!?4代目の"相棒”予想も【ダークナイト】

【相棒 season13】甲斐享逮捕!?4代目の"相棒”予想も【ダークナイト】

人気刑事ドラマ『相棒』のSeason13は、成宮寛貴演じる3代目"相棒"の甲斐享が犯罪者となり、主役にして上司でもある杉下右京に逮捕されるという衝撃的な結末となった。 これに対して賛否両論様々な意見が上がり、感情的な声も多く見られた。同時に4代目の"相棒"が誰になるのかについても、ファンが盛んに議論を交わすこととなる。当時の反応を紹介する。

Read Article

【相棒】現在の杉下右京の年齢は57~58歳?「相棒」世界の設定年齢を徹底解説!

【相棒】現在の杉下右京の年齢は57~58歳?「相棒」世界の設定年齢を徹底解説!

レギュラーシリーズで16作目となる、人気刑事ドラマ『相棒 season16』。主人公の杉下右京を水谷豊が、その“相棒"役を反町隆史が演じている。 その杉下右京は、『相棒』シリーズの初期設定では「45歳」となっていた。あれから16年、水谷豊は現在64歳。そろそろ定年では?と声も出ているが、作中においては現在では57~58歳となっていることが判明した。『相棒』世界の時間経過について、ファンの反応を紹介する。

Read Article

目次 - Contents