【FAIRY TAIL】名言・名セリフ集【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。フェアリーテイルの魔導士はギルドメンバーのことを家族と呼び、とても大切に思っている。だからこそ主人公のナツをはじめ、メンバーは仲間の身に危機が迫った時などには熱い言葉をかけることが多い。ここでは『FAIRY TAIL』の名言・名セリフを登場人物・キャラクターごとにまとめた。

妖精の尻尾(フェアリーテイル)

「妖精には尻尾があるのかないのか…もっとも本当にいるのかどうかさえ誰にもわからない。だからこそ永遠の謎…永遠の冒険」

出典: dengekionline.com

ナツ・ドラグニル

本作の主人公。
年齢 不明
魔法 火の滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)
好きなもの 火
嫌いなもの 乗り物

「負けたくれぇでぐじぐじしてんじゃねえ!!オレたちはフェアリーテイルだ!!止まる事を知らねえギルドだ!!走り続けなきゃ生きられねぇんだよ!!」(4巻より)
「死ぬ事が決着かよ あ?逃げてんじゃねえぞコラ」(5巻より)
「エルザが泣いてた 弱音をはいて声を震わせていた そんなエルザは見たくねえ エルザは強くて凶暴でいいじゃねーか 目が覚めた時いつものエルザでいてほしいから」(12巻より)
「壊すのはとくいなんだ フェアリーテイルの魔導士は 燃えてきたぞ 今までで最高にだ!!!」(12巻より)
「亡霊に縛られてる奴に自由なんかねえんだよ!!自分を解放しろ!!ジェラール!!」(12巻より)
「血の繋がりごときで吼えてんじゃねえ!!ギルドこそがオレたちの家族だろうが!!」(15巻より)

「ギルドは死んでも渡さねえ!!オレたちの帰る場所だから!!」(15巻より)
「壊れんのはオレかおまえか どっちだろうな」(19巻より)
「ふざけんなァッ!!あの事を忘れたっていうのか!!何 味方のフリしてんだテメェ!!オレは忘れねえ!!エルザの涙を!!お前が泣かしたんだ!!」(19巻より)
「罪には慣れてんだ フェアリーテイルの魔導士は 本当の罪は眼をそらす事 誰も信じられなくなる事だァ!!」(19巻より)
「みんなの声…みんなの気持ち…オレ一人の力じゃねぇ…みんなの想いが…オレを支えて…オレを!!今ここに!!立てせている!!仲間の力がオレの体中をめぐっているんだ!!」(19巻より)
「ずっと側にいるんだ!!エルザの為に!!だから来いっ!!オレたちがついてる!!仲間だろ!!ジェラール!!」(20巻より)
「オレは仲間を助けるんだ!!絶対にな!!」(21巻より)
「エルザが二人いたー!!何だよアレ!!怪獣大決戦か!?この世が終わるのか!?」(22巻より)
「手伝えよ相棒!!」(23巻より)
「止めてやる!!体が砕けようが魂だけで止めてやるぁアァァァ!!」(23巻より)
「この世界で生きる者の為に おまえを倒すんだ」(23巻より)
「あきらめんな オレはここに立っているぞ!!明日の分をひねり出すんだ!!」(23巻より)
「我が名は大魔王ドラグニル!!この世界の魔力はオレ様が頂いたァァ!!」(23巻より)

「これはオレ流のフェアリーテイル式壮行会だ フェアリーテイルを抜ける者には三つの掟を伝えなきゃならねぇ 一つ フェアリーテイルの不利益になる情報は生涯他言してはならない 二つ なんだっけ? そうそう 三つ たとえ道は違えど強く力のかぎり生きなければならない 決して自らの命を小さなものとして見てはならない 愛した友の事を生涯忘れてはならない 届いたか?ギルドの精神があればできねぇ事なんかねぇ!!また会えるといいなミストガン」(24巻より)
「ふざけんな!!おまえを倒さなきゃS級魔導士になる意味がねーんだよ!!」(25巻より)
「この震えは じっちゃんをこんな目に遭わせた"敵"をオレ以外の誰かに始末されちまう事への恐怖 マスターハデスは必ずオレの手で倒す!!オレはおまえたちを絶対に許さねぇ!!」(26巻より)
「全身全霊をかけたギルドの力を!!」(26巻より)
「ギルドに手を出す奴はみんな敵だ 全て滅ぼしてやる!!」(27巻より)
「フェアリーテイルの力をくらいやがれぇ!!」(29巻より)
「てめえみてぇに死んだまま生きてんじゃねえんだ!!命かけて生きてんだコノヤロウ!!変わる勇気がねえならそこで止まってやがれ!!」(29巻より)
「オレたちのギルドをキズつけやがって おまえは…消えろォォ!!」(29巻より)
「恐怖は”悪”ではに それは己の弱さを知るという事だ 弱さを知れば人は強くも優しくもなれる オレたちは自分の弱さを知ったんだ だったら次はどうする?強くなれ!!立ち向かうんだ!!一人じゃ怖くてどうしようもないかもしんねーけど オレたちはこんなに近くにいる すぐ近くに仲間がいるんだ!!今は恐れる事はねえっ!!オレたちは一人じゃねえんだ!!」(29巻より)
「これがオレたちのギルドだぁっ!!」(29巻より)
「上にのぼる楽しみがあと何回味わえるんだよぉ!!燃えてきたぉーっ!!」(31巻より)
「十分だ!!それまでに鍛え直してフェアリーテイルをもう一度フィオーレ一のギルドにしてやる」(31巻より)
「もっと強く!!もっともっと強くっ!!オレたちのギルドをナメてる奴等を黙らせてやる!!フェアリーテイルの力を見せてやるんだーっ!!」(31巻より)
「涙は優勝した時の為にとっておこうぜ」(32巻より)
「フェアリーテイルの歩き続けた証を!!だから前に進むんだ!!」(33巻より)
「仲間を泣かせるギルドなんて そんなのギルドじゃねえ」(33巻より)
「オレに負けたらギルドやめんだな」(33巻より)
「おまえらなんかには負けねえよ つーかオレたちには追いつけねえ ギルドなら仲間 大切にしろよ オレが言いてえのはそれだけだ」(34巻より)
「オレは絶対にルーシィの敵をとる!!仲間を笑われた!!オレは奴等を許さねえ!!」(35巻より)
「オレ一人で十分だ!!まとめてかかって来い!!」(35巻より)
「そうか だったらオレはこの力で笑われた仲間の為に戦う」(35巻より)
「おまえらこそ フェアリーテイルを敵にまわす覚悟はできてるんだろうな オレたちは家族の為なら国だろうが世界だろうが敵にまわす それがフェアリーテイルだっ!!」(37巻より)
「いや…オレたちが何とかする ありがとうな オレ達の未来の為に 必ず未来を変えてやる」(37巻より)
「そんな魔法で本職とやる気か?」(38巻より)

「運命なんか焼き消してやる!!ルーシィの未来は誰にも奪わせねえぞォ!!約束する」(38巻より)
「おまえはオレの目の前で大切なものを奪ったんだ おまえのやり方は信じねえ オレはオレたちのやり方で未来を守る!!」(38巻より)
「今日…この日の為にオレたちの魔法があるんだ!!今…戦うためにドラゴンスレイヤーがいるんだ!!行くぞォ!!ドラゴン狩りだっ!!」(39巻より)
「みんなが力を合わせればできない事なんてねぇ」(39巻より)
「今のローグには何の罪もねえだろ 殺す…とかオレたちまで道を間違えるつもりかよ」(39巻より)
「おまえの希望は過去を絶望に変える事なのかァ!!」(40巻より)
「誰にだって未来を選ぶ資格はある オレたちは自分で選んだ未来へ進んでいく おまえの選んだ未来じゃねぇ!!明日なんてわからなくていい 今日を全力で生きる為に!!」(40巻より)
「永遠の炎を復活させるんだ!!きっと”炎”がこの村を救ってくれる!!」(41巻より)
「キズつけられた仲間の為に戦う!!敵は人間でも悪魔でも神でも何でもいい!!力を貸してくれ!!ラクサス!!雷炎竜の撃鉄!!」(43巻より)
「ドラゴンの鼻をなめるなよ」(43巻より)
「オレの魂は渡さねえ!!ここにある!!」(45巻より)
「オレはイグニールに会うまで…絶対魂はやらねえ!!オレの意志は渡さねえぇ!!それが魂をつなぎとめる力になる!!」(45巻より)
「おうおうなんか強そうな奴等が並んでるじゃねーか 燃えてきたぞ」(45巻より)
「絶対約束守れよ もうどこにも行くなよ!!約束だからな!!燃えてきた!!」(47巻より)
「オレはイグニールの息子だぁ!!」(47巻より)
「フェアリーテイルの名にかけておまえを倒す!!」(48巻より)
「父ちゃん…約束した…だろ…もう…どこにも行かねえって…約束やぶるなよ…オレ…ずっと捜してたんだぞ…字…書けるようになったんだ…魔法ももっと使えるようになった 友達もいっぱいできたんだ…仕事もやってる オレは…オレは…もっと話がしたいよイグニール」(49巻より)
「オレは もっと生きていく!!オレは もっと強くなる!!オレがアクノロギアを倒してやるんだ!!」(49巻より)
「オレはもっともっと強くなって帰ってくるから みんなを守る為に!!」(49巻より)
「みんなを集めてギルドを復活させるんだ」(49巻より)
「勝手に潰すなー!!」(50巻より)
「仲間を全員集めるんだ フェアリーテイルを復活させる為に」(50巻より)
「フェアリーテイルを復活させる為に おまえが必要だ」(50巻より)
「今までの思い出も 仲間の絆も無くなっちゃいねえ フェアリーテイルはずっとココにある 今までもこれからも」(50巻より)
「あいつが自分を信じられねえなら オレたちが信じてやる」(50巻より)
「巻き込もうが巻き込まれようが関係ねえ!!一緒に戦えるんだぞ!!一年ぶりに!!こんな時に言える言葉は一つしかねえだろ 燃えてきたァ!!」(51巻より)]
「ここから先へは一歩も行かせねえぞ!!かかってこいやァァ!!」(51巻より)
「何人だろうが負けねえぞ オレたちはフェアリーテイルの魔導士だからな」(51巻より)
「仲間の命を何だと思ってやがる!!仲間ってのは同じ目的に一緒に進んでいく同志だ!!いや目的なんか違くてもいい 一緒に笑って時には支え合って 互いが互いを信じ合えるようになる どんな言葉でもいいさ…とにかくそういう絆がいつもオレを救ってくれた 仲間の絆をなめるなァ!!これがイグニールの炎だァ!!」(51巻より)
「ギルドここに復活!!オレたちがフェアリーテイルだ!!」(51巻より)

「オレたちは今まで何度も何度もギルドの為に戦ってきた 敵がどれだけ強かろうか 大切なものを守りたいって意志がオレたちを強くしてきたんだ 恐怖がない訳じゃねえ どうやって下していいかわからねえ重荷みてーだよ けど…みんながきっと手伝ってくれる 本当の恐怖はこの…楽しい日の続きがなくなる事だ もう一度みんなと笑って過ごせる日の為にオレたちは戦わなきゃならない 勝つ為じゃねえ!!生きる為に立ち上がる!!それがオレたちの戦いだ!!」(53巻より)
「ゼレフはオレが倒す その為の秘策がこの右腕なんだ!!」(53巻より)
「勝つ為なら何だってやる 勝たなきゃ生き残れねえからだ」(53巻より)
「決着をつけようぜ ゼレフ!!」(54巻より)
「オレは迷わねえ!!そう決めた!!おまえを倒す為にオレはここにいるんだー!!」(55巻より)
「首だけになっても ルーシィはルーシィだけどな ちょっとかわいそうだし オレはおまえを灰にするけどな」(55巻より)

出典: blog2.surpara.com

ハッピー

ナツの近くにいる、青い猫
翼をだして飛ぶこともできる。

魔法 翼(エーラ)

「オイラたちの想いがこの世界を動かしてるんだ」(23巻より)
「オイラは絶対ナツをS級魔導士にするんだ」(24巻より)
「シャルルとお魚シャルルとお魚シャルルとお魚シャルルとお魚」(45巻より)

「ナツが…後先のことを…考えるなんて…成長したんだねぇ」(54巻より)
「ナツがいなくなるのはヤダヨォォ ナツはオイラの友達なんだ!!ナツは違うの!?」(55巻より)
「オイラはナツを死なせたり絶対しない 絶対に」(55巻より)

出典: 3.bp.blogspot.com

グレイ・フルバスター

氷の造形魔導士

「生き死にだけが決着の全てじゃないだろ。もう少し前を向いて生きろよオマエ等全員さ」(3巻より)
「これは俺が選んだ道だ!!!やらなきゃならねえ事なんだ」(5巻より)
「キズなんてどこに増えようがかまわねえんだ。目に見る方はな」(6巻より)
「ルーシィは仲間だ!命にかえても渡さねえぞ!」(8巻より)
「何度でも止めてやんよ 氷は命の”時”だって止められる そしてお前は永久に追いつけねェ 妖精の尻尾でも眺めてな」(17巻より)
「そいつらウチのギルドのモンだと知っててやってんのか?てめえら全員オレたちの敵ってことになるからよォ フェアリーテイルのな」(22巻より)
「オレは氷の造形魔導士だ 何でも造れる」(22巻より)
「そんな顔するなよ ギルドってのは魔力がねーとやっていけねーのか?仲間がいれば それがギルドだ」(24巻より)
「仲間と"生きる"道の上を歩いてんだ!!」(28巻より)
「おまえの闇はオレが封じよう」(29巻より)
「この借りは必ず返す」(32巻より)
「無理して思い出すことはねえや おまえはここで終わりだから」(36巻より)
「ルーシィを助ける そして やられたカリを返してえ フェアリーテイルの魔導士として戦わせてくれ」(36巻より)
「フェアリーテイルの紋章刻んでるからには同じ相手に二度はやられねえ」(36巻より)
「オレはもっと熱い炎を覚えてる」(36巻より)
「こんな気持ちの悪ィ氷の魔法を使いやがって 本物の氷の魔法を見せてやる」(41巻より)
「オレはデリオラを超える!!」(46巻より)
「大事な事を忘れそうになっていた!!オレは死なない!!仲間の涙は見たくねえから」(46巻より)
「ギルドの敵なら関係ねえんだ!!そうやってオレたちはギルドを守ってきた!!オレは…それでもアンタを殺せねえ」(46巻より)
「氷ので滅悪魔導士としてオレがENDを倒す」(46巻より)
「大事なモンならもう離しちゃいけねえ」(48巻より)
「おまえを倒す為にここに来た デビルスレイヤーだ」(48巻より)
「親父に顔向けできねーじゃねえか」(51巻より)
「晴れ…時々ラクサス 所により氷結ってな」(55巻より)

出典: stat001.ameba.jp

エルザ・スカーレット

「妖精女王(ティターニア)」の異名を持つ「妖精の尻尾」最強の女!
年齢 19歳
魔法 騎士(ザ・ナイト)
嫌いなもの 悪

換装できる鎧は、100種類以上!一番のお気に入りはバニーガール!!

「仲間を売るくらいなら死んだほうがマシだっ!!!!!」(7巻より)
「なぜそこまで簡単に人の命を奪えるんだ!!貴様等は!!」(8巻より)
「行けぇっ!!ナツ!!おまえは私を越えていく男だっ!!」(8巻より)
「従っても逃げても自由は手に入らない!戦うしかない!!自由の為に立ち上がれぇぇ!!」(10巻より)
「私はフェアリーテイルなしでは生きていけない 仲間のいない世界など考える事もできない 私にとっておまえたちは それほどに大きな存在なのだ 私が皆を救えるのなら 何も迷うことはない この体など…くれてやる」(12巻より)
「私はいつもお前たちのそばにいるから」(12巻より)
「仲間の為に生きるのだ それが幸せな未来につながる事だから…」(12巻より)
「過去は未来に変えて歩き出すんだ そして今日の一歩は必ず明日へとつながる一歩となる」(13巻より)
「一つ!!フェアリーテイルの不利益になる情報は生涯他言してはならない!!二つ!!過去の依頼者に濫りに接触し個人的な利益を生んではならない!!三つ!!たとえ道は違えど強く…力のかぎり生きなければならない!!決して自らの命を小さなものとして見てはならない!!愛した友のことを生涯忘れてはならない!!(13巻より)
「つらい思い出は明日への楯となり私たちを強くする 誰もがそうだ人間にはそうできる力がある強く歩け 私も強く歩き続ける」(13巻より)

「お前の名はジェラール 私のかつての仲間だ だが乱心したおまえは、死者を冒涜し仲間をキズつけ 評議員さえも墓石…シモンを殺した それを忘れたと言うつもりなら 心に券を突き立てて刻み込んでやる!!ここに来い!!私の前に来いっ!!」(18巻より)
「このまま死ぬ事は私が許さん!!お前には罪がある!!思い出せ!!何も知らぬまま楽になれると思うな!!それで お前がキズつけた者たちに償えると思うな!!生きてあがけっ!!」(18巻より)
「希望は常につながっている 生きてこの先の未来を確かめろ」(18巻より)
「私は…ジェラールの中の光を知っている」(19巻より)
「人の苦しみを笑えるようでは その高みへはまだまだ遠いな 誰にも負けたくなければ まずは己の弱さを知る事だ そして常にやさしくあれ」(19巻より)
「愛する者との別れのつらさは…仲間が埋めてくれる 来い フェアリーテイルへ」(20巻より)
「ギルドの仲間に手を出した者を私たちは決して許さんぞ」(22巻より)
「人間はもっと人を愛するものだ!!大切なものたちの為に立ち上がり 涙を流す者の為に剣をとる!!おまえはこの世界の悲鳴を感じないのか!?」(23巻より)
「世界とは"生きる者"の事だ!!」(23巻より)
「私たちは生きているだろ 今!!魔力が無くても生きている!!互いを見ろ!!魔力などとうに尽きてる!!それでも人は死んだりしない!!弱さも恐怖も全てを乗り越えていく強さがある!!それが生きる者だ!!いいかエルザ!!お前の中にも私の持つ邪悪も弱さもある!!だから人々を愛する心も必ずあるんだ!!生きる者の声を一心に聴け!!本当の声で語るんだ!!お前は一人じゃない!!」(23巻より)

「私は仲間を守れる力があればそれだけでいい その力と引き換えならば私は誰よりも弱くていい」(28巻より)
「私は皆を守る為に立ち上がるんだ!!」(28巻より)
「いつだって守られていたのは私の方だ」(28巻より)
「むぅぅ!!今からでも遅くない!!5日間で地獄の特訓だ!!おまえら全員 覚悟決めろ!!寝るヒマはないぞ」(31巻より)
「生きていく事が強さなんだ!!おまえは昔のジェラールじゃない!!生きる事に必死だったあの頃のジェラールじゃない!!」(31巻より)
「100体全て私が相手する 挑戦権は100だ」(34巻より)
「最強だかフィオーレ一だか知らんが 一つだけ言っておく おまえたちは一番怒らせてはいけないギルドを敵に回した」(35巻より)
「私は死ぬわけにはいかない シモンに生かされた ロブおじいちゃんに生かされた 仲間に生かされた この命をあきらめる事は旅立って行った者たちへの冒瀆」(37巻より)
「おまえは私の大切な者を傷つけすぎた 報いを受けよ」(38巻より)
「魔導士としての誇りを失うな その魔力は友の為に愛する者の為にあれ」(41巻より)
「信じるものは何でも構わん だが決断するのは自分の心だ 人間にも信仰はある 大切なのは自分を見失わない事 考える力逃げない勇気 歩くのは自分自身だ」(44巻より)
「たとえ何を奪われようと 私の道を照らす光は誰にも奪えない 何も見えなくても 何も聞こえなくても 私の中には光がある 仲間と共に歩いてきた道が 私の明日を照らすんだ なにも恐れる事はない これしきの事 痛みのうちに入らんっ!! 究極の痛みとは友を失う痛みだ」(47巻より)
「貴様…ガジルに似てるくせに随分と調子に乗ってるな」(51巻より)
「ギルドを建て直し仕事を再開しフェアリーテイルを復活させる 再び集まったみんながいつも通りに笑ってほしい これが私の…七代目マスターとしての考えだ」(52巻より)
「スターマンゴーの仇は私が討つ」(52巻より)
「人を想って起こした行動は必ず 意味のあるものと信じています それがあなたの教えだから」(52巻より)
「貴様を斬る者だ」(53巻より)
「たとえ貴様が神に…なりえたとしても…我が…ギル…ドの仲間たちは…決して…臆さない」(54話より)
「おまえたちは かつて強敵として私の前に立ち塞がった…全員破れていった者たちだ 消えろ亡霊度も 再び私に斬られる前に」(56巻より)

ルーシィ・ハートフィリア

年齢17歳
魔法 精霊魔法
好きなもの 本、精霊
嫌いなもの 父親

「あたしに必要なものはお金でも綺麗な洋服でもない。あたしという人格を認めてくれる場所」(9巻より)

「精霊界のルールならあたしが変えてやるんだから!!」(9巻より)
「ここはフェアリーテイル(現)最強魔道士のあたしに任せなさい!!燃えてきたわよ!!」(21巻より)
「あたしがカナのパートナーになる!!絶対ギルドをやめさせたりなんかしない!!あたしがカナをS級魔導士にするから!!」(24巻より)
「あたしたちのギルドでは立ち向かうことの方が大事なの 相手になるわ!!かかってきなさい!!」(27巻より)
「一人で逃げるなんてやだ…よ どんな時だって…みんなと一緒の方が楽しいから」(27巻より)
「お母さんは言ってた…すべての魔法は愛から始まったって だから あたしは”一なる魔法”って”愛”の事だと思うの」(31巻より)
「あたしはみんなの気持ちを裏切れない だから絶対あきらめないんだ」(34巻より)
「もう一人のあたしの分まで生きるんだ!!あたしの分まで笑って…泣いて…生きていくんだ!!」(39巻より)
「なんとかしてくれるって期待しちゃうのよね ナツには」(39巻より)
「魔導士にケンカ売るなんて100年早いのよ」(41巻より)
「あたしの大事なもの 仲間…ギルド…星霊!!」(45巻より)
「涙はいつでも流せる 今は仲間を助けるために…戦うんだ!!」(45巻より)
「まだなくなってないよ あたしたちの心の中にずっとある」(50巻より)
「心配すんな 何があってもグレイはオレたちの仲間だ」(50巻より)
「おなかの痛み…ルーシィパーンチ」(51巻より)
「あたしたち 今からでも友達になれないかな…ママたちみたいに」(55巻より)
「必ずあたしが見つける!!あたしの親友だもん!!」(55巻より)

ミストガン

年齢
魔法
好きなもの
嫌いなもの

「魔王ドラグニルはこの私が倒したぞ!!魔力など無くても我々人間は生きていける!!」(24巻より)

「私はそれをも包み込む聖なる光を信じたい。全てを導く聖なる光を」(8巻より)

マカロフ

年齢 88歳
魔法 巨人(ジャイアント) その他いろいろ
妖精の法律(フェアリーロウ)
(聖なる光をもって闇を討つ魔法)

好きなもの フェアリーテイル
嫌いなもの 評議員

「弱い人間はいつまでたっても弱いまま。しかし弱さの全てが悪ではない。もともと人間なんて弱い生き物じゃ。一人じゃ不安だからギルドがある。仲間がいる。強く生きるために寄り添いあって歩いていく。不器用なものは人よりも多くの壁にぶつかるし、遠回りするかもしれん。しかし明日を信じて踏み出せば、おのずと力が湧いてくる。強く生きようと笑っていける」(3巻より)

「いくつもの血が流れた…子供の血じゃ。できの悪ィ親のせいで子は痛み涙を流した。互いにな…もう十分じゃ…終わらせねばならん」(8巻より)

「フェアリーテイルである事を誇れ!!」(8巻より)

「楽しいことも悲しいことも全てとまではいかないがある程度は共有できる。それがギルドじゃ.
一人の幸せはみんなの幸せ。一人の怒りはみんなの怒り。そして一人の涙はみんなの涙。自責の念にかられる必要なない。君にはみんなの心が届いているハズじゃ。顔をあげなさい。君はフェアリーテイルの一員なんだから。」(9巻より)

「神に愛され神を愛し…そして我々友人を愛しておった その心は悠久なる空より広く その剣は愛する者の為に気高く煌めき 妖精のごとく舞う その姿は山紫水明にも勝る美しさだった 愛する人を強くする そしてまた人を弱くするのも愛である」(12巻より)

「この世界に生命の冒涜する魔法などないわ 生命は愛より生まれるもの どんな魔法もそれには及ばぬ」(15巻より)
「反発するのは認め合うからこそ 奴等には互いの顔がハッキリ映っておる」(15巻より)
「ワシはな…おまえの成長を見るのが生きがいだった 力などいらん 賢くなくてもいい…なにより元気である それだけで十分だった」(16巻より)
「たとえ姿が見えなくとも たとえ遠く離れていようと ワシはいつでもお前を見てる お前をずっと…見守っている」(16巻より)
「世の中には孤独を好む者もおる しかし孤独に耐えられる者は一人もおらん」(25巻より)
「闇に落ちようとする若者を放っておいたとなれば ワシは自分をもっと許せなくなるだろう これは"救い"ではい 明日へのただの道標 進むか止まるか決めるのは自分自身じゃ」(25巻より)

「これ以上 親の目の前でガキをキズつけてみろ!!貴様を跡形も無く握り潰してやる!!放すものか…家族の力なめんじゃねぇぞォ!!」(26巻より)
「魔法は生きておる それは時代と共に役割を変えワシらと共に成長する それぞれが思えばそれが魔法 各々の感じ方一つで光にも闇にも赤にも青にもなる フェアリーテイルは自由と共に生きていく 全部あなたから学んだ事じゃ」(30巻より)
「最後ぐらいマスターの言う事が聞けんのかぁ!!クソガキが!!」(30巻より)
「涙など虚空 人が死ぬから悲しいのか? 悲しみが人を殺すのか 答えは各々の胸の奥に 誇り高きクソガキどもよ 生きよ!!未来へ!!」(30巻より)
「この後ろにはワシのガキどもがいるんじゃああ!!」(30巻より)
「初めて親らしい事ができたわい もう思い残す事はない!!」(30巻より)
「おい 小僧 戦争って事でいいんだな」(30巻より)
「おまえが次のフェアリーテイルマスターとなるからじゃ ギルダーツ」(31巻より)
「今日の敗戦は明日の勝利への糧!!のぼってやろうじゃねえか!!ワシらにあきらめるという言葉は無い!!目指せフィオーレ一!!」(33巻より)
「敵はタルタロス!!オラシオンセイス グリモアハートに並ぶバラム同盟の一角!!しかし!!ワシ等はその二つを撃破してきた!!タルタロスも同じように我々を敵に回した事を後悔するだろう!!仲間がやられた!!それは自身の痛み!!仲間の流した血は我が体より流れた血と同じ!!この痛みを…苦しみを闘志と変えて敵を討て!!我等は正義ではない!!我等は意志で動く!!我等が絆と誇りにかけて家族の敵を駆逐する!!」(42巻より)
「ギルドの歴史よりも体栽よりも家族を守る為に解散するんじゃ!!」(52巻より)
「家族の命を背負ってんだ!!それが親ってもんだろう!!」(52巻より)
「我が家族に咬みついた事を後悔させてやるぞ!!返り討ちにしてやるわい!!」(53巻より)
「親なら自らガキどもの前に立ち 震える足を地につけてやるのもまたつとめ」(53巻より)

ミラジェーン

年齢 19歳
魔法 変身魔法
好きなもの 料理
嫌いなもの ゴキブリ

「私たちは仲間よ…同じギルドの仲間…一緒に笑って一緒に騒いで…一緒に歩いて…一人じゃないでしょ?あなたはとっくに気づいているわ 一人の人物に依存することのすべてを悪とは思わないけど あなたのまわりにはたくさんの人がいる 人と人はいつでもつながっている ほら 手を伸ばせばこんなに近くに…一人が寂しいと気づいた時 人はやさしくなれるの」(14巻より)
「心配しなくていいわ あなただけは二度と死なせない」(26巻より)
「私が”一人”の時 それは私が100%の力を出せる時なの 悪魔に毒?大好物なんだけど♡」(37巻より)
「人には必ず生きる意味がある どんなに小さな事でも必ず…あなたには意味がある」(38巻より)
「殴っちゃおうっか」(53巻より)

yuasa
yuasa
@yuasa

Related Articles関連記事

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ

『FAIRY TAIL』とは『週刊少年マガジン』で連載された真島ヒロによるファンタジー漫画及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」の問題児ナツとその仲間たちが依頼を受けて様々な問題を解決していく様子が描かれる。 登場する個性豊かな魔導士たちはそれぞれ特徴的な魔法を使うことができ、その種類は多岐にわたる。その迫力満点の魔法が『FAIRY TAIL』の魅力の1つといえる。

Read Article

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「FAIRY TAIL」は、2006年より「週刊少年マガジン」にて連載が開始された真島ヒロによる漫画作品。 一人前の魔導士を目指す少女「ルーシィ」はひょんなことから、炎を操りそして炎を食べる滅竜魔導士「ナツ」と出会い、魔導士ギルド「妖精の尻尾」に加入することに。迫力的な魔法バトルと魔導士としての彼らの成長を描くファンタジー作品。「絆」を軸とした、心の熱くなるセリフの数々が魅力の一つである。

Read Article

NEW
FAIRY TAIL(フェアリーテイル)のネタバレ解説・考察まとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)のネタバレ解説・考察まとめ

『FAIRY TAIL(フェアリーテイル)』とは、真島ヒロが『週刊少年マガジン』で連載していた漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。累計発行部数は7200万部を記録しており、日本のみならず全世界で読まれている人気作品。 人々の生活に魔法が根付く世界で、立派な魔導士を目指すルーシィが、滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)のナツと出会い、最強の魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に加入する。チームを組んだ2人が様々な仕事に挑む中での冒険と絆が描かれた、ファンタジー作品である。

Read Article

王室教師ハイネ(漫画・アニメ・舞台)のネタバレ解説・考察まとめ

王室教師ハイネ(漫画・アニメ・舞台)のネタバレ解説・考察まとめ

「王室教師ハイネ」とは、「赤井ヒガサ」による漫画作品。2017年にブリッジ製作でアニメ化。さらに同2017年ミュージカル化し、メインキャラ5人の役をアニメの声優陣がそのまま勤めた。主人公「ハイネ」は、グランツライヒ王国の国王「ヴィクトール」の勅令で、ヴィクトールの息子の4人王子「カイ」「ブルーノ」「レオンハルト」「リヒト」の王室教師になった。王子たちは一癖も二癖もある人物達なのであった。

Read Article

ソードアート・オンラインII(SAO II)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインII(SAO II)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインIIは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル及びそれらを原作としたアニメ作品でソードアート・オンラインの続編。時はVRゲームが普及した2020年代。ゲーム内の死が現実になるデスゲーム「SAO」から生還した主人公・キリトは、デスガンというプレーヤーに撃たれた者が現実世界で変死を遂げている噂を耳にし、その謎を解明すべくガンゲイル・オンラインにダイブする。

Read Article

ソードアート・オンライン(SAO)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンライン(SAO)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル。およびそれを原作としたアニメ作品。VRMMORPG、ソードアート・オンライン(SAO)が発表された2022年。ユーザー達は仮想世界に埋没していくが、SAOの正体はゲーム内での死が現実になる命懸けのデスゲームだった。開発者の思惑によりログアウト不能となった世界で、主人公のキリトは現実世界に戻るべく、死闘を繰り広げる。

Read Article

ヲタクに恋は難しい(ヲタ恋)のネタバレ解説・考察まとめ

ヲタクに恋は難しい(ヲタ恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヲタクに恋は難しい』とは、作者のふじたがイラストサービスのpixivにて投稿を開始した漫画である。 2014年4月にウェブコミックとしてpixivに1作目が投稿され、2015年4月にはpixivで公開されている作品と描き下ろしを含めた単行本が一迅社より発行されている。略称は「ヲタ恋」。主人公桃瀬成美はオタクだが周囲に隠している。転職先で幼馴染で見た目はいいが重度のゲームオタクの二藤宏嵩と再会し、成り行きから付き合うことになる。

Read Article

聖☆おにいさん (中村光)のネタバレ解説・考察まとめ

聖☆おにいさん (中村光)のネタバレ解説・考察まとめ

『聖☆おにいさん』とは、中村光による宗教ジョーク漫画作品である。同作を元に、OVA・アニメ映画作品が制作されている。2016年12月22日、実写ドラマ化の発表があった。 キリスト教の教祖・イエスと、仏教の教祖・ブッダが東京立川のアパートでバカンスを楽しむ日々を軸に、ドタバタコメディが繰り広げられる。

Read Article

マギ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

マギ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

中東をモチーフにした魔導冒険ファンタジー「マギ」は、作者の大高忍(おおたかしのぶ)が週刊少年サンデーで連載している漫画作品。古の滅びた世界から干渉を試みる謎の組織「アルサーメン」の暗躍により滅びの兆しを見せ始める世界で、創世の魔法使い「マギ」の少年・アラジンは、迷宮攻略を目指すアリババらと出会い、世界の異変や悲劇、戦争を止めるべく奔走していく。

Read Article

冴えない彼女の育てかた(冴えカノ)のネタバレ解説・考察まとめ

冴えない彼女の育てかた(冴えカノ)のネタバレ解説・考察まとめ

『冴えない彼女の育てかた』とは丸戸史明によるライトノベル、およびそこから派生する漫画、アニメ、ゲーム作品。 物語の主人公とあるオタク高校生が、とある少女をメインヒロインとした同人ゲームを作るためにサークルを立ち上げる。好きなことには熱中するその性格で、メンバー内のもめごとや納期、ライバル同人サークルとの対立など、様々な困難を乗り越えながら奮闘する物語。

Read Article

アルドノア・ゼロ(Aldnoah.Zero)のネタバレ解説・考察まとめ

アルドノア・ゼロ(Aldnoah.Zero)のネタバレ解説・考察まとめ

『アルドノア・ゼロ』とは、A-1 Pictures・TROYCAによって共同制作されたオリジナルロボットアニメーションである。分割2クールで、第1クールは2014年7月から9月まで、第2クールは2015年1月から3月まで放映された。 地球人と火星人の戦争を描いている。地球人である界塚伊奈帆と地球人でありながら火星人に仕えるスレイン・トロイヤード、この2人の主人公と火星の皇女が戦争の行方を大きく変えていく。

Read Article

灰と幻想のグリムガル(Grimgar)のネタバレ解説・考察まとめ

灰と幻想のグリムガル(Grimgar)のネタバレ解説・考察まとめ

『灰と幻想のグリムガル』とは、十文字青によるライトノベル小説が原作となった、アニメ作品。 小説は2013年より刊行、アニメは2016年1月より全12話構成で放送された。 また『月刊ガンガンJOKER』にて、2015年5月号から2016年7月号まで漫画も連載されている。 ある日突然グリムガルという異世界で目を覚まし、名前以外の記憶がなくなってしまった若者たちの冒険の物語。

Read Article

ソードアート・オンライン(SAO)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ソードアート・オンライン(SAO)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ソードアート・オンライン』とは、架空のフルダイブ型バーチャルリアリティーオンラインゲームを舞台にした川原礫によるライトノベル、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 本作は2009年より連載の続くライトノベルのアニメ化第一弾であり、アインクラッド編は剣技で戦う世界で、続くフェアリィ・ダンス編は剣と魔法で戦う妖精世界が舞台となっている。 剣と魔法による命がけの戦いからは数多くの名言が生まれ、本作の持つ世界観は類似のVRMMORPGを舞台にした作品群にも多大な影響を与えた。

Read Article

亜人ちゃんは語りたい(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

亜人ちゃんは語りたい(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『亜人ちゃんは語りたい』とは、ペトスによる漫画及びA-1 Pictures制作のアニメーション作品。人間とは少し違う体質を持った「亜人」と人間が共存する世界の日常物語。主人公で高校教師の「高橋鉄男」は亜人に対して興味を持っていたが、人生でまだ一度も亜人と出会ったことが無かった。しかし新学期が始まると「小鳥遊ひかり」「町京子」「日下部雪」「佐藤早紀絵」の4人の亜人に出会った。

Read Article

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』の劇場アニメ作品である。本作は、ゲーム内で死亡すると現実でも死亡するデスゲームを乗り越えた主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちが、AR(拡張現実)を用いたオンラインゲーム「オーディナル・スケール」の裏で蠢く陰謀に立ち向かう物語を描いている。

Read Article

FAIRY TAIL 鉄の森編から冥府の門編までの長編ストーリー&キャラクター達!

FAIRY TAIL 鉄の森編から冥府の門編までの長編ストーリー&キャラクター達!

最初の長編「鉄の森(アイゼンヴァルト)」編~「冥府の門(タルタロス)」編までのストーリーと、アニメオリジナルストーリー。 そして、そこに登場したキャラクター達を一気に紹介! 「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」メンバーがこれまでに、どれほどの強敵達との戦いを強いられてきたかのおさらいです!

Read Article

【FAIRY TAIL】歴代美女キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】歴代美女キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)とは、魔導士ギルド「妖精の尻尾」に所属する魔導士たちが幾多の冒険を繰り広げる、真島ヒロによるアクション漫画。 作中では世界はおろか時間軸までをも超えた大冒険が描かれ、幾多の魅力的なキャラクターが物語に花を添えた。ここではその中でも人気の高い女性キャラクターを中心に紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】冥府の門(タルタロス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】冥府の門(タルタロス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中ではフェアリーテイル以外にも様々なギルドが登場する。その中でもバラム同盟の一角、冥府の門(タルタロス)と呼ばれる闇ギルドはほぼ全員がゼレフ書の悪魔・エーテリアスで構成されており、高い戦闘能力を持っている。ここではタルタロスに所属する登場人物・キャラクターを紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】主要な登場人物・キャラクターの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】主要な登場人物・キャラクターの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィなどが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。作中では多くの登場人物・キャラクターや魔法が登場し、ド派手なバトルが繰り広げられる。ここでは『FAIRY TAIL』の主要な登場人物・キャラクターの人物像や魔法を解説する。

Read Article

【FAIRY TAIL】剣咬の虎(セイバートゥース)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】剣咬の虎(セイバートゥース)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「剣咬の虎(セイバートゥース)」はX791年時点においてフィオーレ王国最強のギルドと言われており、中でも滅竜魔導士のスティングやローグ、ミネルバといった面々は実力が高い。

Read Article

【FAIRY TAIL】妖精の尻尾(フェアリーテイル)のS級魔導士、マスターの解説まとめ

【FAIRY TAIL】妖精の尻尾(フェアリーテイル)のS級魔導士、マスターの解説まとめ

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。ギルド「フェアリーテイル」にはS級と呼ばれる優れた魔導士が存在する。彼らは大変高い戦闘能力を誇り、主人公のナツですらS級のギルダーツには片手であしらわれる。ここではS級魔導士と、初代マスターであるメイビス、三代目マスターであるマカロフを紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】竜(ドラゴン)の解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】竜(ドラゴン)の解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。主人公のナツは竜(ドラゴン)である「炎竜王」イグニールから滅竜魔法や言葉、文化を教わった。また作中ではアクノロギアと呼ばれる漆黒の竜がかつて国一つを滅ぼしたとされ、とても強大な存在として描かれている。

Read Article

【FAIRY TAIL】大鴉の尻尾(レイヴンテイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】大鴉の尻尾(レイヴンテイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中ではフェアリーテイル以外にも様々なギルドが登場する。大鴉の尻尾(レイヴンテイル)は「フェアリーテイル」の元メンバーであるイワン・ドレアーが組織したギルドであり、物語当初は闇ギルドだった。対「フェアリーテイル」に特化しており、大魔闘演武ではルーシィやグレイを苦戦させた。

Read Article

【FAIRY TAIL】アルバレス帝国の登場人物・キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】アルバレス帝国の登場人物・キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。物語の後半ではナツたちがいるイシュガル大陸の西にあるアルバレス帝国との戦争が描かれる。アルバレス帝国の皇帝はナツの前に幾度となく現れたゼレフ。ゼレフはアルバレス帝国ではスプリガンと名乗り、スプリガン12と呼ばれる精鋭部隊を率いている。

Read Article

【FAIRY TAIL】青い天馬(ブルーペガサス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】青い天馬(ブルーペガサス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「青い天馬(ブルーペガサス)」は一夜という大変個性的な顔を持つキャラクターや美男美女が所属するギルドで、「フェアリーテイル」の主力が一時的に行方不明となった際は捜索に協力するなど、心根の良い者が多い。

Read Article

【FAIRY TAIL】エルザ・スカーレットの鎧まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】エルザ・スカーレットの鎧まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。登場人物・キャラクターの一人であるエルザ・スカーレットは「騎士(ザ・ナイト)」という換装魔法により自身の武器や衣服を一瞬で変化させることができる。ここでは作中で登場した彼女の鎧をまとめた。

Read Article

【FAIRY TAIL】登場人物・キャラクターの強さランキング【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】登場人物・キャラクターの強さランキング【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。主人公のナツやS級魔導士のエルザやラクサスをはじめ、作中には高い戦闘能力を持った登場人物・キャラクターが多くおり、度々ファンの間でも「最強は誰か」ということが話題になる。ここでは『FAIRY TAIL』での強さランキングを独断で決めた。

Read Article

【FAIRY TAIL】メイビス・ヴァーミリオンの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】メイビス・ヴァーミリオンの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。メイビス・ヴァーミリオンは「フェアリーテイル」の初代マスターの少女である。作中では思念体(幽霊)として登場し、カナに「妖精の輝き」を貸し与えたり、アクノロギアからの攻撃を「妖精の球」で守ったりなど、ギルドのメンバーを優しく導く姿が描かれる。

Read Article

【FAIRY TAIL】蛇姫の鱗(ラミアスケイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

【FAIRY TAIL】蛇姫の鱗(ラミアスケイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場し、作品を盛り上げている。「蛇姫の鱗(ラミアスケイル)」にはグレイの兄弟子であるリオンや偉大な魔導士として認定された「聖十大魔導」の一人、ジュラが所属している。

Read Article

目次 - Contents