FAIRY TAIL 鉄の森編から冥府の門編までの長編ストーリー&キャラクター達!

最初の長編「鉄の森(アイゼンヴァルト)」編~「冥府の門(タルタロス)」編までのストーリーと、アニメオリジナルストーリー。
そして、そこに登場したキャラクター達を一気に紹介!
「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」メンバーがこれまでに、どれほどの強敵達との戦いを強いられてきたかのおさらいです!

ジュビア・ロクサー

CV:中原麻衣

元「幽鬼の支配者」で「エレメント4」の一人。

事件後、自ら「妖精の尻尾」に入りたいと志願し加入した。

兎兎丸

CV:遠藤大輔

元「エレメント4」の一人。別名「大火の兎兎丸」。
刀を所持していて、火を操る魔導士。火であれば敵が放ったものだとしても自分の思うままに操ることができる能力を持っている。
ジュピターの部屋にてナツと交戦し、自らの能力で有利に戦っていたが戦闘中に彼が「制御返し」を習得しジュピターを破壊される。
その後、ギルドが超魔導巨人ファントムMkⅡに変形し乗り物酔いしたナツに止めを刺そうとするも
駆けつけたグレイに氷漬けにされ、エルフマンに投げ飛ばされ敗北。

事件後は自らの魔法教室を開いており、マカオの息子・ロメオも生徒の一人。
ロメオによると、彼の前でナツの話をするのは禁句らしい。また、新しい道を歩み始めたことをガジルに喜ばれている。

ソル

CV:関口英司

「エレメント4」の一人。別名「大地のソル」。
「妖精の尻尾」との抗争ではエルフマンと交戦。
彼のトラウマを突き有利に戦うも捕まっていたミラを見てトラウマを克服され
最終的には全身接収したエルフマンに敗北。

ボーズ

CV:後藤ヒロキ

アニメオリジナルキャラクター。「幽鬼の支配者」の一員。
音の魔法を使う。普段はスーと行動を共にしているがカジルとスーの3人で隠れ家にいたルーシィとリーダスを襲撃した。
事件後も何度か登場している。

スー

CV:滑川恭子

アニメオリジナルキャラクター。「幽鬼の支配者」の一員。
ミラーマジックを使う。普段はボーズと行動を共にしているがカジルとボーズの3人で隠れ家にいたルーシィとリーダスを襲撃した。
事件後も何度か登場している。

楽園の塔編

ロキ(レオ)からアカネリゾートのチケットをもらい、行くことになったナツ達、しかしそこでエルザの昔の仲間に遭遇しエルザが連れて行かれてしまう。
連れて行かれた先はかつて奴隷として働かせられていた楽園の塔だった。そこには塔の支配者として君臨するジェラール。
エルザの過去やジェラールとの因縁が明かされる。

ジェラール・フェルナンデス

楽園の塔編のときのジェラール

CV:浪川大輔

ショウ

CV:下野紘

エルザのことを「姉さん」と呼び、慕っている。
エルザが自分達のことを裏切ったと思い、真実を知らないまま復習を誓った。だが、シモンから真実を聞かされジェラールを憎みエルザを守ろうと
行動を起こすも三羽鳥の一人、斑鳩と交戦、負傷し、敗れる。
事件の後エルザに「妖精の尻尾」に誘われるが“外”の世界を見たいとミリアーナ、ウォーリーと共に旅立った。

シモン

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「FAIRY TAIL」は、2006年より「週刊少年マガジン」にて連載が開始された真島ヒロによる漫画作品。 一人前の魔導士を目指す少女「ルーシィ」はひょんなことから、炎を操りそして炎を食べる滅竜魔導士「ナツ」と出会い、魔導士ギルド「妖精の尻尾」に加入することに。迫力的な魔法バトルと魔導士としての彼らの成長を描くファンタジー作品。「絆」を軸とした、心の熱くなるセリフの数々が魅力の一つである。

Read Article

目次 - Contents