漫画、アニメの「異種族混血」キャラ

Dragon ball 75

たまにいますね。人間と、そうでない存在との間に生まれたという特殊な生い立ちを持ったキャラ。そんなキャラをまとめました。

孫悟飯、悟天(『ドラゴンボール』シリーズ)

父:孫悟空(サイヤ人)
母:チチ(地球人)
混血としての特性:サイヤ人の特徴である「しっぽ」を持って生まれることもあり、満月を見れば「大猿」になり、スーパーサイヤ人にもなる。生まれつき、純粋なサイヤ人よりも戦闘力が高いとされており、「いきなり」スーパーサイヤ人になったケースも。作中確認された個体は、あまり好戦的でない。

O0472071612925594154

悟天のしっぽはどうしたんでしょうか・・・。

最強の兄弟ですね。修行さぼらなければ。でも元々悟飯は戦うの好きではないし、悟天もまだ子供ですし。(超の段階では。悟空は純サイヤ人なので戦い好きで強くなりたがってたのは頷けますが)悟飯がセル戦で「あんな奴はもっと苦しめてやる」とか言ってましたが、まあ子供だからしょうがない・・・なんて言ってられるレベルじゃありませんね。根っこのサイヤ人部分が目覚めちゃったんでしょうか。

トランクス(『ドラゴンボール』)

父:ベジータ(サイヤ人)
母:ブルマ(地球人)

Gs dbt 15

この子もしっぽ・・・なかったのか、とっちゃったのか。

「いきなり」スーパーサイヤ人になった人パート2です。ただしこれは平和な世界での話。悟空が心臓病で倒れた未来では、哀しい引き金がありました・・・。

雪と雨(『おおかみこどもの雨と雪』)

父:彼(狼男)
母:花(人間)
混血としての特性:生まれた時は人間だし、基本的に人間。しかし、感情が高ぶったりすると狼人間、もしくは完全な狼となる。幼児期はまだコントロールしきれず、ちょっとしたことで狼人間の特徴が出たり、子犬のように家具をかじったりしていた。

7539bc3c01d0 ebeb 45a7 a006 1e89cc8e2b61 m

元々お父さんが狼男、というかニホンオオカミの血を引く狼人間で、花の通う大学に時々やってきては授業を受けていた聴講生といった感じでした。何ていうか、「子供を持つこと」の覚悟を感じさせますね。二人が生まれるところやら、幼少期やら。学校に行かせてない、とのことで虐待は疑われるし、病気やけがの時に医者にも診せられない。病気になった時は小児科、動物病院両方に相談してました。成長に従って姉の雪は「友人」を傷つけたことも含めて、思い悩むようになりますし。

犬夜叉(『犬夜叉』)

父:化け犬の大将(妖怪)
母:十六夜姫(人間)
混血としての特性:作中では「半妖」と呼ばれる。人間、妖怪両方から疎まれ蔑まれる存在の上、月に一度、決まった日に「完全な人間」になってしまう。そうなると、妖怪としての特性はまるでなくなり、戦力も落ちる。

純粋な妖怪の「兄」を登場させることで、半妖としての強みも弱みも知ることができましたね。大概の半妖は肩身の狭い思いをしているようですが、知ってて何で恋に落ちる人間と妖怪がいるんでしょうか。作中で半妖の子を持つ老婆が言っていました「何も悪いことはしてない」。至言です。好きになった相手が、たまたま人間、妖怪だったというだけなんですね。子供からしたらたまったもんじゃないですけど。

沙悟浄(『最遊記』)

父:妖怪
母:人間
混血としての特性:毛髪と瞳が赤いため、一目でそれと分かる。また、子供を持つことができない。

Gojyo illust

髪の毛邪魔そう・・・。敢えて伸ばしてるんでしょうか。

父親の妻から虐待されてました。本来の奥さんではない人との子なんですね、悟浄さん。元々「禁忌の存在」な上、亭主が他の人との間に儲けた子供世話しろって言われて愛情注げる女性はまずいないかと・・・。それでも義母に気に入られようとする子供時代の描写が痛ましかったです。今じゃあすっかり豪放磊落、女好きなお兄さんですが。

クラーケン(『自由人HERO』)

父:竜王(龍人)
母:ビーナス姫(海人)
混血としての特性:七つの世界中、龍人のみ他種族との恋愛そのものが禁忌とされる。生まれた子は「呪い子」とされる。

Manga0001 2008 12 28t07 42 49 1

幼少時から幽閉されて、世界を恨むよう仕向けられました。同じ出自を持つ祖母海王によって。しかし両親の真意を知って改心、仲間となったようです。ツンデレですけども。龍人(たつびと)としての血の方が濃いそうです。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

NEW

ドラゴンボール(DRAGON BALL、DB)シリーズの超サイヤ人まとめ

『ドラゴンボール』とは鳥山明による漫画及びそれを原作としたアニメ作品である。世界に散らばる七つのドラゴンボールを探す冒険活劇から、主人公孫悟空らのバトルに重きを置いた作風にチェンジすることで世界的な人気を獲得。中でも悟空も含めた戦闘民族サイヤ人の変身形態、超(スーパー)サイヤ人は外見的特徴や戦闘力の高さから当時のファンに衝撃と興奮を与えた。超サイヤ人は、今尚シリーズの人気を誇る理由の一つである。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の名言・名セリフまとめ

鳥山明による日本の漫画作品。略称は「DB」。 西遊記をモチーフにした中国風の世界にSFの要素を取り入れた独特の世界観を形成している。 長期連載と作者の鳥山明のセンスが相まって、様々な名言を生み出しており、これらの名言は、インターネットはもちろんのこと、様々なエンターテインメント作品に影響を与えている。

Read Article

『ドラゴンボール』孫悟空の一族まとめ

『週刊少年ジャンプ』に掲載されて、ほんの11年ほどで世界的人気を誇った『ドラゴンボール』。戦闘力やらアニメ、映画、ゲームのオリジナル設定等により「パラレル多すぎやろ!」と言われつつも愛される今作品。冒険要素やバトル要素ももちろんですが主人公孫悟空のキャラが人気を支えた一つの要素なんでしょうね。そこで、彼とその一族についてまとめました。

Read Article

味方になった途端に弱体化したジャンプキャラまとめ

味方になった途端に弱体化するキャラクターは、当然あるあるネタですよね。アニメや漫画、ゲームでも、裏での調整が入った結果、下手をすれば主力メンバーから干されて、永遠に待機キャラor回復専用なんてことも多々あります。そんな事実がある中、今回はジャンプキャラにしぼって、その悲しい現実をイラストつきでまとめてみました。

Read Article

今年で30周年の1986年のアニメ作品10本

今年2016年は、「聖闘士星矢」「ドラゴンボール」などの作品の、30周年にあたる。アニメも含め少年ジャンプの黄金時代と言えるだろう。一方で、リアルロボットアニメを中心としたアニメブームは終わり、オリジナル作品は衰え、「ジ・アニメ」「マイアニメ」といったアニメ誌が廃刊していくという時代でもあった。そんな時代を代表する、10本の作品を選んでみた。

Read Article

「ドラゴンボール」の公式戦闘力まとめ!超高から超低キャラ勢揃い!!

世界中で大人気の「ドラゴンボール」。ここ最近では、様々な話題でネットやファンたちを驚かせています。そんな中、今回注目してみたのは、その度々登場する《戦闘力》。特に初期の頃には、その戦闘力はほぼほぼ絶対的数値で、それが低いキャラは高いキャラに勝つ事など出来ませんでした。しかしよく見てみると、いろいろ爆笑ネタが詰まっていたので、まとめてみました。

Read Article

《クイズもあるよ!閲覧注意》世にも奇妙なアニメ・漫画の奇怪イラストたちw

アニメや漫画をよく見てみると、一部映像や背景、絵コンテ、そしてキャラクターの異常さなど、とにかく奇怪なシーンが結構あるものです。人間仕様なのに間接がおかしかったり、脇にいるからと油断しているときの逝っちゃってる顔、その他不気味な絵と様々あります。今回はそんな世にも奇妙なイラストたちを、様々な作品から集めてみました。

Read Article

一体全体ダレトクナンダ?『恐怖に震えるベジータ』が色々と気の毒すぎる。

現在放映中の『ドラゴンボール超』は、1986年にアニメ化した「ドラゴンボール」のリメイク作品です。すでに30年来といった根強いファンも多く、その関連グッズも多岐に渡り色々なものが発売されていました。ところが、バンダイから販売される『DRAGON BALL Z』HGフィギュア「恐怖に震えるベジータ」が発売されたことで、ベジータが色々と気の毒なことになっていたのをご存知でしょうか?

Read Article

【ワクワクすっぞ!!】かめはめ波は実際に撃てるの?

1983年に原作マンガの連載が開始し、現在でもゲームの発売や劇場版の上映、アニメ最新作「ドラゴンボール超」が放映されるなど、もはや知らない人はほぼいないと思われる国民的人気マンガ「ドラゴンボール」ですが、中には「かめはめ波って実際に撃てるの?」と言う人もいるのではないでしょうか?そこで今回は科学的な視点からかめはめ波は撃てるのか、様々な情報を元にまとめていきたいと思います。

Read Article

独断と偏見による『ドラゴンボールGT』「邪悪龍」がもし味方だったら?

『ドラゴンボール超』が放送中ですね。さて、20年ほど前、『ドラゴンボールZ』の後日譚である『ドラゴンボールGT』が放送されていました。評判については・・・個人的には面白かったんですけどね。特に、最重要アイテム「ドラゴンボール」から現れる「龍」が敵になってしまうアイディアとか・・・まあ確かに残念な感じが漂ってるんですよね・・・案外味方だったらいい活躍したかなあ、と思いまとめてみました。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

最近のコミケの最高峰クオリティのコスプレまとめ

コミケいってますか?コミケことコミックマーケットは毎年夏(8月)と冬(12月)の2日間開催される日本のポップカルチャーイベントです。会場では限定グッズやオリジナル商品、そして同人誌や同人グッズなど様々な限定商品を購入することができます!そしてもちろん!その会場に訪れるコスプレイヤーも忘れてはいけません!

Read Article

ドラゴンボール永遠のライバル!べジータのパパっぷりが面白いオススメTwitter!

ドラゴンボールの主人公・孫悟空の永遠のライバルと言えばやっぱりべジータ! 惑星べジータの王子として誇り高いべジータが、もしも家庭では子煩悩な親馬鹿だったら? そんな妄想を全力で漫画にして我々を楽しませてくれる方がTwitterにいらっしゃるので、是非ともご紹介したいと思います。

Read Article

《悲報》アニメ「ドラゴンボール超」で垣間見える作画崩壊まとめ

大人気アニメ「ドラゴンボール」の最新作「ドラゴンボール超」ですが、ところどころになにか違和感を覚える今日この頃です。そうです。実は、「ドラゴンボール超」には、至る所で作画崩壊を起こしていたのです(笑)。作画崩壊は、イラストがどこかおかしかったり、顔がイカレていたり、思わず疑問符を抱かずにはいられないものまで、とにかく多種多様なのです(恥ずかしながらw)!

Read Article

彩り鮮やかでより美しく!カラーで描かれたドラゴンボールのファンアートまとめ(前編)

度々ご紹介しているミイコさん(@miicooochan)のドラゴンボールのファンアート。どれも柔らかいタッチの絵柄で温かい雰囲気のある素敵なイラストでしたよね。 今回はミイコさんに再びご許可を頂きまして、Twitterで公開されている投稿の中からカラーイラストを厳選してご紹介!柔らかい絵柄に色彩が宿る事でさらに魅力的になるミイコさんのファンアートをお楽しみ下さい☆

Read Article

もはやオワコン!?「ドラゴンボール」のカオス画像・ネタまとめ

最近の「ドラゴンボール」は、いろんな意味で話題となり、もはやカオス状態にあるといっても過言ではないかもしれません。特にオワコン化しているのが、アニメ。作画崩壊はもちろんのこと、近年では最新作を放送するたびにファンから罵詈雑言を浴びることは間違いなし。極めつけは、原作者の鳥山明先生ですら興ざめしてしまうほど、とにかく、もはや「ドラゴンボール」はオワコン化しているのです。

Read Article

僕らの永遠の主人公!孫悟空のTwitterでしか見れない家庭での素朴な素顔のファンアート(前編)

前回大好評だったベジータに続き、今度はドラゴンボールの永遠の主人公!孫悟空の原作では見れない貴重な家庭的な姿を描いたファンアートをご紹介したいと思います。 ファンアートを描いていらしゃるのは前回と同じくミイコさん(@miicooochan)。ミイコさんの優しい絵柄で描かれた孫悟空の愛らしいファンアートを是非ご覧下さい!

Read Article

目次 - Contents