荼毘/轟燈矢(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

荼毘/轟燈矢(だび/とどろき とうや)とは、『僕のヒーローアカデミア』に登場する敵役のヴィラン連合に所属する人物である。彼の個性は青い高火力の炎を出すことができる。ヒーロー殺しの異名を持つステインの思想を受け継ぐために、ヴィラン連合に途中加入した。そして、冷静で狡猾な性格を活かして、ヴィラン連合では主に単独行動を好む。敵対するヒーローはもちろん味方にさえも本名を明かしていなかった。しかし、超常解放戦線でその本名は「轟燈矢」だと判明した。これは、雄英高校1年A組の轟焦凍の兄であることを意味する。

荼毘/轟燈矢のプロフィール・人物像

生年月日:1月18日
個性:蒼炎
身長:176㎝
担当声優:下野紘(その他出演アニメ:我妻善逸『鬼滅の刃』、鏑木一差『弱虫ペダル』)

荼毘/轟燈矢(だび/とどろき とうや)とは、『僕のヒーローアカデミア』に登場する敵役のヴィラン連合に所属する人物であり、エンデヴァー一家の長男でもある。本名は轟燈矢(とどろき とうや)。彼の個性は「蒼炎」と呼ばれており、赤い炎より火力の高い蒼い炎を出すことができる。この炎は父であるプロヒーロー「エンデヴァー」の火力をも超える。しかし、熱さに弱い母親、轟冷(とどろき れい)の体質を持ってしまったことで、自身の個性の火力に耐えることができない。その証拠に、荼毘の全身には多くの火傷跡や縫い目が見られる。オールマイトを超えるヒーローを生み出すために、個性婚を行ったエンデヴァーからすると、母の体質を持つ荼毘は、いわゆる失敗作であった。そのため、彼はエンデヴァーに見捨てられてしまう。
その後、ヒーロー殺しの異名を持つステインの保須市のヒーロー襲撃事件に影響を受け、ヴィラン連合にトガヒミコらと共に途中加入する。人物紹介の都合上、もうすでに本名を明かしているが、実際は、超常解放戦線編まで本名を明かすことがないため、謎の多い存在である。彼の最初の行動は、雄英高校の林間合宿を襲撃する回である。冷徹で、狡猾な性格をしている荼毘は、森を燃やし雄英高校側の行動を制限したり、複製によりA組担任相澤消太をかく乱するなど、主要な役割をこなし、A組生徒の爆豪勝己の誘拐に成功する。爆豪勝己奪還のため、オールマイトをはじめとするプロヒーローたちの襲撃を受けたヴィラン連合は潜伏のため全国各地にバラバラに身を潜める。
その間に、個性を消す新薬を開発していた死穢八斎會(しえはっさいかい)の組長オーバーホールたちと緑谷出久のインターン先サー・ナイトアイたちの戦いが始まる。結果的に、ヒーロー側がオーバーホールとその新薬を抑えることに成功した。しかし、その新薬を狙っていた荼毘たちヴィラン連合は、護送中のオーバーホールを襲撃し、新薬の回収に成功する。
そして、陰でヴィラン連合の計画は進み、感情を持たない人型兵器、「ハイエンド脳無」の作動実験を任された荼毘は、実験相手になる父エンデヴァーとの闘いに脳無を繰り出す。オールマイトが退いた後の実質ナンバー1ヒーローであるエンデヴァーをもってしても、この強化版脳無は苦戦を強いられた。この頃から、プロヒーロー「ホークス」と関わるようになるが、ホークスはヒーロー側のスパイである。疑り深い荼毘はホークスをなかなか信用していない。そして、個性乱用を制限する政府に反して、個性の強さこそが社会的地位に繋がる社会を実現する目的を持つ異能解放軍との戦い(再臨祭)も始まってしまう。異能解放軍にとって、ヴィラン連合は思想違いの邪魔な存在であった。その戦いの中で、荼毘は氷を操る「外典(げてん)」と対面することになる。荼毘は、この外典が強敵であることを悟り、自身の最大火力で個性を使うことになるが、その火力の影響で、皮膚が焦げてしまう。これは長く戦えないことを意味する。
その後、ヴィラン連合のリーダー、死柄木弔(しがらき とむら)が覚醒し、異能解放軍リーダーのリ・デストロを倒す。この決着により、異能解放軍はヴィラン連合に服従し、超常解放戦線という1つの巨大組織に発展する。ここから、超常解放戦線VSヒーローの壮絶な戦いが始まる。味方であるトゥワイスがスパイであるヒーローホークスに追い詰められていたところに、荼毘は登場する。結果的に、トゥワイスは死んでしまうが、蒼炎によりホークスの片翼を燃やすことに成功し、戦線離脱の致命傷を負わせた。

荼毘/轟燈矢の能力

個性:不明

掌から青色の炎を出すことができる。

『僕のヒーローアカデミア』の作中では正確な個性の名前は付いていない。しかし、異能解放軍の外典から、「蒼炎」の個性と呼ばれている。
その名の通り、体から蒼い炎を出すことができる。父であるエンデヴァーの炎より火力が高いが、母親である轟冷の熱に弱い体質が遺伝しており、長時間の個性発動は厳しい。実際に、異能解放軍の外典(げてん)との戦いでは、個性を使ったあと、皮膚が焦げている様子がうかがえた。

荼毘/轟燈矢の来歴・活躍

ヒーロー職場体験(ステイン襲撃事件)

ステインの意思を継いでいる荼毘。

荼毘が作中に初登場するのが、ステイン襲撃事件の後である。各地でヒーローが襲われる事件が発生し、その犯人はヒーロー殺しの異名を持つステインであった。彼は「英雄回帰」という思想のために世の中を正そうとしていた。結果的に、雄英高校1年A組の緑谷、轟、飯田の3人に倒され、逮捕される。その後、ステインの思想はマスコミで拡散され、影響されるヴィランが増加した。荼毘もその1人である。そして、ステインの思想を受け継ぐべく、ヴィラン連合へ加入することになる。このステインをきっかけにヴィラン連合には、荼毘の他に、トガヒミコ、トゥワイス、スピナーなど後に連合の主要メンバーとなる人物が加入することとなった。加入当初は、ヴィラン連合に大義があるのか疑ったり、リーダーである死柄木に対して反発するなど周りと孤立していた。しかし、その冷静で、固執しない性格を買われることになる。

林間合宿編

自らの個性によって、雄英高校生徒の分断をたくらむ。

雄英高校1年ヒーロー科は、個性強化やヒーロー訓練のために、林間合宿を行う。課外活動中のヴィラン襲撃を避けるべく、極秘の場所での活動となった。しかし、その情報を手に入れていたヴィラン連合は1年A組の爆豪勝己を仲間にしようと誘拐を企てる。その計画を実行した「開闢行動隊(かいびゃくこうどうたい)」の指揮を執るのが荼毘である。この開闢行動隊はステイン襲撃事件後に、ステインの思想に影響を受けたヴィランで構成されている。荼毘ははじめ、トゥワイスの個性「二倍」により複製された姿で、雄英高校教師である相澤消太を襲う。複製であったためすぐに倒されてしまうが、教師と森の中にいる生徒の分断に成功した。その後は、荼毘専用の人型ヴィラン「脳無」を森に放つなど、雄英高校生徒を危険にさらした。ここで、A組の轟焦凍と対面し、「哀しいなぁ、轟焦凍」と意味深な発言をする。これは後に、荼毘が轟焦凍の兄、轟燈矢であることの伏線になっている。爆豪勝己の誘拐計画の方は、味方のコンプレスやトゥワイスなどの活躍により成功に終わった。

オールマイトVSオール・フォー・ワン

オールマイトたちプロヒーローの襲撃を受ける荼毘たちヴィラン連合

爆豪勝己の誘拐後、ヴィラン連合の本拠地に戻る。その間に、生徒を誘拐された謝罪会見を雄英高校が行うなど、社会が混乱している様子からヒーローによる救出にはまだまだ時間がかかると予想していたヴィラン連合だった。しかし、その裏をかいたオールマイトたちプロヒーローは、ヴィラン連合の本拠地に乗り込み、制圧に成功する。死柄木弔をはじめとするヴィラン連合は個性を使うことも封じ込まれ、絶体絶命のピンチであった。ヒーロー側も勝利を確信していた。何物かの個性の襲撃をくらい、爆豪勝己とヴィラン連合がその場から消えてしまう。その襲撃を行ったのがヴィラン連合の黒幕、オール・フォー・ワンであった。彼のおかげで、荼毘たちは助かったが、オールマイトとの激しい戦闘でオール・フォー・ワンは倒され、爆豪勝己も逃してしまうこととなった。

死穢八斎會(しえはっさいかい)編

護送中のオーバーホールの襲撃に成功するヴィラン連合。

ヴィラン連合のもとに、ヤクザ組織「死穢八斎會(しえはっさいかい)」の若頭、オーバーホールが現れる。彼の目的は、ある計画のために、ヴィラン連合を自らの組織に誘うことであった。そこでは、ヴィラン連合のマグネが殺され、怒りをあらわにした死柄木たちだった。しかし、ヴィラン連合はある企みのため、結局協力することになる。オーバーホールの計画とは、個性を持つ者の個性を消す新薬の開発、流通であった。その恐ろしい計画を知った緑谷たちは、プロヒーローたちとチームを組み、死穢八斎會のアジトに乗り込む。そこでは、オーバーホールの手下である八斎衆(はっさいしゅう)との戦いになる。その戦いにヴィラン連合のトガヒミコ、トゥワイスが死穢八斎會の助っ人として参加していた。しかし、オーバーホールによって仲間のマグネが殺されていたこともあり、ヴィラン連合側はオーバーホールを裏切ることになる。トゥワイスとトガの策略によってヒーローたちはオーバーホールのもとに誘導され、結果としてオーバーホールは緑谷出久に倒され、捕まることになる。
その後、オーバーホールはプロヒーロー護衛のもと、新薬と共にヴィランの収容所に移送される。その隙を狙っていた荼毘たちヴィラン連合は、プロヒーロー、オーバーホールを撃退し、新薬を手に入れることに成功する。ヴィラン連合がオーバーホールと協力した真の目的は、この新薬にあった。

ハイエンド脳無VSエンデヴァー

エンデヴァーに接触し、あたかも初対面のような口ぶりで話す荼毘。

オール・フォー・ワンの協力者である「ドクター」から今までの脳無とは違うハイエンド脳無の実験を任された荼毘は、九州の街にハイエンド脳無を放つ。そこに居合わせたのは、ナンバー1ヒーローになったばかりのエンデヴァーだった。強敵を求める意思を持っているハイエンド脳無はエンデヴァーに標的を定め、激しい戦闘となる。この脳無は、個性を6つ保持している強個性の改造人間である。そのため、エンデヴァーをもってしてもピンチに追いやられる。しかしナンバー2ヒーローのホークスの助力もあって巻き返し、エンデヴァーは全身全霊のパワーによって、ハイエンド脳無を打ち倒す。
ハイエンド脳無を倒したエンデヴァーの前に荼毘は現れ、「はじめましてかな?エンデヴァー」と発言する。ここでは、エンデヴァーは荼毘の正体が息子の燈矢であることに気付かない。

異能解放軍編

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のネタバレ解説・考察まとめ

『僕のヒーローアカデミア』とは、堀越耕平が『週刊少年ジャンプ』で連載している漫画、及びそれらを原作とするアニメ、ゲーム作品。舞台は多くの人が超常能力「個性」を持つことが当たり前の世界。そこでは個性を悪用する敵(ヴィラン)を取り締まる「ヒーロー」が憧れの存在となっていた。ヒーローを夢見る少年、緑谷出久は何の能力を持たない「無個性」だった。これは出久が「最高のヒーロー」になるまでの物語である。

Read Article

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のヴィランまとめ

『僕のヒーローアカデミア』とは、堀越耕平による漫画作品である。ジャンプの看板作品であり、アニメやゲームなど様々なメディアミックスが製作されている。 人類の8割が『個性』と呼ばれる特殊能力を持つ人間として生まれる『超人社会』で、緑谷出久はプロヒーローを目指していた。出久は個性を持っていなかったが、No.1ヒーローであるオールマイトに認められ、彼の個性を継承し、プロヒーローを目指す。 ヒーローと敵対し、平和を乱すものが『ヴィラン(敵)』である。本作では様々な個性的なヴィランが登場する。

Read Article

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の必殺技まとめ

『僕のヒーローアカデミア』とは、『週刊少年ジャンプ』で連載されている、堀越耕平による漫画作品。 世界総人口の約8割が何らかの特異体質、「個性」を持つ社会。No.1ヒーロー・オールマイトが笑顔で人々を助ける姿に憧れた主人公・緑屋出久は、ヒーロー養成の名門・雄英高校で「最高のヒーロー」を目指す。 主人公やクラスメイトだけではなく、同学年の他クラス、先輩、他校生、プロヒーロー、そして敵となるヴィランたちなど、多くのキャラクターが登場し、多彩な必殺技を披露する。

Read Article

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の個性まとめ

『僕のヒーローアカデミア(My Hero Academia)』は『週刊少年ジャンプ』で連載されている、堀越耕平による漫画作品。 世界総人口の約8割が超常能力「個性」を持つ世界において、主人公「緑谷出久」はそれを持たない「無個性」と呼ばれる存在だった。しかし憧れの「ヒーロー」を目指す彼はある時、No.1ヒーローである「オールマイト」からその個性を継承される。本作には様々な「個性」を持ったキャラクターが存在する。

Read Article

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『僕のヒーローアカデミア』は、堀越耕平による漫画作品。 世界の約8割が「個性」と呼ばれる異能を持つようになった超人社会。「個性」を悪用する「敵(ヴィラン)」を取り締まる「ヒーロー」に憧れた「緑谷出久」はある日、トップヒーロー「オールマイト」と出会った。彼の「後継者」として緑谷は育てられ、ヒーローを目指す日々が始まる。「ヒーロー」という存在の本質や心意気に言及した熱い名言が数多い。

Read Article

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『僕のヒーローアカデミア』とは、堀越耕平による人気ヒーロー漫画である。アニメは2016年からボンズによって製作されており、このほかOVA化や劇場アニメ化も行われている。この記事では、『僕のヒーローアカデミア』のテレビアニメ・劇場版アニメで使用されたオープニング・エンディング主題歌、挿入歌を一挙に紹介していく。

Read Article

死柄木弔/志村転弧(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

死柄木弔/志村転弧は『僕のヒーローアカデミア』に登場する敵(ヴィラン)。序盤は敵連合のリーダーとして登場する。その後、異能(個性)の開放を目的に据えている異能解放軍との抗争を経て、合体、組織名を超常開放戦線と変え、最高指導者となる。祖母に七代目ワンフォーオール継承者志村菜奈を持つが、幼少期のある出来事からヒーロー達を酷く嫌っている。個性は五指で触れたものを粉々にする「崩壊」。後に、直接触れていないものにも効果の範囲を広げた。さらにドクター/殻木球大による手術の結果、複数の個性を持つようになった。

Read Article

心操人使(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

心操人使(しんそうひとし)とは、僕のヒーローアカデミアシリーズの登場人物で、物語の舞台となる雄英高校の普通科に通いつつ、ヒーローを目指す男子生徒。彼は「自分の個性を人助けに生かしたい」というヒーローへの純粋な憧れを抱いており、雄英高校のヒーロー科を受験したが結果は不合格。それでもその夢を諦めず、ヒーロー科への編入を目指している。紫色のオールアップの髪型と濃い隈が特徴的で、気怠げな雰囲気をしている。

Read Article

ホークス/鷹見啓悟(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

ホークス/鷹見啓悟(たかみけいご)とは『僕のヒーローアカデミア』に登場する、プロヒーロー。18歳でプロヒーローデビューを果たし、その年の下半期にはビルボードチャートトップ10入りした。実力と人気を兼ね備え、オールマイト引退後は順位を2位に上げた。飄々とし掴みどころがない性格でありながら、個性「剛翼」を駆使した素早い活動に市民からの信頼は厚い。ヒーロー公安委員会からの依頼により、敵連合の元で潜入捜査を行った。

Read Article

ファントムシーフ/物間寧人(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

ファントムシーフ/物間寧人(ものまねいと)とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校ヒーロー科1年B組に所属するヒーロー志望の高校生で、個性は触れた人物の個性を5分間使うことができる「コピー」。学年が始まってすぐに敵(ヴィラン)連合に襲撃される、というトラブルに見舞われて世間から注目されることになったA組に嫉妬混じりの強い対抗心を抱いており、言動が行き過ぎることが多く、そのたびにクラス委員長の拳藤に手刀を食らわされている。

Read Article

インゲ二ウム/飯田天哉(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

インゲ二ウム/飯田天哉とは、主人公(緑谷出久)が在籍する雄英高校ヒーロー科1年A組の学級委員長である。彼の個性は、「エンジン」。ふくらはぎに爆速を可能とするエンジンが付いており、驚異的なスピードを出すことができる。兄であるプロヒーロー飯田天晴に憧れ、雄英高校に進学した。のちに、兄のヒーロー名「インゲ二ウム」の名前を受け継ぐ。個性豊かな1年A組をまとめる委員長にふさわしく、規律を重んじ、誠実な性格の持ち主である。それにより、クラスメイトからの信頼も厚い。

Read Article

デク/緑谷出久(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

デク/緑谷出久(みどりや いずく)とは、「僕のヒーローアカデミア」に登場する主人公だ。人類の8割が何らかの超能力「個性」を持って生まれるこの社会で、彼は超能力を持たない「無個性」であった。無個性にも関わらず、ナンバー1ヒーロー、オールマイトに憧れる。周囲からはヒーローになれないと批判される。しかし、諦めない緑谷は、オールマイトとの出会いでヒーローへの道を進むこととなる。そして、ヒーロー育成の名門、雄英高校でのヒーロー活動生活が始まる。

Read Article

サンイーター/天喰環(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

サンイーター/天喰環(あまじき たまき)とは、『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校3年生のヒーロー候補生で、個性は食べたものを体に再現する「再現」。雄英ビッグ3の1人として数えられ、その実力はプロヒーローのファットガムも認めるほど。しかし、極度の緊張しいであり緑谷たちのクラスに自己紹介をする時ですら、壁に向いて「帰りたい」とつぶやくほどであった。中学生の時は個性をろくに扱えなかったが、雄英での3年間とプロヒーローへのインターンを経てビッグ3と呼ばれるまでになった。

Read Article

バトルフィスト/拳藤一佳(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

バトルフィスト/拳藤一佳(けんどういつか)とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校ヒーロー科1年B組に所属するヒーロー志望の高校生で、個性は拳を巨大化する「大拳」。突出したリーダーシップを持つ姉御肌で、B組のクラス委員長だ。A組への対抗意識が強すぎるあまりに暴走しがちな物間のストッパーでもある。職場体験に行ったヒーロー事務所でヘアスプレーのTVCMに出たことでファンがつき、秋の文化祭ではミスコンにも出場した。

Read Article

大・爆・殺・神ダイナマイト/爆豪勝己(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

大・爆・殺・神ダイナマイト/爆豪勝己(ばくごう かつき)とは、雄英高校1年A組に所属する生徒である。彼の個性は、「爆破」。掌の汗腺からニトロ物質を出し、自在に爆破させることができる。幼いころから個性と身体能力は優れており、将来を有望視されていた。本人自身も、ナンバー1ヒーロー、オールマイトを超えるヒーローになると宣言している。しかし、その気持ちが強すぎる影響で、度重なる暴言や暴走を繰り返し、周りのクラスメイトや教師を困らせる問題児でもある。 主人公の緑谷出久とは幼馴染であり、ライバルである。

Read Article

ショート/轟焦凍(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

ショート/轟焦凍(とどろきしょうと)とは、『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校1年A組の生徒である。彼の個性は、「半冷半燃」。氷と炎を自在に操ることができる。A組の中でもトップクラスの実力の持ち主だ。彼の父親は、オールマイト引退後のナンバー1ヒーロー、エンデヴァーである。幼いころから、家族に対しての虐待や表では言えない教育が行われてきた。そのため、轟は父親のことを良く思っておらず、父親から遺伝した炎の個性を使おうとしなかった。しかし、周囲の影響を受け、徐々に父親との距離を縮めようとする。

Read Article

スパイラル/回原旋(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

スパイラル/回原旋(かいばらせん)とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校ヒーロー科1年B組に所属するヒーロー志望の高校生で、個性は体中がドリルのように高速回転する「旋回」。個性派ぞろいのB組の中で「地味担当」と言われるポジションを確立しており、ツッコミ担当でもある。流されやすい性格だが意見がないわけではなく、自分より秀でた者の意見を尊重するスタンスを持っている。賛成できないときははっきりNOと言う。

Read Article

ベンタブラック/黒色支配(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

ベンタブラック/黒色支配(くろいろしはい)とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校ヒーロー科1年B組に所属するヒーロー志望の高校生で、個性は黒色のものなら何にでも溶け込める「黒」。個性に似たところのあるA組の常闇をライバル視しており、言動も似ている。女子と話すのが苦手で女子に話しかけられると「俺に気があるのか?」と考える癖がある。クラスメイトの小森のことが気になってしょうがないが、小森は黒色のことが全く気にならない。

Read Article

ルール/小大唯(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

ルール/小大唯(こだいゆい)とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校ヒーロー科1年B組に所属するヒーロー志望の高校生で、個性は触れた物の大きさを変える「サイズ」。ほとんど口をきかず、何事にも動じない。肝が据わっているのか、単にあらゆる物事に無関心なのかは不明だ。中学生の頃から男子生徒に絶大な人気を誇る美少女だが、本人は一切関心がなく、ファンクラブが結成されていたことにすら気付かずに卒業した。

Read Article

NEW

オールマイト/八木俊典(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

オールマイト/八木俊典(やぎ としのり)とは、『僕のヒーローアカデミア』に登場するナンバー1ヒーローである。人類の約8割が何らかの個性を持って生まれてくるこの世の中で、個性を使った犯罪が増えていた。オールマイトは、その犯罪から人々を助けるべくヒーローになり、平和の象徴となった。そして、オールマイトの存在が犯罪の抑止力となっていた。彼の個性は「ワン・フォー・オール」と呼ばれる代々受け継がれてきた個性である。そして、その個性は、緑谷出久という少年に受け継がれることとなる。

Read Article

マッドマン/骨抜柔造(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

マッドマン/骨抜柔造(ほねぬきじゅうぞう)とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校ヒーロー科1年B組に所属するヒーロー志望の高校生で、個性は触れたものを柔らかくする「柔化」。地形を沼のように変えて敵の機動力を削ぐ戦法を得意とする。B組の推薦入学者のひとりで、どんな状況にも即座に対応する柔軟な思考力が武器。めったに取り乱さない冷静な性格だが、負けず嫌いで向上心が強い。

Read Article

シーメイジ/小森希乃子(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

シーメイジ/小森希乃子(こもりきのこ)とは、とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校ヒーロー科1年B組に所属するヒーロー志望の高校生で、個性は体から様々な胞子を飛ばしてどんな場所にでも瞬時にキノコを生やす「キノコ」。いたずら好きな性格で、キノコが大好き。アイドルヒーローを目指している。ちなみに私服はロリータファッション。

Read Article

ウェルダー/泡瀬洋雪(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

ウェルダー/泡瀬洋雪(あわせようせつ)とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校ヒーロー科1年B組に所属するヒーロー志望の高校生で、個性は触れたもの同士を分子レベルで結合させることができる「溶接」。林間合宿で敵(ヴィラン)連合の襲撃を受けた際は、八百万の作った発信機を「溶接」で脳無にくっつけることで連合の本拠地の特定に繋げた。仲間のアシストを得意とし、クラス委員長の拳藤が不在の間は暴走しがちな物間のストッパーも務める。ちなみに実家は町工場だ。

Read Article

リアルスティール/鉄哲徹鐵(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

リアルスティール/鉄哲徹鐵(てつてつ てつてつ)とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校ヒーロー科1年B組に所属するヒーロー志望の高校生で、個性は全身を金属化する「スティール」。頭を使うのが苦手で直情型な熱血馬鹿だ。個性、性格ともにA組の切島鋭児郎とカブっており、職場体験先のヒーロー事務所まで同じだった。個性を伸ばす特訓を積んで、轟の氷も炎も通じないほど強靭な肉体を手に入れた。

Read Article

NEW

ウラビティ/麗日お茶子(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

ウラビティ/麗日お茶子(うららかおちゃこ)とは、主人公の緑谷出久が在籍する雄英高校ヒーロー科、1年A組のクラスメイトである。彼女の個性は「ゼログラビティ」。手の平についている肉球を使い個性を発動させる。家族思いである彼女は将来家族を楽させてあげたい、という思いからヒーローを目指す。裏表がなく天真爛漫な一面と負けん気が強い面を併せ持ちクラスメイトでもムードメーカー的存在である。

Read Article

ジャックマンティス/鎌切尖(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

ジャックマンティス/鎌切尖(かまきりとがる)とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校ヒーロー科1年B組に所属するヒーロー志望の高校生で、個性は体中から切れ味鋭い刃物を出せる「刃鋭(じんえい)」。好戦的な性格で、「切り刻む」「刻む」などの言葉をよく使う。チーム戦では先陣を担当することが多く、同じく直接戦闘が強みの鉄哲とはトレーニング仲間だ。性格が似ているせいか、爆豪のことをライバル視している。

Read Article

ヴァイン/塩崎茨(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

ヴァイン/塩崎茨(しおざき いばら)とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校ヒーロー科1年B組に所属するヒーロー志望の高校生で、個性は伸縮自在のツルの髪を操る「ツル」。雄英高校入学試験で4位になった実力者だ。真面目で心優しい慈愛の人。真面目過ぎて人を欺くことができず、たとえ作戦であってもだまし討ちなどの手段を嫌う。攻守ともに優れているだけではなく、索敵や指揮もできる、オールマイティな優等生だ。

Read Article

ツブラバ/円場硬成(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

ツブラバ/円場硬成(つぶらば こうせい)とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校ヒーロー科1年B組に所属するヒーロー志望の高校生で、個性は空気を硬化させることができる「空気凝固」。自分から積極的に行動するタイプではなく、仲間のサポートを得意とする。作者の堀越耕平いわく、回原、泡瀬、鱗と合わせて「B組常識人男子四天王」とのこと。物間を筆頭に濃いキャラクターが並ぶB組メンバーの中で、一般的な男子高校生としてのポジションを確立している。

Read Article

ロケッティ/角取ポニー(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

ロケッティ/角取ポニー(つのとり ポニー)とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校ヒーロー科1年B組に所属するヒーロー志望の高校生で、個性は角を最大4本まで飛ばして自在に操作する「角砲(ホーンほう)」。ヒーローの本場アメリカからやってきた留学生で、普段は片言混じりの日本語で話すが感情が高ぶると英語になる。A組の障子と渡り合えるほどのパワーを誇るが、とっさの判断力にも優れている。

Read Article

マインズ/庄田二連撃(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

マインズ/庄田二連撃(しょうだ にれんげき)とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校ヒーロー科1年B組に所属するヒーロー志望の高校生で、個性は打撃を与えた箇所に任意のタイミングで再度衝撃を発生させる「ツインインパクト」。小柄でずんぐりとした体型だが、バリバリの武闘派だ。人からは「動ける恵体」と呼ばれているとか。スポーツマンシップを重んじる性格で、体育祭では自分の納得のいく結果を残せなかったために最終種目の出場を辞退している。

Read Article

ジェボーダン/宍田獣郎太(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

ジェボーダン/宍田獣郎太(ししだ じゅうろうた)とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校ヒーロー科1年B組に所属するヒーロー志望の高校生で、個性は獣化して体格・嗅覚・視覚・聴覚・筋力が大幅にアップする「ビースト」。ふだんは物腰が柔らかく、穏やかでのんびりした印象だが、個性の発動中はとてもハイになる。雄英高校で生活指導を担当する教師、ハウンドドッグに憧れている。

Read Article

エミリー/柳レイ子(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

エミリー/柳レイ子(やなぎ れいこ)とは、画『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校ヒーロー科1年B組に所属するヒーロー志望の高校生で、個性は人ひとり分の重さの物体を自在に動かせる「ポルターガイスト」。ミステリアスな雰囲気を持ち、B組の女性陣の中でも謎の多い存在。ホラーが好きで、寮でよくホラー映画鑑賞会を開いている。B組の学級委員長である拳藤と仲が良く、文化祭ではミスコンに参加する拳藤の衣装係を担当した。

Read Article

龍帷子/鱗飛竜(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

龍帷子/鱗飛竜(ロンウェイヅゥ/りん ひりゅう)とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校ヒーロー科1年B組に所属するヒーロー志望の高校生で、個性は体中に硬い鱗を生成する「鱗」。鱗の生成にはコラーゲンとカルシウムが必要不可欠なので、ヒーロー活動中は補給用のサプリメントが欠かせない。小学生の時に中国から日本へ引っ越してきた。真面目で勤勉な性格で、作者の堀越耕平には回原、泡瀬、円場と合わせて「B組常識人男子四天王」と呼ばれている。

Read Article

リザーディ/取蔭切奈(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

リザーディ/取蔭切奈(とかげ せつな)とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校ヒーロー科1年B組に所属するヒーロー志望の高校生で、個性は全身を細かく分割して自在に動かすことができる「トカゲのしっぽ切り」。B組の骨抜、A組の轟と八百万と同じく推薦枠で雄英高校ヒーロー科に入学した実力者だ。相手の弱みや隙をネチネチと突く戦法が得意な頭脳派で、クラスメイトの物間からは「彼女はとってもやらしいぞ!」と評されている。

Read Article

コミックマン/吹出漫我(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

コミックマン/吹出漫我(ふきだし まんが)とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校ヒーロー科1年B組に所属するヒーロー志望の高校生で、個性はオノマトペを具現化できる「コミック」。底抜けにポジティブな明るい性格で、子ども好き。自分の個性で世界中の子どもたちを笑顔にすることが夢だ。漫画が好きなため、アニメ好きの角取とよく盛り上がっている。顔が漫画の吹き出しになっており、その大きさで身長が変化する。

Read Article

プラモ/凡戸固次郎(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

プラモ/凡戸固次郎(ぼんど こじろう)とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校ヒーロー科1年B組に所属するヒーロー志望の高校生で、個性は接着剤を噴射することができる「セメダイン」。物腰穏やかでのんびりとした性格だが、ヒーローとして現場に立つと冷静な分析力・判断力を発揮する。プラモデル作りが趣味だが、ヒーローの勉強が忙しくてなかなか制作の時間が取れず、部屋には未開封のプラモデルがたくさん積んである。

Read Article

【あつ森】ヒロアカの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここでは大ヒット漫画『僕のヒーローアカデミア』を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

【あつ森】アニメ・漫画キャラの制服を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここでは様々な人気アニメ、漫画の制服を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

目次 - Contents