僕のヒーローアカデミア(My Hero Academia)のキャラクターと個性まとめ

Tumblr nworpj2fcc1trpeq2o3 1280

「僕のヒーローアカデミア」は週刊少年ジャンプで連載されている、堀越耕平による漫画作品。
世界総人口の約8割が超常能力「個性」を持つ世界において、主人公「緑谷出久」はそれを持たない「無個性」と呼ばれる存在だった。しかし憧れの「ヒーロー」を目指す彼はある時、No.1ヒーローである「オールマイト」からその個性を継承される。本作には様々な「個性」を持ったキャラクターが存在する。

『僕のヒーローアカデミア』概要

「僕のヒーローアカデミア」は週刊少年ジャンプで連載されている、堀越耕平による漫画作品。
略称はタイトルを縮めた「ヒロアカ」や、「My Hero Academia」の頭文字を取った「MHA」など。

舞台は世界総人口の約8割が何かしらの超常能力「個性」を持つようになった世界。「個性」を悪用する「敵(ヴィラン)」を取り締まる「ヒーロー」は人々に讃えられる憧れの職業だった。
主人公「緑谷出久」もまた「ヒーロー」になる事を夢見ていたが、個性を持たない「無個性」と呼ばれる存在だった為に周囲からは絶望視されていた。
しかしある時No.1ヒーローである「オールマイト」と出会い、一度は夢を諦めるよう促されたものの、ある事件を切っ掛けにヒーローとしての資質を認められた事で、彼の「継承される個性」である「ワン・フォー・オール」の後継者となる。

「オールマイト」の厳しい指導の下、ヒーロー養成の名門校である「雄英高校」へと入学した出久は、仲間達と共に最高のヒーローを目指す。
本項では、作品に登場する様々な「個性」を紹介する。

登場人物・キャラクターと個性

雄英高校1年A組

緑谷出久(みどりや いずく)

Deku

個性:ワン・フォー・オール
ヒーローお宅な本作の主人公。元々は個性を持たない「無個性」と呼ばれる存在だったが、No.1ヒーローである「オールマイト」から個性を譲渡され、「ワン・フォー・オール」の9代目継承者となった。
これまでの継承者達が培ってきた筋力を「SMASH(スマッシュ)」の掛け声で解放する、シンプルな増強型の個性であり、どんな状況も文字通り力押しで打破する事が可能である。その反面、全力で拳を振るえば骨が砕ける程に使用者への負担が大きい諸刃の剣。

麗日お茶子(うららか おちゃこ)

Otyako

個性:無重力(ゼログラビティ)
うららかで前向きな、本作のヒロイン。貧乏な家庭を助ける為にヒーローを目指している。
両手の指にある肉球で触れたものを浮かす事が出来る個性を持つが、重いものや自分に使うと負担が大きく、酔って吐いてしまう。その為彼女のヒーロースーツには、酔い止めのツボ押し機能が付いている。

爆豪勝己(ばくごう かつき)

Baku

個性:爆破
出久の幼馴染みで攻撃的な性格。学力・運動神経ともに優秀で、幼い頃から何でも器用にこなせた為に自尊心が非常に強い。
掌からニトロのような汗を出し爆破させる個性を持つ。汗の量と爆発力は比例する為、動く程に強くなる。
爆発は攻撃の他、閃光弾や推進力としても利用出来るなど汎用性が高い。また、相手の弱点を短時間で見抜く戦術など、身体能力と共に頭の回転の速さを生かしたスタイルで戦う。

飯田天哉(いいだ てんや)

Iida

個性:エンジン
眼鏡と七三分けの髪型通りに生真面目な性格。代々有名なヒーローを輩出してきた一家の次男であり、プロヒーローである兄の「インゲニウム」を心から尊敬している。
ふくらはぎにエンジンのような器官が備わっており、50mを3秒で走る爆速を生み出す。燃料は100%オレンジジュースで、炭酸を飲むとエンストしてしまう。

轟焦凍(とどろき しょうと)

Todoroki

個性:半冷半燃
左半身で氷を、右半身で炎を操る個性を持つ。No.2ヒーロー「エンデヴァー」の息子であり、オールマイトを超えるヒーローとなるべく「都合の良い個性を持っていた」という理由で選ばれた女性との「個性婚」によって産まれた。
元々は父親を否定するために母親から受け継いだ氷結能力のみを使用していたが、後に出久の言葉によって炎も自分の個性として受け入れるようになった。

蛙吹梅雨(あすい つゆ)

Tuyu

個性:蛙
大きな瞳や長い舌など、蛙のような愛嬌のある容姿の少女。落ち着いた性格の優等生で、仲良くなった相手には「梅雨ちゃん」と呼んで欲しがる。
その見た目通り「蛙」の個性を持ち、本人曰く「蛙っぽい事はだいたい出来る」。その能力は跳躍力や、垂直な壁でも張り付く事が可能な手足、臨機応変に使用できる長い舌、保護色など、非常に幅が広い。

八百万百(やおよろず もも)

Momo
gossam
gossam
@gossam

目次 - Contents